スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場

子連れ旅応援プラン(台北)

子連れに優しい国・台湾で、かけがえのない思い出を作りましょう♪

こんにちは、台北ナビです。 
小さい子どもがいても海外旅行に行きたい!という方にこそおすすめしたいのが台湾。大人も子供も楽しめる場所がたくさんある上に、台湾の人たちはとにかく子どもが大好き。レストランやMRTでも親切にしてくれる人が多いので、きちんとマナーを守れば楽しく快適な旅になること間違いなしです。

今回は幼児連れ台湾在住者のナビが、小学校進学前の小さなお子さんを連れたファミリーを想定して、2泊3日の設定でコースを作ってみました。ぜひ子連れ台湾旅行の参考にしてみてください! 

1日目 台北シティ観光とグルメを楽しみましょう♪

1日目スケジュール
11:30   台湾松山空港に到着
12:00   ホテルにチェックイン

12:30   台北市内で昼食

13:30   ドリンクorスイーツを購入

13:40   子供を思い切り遊ばせる

14:45   子どもがウトウト…その隙を見計らって、茶芸館へ

16:00   やっぱり行きたい台北のシンボル

18:00   台湾の美食もしっかり堪能♪

19:00   お土産を調達

20:00   このままホテルに帰るのはもったいない…台湾はまだまだ遊べます!
21:00 ホテルに戻って就寝  

ホテルにチェックイン

子連れ旅の醍醐味が味わえるホテルは台北郊外に多いので、のちほどご紹介しますが、初日は市内ステイがやはり便利。子連れにピッタリなのはこちらの3つのホテルです。

☆子連れにうれしい厳選ホテル

●リビエラホテル(歐華飯店)
寝室とは別にリビングがついたジュニアスイートがおすすめ。家庭用冷蔵庫や電子レンジもついているので、離乳食の赤ちゃん連れでも心配無用です。緑に囲まれた休憩室やリビングスペースがあり、子どもも退屈しません。
●ダンディーホテル(丹迪旅店)大安森林
公園の目の前で、MRTアクセスも便利。人気スポット永康街まで歩いてすぐです。子連れに優しく、ベビーカーの貸出サービスもあり、朝食会場にもベビーチェアが用意されています!さらにはランドリールームもあるので、すぐに汚れるベビー服を洗うこともできちゃいます!
●シーザーパークホテル台北(台北凱撒大飯店)
MRT「台北」駅の真ん前で、とにかくアクセスの良さは抜群。交通手段が豊富にあります。また子連れで出かけると何が起きるかわからないもの。不測の事態でもタクシーに飛び乗れば、このホテルがわからない運転手さんはいません。いつでもホテルに帰れると思うと、気持ちに余裕を持って旅が楽しめますよね。

 ☆そのほかのおすすめホテル
そのほかナビでも人気のホテルをご紹介しましょう。こちらのクラスのホテルなら、宿泊客の要望に応じて親切に対応してくれますので、子ども連れでも安心して泊まれます。

お楽しみの昼食♪

子どもを連れての外食はとかく制限が多いもの。その点台湾はガヤガヤと騒がしいのであまり神経質にならなくても大丈夫。以下のレストランのほか、デパートや台北101のフードコートもおすすめです。

☆ランチにおすすめのレストラン   
●東門餃子館
人気の永康街にありますが、広くてベビーチェアもたくさんあるので、子ども連れでも安心。多少騒いでも、店員さんがニコニコあやしてくれます。餃子がおいしいのはもちろん、麵や豆腐のスープなど子どもが食べやすいメニューも豊富。お店の前には小さな池があって、鯉が泳いでいるので、子どもも大喜びです。
●永康街高記
台湾に来たら小龍包!!というくらい絶対に食べたい料理。一番有名な「鼎泰豊」本店で食べたいのはやまやまですが、人が多いので子連れには不向き。すぐそばにある「高記」なら席もゆったりしているのでゆっくり食べられます。小龍包の味も確かで、皮モチモチのしっかり派が好きな人には特におすすめ。
●五花馬水餃館
本格水餃子が食べられるチェーン店。台湾全土に40軒以上の店舗を持つ人気店です。ファミリーレストランのような広くて清潔な店内は子ども連れにはピッタリ。メニューも見やすく、注文はカウンターで先払い、お茶屋調味料もセルフサービスという気楽さも○。テーブルやインテリアに三国志の英雄や歴代の中国皇帝の名前を使っている遊び心もファミリーにはうれしいですね。

ドリンクorスイーツを購入

台湾といえばマンゴーをはじめ、南国フルーツを使ったスイーツやタピオカミルクティーはぜひ味わっておきたいところ。うれしいことに台湾はテイクアウト王国!タピオカミルクティーやお茶のメニューが豊富なドリンクスタンドもあちこちにあります。ちょっとした街角に作られた公園も多いですし、台湾のお店は持ち込みOKのところも多いので、テイクアウトが断然おすすめ!
☆タピオカミルクティーとスイーツはここで!

●春水堂
タピオカミルクティーを生み出したお店。各所に店舗があり、テイクアウトも可。ホテルも多い中山エリアの南京東路店の隣は公園です。
●50嵐
台北各地に店舗を持つ人気のドリンクスタンド。甘さ控えめのタピオカミルクティーは値段も優しいので地元の人に愛されています。永康街、西門町など日本人に人気の街には必ず店舗があるので、歩きながらタピオカミルクティーを飲むのも一興。
●ICE MONSTER
永康街で一大ブームを起こした元祖・マンゴーかき氷店が復活!MRTの駅からすぐという便利なエリアに、広々とした店舗になって戻ってきました。もちろんテイクアウトもできますが、ソファー席もあるので子連れでも無理なく休めそう。

子供を思い切り遊ばせる!


大人の都合でじっとさせられるだけでは、子どもは不満タラタラ。
天気のいい日は親子で楽しめる屋外スポットで思いっきり遊ばせてあげましょう。
子どもにとっても旅行が楽しい思い出になるようにしたいですもんね!





☆子供を遊ばせるならココ!


●大安森林公園
永康街から徒歩10分と便利なところにある都会のオアシス。台湾ドラマ「流星花園」のロケ地にもなったスポットです。ちょろちょろ動き回る台湾リスにチビナビは大興奮。遊具も充実しているので思いきり遊べます。大人はチビッ子を見守りつつ、ドリンクやスイーツ片手に南国の緑を楽しんじゃいましょう♪ 
●中正紀念堂
比較的涼しい季節には気持ちよく過ごせる観光名所。自由広場には池もあって、休日にもなると親子連れでいっぱいです。屋内も広く、また毎日定時に行われる衛兵交代を室内で見ることもできるので、真夏はこちらがおすすめ。
國家音樂廳の中には「春水堂」もあります。
●二二八和平公園
台北駅から歩いてすぐ、MRT「台大医院」駅目の前と便利なところにある憩いの場。
子どもは池の鯉に餌をあげる作業に没頭してしまうかも。この公園も遊具がたくさんあります。
●台北植物園
南国系の植物が生い茂る癒しのスポット。ゆっくり歩いても2時間かからない広さが子連れにはちょうどいいです。
●台湾大学キャンパス
MRT「公館」駅から歩いてすぐのところにある、台湾一の国立大学。構内は自転車移動が当たり前、という広さなので、散歩も楽しめます。ただし、一般的な公園よりも交通量が多いので、注意して歩いてください。

子どもがウトウト…その隙を見計らって、茶芸館へ

遊び疲れた子どもたちはそろそろお昼寝タイム…。大人たちも歩き疲れて、ちょっと休憩をはさみたくなる頃です。そんな時は台湾ならではの茶芸館はいかがでしょう。テーブルに熱湯が置いてあったりして、子連れにはなかなかハードルが高いスポットですが、お昼寝中のチャンスタイムを狙えば大丈夫! 

☆ベビーカーでも入れる茶芸館 

●回留
永康街の公園前にある茶芸館。カフェ風の内装で入りやすく、ベビーカーでもなんとか入れる広さ。
ペットNGなのでビクビクしながら入ったナビですが、子どもには優しく対応してくれました。ラフな雰囲気ですが本格的な台湾茶が楽しめます。
●紫藤廬
日本家屋をリノベーションした雰囲気のある店舗が人気。畳の座敷もあるので、子どもたちも気持ち良く寝てくれるはず。

●台北書院
MRT「西門」駅からすぐの場所にある、日本統治時代の建物「中山堂」の中にある茶芸館。
広いのでベビーカーや荷物の多い子連れにはありがたい。対面式でお茶を入れてくれる静かな茶芸館なので、子どもが熟睡した隙を狙ってください。
☆女の子連れならこんなカフェもおすすめ

やっぱり行きたい台北のシンボル


せっかく台湾に来たなら、世界で2番目に高い台北101に登らなくっちゃ!展望台やショッピングモール、フードコートなど、どこも子連れに優しいので、無理なく観光を楽しめます。

●台北101展望台
人が多そうで敬遠しがちなスポットですが、子連れに優しいので大丈夫。展望台へのエレベーターも、ベビーカーや幼児を優先的に乗せてくれます。超高速エレベーターで101階まであっという間!子どもがぐずる暇もありません。
☆101エリアには子連れで楽しめるプレイランドやカフェもあります

●LeosPlayland

滑り台やボールプールも完備した、清潔でかわいらしいプレイランド
●Wooloomooloo
信義店ガラス張りで明るいオシャレなカフェ。2階ベランダは遊具もあって、子どもの遊び場として開放されています。1階にも子どもが遊べるスペースにおもちゃが置いてあるので、大人は本格コーヒーを楽しみながら、子どもも満足できるカフェです。

台湾の美食もしっかり堪能♪

ディナーでは台湾のおいしいものをしっかり食べたい!という要望にお応えして、ナビがおすすめするのは、ベビーチェア完備で、子連れにしっかり対応してくれるレストラン。店頭に水槽や池があって、子どもの気を引く要素があるのもポイントです。

☆優しくて子供も楽しめるレストラン

●台北101フードコート
台北101の地下1Fには2012年にリニューアルしたばかりのフードコートが。こちらで鼎泰豊の小龍包を食べるのも手。喧騒も子連れには強い味方!どんなに子どもが騒いでもまったく気になりませんのでご安心を。

☆ほかにも使えるフードコート
●欣葉
台湾料理の高級レストラン。日本では高級レストランに子どもを連れていくのは暗黙のタブーですが、台湾ではそれほど気にせず歓迎してくれます。旅先で思い切って高級料理を楽しんで、お腹も心も満たされましょう~♪
●雲南人和園
モダンな内装のお店ですが、子連れで行ってもベビーチェアを出して対応してくれました。珍しい食材を使った料理ですが、優しい味で子連れにも安心。この店も入口の小さな池で鯉を飼っていて、子どもに大人気。
●龍都酒楼
広い店内で広東式ダックが楽しめる店。円卓にベビーチェアをセットしてくれますし、お粥や点心類は子どもにも食べやすいです。親がダックに夢中になっても大丈夫。入口の水槽で泳ぐ高級魚を見せてあげれば機嫌が直る可能性大。
●鶏窩砂鍋
少し肌寒い時期、スープ物、お鍋系が食べたいなと思ったらこちら。個室があるので安心。

お土産を調達

子どもと一緒だとなかなかゆっくりお土産を見られないけれど、パイナップルケーキや台湾茶などはどうしても買って帰りたいですよね。そんな時に味方になってくれるお店もちゃんとあります。

☆子どもと一緒にお土産を探すなら

●台北101フードコート
食事の場所としてもおすすめした地下1階のこのフロアには、お茶屋パイナップルケーキなどの定番土産を一同に集めたコーナーや、ローションパックシートの専門店もあるのでお土産をゲットするにも最適なんです。
●微熱山丘
閑静な住宅街の中にあるパイナップルケーキの専門店。パイナップルケーキ1個とお茶をサービスでいただけるカフェスペースは、子連れとみるや一番広いソファ席に案内してくれました。
●和昌茶荘
茶葉を買うならアットホームなココがおすすめ。店頭では看板鳥(?)のオウムがお出迎え。
このおしゃべりオウムが子どもにウケるんです。

台湾はまだまだ遊べます!

そろそろホテルに帰って子どもを寝かせないと…と思いつつ、大人にとってはまだまだ夜はこれから。
そんな時はマッサージか穴場の夜市で、子どもに負担をかけずに夜のお楽しみを満喫しましょう。

☆子どももくつろげる足裏マッサージ店

●太極堂 足体養生八徳会館
うれしいことに子連れ大歓迎!という足裏マッサージ店。個室もあるので家族で貸し切ってもよし、待合スペースを使ってパパママが順番に交代してもよし。家族で癒されてください。
●千里行
こちらも店内広々、個室の準備もあるお店。
日本語も通じるので、予約時に子どもがいることを伝えておくと安心ですね。

子どもに余裕がありそうなら夜市へ

●士林夜市
週末は人が多すぎるのでおすすめできませんが、食べ物屋台が整備された地下美食街はベビールームも完備しています。
●通化街夜市
地元っ子に親しまれる昔ながらの夜市。ゲームも楽しめるので、子どもも飽きずに回れます。射的やエビ釣りでは、パパの方が子どもに戻っちゃうかも!? 
●饒河街夜市
士林夜市とともに観光客に人気ですが、士林よりも人が少なく、また直線の往復なので見やすいのもポイント。

ホテルに戻って就寝

遊び疲れた子どもが寝たら、大人たちは買い食いした小吃を楽しむもよし、ゆっくり語らうもよし。
翌日は郊外へ繰り出します。疲れをしっかり取ってくださいね!

2日目 ちょっと足を伸ばして、郊外のプレイスポットへ

2日目スケジュール
8:00    ホテルをチェックアウト
10:00   台北郊外へ到着!ホテルに荷物を預ける
11:00   プレイスポットへ
12:00   昼食
16:00   ホテルにチェックイン→休憩タイム
19:00   夕食
21:00 ホテルに戻って就寝

プレイスポットへ出発!


台湾風の朝食屋さんにも行きたいけれど、テーブルにスツールのような簡単な店構えのお店が多いので、朝食はホテルでとるのがおすすめ。
さらに2泊目は宿泊地を台北郊外に変えて、趣向を凝らしたホテルに泊まってはいかがでしょう。動きやすい服装に着替えたら、人気のプレイスポットへ出発! 

台北から少し離れるといっても、パンダのいる動物園までは台北中心部から30分もかかりません。無理なくアクセスできる場所をご紹介しましょう!

☆幼稚園児以上のお子さんには 

●小人國
台湾版・東武ワールドスクエア。オープンちゃんとのコラボレーションで男の子も女の子も楽しめるスポットに。

●六福村
動物園と遊園地の楽しさが同時に味わえる欲張りスポット。アクティブな親子にはこちらをおすすめ。
隣には動物と触れ合えるスペシャルなホテルもあります。

●淡水漁人碼頭
海に沈む夕日が美しくデートスポットとしても有名ですが、海は子どもも大好き!歴史ある商店街も魅力です。

●八里
淡水の港から10分ほどの船の旅が男の子に大好評。サイクリングサービスや温泉施設もあるので、体全体で満喫してください!

●台中
乗り物好きの男の子なら、台湾新幹線(台鉄)に乗せてあげたい!台中までたったの1時間。
日月譚を散策しても余裕の1日です。

☆乳幼児連れならこちらはどうでしょう

●台北動物園
台北中心部からMRTで30分以内という便利な場所にありながら、広大な敷地に動物がひしめきあい、パンダもゆっくり見られます。子連れにはたまらないスポット。

●北投温泉
台北市内からMRTで難なくアクセスできる温泉街。市内よりのんびりした雰囲気で散策もできるのでファミリー向き。温泉好きの親子はぜひ!
台北市立兒童育樂中心
MRT圓山駅すぐ。無料で遊べるのがうれしい幼児向けの遊園地です。

ホテルにチェックイン

人気の温泉地・北投など、郊外のホテルには、子どもが喜ぶ仕掛けがいっぱい!遊び心にあふれたホテルなら、旅の余韻を残したまま眠れます。

●レオフーリゾート
六福村のお隣にあるホテル。部屋の中から動物が見える!子どもたちが大大興奮すること間違いなしの宿。
大人気なのでご予約はお早めに。

●龍邦僑園会館
イメージ・キャラクターのアーロンに囲まれたスイートルームは子連れに最適。
絵本の中みたいなお部屋で写真を撮りまくってください!

●フーロンホテル(福容大飯店)淡水
船のような外観、家族で入れるお風呂、さらにはキッズプレイルームまでついていて、家族のためのサービスが考え抜かれています!

食事はどこで何を食べる?

小人國・六福村は少々辺鄙なところにあるので、園内で食事をするのがおすすめ。小人國には3ヶ所、六福村には10ケ所以上、レストランやファーストフードスタンドなど食事ができる施設があります。
淡水は海を見ながら食事ができるレストランが人気。老街の中にも小吃店がたくさん並んでいます。

☆淡水周辺
☆八里周辺
●TO HOUSE兔子餐廳ウサギと触れ合えるかわいいカフェなら子どもも大満足!
☆台中周辺
☆台北動物園周辺
園内にはマクドナルドやセブンイレブン、牛肉麺のスタンドなどが。また臭豆腐発祥の地である深坑へは車ですぐ、お茶どころとして有名な猫空へは動物園の目の前からロープウェーで30~40分です。
☆北投温泉周辺

ホテルに戻って就寝

たっぷり遊んで親子ともにクタクタ。帰国に備えてゆっくり休んでください

3日目 空港も子どもには遊び場です

3日目スケジュール
9:00    ホテルを出発
12:00   空港で遊んで食べて帰国の途へ

実は空港って、子どもが遊べる場所なんですよね!飛行機もあるし、美味しいものも食べられるし…。少し早めに空港入りして、ゆっくりチェックイン。台湾を最後まで遊びつくして帰ってください~。

以上、今回ご紹介したスポットなら、お子さんとかけがえのない思い出を作れること間違いなしです!子どもに優しい台湾はつまり、親にも優しいということ。めいっぱい楽しんで、親子でまた台湾に行こう、と思える旅になりますように!
以上、台北ナビでした。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2013-03-24

ページTOPへ▲

関連記事

親子なかよし旅プラン(台北)

親子なかよし旅プラン(台北)

親子でいい思い出作りましょう♪ナビオススメプランをど~んと公開しちゃいます

男子旅応援コースプラン~台北~

男子旅応援コースプラン~台北~

世の中女子女子って、男たちも行くところが満載なのです!

女子旅応援コースプラン~台北~

女子旅応援コースプラン~台北~

ビギナーからプチまで、目的別、嗜好別、いろんなパターンをご紹介!

その他の記事を見る