【花蓮攻略シリーズ⑤】夜の街歩き!花蓮のおみやげマストバイアイテム3選と原住民料理が楽しめる東大門夜市を徹底解説!

今回のテーマは花蓮のおみやげと夜市!地元っ子オススメのマストバイアイテムと夜市の楽しみ方をご紹介致します!

こんにちは、台北ナビです。


花蓮って雄大な自然というイメージが強くて、夜はどう過ごせばいいの?とたずねられることが多いのですが、夜の花蓮市内って実はとても賑わっているんです。

コンパクトな街なので、中心部にレストランや夜市、おみやげ屋さんが集中していて、夜の街歩きがとても楽しいのです。特に約400以上の屋台で賑わう台湾東部最大の夜市『東大門夜市』は、おみやげからローカルグルメまで一気に巡れてワクワクすること請け合いです!

そして今回は地元っ子オススメの花蓮のマストバイおみやげもご紹介します!花蓮ではこれらを買っておけば間違いなしですよ!
今回訪問した時期は台湾の旧正月明けでしたので、街中には旧正月のランタンがそのまま飾ってあり、素敵な雰囲気でした。 今回訪問した時期は台湾の旧正月明けでしたので、街中には旧正月のランタンがそのまま飾ってあり、素敵な雰囲気でした。

今回訪問した時期は台湾の旧正月明けでしたので、街中には旧正月のランタンがそのまま飾ってあり、素敵な雰囲気でした。

ナビ特選!これを買っておけば間違いない、花蓮みやげ3選♪

観光で欠かせない物……そう、それはおみやげです!せっかく台北から足を伸ばして花蓮まで来たのだから、台北では見かけない特別な物を買いたい!そんな方にオススメの花蓮にしかない素敵なおみやげを教えてもらったのでご紹介します!

台湾最高品質のパイナップルを使った、極上パイナップルケーキ「鳳梨灣」!

看板には台湾最高品質の文字が!!店内は試食が可能なので、気軽に入店すべし!

看板には台湾最高品質の文字が!!店内は試食が可能なので、気軽に入店すべし!

まずはみんな大好きなパイナップルケーキの紹介といきましょう!その中でも最高級のパイナップケーキとして、台湾でも有名なブランドが「鳳梨灣」です。最高品質の素材を使い、無添加、無香料、防腐剤を使わずに作られるというこだわりのパイナップルケーキ。

花蓮の瑞穗という場所にある富興村は、台湾でも最高品質のパイナップルの産地として非常に名高く、ここで作られたパイナップルを使用しているんです。1個のパイナップルの重さは約1㎏となかなかの重量ですが、皮などの不要なものを取り除き、煮詰めると最終的に餡となるのは約100gだけ。しかもこの餡をたくさん使うものだから、なんと一つのパイナップルからたった4個のパイナップルケーキしか作れません。

パイナップルケーキ自体もずっしりと重みがあり、食べ応え抜群。餡がぎっしり詰まって質の高さを感じられますよ。
鳳梨灣で使われているパイナップルは「金鑽鳳梨酥」と「土鳳梨酥」の二種類があります。金鑽鳳梨酥はより甘く、土鳳梨酥はより酸味がある味わいです。どちらも食べるとすぐに天然素材で高品質の物だと分かるかと思います!
甘味が強い「金鑽鳳梨酥」と酸味が強い「土鳳梨酥」の二種類があります! 甘味が強い「金鑽鳳梨酥」と酸味が強い「土鳳梨酥」の二種類があります!

甘味が強い「金鑽鳳梨酥」と酸味が強い「土鳳梨酥」の二種類があります!

また、パイナップルケーキ以外にナビがオススメしたいのが文旦を使った文旦ケーキです!文旦とは中秋節の時に食べられる果物で、文旦(柚子)と書きますが、日本の文旦(ザボン・ブンタン)とも柚子(ユズ)とも異なる味と見た目です。花蓮はこの文旦の一大生産地なので、花蓮みやげにぴったりですよね。

鳳梨灣は糖度10.5度以上の文旦を使用し、皮と果肉のオリジナル黄金比でミックスすることで、素材本来の味わいを感じられる絶品ケーキを生み出しています。ナビも一口……、うぅ~ん爽やかで甘酸っぱい♡
さっぱりした柚子のケーキもパイナップルケーキに負けず劣らずオススメです! さっぱりした柚子のケーキもパイナップルケーキに負けず劣らずオススメです!

さっぱりした柚子のケーキもパイナップルケーキに負けず劣らずオススメです!

●鳳梨灣
花蓮市中華路141號
(03)835-9495
8:00~23:00
無休
日本語不可

https://funny111.com.tw/index.php

原住民によるデザインのハイセンスな雑貨店「原風藝站」

マネキンのインパクトが少し強い!笑 マネキンのインパクトが少し強い!笑

マネキンのインパクトが少し強い!笑

伝統工芸品を作っているアーティスト紹介

伝統工芸品を作っているアーティスト紹介

街中をぶらぶら歩いているとたまたま見つけた原住民による伝統工芸品が売っているお店。第一印象は……マネキンのクセが強い!でしたが、中をのぞいてみると素敵な雑貨が多く陳列されているではないですか!

というわけで、いざ入ってみることに♪
心躍る品揃え!

心躍る品揃え!

店内全体の様子はこんな感じで多くの雑貨が展示されています

店内全体の様子はこんな感じで多くの雑貨が展示されています

伝統的な色とりどりの生地や革を用いた雑貨など、ひとつひとつそれぞれ異なる民族の背景があり、どれひとつとして同じ物がありません。かわいらしい小物やグッズが多く、価格もリーズナブルな点も魅力的で、素敵すぎます~!

特別なおみやげとして友人や家族へ、また旅の思い出に自分へのプレゼントとしても良さそうです。
伝統的な原住民の記事を使った小物入れやバックはとても素敵なデザインです。 伝統的な原住民の記事を使った小物入れやバックはとても素敵なデザインです。

伝統的な原住民の記事を使った小物入れやバックはとても素敵なデザインです。

可愛らしいアクセサリーは種類が豊富で素材も様々! 可愛らしいアクセサリーは種類が豊富で素材も様々! 可愛らしいアクセサリーは種類が豊富で素材も様々!

可愛らしいアクセサリーは種類が豊富で素材も様々!

革製品は力強いデザインや色使いが特徴です。

革製品は力強いデザインや色使いが特徴です。

伝統の染色技術を使ったハイセンスなスニーカーもオススメ!

伝統の染色技術を使ったハイセンスなスニーカーもオススメ!

●原風藝站
花蓮市博愛街116號
(03)835-9495
10:30~21:00
無休
日本語不可

http://www.isas.com.tw/

最後は自分へのおみやげとして「Choco Choco」のこだわりのチョコレートに癒される!

古民家を改装したオシャレなチョコレート屋さんです! 古民家を改装したオシャレなチョコレート屋さんです!

古民家を改装したオシャレなチョコレート屋さんです!

どんなおみやげを買おうか考えているとお腹が減ってきてしまい、台湾人の中で非常に評判が高いチョコレート専門店「Choco Choco」にやって来ました!

お店は花蓮文化創意産業区a-zoneの近くにあり、このエリアはおしゃれなリノベーションスポットが数多くあります。もちろんChoco Chocoも古民家を改装した店構え。ロゴもとても可愛らしい!
店内の様子はこんな感じ。オープンキッチンでチョコレートを作っている様子が見えます。

店内の様子はこんな感じ。オープンキッチンでチョコレートを作っている様子が見えます。

チョコレートは種類も豊富でどれもとてもおいしそう…… チョコレートは種類も豊富でどれもとてもおいしそう……

チョコレートは種類も豊富でどれもとてもおいしそう……

この日は一般的なビターチョコレートなどに加え、花蓮の名産である洛神花(ローゼル)、原住民族のお酒である小米酒(アワ酒)を使ったチョコレート、花蓮南東の茶の名産地である舞鶴地域の茶葉を使った舞鶴チョコレートなど、地元の素材にこだわったメニューが売られていました。
ナビのハートを打ち抜いたチョコレート

ナビのハートを打ち抜いたチョコレート

ナビたちは小米酒、舞鶴の抹茶、塩キャラメルの3つの種類のチョコレート、そしてその日限定のチョコレートブラウニーを注文してみたのですが……正直期待をかなり上回る美味しさ!!!

まず3つのチョコレートの中で一番ナビ好みだったのが小米酒のフレーバー。適度なアルコールとチョコレートの甘さのバランスが最高です。
やばーい!はまる~~!!

やばーい!はまる~~!!

そして何より一番おいしかったのはチョコレートブラウニー。店員さんが少し温めて出してくれたのですが、中のチョコレートが程よく溶けて舌触りも最高!甘すぎないクリームとの相性も抜群です。

店内の素敵な雰囲気の中で最高のチョコレートを食べながら、旅の疲れもリラックスできました。
かわいらしいチョコレートのメニュー表

かわいらしいチョコレートのメニュー表

店内は二階にも広々としたオシャレな空間があります!

店内は二階にも広々としたオシャレな空間があります!

また、店内にはおみやげ用の板チョコが売っています。一枚280元(日本円で約1000円)で、チョコレートの純度、味などが異なる4種類が販売されています。地元の名産の蜜香紅茶を使ったり、パッケージに台湾の伝統的なタイルのデザインを施すなど、台湾東部の山や海をイメージした商品になっています。こちらもおみやげにオススメですよ~!
台湾を感じるパッケージ

台湾を感じるパッケージ

原住民の料理が楽しめる花蓮一の夜市!東大門夜市でオススメのグルメTOP4

【花蓮攻略シリーズ⑤】夜の街歩き!花蓮のおみやげマストバイアイテム3選と原住民料理が楽しめる東大門夜市を徹底解説! 花蓮お土産 花蓮 おみやげ お土産 花蓮薯 パイナップルケーキ 文旦 台湾原住民 原住民 手作り 工芸品 チョコレート 東大門夜市原住民料理 【花蓮攻略シリーズ⑤】夜の街歩き!花蓮のおみやげマストバイアイテム3選と原住民料理が楽しめる東大門夜市を徹底解説! 花蓮お土産 花蓮 おみやげ お土産 花蓮薯 パイナップルケーキ 文旦 台湾原住民 原住民 手作り 工芸品 チョコレート 東大門夜市原住民料理
Choco Chocoで最高のチョコレートを食べた後もまだ胃袋は満足できず、そこから歩いて約10分の東大門夜市に向かいます!台湾の夜市と言えば、多くの人が雞排(フライドチキン)、臭豆腐、滷肉飯(豚そぼろ飯)などのローカルフードを思い浮かべると思います。

ただ花蓮の東大門夜市はほかの夜市と一味違います!

実はここ花蓮の東大門夜市は近年政府によりどんどん新しく整備が進められており、台湾の夜市の中で最大規模の大きさを誇ります。そして台湾で唯一原住民の料理が楽しめる「原住民一條街」が設けられています!
都会では味わえない雰囲気

都会では味わえない雰囲気

各所でストリートパフォーマンスが行われているのも東大門夜市の特色のひとつ。原住民の歌手、ドラマーやダンサーなど、素敵なパフォーマンスを見ながら美食と美酒を楽しめるのはこの夜市の素晴らしい魅力です!

では、ナビ特選の東門夜市のTOP4のオススメグルメをご紹介致します♪

①一時間待ちの超人気台湾風串焼き店「第一家烤肉串」

東大門夜市に着いたら、真っ先に原住民グルメが並ぶ「原住民一條街」に向かいます。ここ原住民一條街で最も人気なお店がこの台湾風串焼き店です!元々花蓮の自強夜市で人気を博していましたが、自強夜市の整合事業によりここ東大門夜市へ引っ越してきました。引っ越してきても相変わらずの人気です!

行列に並ぶとまず店員さんに言われたのが「一時間待ち」だということ。夜市に来て一時間待ちは初めてだったので、驚きと期待がどんどん高まります!
種類が多すぎて迷っちゃう~

種類が多すぎて迷っちゃう~

多くの種類の中から自分が好きな串を好きなだけ取り、お金を払います。

お金を払った後店員さんが番号を教えてくれます。一時間経った後に戻ってきて、お店の前の番号を確認すると丁度良い時間でした!一時間その場で待たなくても良いので、先に注文をしてほかの場所をぶらぶら散策してくださいね~。

一時間が経過して、一番人気の串焼きをようやくゲットしました!!もちろん味は最高に美味しく、特にタレが絶品でした~!

②原住民風竹ごはんにチャレンジ!「原鄉嘟論竹筒飯」

黄色いポップなデザインの看板が目印のお店 黄色いポップなデザインの看板が目印のお店

黄色いポップなデザインの看板が目印のお店

原住民料理の定番!竹の中にご飯を入れて食べる「竹筒飯」が食べられるお店が、原住民一條街の真ん中くらいの場所にあります。この竹ご飯以外にも、台湾の原住民族であり阿美族の伝統的なお餅もおいしかったなぁ。「竹香套餐(セット)」では竹ご飯、お餅、ソーセージ、紅茶のセットがたった100元で販売されています!
竹の風味も感じられる絶品です!

竹の風味も感じられる絶品です!

中を開けるとこんな感じ。猪肉の味を選んだのですが、モチモチのお米とほんのり香る竹の風味がとても絶品でした!

③原住民の伝統的な酒「小米酒」を使ったオシャレカクテルのお店「原醉」

花蓮に来たからにはまず絶対に味わって欲しいのがこの小米酒を使ったカクテルです!原住民風のカクテルが楽しめる「原醉」は原住民一條街の真ん中くらいの場所にあります。

まずはメニューを見てみましょう!どうやら緑色のメニューが原住民風のカクテルになるようで、ナビはこれ狙い。超イケメン店員さんにオススメしてもらって、一番人気だという「米香」を注文してみました。
ナビ好みのイケメン♡

ナビ好みのイケメン♡

メニュー

メニュー

イケメンに作ってもらったから、それだけでもポイントは高いんですが、小米酒とライムをミックスしたカクテルは、かなり美味しかったです!
実は建國路73號にビストロ「原醉酒餐館」もありますよ~!ゆっくり座ってお酒を飲むならそちらもオススメ~♪

実は建國路73號にビストロ「原醉酒餐館」もありますよ~!ゆっくり座ってお酒を飲むならそちらもオススメ~♪

④花蓮の地元の食材を使ったこだわりのアイスクリーム店「正當冰」

店員さんのノリが良すぎ~笑

店員さんのノリが良すぎ~笑

東大門夜市内の「福町」夜市のブロックに位置していますが、距離は小米酒の「原醉」からとても近い「正當冰」。花蓮の食材を使った、安心素材のアイスクリームが食べられます。どれにしようかな?と悩んでいたら、ノリの良い20代の店員さんが日本語で話しかけてくれました。
選べないほど多い~! 選べないほど多い~! 選べないほど多い~!

選べないほど多い~!

初めて見るフレーバーも多々あります。価格は大体1個70から80元の間。店員さんオススメのフレーバーは「小米酒」、「紅洛神(ローゼル)」、「蜜香奶茶 (蜜香紅茶ミルクティー)」でした。その中からナビは小米酒を選びました!
そこから10元追加して台東の池上地方の米を使ったコーンにアップグレートしました!お酒の味がしますがすっきりしていて後に残らず、バニラアイスとの相性が抜群でした!!

ウェブサイト:https://justicecream.tw/
花蓮はとてもコンパクトにまとまっている街なので、夜の街歩きが非常に楽しい場所です!素敵なおみやげからここでしか食べられないローカルフードまで、皆様も是非花蓮の魅力を余す所なく楽しんでくださいね!

ここまで5回に分けてご紹介してきた花蓮。案外アクセスも簡単で、絶景あり、美食あり、人情あり……を体験できた4日間でした。台北から日帰りも可能ですが、やはり花蓮に長期滞在して色んな花蓮に触れてもらえたらなぁと思いました!

以上、台北ナビ(路(ルー)が届けました!

取材企画&協力:花蓮縣政府

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2020-05-22

ページTOPへ▲

関連記事

【花蓮攻略シリーズ④ 】チャータータクシーでしか行けない花蓮海岸の『絶景&秘境』を巡る旅!

【花蓮攻略シリーズ④ 】チャータータクシーでしか行けない花蓮海岸の『絶景&秘境』を巡る旅!

抜群の透明度!コバルトブルーの海と絶景を巡る、チャータータクシーで行く花蓮の海岸線の旅をご紹介します!

【花蓮攻略シリーズ③】「台湾好行(路線バス) 縱谷花蓮線」で行く、『100年前の日本人の暮らしを探す『花蓮山側』の旅』

【花蓮攻略シリーズ③】「台湾好行(路線バス) 縱谷花蓮線」で行く、『100年前の日本人の暮らしを探す『花蓮山側』の旅』

花蓮は太魯閣だけではない!!今回は花蓮の山間部を巡る「台湾好行縱谷花蓮線」で台湾と日本の歴史を巡る旅をご紹介します!

【花蓮攻略シリーズ②】台湾好行(路線バス)で行く太魯閣(タロコ)渓谷へのアクセスを徹底伝授!

【花蓮攻略シリーズ②】台湾好行(路線バス)で行く太魯閣(タロコ)渓谷へのアクセスを徹底伝授!

花蓮観光で絶対外せないスポット『太魯閣(タロコ)』。値段を抑えて、そして自分のペースで巡りたい方には台湾好行(路線バス)がオススメです!!

【花蓮攻略シリーズ①】花蓮観光の前は必見♪花蓮へのアクセスを超詳しく教えます!

【花蓮攻略シリーズ①】花蓮観光の前は必見♪花蓮へのアクセスを超詳しく教えます!

台湾の地元っ子の多くが超おススメする『花蓮』。圧倒的な自然美と深い日本との関わりの文化・歴史を持つ、台湾旅行で絶対に外せないスポットです!

山あり海あり、雄大な自然と独特な文化を味わいたいなら花蓮に旅立とう!【後編】

山あり海あり、雄大な自然と独特な文化を味わいたいなら花蓮に旅立とう!【後編】

台湾西部では体験できない驚きと出会いがまだまだたくさんあります!

花蓮一大きな「東大門夜市」で二大人気屋台を食べつくせ~♪

花蓮一大きな「東大門夜市」で二大人気屋台を食べつくせ~♪

行列必至でも食べたいんだ!!

Choco choco 手工巧克力(花蓮市)

Choco choco 手工巧克力(花蓮市)

花蓮食材×チョコレートのコラボレーションが斬新!古民家リノベカフェでゆっくりタイムを楽しもう♪

東大門夜市(花蓮市)

東大門夜市(花蓮市)

花蓮の夜はココでキマリ!4つの通りからなる花蓮最大の夜市です♪

その他の記事を見る