これだけは押さえておきたい、台湾料理ベスト10選!

台湾料理とは?肉類と海鮮が中心で、洗練された味というよりも家庭的な味のものがメイン!

こんにちは、台北ナビです。

肉類は豚肉、海鮮はエビを中心に何でもござれ。

いわゆる高級中華という洗練された味からはちょっと遠く、もっと庶民的、家庭的な味のものがメインの台湾料理。
辛いものはあまりなく、日本料理の影響を受けた料理も多いのが特徴的です。

台湾料理レストラン

ここ数年の「台湾」のレストランの特徴として、たとえば看板に「四川」或いは「広東」などとうたってはいても、四川の中にカントンでしょ?という「蝦鬆」があったり、北京には「マーボー」が…。いまや、どのレストランも総合中華の方向へ流れていく傾向が伺えます。

そんな中、他の料理を寄せ付けないのが「台湾料理」レストラン!!!と言い切ってしまいましたが、まあ、「差不多」(=大体)で、物事を片づけてしまうところもある国なので100%とは言えませんが、ほぼ「台湾」の味を守っているといえるでしょう。それに、「台湾」へ来たなら、やはり本場を食さないと。今回ナビは、皆さんが、台湾へ行っておいしいものを食べた!と胸を張って言えるような、これだけは押さえておきたい「台湾料理の厳選10種」をご紹介いたします!!!

そのまま1位からドーンといきましょう!

1、担仔麺(エビそぼろ肉入り麺)(繁体字で、擔仔麵)

台南を発祥地とする台湾を代表する麺。豚骨と鰹節、多量のエビの頭の煮汁で作られた薄味スープに、麺は台湾で油麺と言われる黄色いラーメンのような麺を使用。ニラや小エビ、豚のそぼろ肉や赤ニンニクを揚げたものがトッピングとしてのっかっています。

あっさりしていて、食べやすく、お碗が茶碗と丼ぶりの中間くらいの大きさなのが特徴的です。この担仔麺は、台南を本拠地とする「度小月」という店が発祥店として一番有名。四川の辛いスープの「担担麺」とはぜんぜん違いますよー。
店によっては店内に小さい屋台があって、そこですぐ作ってくれます。煮込みゆで卵をのせてくれる店もあります。 店によっては店内に小さい屋台があって、そこですぐ作ってくれます。煮込みゆで卵をのせてくれる店もあります。 店によっては店内に小さい屋台があって、そこですぐ作ってくれます。煮込みゆで卵をのせてくれる店もあります。

店によっては店内に小さい屋台があって、そこですぐ作ってくれます。煮込みゆで卵をのせてくれる店もあります。

「度小月」の担仔麺 「度小月」の担仔麺

「度小月」の担仔麺


2、炒米粉(炒めビーフン)

台湾では新竹産と埔里産が有名。「米粉」と漢字で書くように、ビーフンは、精米して水に漬けたうるち米を挽いて、ろ過してとったデンプンに今度は加水加熱しながら練ってつくった生地のライスヌードル。相当手間暇かかっているのです。新竹産は麺にコシがあり切れにくいので、麺をしっかり食べているという感じ。かたや埔里産は細くてしなやか、麺が細いせいか、麺自体にも味がしみわたっているよう。

屋台のビーフンは、さらに細くてブチブチ切れ、フワッとした食感がありました。豚肉の細切り、干ししいたけ、干しエビ、タマネギ、ニンジン、ネギ、もやしなどが入っていて、台湾で食べると格別おいしいと感じる料理ですよね!
新竹(城隍廟)のビーフン、ここは貢丸湯も有名なんです。 新竹(城隍廟)のビーフン、ここは貢丸湯も有名なんです。 新竹(城隍廟)のビーフン、ここは貢丸湯も有名なんです。

新竹(城隍廟)のビーフン、ここは貢丸湯も有名なんです。

埔里の細いビーフン

埔里の細いビーフン

士林屋台のピーフン

士林屋台のピーフン


3、魯肉飯(豚肉煮込みかけご飯)

屋台でもどこでも食べられる台湾家庭料理の王者。魯肉は豚肉の赤身や白身を細かく切って、醤油と砂糖、店によっては八角や漢方など秘伝のスープを加え、トロトロと長時間煮込んだもの。これをアツアツの白いご飯にぶっかけ、いっただきまーす!

店によって自慢のタレがあるので、食べ比べをしようと夜な夜な食べ歩きをしてしまいやすい一品。ナビとしては、初心者には寧夏夜市にある「鬍鬚張魯肉飯」をおすすめします。
店によって、豚肉の部位、煮込み法、汁など様々 店によって、豚肉の部位、煮込み法、汁など様々 店によって、豚肉の部位、煮込み法、汁など様々

店によって、豚肉の部位、煮込み法、汁など様々

魯肉の塊り 魯肉の塊り

魯肉の塊り


4、花枝丸(イカ揚げ団子)

時間をかけてイカをすりつぶし、ペースト状になったものを団子にして、揚げました。お店によって大きさや味に違いが見られます。五香粉が混じった塩胡椒にちょっとつけて食べますが、何もつけなくても甘いイカの味がして、おいしいです。
ナビのおすすめは、台湾料理「青葉」のイカ団子。大きさ、弾力、味ともにいちばんかと思います。出来立ては、口の中をやけどしそうなくらい熱いので、気をつけて。

5、菜脯蛋(切干し大根入り焼き卵)

台湾家庭料理の定番必須メニューです。自宅で作る場合は、中華鍋に油を多めに入れて、台湾切干し大根を炒めます。香りが出てきたところで、取り出した大根をとき卵に入れて、混ぜ混ぜ。また中華鍋に戻します。軽い焦げ目がついてきたらひっくり返して出来上がり。とき卵に若干の水を加え、素早く何回もかき混ぜるのがふっくらおいしく仕上げるためのコツ。
ネギのみじん切りを入れてもおいしい。卵のフワッした厚みがパンケーキのようになって出されてくるのは、地鶏三昧の店「鶏家荘」の「菜脯蛋」ですね。

6、蔭鼓蚵仔(牡蠣のモロミ炒め)

ご飯を何杯もおかわりしたくなる牡蠣の料理。ネギと豆鼓、トウガラシが決め手です。トウガラシは種を取っているので、辛くありません。味のポイントは、牡蠣にからまった豆鼓。蒸し魚やちょっとした隠し味にも加えられる豆鼓がこんなに牡蠣と合うとは!驚きです。

中華食材の店では、瓶詰が100元前後で買えるので、自分でいろいろ試すのにもいいかもしれませんね。台湾料理店の雄「欣葉」の「蔭鼓蚵仔」はおいしかったですよ。

7、炒青葉(野菜の炒めもの)

レストランでいつでもある野菜は、空心菜。一番シンプルで、日本人が好む野菜です。台湾の人に言わせると、冬場は芯が固くておいしくないそうです。台湾東部宜蘭の温泉空心菜は、芯が太めで、シャキシャキとしていて美味ですよ。芯にも甘味があって、どちらといえば芯を食べるための空心菜。他にもほうれんそうや香ばしい香りのA菜、日本ではちょっと値が張る豆苗菜など。台湾はヘチマも食用としてよく使います。ヘチマは、中国語で「絲瓜」と言って、澎湖の細長いものがおいしいと言われています。

野菜炒めは、中華鍋を強火で熱し、油を入れ、ニンニクは多めに。調味料は塩だけで十分。短時間でガッと炒めるのがおいしさのコツ。野菜の色をよくするのに、水を足したりもします。炒め野菜にお皿に汁がたっぷり入っていたら、それは、油だけじゃなくほとんどが足した水か野菜から出た水分ですので、どうぞご安心を。
家庭でも簡単に作れる野菜炒め 家庭でも簡単に作れる野菜炒め 家庭でも簡単に作れる野菜炒め

家庭でも簡単に作れる野菜炒め

8、鹹蚋仔(シジミのモロミ漬け)珍味としても有名な酒の肴

正式な料理としてではなく、小菜としてでてくるものです。シジミは日本のそれよりかなり大きく、生のものを漬けものにしている状態なので、お早めに食べてください。食べる時には手を使い、貝をパカッと開いて吸うようにして食べます。しょうゆ、とうがらし、ニンニクが効いています。ビールのおつまみには最高。「梅子」レストランでは、定番、人気の小菜としていつもありますよ。

9、烏魚子(カラスミ)

高級食材として有名なボラの卵。台湾料理の中では、数少ない高級メニューの代表格ともいえます。お土産に買って帰る人たちも多いようですが、調理法がわからなくて宝の持ちぐされになってる方はいないでしょうか?すでに味付けがなされ、真空パックで、そのまま開けて切って食べてよし、というのも最近では販売してるので、調理が面倒な方はこちらを。

調理が必要なのは、取り出した後薄皮をはぎ、ハケで酒(もしあれば米酒)をつけながらじっくりと両面を焼き、表面が固くなる前に取り出し冷まし、薄く切って、大根の薄切りとニンニクのネギの部分を添えて食べると美味と言われています。この美味さが分かる人はオトナ、かなりの酒好きなんて言われます。

10、佛跳牆(ぶっとびスープ)

あわび、フカヒレ、干し貝、マツタケ等の高級食材を14種類使い、4時間もかけて煮込んだという通称:ぶっとびスープ。台湾料理にこんな高級なものがあったのか、すすめていいのかという一品です。フカヒレなどが入った高級な「仏跳牆」の味は、意外とあっさりしています。が、食べた後に唇が重なって離れにくいような現象も現れ、“上質のコラーゲン”を食しているという実感があります。山、海の珍味を一緒に煮込むため、栄養のバランスもよく、滋養のつく食品として、薬膳料理に分類されることもあるそうな。排骨(豚のリブ)やタロイモを入れて煮込むことが多いのが台湾的と言えば台湾的。
店によって具材は異なりますが、高価なことには変わりない。一番の有名店は「明福」でしょうか。 店によって具材は異なりますが、高価なことには変わりない。一番の有名店は「明福」でしょうか。 店によって具材は異なりますが、高価なことには変わりない。一番の有名店は「明福」でしょうか。

店によって具材は異なりますが、高価なことには変わりない。一番の有名店は「明福」でしょうか。

フカヒレの塊りがドカッと、どうでしょうか?

おまけ番外編:牛肉麺

牛肉麺…台湾が世界に誇る、台湾を代表する麺!と言い切ってしまいました。「牛肉麺フェスティバル」というのが毎年行われ、牛肉麺店の「台湾一」が競われます。とはいってもお店のほとんどは台湾北部の台北に集結、店によっての個性もはっきり出ているので、これまた食べ比べ食べ歩きにはもってこいのメニューでもあります。

まず、牛肉麺のスープは大きく分けて2種類あり、「紅焼」スープは牛骨スープ・醤油・砂糖・酒・生姜・ニンニクネギなどを長時間コトコト煮込んだもので、豆板醤や漢方類、八角などが入っていたりもして、ちょっと辛め。
「清燉」スープは名の通りスープの色は澄んでいます。醤油が入っていませんし、辛いもの、漢方類もない牛骨ベースなので、味はあっさりしています。トマト味にカレー味、激辛の麻辣味などやスープの入っていない乾麺といわれる麺もあります。

次に肉ですが、牛肉麺の肉は、主に赤肉の部位を長時間煮込んだものがメインです。この肉の味付け具合、軟らかさなどが、美味しさを左右することになります。「牛筋」も牛肉麺店ではよく使われる材料で、その歯ごたえとゼラチン質たっぷりというヘルシー志向に、ファンも多い部位。「牛雑」は牛の胃袋(ハチノス)ですが、これを食べられる店は少ないです。麺に入れるというよりも、牛雑湯というスープとしてメニューにある店が多いんですね。

麺の種類は、刀削麺、細粉麺、拉麺、手打ち拉麺、白麺…。
紅焼スープ

紅焼スープ

清燉スープ

清燉スープ

店によって肉、麺、スープに個性が輝いています 店によって肉、麺、スープに個性が輝いています 店によって肉、麺、スープに個性が輝いています

店によって肉、麺、スープに個性が輝いています

牛スジやらハチノス入りの牛肉麺

牛スジやらハチノス入りの牛肉麺

トマト牛肉麺もおいしんですよね

トマト牛肉麺もおいしんですよね

注文がきてから削られた刀削麺

注文がきてから削られた刀削麺

トッピングに酸菜をお好みで飾ってください。 トッピングに酸菜をお好みで飾ってください。

トッピングに酸菜をお好みで飾ってください。

以上、台北ナビでした。

各ナビのベストフードはこれだ!!

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2011-09-27

ページTOPへ▲

関連記事

めくるめく台湾料理の世界。思う存分食べつくそう~!

めくるめく台湾料理の世界。思う存分食べつくそう~!

バリエーション豊富で独自の進化を遂げるグルメの世界にご案内します

中華料理の世界へようこそ!

中華料理の世界へようこそ!

地域、食材、調理法などにより様々なバリエーションをもつ「中華料理」を分かりやすく解説します。

台湾中の夜市がここに集結!

台湾中の夜市がここに集結!

台湾は屋台王国だった!北から南までいたるところに、ご当地自慢の屋台を競う夜市がいっぱい!

ナビスタッフ 下町で食べ歩き!

ナビスタッフ 下町で食べ歩き!

皆様を「ディープな台湾の旅」へ、お連れいたします。

台湾10大小吃

台湾10大小吃

地元の人に愛される小吃を10個ピックアップし、台北ナビ編集部で座談会を開催しました~

その他の記事を見る