スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場


通化街夜市(臨江街観光夜市)

トンホァジエ・イエスー

閉店・移転、情報の修正などの報告

美味しいものをゲットしたいならココ!味にうるさい地元の人から仕事帰りのOLさんも大満足の老舗が集まっています!


こんばんは、台北ナビです!
ナビが今宵やってきたのは通化夜市です。通化街と臨江街の交差点のところに位置しているので「臨江街夜市」とも呼ばれています。

今回の取材はナビにとってセンチメンタル・ジャーニーになりました(泣)。今をさかのぼること7年前、ナビが初めての留学のときに住み着いたのがこの通化街だったのです。その時はわずか数ヶ月の留学生活で、その後に一度日本へ戻ってから、数年前に再び台湾で生活するようになりました。
しかし、なぜかこのエリアを通過することはあっても、ゆっくり夜市を訪れるチャンスがなく、ホントに数年ぶりの再訪です。でも当時と街並みはほとんど変わっておらず(当たり前か)、懐かしい気持ちになりながらの取材スタートです!!
看板には「臨江街夜市」と表記

看板には「臨江街夜市」と表記

台北101がこんな近くに!

台北101がこんな近くに!

今夜も稼ぐで~

今夜も稼ぐで~


ナビとナビ子、ナビママの3人組が到着したのは夕方5時過ぎ。まだ空も明るくて、屋台も開店へ向けて準備に忙しくしているといったところです。
実は通化夜市は朝になると伝統的な朝市に変身します。いや、、、朝市が夜市に変身といったほうが正解でしょうか。ともかく、朝はこのエリアで地元のおばちゃんたちが野菜や果物、お肉や魚を仕入れる光景が見られるのです。
そして、昼ごろからは夜市の両サイドのお店が続々と開店。食堂の隣にきらびやかな洋服がディスプレイされたりしています。夕方も5時をまわると道の真ん中で屋台の準備がチラホラ始まり、6時をまわった頃にはライトアップも始まり一気に盛り上がり始めます。
午後5時くらい、まだ道の真ん中は控えめです。

午後5時くらい、まだ道の真ん中は控えめです。

だけど6時をまわると、、、一気にヒートアップ!

だけど6時をまわると、、、一気にヒートアップ!

まずは腹ごしらえ


さぁ、いよいよ盛り上がってきたので屋台に突撃!
まず目についたのは壁一面にメニューが大書された屋台。「肉燥飯(=魯肉飯)(肉そぼろご飯)」や「麺線(台湾そうめん)」など、夜市では定番のメニューが並んでいます。台湾の南部では、魯肉飯のことを肉燥飯と言いますが、こちらの屋台でもそう。また、滷肉飯と書くのが正しいと言う人もいます。
さて、こちらのお店、屋台かと思いきや客席も整備されていて、雨が降っても大丈夫なように屋根までついています。開店直後で忙しそうなご主人のオススメを試してみることにします!
魯肉飯(大40元、小30元)

魯肉飯(大40元、小30元)

豚脚湯(豚足スープ 50元)

豚脚湯(豚足スープ 50元)


台湾料理では定番の魯肉飯はトロトロのお肉が溶けちゃいそう!それもそのはず、屋台の隅っこで一日中ずーっとコトコト煮込まれているのだから美味しさがアップするのは当然。ご飯にしみこんだタレがたまりません。そして横っちょの煮玉子が最高!豚肉と一緒に煮込まれたため、お肉の美味しいエキスがたっぷり詰まっているんです!もうこの煮玉子を主役に格上げしてあげたいくらいです。
また、上には「肉鬆」と呼ばれるちょっと甘めの肉でんぶやパクチーが載せられているのですが、こちらは好みが分かれるところ。もし苦手ならお箸でそっと除けてもかまいません。
この魯肉飯、「もっともっと食べたい」とお腹が要求してくるのですが、他のものを食べたり、別のお店も取材しなければならないので一杯で断念。

スープはオススメされた豚足スープをチョイス。豚足と聞くと、ちょっと苦手な人も多いですよね。でも台湾に来たらぜひ豚足にチャレンジしてみて下さい。臭みもないし、漢方入りのスープでしっかり煮込まれているので、変なクセもありません。ぷりぷりとしたお肉がたっぷりついた豚足にはコラーゲンもたっぷりですよ。
台南米糕(おこわ)40元

台南米糕(おこわ)40元

鴨肉麺線(鴨肉そうめん)60元

鴨肉麺線(鴨肉そうめん)60元


台南米糕はいわば台湾風のおこわ。おこわなんですが、上にはたっぷり豚肉の角煮が乗っています。そして、こちらにも肉でんぶとパクチー、さらに脇役にはなぜかキュウリです。おこわはモッチモチの歯ごたえ。それにちょっと甘辛い角煮がさらに食欲をそそります。

もう一品は鴨肉そうめん。そうめんといっても鴨肉に主役の座を奪われちゃっているくらいドーンと大きな鴨肉が載せられて登場。漢方入りのスープで煮込まれた新鮮な鴨肉はぷりぷりの食感。ただ、ちょっと骨が多くて食べにくいので、手で持って食べるほうが楽チンです。写真のナビ子みたいに、恥ずかしさを捨ててかぶりつきましょう!
鴨肉はこうやって食べるのよ

鴨肉はこうやって食べるのよ

これだけ頼んでも200元(600円くらい)たらず

これだけ頼んでも200元(600円くらい)たらず

屋台はお母さんと

屋台はお母さんと

息子さんの二人三脚

息子さんの二人三脚

こちらの屋台は主に若い息子さんとお母さんで切り盛りしています。「台南○○」と名づけられたメニューが多いので聞いてみると案の定、一家は台南出身。台南は台湾伝統の小吃(小皿料理)の美味しさで知られる南部の古都です。

開店直後の慌しさも一段落してホッと一息。息子さんがお母さんの肩を揉んであげています。カメラを向けると「やめてくれよー恥ずかしいよー」とお2人とも照れていましたが、台湾にはこういう親孝行な人が多いんです。見ていてホッコリした気分になりました。

屋台は通化街と臨江街の交差点から夜市に入って直進して5分ほど。「HiLife」というコンビニのお向かいです。壁にメニューが大書きされているのですぐわかります。

美食ばかりではありません


美味しいものが集まる夜市と書きましたが、実はファッションアイテムや小物も充実しています。
お腹が満たされたナビ3人組も散策に出発です。
ファッションアイテムも夜市価格

ファッションアイテムも夜市価格

ビキニが山盛り

ビキニが山盛り

赤い下着は台湾のラッキーアイテム

赤い下着は台湾のラッキーアイテム

パンツの投げ売り?!

パンツの投げ売り?!

スマートフォン用のケースもこんなに種類が

スマートフォン用のケースもこんなに種類が

こんな靴下はお土産にいかが

こんな靴下はお土産にいかが

どれだけパンツがあるんだか・・・

どれだけパンツがあるんだか・・・

着るにはちょっと勇気が・・・

着るにはちょっと勇気が・・・

2軒目の腹ごしらえ

このお店を目印に

このお店を目印に


2回目の腹ごしらえに訪れたのは「金興発生活百貨」の斜め向かいにある屋台。
こちらは米粉湯(スープ入りビーフン)や牡蠣そうめんで有名なお店です。そしてナビはさっきも食べた魯肉飯を再び注文。食べ比べといきましょう。
米粉湯

米粉湯

牡蠣そうめんには黒酢をたっぷり入れて召し上がれ

牡蠣そうめんには黒酢をたっぷり入れて召し上がれ


まずはお店のおススメであるスープ入りビーフン。普通のビーフンと比べるとかなり太いですね。カツオブシのだしがたっぷり聞いたスープにたっぷりのビーフン。油ネギが濃厚な味を醸し出しています。ひとつ食べればお腹いっぱいになってしまうので、お友だちとシェアしたりして、色んなものを食べるのが夜市散策の秘訣です。

お隣りは牡蠣そうめん。こちらも台湾を代表する料理の一つです。台湾産の牡蠣は日本のものと比べても小ぶりですが、そのぶんたっぷり使われています。この屋台では新鮮な牡蠣が使われているのでプリプリの食感と、海の香りを楽しめます。スープもニンニクがきいていて後をひく味です。

魯肉飯はナビの大好物。さっきも試食したのにまた注文しちゃいました。先ほどのものは、ちょっと大ぶりの角煮という感じだったのですが、この屋台のものはそぼろのように小さく切った豚肉をグツグツ煮込んでいます。とろーりとなった魯肉がたっぷりかかったご飯はビールが欲しくなっちゃいそうです。

このほかにも、看板にある通り、たくさんのメニューが用意されています。どれもその場で作ってくれる出来たてのアツアツが食べられます。もし言葉が心配ならば、食べたいメニューを指させばOK。恥ずかしがらずにどんどんトライしてみましょう。

選びきれないほどの小吃がたくさん

おでんの専門店「日本丸」

おでんの専門店「日本丸」

はいはい、そんなに主張しなくても・・・

はいはい、そんなに主張しなくても・・・

なぜかステーキ屋さんが

なぜかステーキ屋さんが

隣どうしに並んでいます

隣どうしに並んでいます

ワンちゃんようのネクタイ。お土産にいかが?

ワンちゃんようのネクタイ。お土産にいかが?

ベトナムの小吃も登場

ベトナムの小吃も登場

コショウで味付けされたカニやエビはビールのお供に

コショウで味付けされたカニやエビはビールのお供に

ホルモンや焼き鳥もこんなに種類がたくさん

ホルモンや焼き鳥もこんなに種類がたくさん

今川焼にコーンやウィンナーが入った変わり種

今川焼にコーンやウィンナーが入った変わり種

煎ったのではなく蒸した落花生

煎ったのではなく蒸した落花生


最近の夜市では定番メニューになりつつあるのがタイからやって来た「パパイヤサラダ」。まだ青いパパイヤの千切りをドレッシングであえたもの。シャキシャキの歯ごたえとさっぱりしたドレッシングが合います。油っぽい料理を嫌う若い女性やダイエット中の人に人気だとか。ナビも食べなきゃ・・・。
海藻入りの餅はなんと現場で調理

海藻入りの餅はなんと現場で調理

台湾ではトマトはフルーツ扱い。梅が挟んであります。

台湾ではトマトはフルーツ扱い。梅が挟んであります。

最後は「台湾バーガー」を紹介


最後にナビたちが訪れたのは「石家割包」。割包とは蒸した饅頭を割り、中に豚の角煮を挟み、甘辛いタレやピーナッツの粉、パクチーなどで味付けした、いわば「台湾バーガー」です。

このお店は通化街夜市の中にも屋台を出しており、そちらはオーナーの弟さんがやっているそう。どちらで食べても同じ味なので、屋台で買って食べ歩くも良し、ちょっと疲れたらゆっくり座って食べるも良しです。
こちらは通常の割包

こちらは通常の割包

このお店には「鹹光餅」もあります。

このお店には「鹹光餅」もあります。

このおじさんの看板が目印

このおじさんの看板が目印


中に挟むお肉も肥肉(脂身)、痩肉(脂肪分が少ない)、綜合(半々)を選べますが、このお店には普通の割包のほかにちょっと珍しい鹹光餅というものがあるんです。こちらは饅頭のふわふわした食感と違ってパリパリ・サクサクといった感じ。両方買って食べ比べてもいいかもしれませんね。

「石家割包」 通化街21-2號  AM10:00から翌1:00まで 02-2784-5305 定休日なし

信義エリアのすぐそばにある通化夜市へぜひ!


ふと見上げればすぐそばに台北101がそびえたつ通化街。近くには外資系オフィスや高級ホテルもあり、すぐ近くに夜市があるとは思えないのですが、そこは台湾の奥深さ。ちょっと足を伸ばすだけで、こんなローカルな雰囲気たっぷりのディープ台湾にひたれるのです。

おしゃれな信義エリアで遊び疲れた後は、普段着のままでフラリと立ち寄れる通化街夜市でリラックスしてはいかがですか。

台北ナビでした。

記事更新日:2012-05-03

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    t-bell

  • photo

    t-bell

  • photo

    kawarimono

  • photo

    ikkuru

  • photo

    batiwo

  • photo

    batiwo

  • photo

    batiwo

ページTOPへ▲

関連タグ: 夜市 屋台 地元民

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2006-02-20

スポット更新日:2014-03-07

  • ホテル予約
チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

台湾中の夜市がここに集結!

台湾中の夜市がここに集結!

台湾は屋台王国だった!北から南までいたるところに、ご当地自慢の屋台を競う夜市がいっぱい!

台北の夜市11選大特集Part1(①饒河街、②臨江街(通化街)、③公館、④師大)

台北の夜市11選大特集Part1(①饒河街、②臨江街(通化街)、③公館、④師大)

台湾は夜市が熱い!台北の夜市は士林だけではありません。もっとローカルな夜市こそ、味わい深いものがあるのです。