これだけは押さえておきたい、台湾料理10選!

台湾料理とは?洗練された味というよりも家庭的な味のものがメイン!

こんにちは、台北ナビです。

台湾旅行の醍醐味はなんといってもグルメ。中国、日本、西洋の影響を受けながら、独自に進化した台湾の料理は多くの人をひきつける魅力があります。

和洋中のレストランや屋台が軒を連ねる街中で、どれを食べていいのか目移りしてしまう人も多いかと思いますが、折角台湾に来たからには「台湾料理」を食べてみたいですよね。いわゆる高級中華という洗練された味からはちょっと遠く、もっと庶民的で家庭的。辛いものはあまりなく、揚げたり煮込んだりして茶色い料理が多い印象ですが、日本料理の影響を受けた料理も多く、日本人の口によく合います。

今回ナビは、皆さんが、台湾へ行っておいしいものを食べた!と胸を張って言えるような、これだけは押さえておきたい「台湾料理の厳選10種」をご紹介いたします!!!

1:擔仔麵(タンツー麺)

台南を発祥地とする台湾を代表する麺。豚骨と鰹節、エビのだしがたっぷりのスープに、麺は台湾で油麺と言われる黄色いラーメンのような麺を使用。ニラや小エビ、豚のそぼろ肉やエシャロットを揚げたものがトッピングとしてのっかっています。

お碗が茶碗と丼ぶりの中間くらいの大きさなのが特徴的です。シンプルであっさりとしていますが、食材のそれぞれの旨みがしっかりと出ていて、美味しいです。お好みでニンニクペーストや黒酢などを入れてください。

この担仔麺は、台南を本拠地とする「度小月」という店が発祥店として一番有名。四川の辛いスープの「担担麺」とは全く異なります。

2:炒米粉(炒めビーフン)

台湾では新竹産と埔里産が有名。「米粉」と漢字で書くように、ビーフンは、精米して水に漬けたうるち米を挽いて、ろ過してとったデンプンに今度は加水加熱しながら練ってつくった生地のライスヌードル。相当手間暇かかっています。品質の維持が非常に難しく、市場に出回るビーフンのほとんどはコーンスターチが混ぜられていて、100%米粉で作られたものは実は少数で値段も少しお高め。でも、美味しさは格別なので、ぜひ100%米粉製のものを探してみてください。

新竹産は麺にコシがあり切れにくいので、麺をしっかり食べているという感じ。かたや埔里産は細くてしなやか、麺が細いせいか、麺自体にも味がしみわたっているよう。屋台のビーフンは、さらに細くてブチブチ切れ、フワッとした食感がありました。豚肉の細切り、干ししいたけ、干しエビ、タマネギ、ニンジン、ネギ、もやしなどが入っていて、台湾で食べると格別おいしいと感じる料理ですよね!

3:滷肉飯(ルーロー飯)

これだけは押さえておきたい、台湾料理10選! 台湾料理 シーフード カキ カラスミ 麺ビーフン これだけは押さえておきたい、台湾料理10選! 台湾料理 シーフード カキ カラスミ 麺ビーフン
屋台からちょっと高級なレストランでもどこでも食べられる定番メニュー。滷肉は豚肉の赤身や白身を細かく切って、醤油と砂糖(店によってはさらに八角や漢方など秘伝の調味料)でトロトロと長時間煮込んだもの。ホカホカの白いご飯にぶっかけて、いっただっきまーす!

店によって使うお肉の部位やタレの味がことなるので、食べ比べをしようと夜な夜な食べ歩きをしてしまいやすい一品。あなただけのお気に入りを探してみて下さい。

4:花枝丸(イカ揚げ団子)

これだけは押さえておきたい、台湾料理10選! 台湾料理 シーフード カキ カラスミ 麺ビーフン これだけは押さえておきたい、台湾料理10選! 台湾料理 シーフード カキ カラスミ 麺ビーフン
時間をかけてイカをすりつぶし、ペースト状になったものを団子にして、揚げたものです。シンプルですが、お店によって大きさや味に違いが見られ、奥深さが感じられます。五香粉が混じった塩胡椒にちょっとつけて食べますが、何もつけなくても甘いイカの味がして、おいしいです。

ナビのおすすめは、台湾料理「欣葉」のイカ団子。大きさ、弾力、味ともにいちばんかと思います。出来立ては、口の中をやけどしそうなくらい熱いので、ご注意を。

5:菜脯蛋(切干し大根入り焼き卵)

台湾家庭料理の定番メニューです。香ばしさが食欲をそそります。日本の卵焼きとは違うふっくら加減と、切り干し大根のコリコリ食感がたまりません。唐辛子醤油でいただきましょう。

自宅で作る場合は、中華鍋に油を多めに入れて、台湾切干し大根を炒めます。香りが出てきたところで、取り出した大根をとき卵に入れて、混ぜ混ぜ。また中華鍋に戻します。軽い焦げ目がついてきたらひっくり返して出来上がり。とき卵に若干の水を加え、素早く何回もかき混ぜるのがふっくらおいしく仕上げるためのコツ。

6:炒青菜(青物野菜の炒めもの)

亜熱帯、熱帯地域に属する台湾の野菜は、日本のそれとちょっと違います。中が空洞になっていて、シャキシャキ歯ごたえがたまらない空心菜は、一年を通じて食べられる野菜で、お肉との相性抜群。日本人好みの一品です。

レタスの仲間なのですが、「A菜」や「大陸妹」と呼ばれる野菜も日本ではなかなか食べられないそれぞれ違う品種の野菜なので、ぜひお試しを。肉との相性がよく、モリモリ食べられます。

冬に収穫最盛期を迎える高雄の美濃名産の細長い茎野菜の水蓮(野蓮)はシャキシャキ食感が楽しめます。また、サツマイモの葉は独特の香ばしさが後をひきます。みずみずしいヘチマの炒め物もあっさり味でオススメです。

7:鹹蚋仔(シジミの醤油漬け)

料理と言うよりも酒(特に紹興酒やビール)の肴として人気のグルメです。台湾の伝統的な料理の中で唯一生の海鮮を使ったものとしても知られています。日本よりも大き目のシジミを醤油、ショウガ、ニンニク、粉末のウラルカンゾウ(甘草粉)、唐辛子、お酒、砂糖などを入れた液体に漬けて作っていて、チュルチュル吸って食べます。

台湾料理の酒の肴と言えば、蔭鼓蚵仔(牡蠣のモロミ炒め)も隠れた人気です。ネギと豆鼓、トウガラシが決め手の牡蠣料理。トウガラシは種を取っているので、辛くありません。味のポイントは、牡蠣にからまった豆鼓。蒸し魚やちょっとした隠し味にも加えられる豆鼓がこんなに牡蠣と合うとは!驚きです。

海に囲まれた台湾だからこそ食べられる海鮮。ぜひ味わってください。

8:滷味

醤油、ネギ、ショウガ、酒、氷砂糖、八角、粉末のウラルカンゾウ(甘草粉)、山椒などの調味料や香辛料を混ぜた液体で野菜や肉、麺などを煮込むごった煮です。その場で煮込んでくれるお店や、すでに調理済みのものを販売するお店などがありますが、買い方はいずれも同様で、籠とトングを持って、食べたい食材を1つだけ籠の中に入れていけば、店員さんが後で1人前を取り分けてくれます。(2個入れると2人前取り分けてくれます)

庶民派のレストランでは待たずに食べられる前菜的な役割を果たしていて、お酒のつまみにもピッタリ。少量から購入できるので、小腹が空いた時にサッと食べられるのも便利です。

9、烏魚子(カラスミ)

ボラの卵巣を塩漬けにして、塩抜き後に乾燥させた珍味。台湾料理の中では比較的高級な食材の一つです。こちらも酒の肴ですが、保存が効くので、お土産としても重宝します。

真空パック入りで、そのまま食べられるタイプのものもありますが、調理が必要なものについては、薄皮をはいだ後、はけでお酒をつけながらじっくりと表面が少し硬くなるまで両面を焼き、薄切りにして大根の薄切りやニンニク、ネギ、リンゴと一緒に食べると美味です。

一部レストランではカラスミを使ったチャーハンも人気。自宅でもベーコンやハムの代わりに入れるとちょうどいい塩加減でいつものチャーハンの味がワンランクアップしますよ。

10:佛跳牆(ぶっとびスープ)

あわび、フカヒレ、干し貝などの海と山の高級食材をふんだんに使い、長時間かけてじっくりと煮込んだ、滋養強壮に効くスープ。結婚式や旧正月の時など、お祝いの席で食べられます。

栄養バランスがよく、食材の旨みがしっかりと染み出ているので、深みのある味わいも楽しめます。レストランによって食材は異なっていて、台湾らしく豚スペアリブやタロイモが入っているところもあります。

ワンポイントアドバイス

美味しい台湾料理ですが、気をつけていただきたいのは、八角などの香辛料や香菜(パクチー)などの薬味。独特の美味しさを引き出す立役者ですが、口に合わないと言う方もまれにいるので、注文時に「我不敢吃八角(八角は苦手です)」「裡面有八角嗎?(中に八角は入っていますか?)」「不要香菜(パクチーはいりません)」などメモに書いて確認しましょう。

一度台湾に来ただけでは食べつくせないバリエーション豊富な台湾料理。ここに紹介していないメニューもたくさんありますので、何度も通ってお気に入りを見つけてください。美味しかった料理、お薦めのレストランがあったらコメント欄に情報をお寄せくださいね~。

以上、台北ナビでした。

各ナビのベストフードはこれだ!!

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2011-09-27

ページTOPへ▲

関連記事

めくるめく台湾料理の世界。思う存分食べつくそう~!

めくるめく台湾料理の世界。思う存分食べつくそう~!

バリエーション豊富で独自の進化を遂げるグルメの世界にご案内します

中華料理の世界へようこそ!

中華料理の世界へようこそ!

地域、食材、調理法などにより様々なバリエーションをもつ「中華料理」を分かりやすく解説します。

台湾中の夜市がここに集結!

台湾中の夜市がここに集結!

台湾は屋台王国だった!北から南までいたるところに、ご当地自慢の屋台を競う夜市がいっぱい!

ナビスタッフ 下町で食べ歩き!

ナビスタッフ 下町で食べ歩き!

皆様を「ディープな台湾の旅」へ、お連れいたします。

台湾10大小吃

台湾10大小吃

地元の人に愛される小吃を10個ピックアップし、台北ナビ編集部で座談会を開催しました~

その他の記事を見る