【地方創生】台湾の米どころとして有名な台東・池上は、アート文化を大切に育てているまち!散策や自転車旅が楽しい日本人向きのスポットを巡ってみませんか?

池上穀倉藝術館では2022年4月3日まで「傳奇 席德進作品私藏展」を開催中!

こんにちは、台北ナビです。

台湾東部の米どころ「池上」。台北ナビでも度々ご紹介していますが、おいしいお米を食べたら次のまちへ移動だなんてもったいないんです。お腹がいっぱいになったら是非「池上」を歩いてみてください!

そうすると、池上には至るところにアートスポットが点在していることに気づきます。そして、自転車を漕いでもう少し行動範囲を広げてみると、自然に溶け込むように展示されているインスタレーション作品のパワーに圧倒されるでしょう。

なぜ、米どころ池上でこれまでにアート芸術が根付いているのか……。それは、多くの農民たちは、農閑期になると絵画や書道、読書などの芸術活動をしていたから。つまり農民にとって芸術は暮らしの一部そのものだったというわけなんです。

それでは、ナビが見つけたアートスポットの数々をご紹介したいと思います!
散策をすると名もないアートが飾られている池上 散策をすると名もないアートが飾られている池上 散策をすると名もないアートが飾られている池上

散策をすると名もないアートが飾られている池上

小さすぎず大きすぎない、自転車巡りが楽しいまち

と、アートスポットを紹介する前に、池上アートの旅を楽しむための移動手段についてお話したいと思います。

池上旅行は、台鉄「池上」駅を基点に動く人が多いと思います。駅を出て徒歩1分ほどで池上のメインロード「中山路」に到着。ここには主なレストラン、ショップ、カフェ、民宿の多くが集結しています。池上を代表するリゾートホテル「日暉國際渡假村(パパゴ国際リゾート)」だって自転車に乗って10分強ほどで到着します。
サイクリングが気持ちいい道!

サイクリングが気持ちいい道!

駅周辺なら徒歩散策で十分ですが、「金城武の木」がある「伯朗大道」や「大坡池」へ足をのばすなら自転車で移動することをおすすめします。自転車を貸し出している民宿やホテルも多いですし、電動自転車や6人乗りできる自転車を貸し出している業者もたくさんあります。
4人乗りや6人乗りの大型自転車で巡るのも楽しそう! 4人乗りや6人乗りの大型自転車で巡るのも楽しそう!

4人乗りや6人乗りの大型自転車で巡るのも楽しそう!

アートのまち「池上」を代表する芸術館(美術館)「池上穀倉藝術館」

池上をアートの街へと押し上げた立役者といえば「台灣好基金會(台湾好基金会)」。池上の地方創生にも一役買い、2014年に立ち上げた「池上藝術村」プロジェクトでは、「アーティスト・イン・レジデンス」を実施。アーティストが池上で長期生活し、作品制作をしています。

それらの作品を展示し、池上の住民がアートに触れられるような場所が欲しいという思いを聞き入れたのは、多力米公司の梁正賢氏。60年の歴史ある穀倉を自腹でリノベーションし、台湾好基金会に経営管理を任せています。
こぢんまりとしたギャラリーですが、選りすぐりの作品が並びます こぢんまりとしたギャラリーですが、選りすぐりの作品が並びます こぢんまりとしたギャラリーですが、選りすぐりの作品が並びます

こぢんまりとしたギャラリーですが、選りすぐりの作品が並びます

毎回、台北でも見られないような選りすぐりの作品が見られるのですが、現在は台湾の美術界に多大な影響を及ぼした「席德進(席徳進)」の展覧(後期)を開催しています(~2022年4月3日)。

前期は國立台灣美術館、 國立歷史博物館から借りたものでしたが、今回は「傳奇-席德進作品私藏展(伝奇-席徳進作品私蔵展)と名付けられ、席徳進と親交のある人々が集めた作品が楽しめます。
席德進「自畫像」、1951、油彩畫布裱於木板、51.5 x 43 cm、蕭珊珊女士收藏

席德進「自畫像」、1951、油彩畫布裱於木板、51.5 x 43 cm、蕭珊珊女士收藏

席德進「珍妮特肖像」、1961、油彩畫布、99.5×72.5cm、私人收藏

席德進「珍妮特肖像」、1961、油彩畫布、99.5×72.5cm、私人收藏

写真では伝わらないかもしれませんが、色の表現が秀逸なんです!!

一部、席徳進との思い出やエピソードなどが添えられていて、彼の作品を通して彼の人となりや感性が感じられるようになっています。席徳進の作品で人物像が多いのは、これが簡単にお金を稼げるから。そして、気持ちよくお金を払ってもらうために、実物よりも美しく格好良く描いていたんだとか。(実際写真も添えられているので、見比べてみてくださいね)また、エピソードを読むと人の機微を繊細に感じ取るのに、自分の作品として表現する時は大胆で力強い絵や文字になるのも面白いなと感じました。
台北の館前路を描いたものを発見!國立臺灣博物館の建物はずっとあるんですね!<br>席德進「館前路」、1956、水彩紙本、50.9x39.3cm、私人收藏

台北の館前路を描いたものを発見!國立臺灣博物館の建物はずっとあるんですね!
席德進「館前路」、1956、水彩紙本、50.9x39.3cm、私人收藏

ヨーロッパで発表された「福祿壽」の別名を持つ抽象画。正面には「福祿壽」の三人の神様、その周りには伝統的な民家に見られる窗花(窓格子)が描かれ、さらにその周りには廟でよく見かける字体で書かれた几(かぜがまえ)が表現されています。春節に見るのにぴったりの縁起のいい作品!<br>席德進「抽象畫(福祿壽)」1964、油彩畫布、73x97cm、私人收藏

ヨーロッパで発表された「福祿壽」の別名を持つ抽象画。正面には「福祿壽」の三人の神様、その周りには伝統的な民家に見られる窗花(窓格子)が描かれ、さらにその周りには廟でよく見かける字体で書かれた几(かぜがまえ)が表現されています。春節に見るのにぴったりの縁起のいい作品!
席德進「抽象畫(福祿壽)」1964、油彩畫布、73x97cm、私人收藏

同じ人物画ですが、右の林婉珍氏は描いてもらった時深く悩んでいたそうで、その心の様子も絵が表してくれているように感じます。それに比べて左の華嚴氏の絵は自信満々!心の機微を繊細に感じ取れる席徳進だからこそ、絵のモデルの心も捕らえられたのだろうなぁ……<br>(左)席德進「女作家華嚴像」、1966、油彩畫布、92.2x73.5cm、華嚴女士收藏<br>(右)席德進「林婉珍」、1971、油彩畫布、72.8x60.5cm、林婉珍女士收藏

同じ人物画ですが、右の林婉珍氏は描いてもらった時深く悩んでいたそうで、その心の様子も絵が表してくれているように感じます。それに比べて左の華嚴氏の絵は自信満々!心の機微を繊細に感じ取れる席徳進だからこそ、絵のモデルの心も捕らえられたのだろうなぁ……
(左)席德進「女作家華嚴像」、1966、油彩畫布、92.2x73.5cm、華嚴女士收藏
(右)席德進「林婉珍」、1971、油彩畫布、72.8x60.5cm、林婉珍女士收藏

席徳進を慕う若者たちの宝物たち 席徳進を慕う若者たちの宝物たち 席徳進を慕う若者たちの宝物たち

席徳進を慕う若者たちの宝物たち

台湾のアート界に影響を与えている張照堂、阮義忠、謝春德、郭英聲、林柏樑,李賢文、李乾朗は席徳進を師と仰ぎ、交流を行ってきたそう。その中で席徳進が彼らに送った作品や彼らが撮影した席徳進の写真などが飾られています 台湾のアート界に影響を与えている張照堂、阮義忠、謝春德、郭英聲、林柏樑,李賢文、李乾朗は席徳進を師と仰ぎ、交流を行ってきたそう。その中で席徳進が彼らに送った作品や彼らが撮影した席徳進の写真などが飾られています 台湾のアート界に影響を与えている張照堂、阮義忠、謝春德、郭英聲、林柏樑,李賢文、李乾朗は席徳進を師と仰ぎ、交流を行ってきたそう。その中で席徳進が彼らに送った作品や彼らが撮影した席徳進の写真などが飾られています

台湾のアート界に影響を与えている張照堂、阮義忠、謝春德、郭英聲、林柏樑,李賢文、李乾朗は席徳進を師と仰ぎ、交流を行ってきたそう。その中で席徳進が彼らに送った作品や彼らが撮影した席徳進の写真などが飾られています

美術への造詣が深くないナビでもぐっと感じるものがある展示でした。次回の展示は池上出身ながら、「アーティスト・イン・レジデンス」の制度を利用して池上で生活しながら創作活動をしている「劉永仁」の展覧が予定されています。彼の作品は「呼吸の概念」を作品の軸に温かいオレンジ色と黒、寒色の色の組み合わせが印象的です。
入口を入ってすぐにあるのは年表。ここの内容は前期と同じだったように記憶しているのですが、見落とした写真も多かったような……。席徳進の貴重な写真が展示されているので、是非じっくり見てみてくださいね! 入口を入ってすぐにあるのは年表。ここの内容は前期と同じだったように記憶しているのですが、見落とした写真も多かったような……。席徳進の貴重な写真が展示されているので、是非じっくり見てみてくださいね! 入口を入ってすぐにあるのは年表。ここの内容は前期と同じだったように記憶しているのですが、見落とした写真も多かったような……。席徳進の貴重な写真が展示されているので、是非じっくり見てみてくださいね!

入口を入ってすぐにあるのは年表。ここの内容は前期と同じだったように記憶しているのですが、見落とした写真も多かったような……。席徳進の貴重な写真が展示されているので、是非じっくり見てみてくださいね!

ナビのお気に入りの一枚。亡くなったその年に描かれた観音山です。写真のように精巧でしょう?<br>席德進「遠眺觀音山」、1981、水彩紙本、56x76 cm、私人收藏

ナビのお気に入りの一枚。亡くなったその年に描かれた観音山です。写真のように精巧でしょう?
席德進「遠眺觀音山」、1981、水彩紙本、56x76 cm、私人收藏

「縱谷大地藝術季-漂鳥197」で設置されたインスタレーション作品

《自然療癒》アーティスト:撒部‧噶照

《自然療癒》アーティスト:撒部‧噶照

海岸山脈と中央山脈の間を走る197縣道(県道)は、池上郷から卑南郷を結び、ここを走ると絵画のように美しい田んぼ風景が広がっています。台東の自然と人文の特色が色濃く感じられるここで、2019年から毎年夏に「縱谷大地藝術季-漂鳥197」が開催されているのはご存じですか?これ、感度の高い台湾人にはかなり話題になっていて、台東旅行の撮影スポットとして大人気なんですよ!

「漂鳥」とはインドの詩人「ラビンドラナート・タゴール」の「迷い鳥たち(Stray Birds)」の中国語名。県道197号が走る渓谷に身を置き、そのピュアさ、美しさ、素朴さを楽しむことは、まるでタゴールの「迷い鳥たち」を読むようだということから名づけられました。
大空の下にあるインスタレーションだから、開放的な気持ちになって写真が撮れちゃいますよ~!<br>《拾火Kalo’orip》アーティスト:拉飛邵馬 Lafin Sawmah

大空の下にあるインスタレーションだから、開放的な気持ちになって写真が撮れちゃいますよ~!
《拾火Kalo’orip》アーティスト:拉飛邵馬 Lafin Sawmah

「縱谷大地藝術季-漂鳥197」により展示されているのは27作品。毎年10作品ほど追加されていきます。東台湾の大自然とアートが融合している様子はきっと心に残るはず!思わず一緒に写真を撮りたくなるような作品が多いので、是非思い出に写真を撮ってみてくださいね。
《供給與需求》アーティスト:紀人豪

《供給與需求》アーティスト:紀人豪

《溯土Revert to Earth》アーティスト:葉海地 Heidi Yip

《溯土Revert to Earth》アーティスト:葉海地 Heidi Yip

撮影した時は全然気づきませんでしたが、「池上-豆之間」というお店の中と外に作品が!!

「池上-豆之間」は池上農會(農協)が運営する湯葉や豆花が楽しめるカフェですよ~! 「池上-豆之間」は池上農會(農協)が運営する湯葉や豆花が楽しめるカフェですよ~! 「池上-豆之間」は池上農會(農協)が運営する湯葉や豆花が楽しめるカフェですよ~!

「池上-豆之間」は池上農會(農協)が運営する湯葉や豆花が楽しめるカフェですよ~!

《重蛹 The Double cocoon》アーティスト:Roger Rigorth

《重蛹 The Double cocoon》アーティスト:Roger Rigorth

《重蛹 The Double cocoon》がある萬安國小がかわいい! 《重蛹 The Double cocoon》がある萬安國小がかわいい! 《重蛹 The Double cocoon》がある萬安國小がかわいい!

《重蛹 The Double cocoon》がある萬安國小がかわいい!

池上に住む人々が作る作品にも注目

個人的に気に入ったのは、池上の路地裏に佇むように飾られている作品の数々。これらは著名なアマチュアアーティストの「王金生」氏が、廃棄された鉄パイプ、鉄骨、タイル、さまざまな色のガラス瓶などのリサイクル素材を使って創作したものです。
画像提供:台灣好基金會

画像提供:台灣好基金會

彼は新北市出身ですがリタイア後、まずは台東の都蘭へ、そして屏東の滿州郷へ。都蘭や滿州郷で営んでいたワークスペースやカフェはその都度大人気に!

ゆっくりと余生を過ごしたいと願っていたのに大忙し!そして奥さんが体調を崩したことで、現在はここ池上で暮らしています。しかし、ここでも是非パブリックスペースに飾る作品を作って欲しいと依頼され、「池上星球(池上の星)」を制作しました。
「池上星球(池上の星)」

「池上星球(池上の星)」

ガラス瓶が太陽の光に反射してキラキラ光ります

ガラス瓶が太陽の光に反射してキラキラ光ります

中をのぞくと景色がまた異なるのですが、写真に収められず……無念!

中をのぞくと景色がまた異なるのですが、写真に収められず……無念!

夜になると、ミラーボールのようにも見える「池上星球」<br>画像提供:台灣好基金會

夜になると、ミラーボールのようにも見える「池上星球」
画像提供:台灣好基金會

700個ほどのリサイクルガラス瓶を使って、池上に星を作り出したわけですが、夜になるとキラキラと光ります。

彼が宇宙好きということから「池上星球(池上の星)」と名付けられていますが、春節が近づく時に見ると燈籠(提灯)のようにも見えるのはナビだけ?キラリと光る星であっても、提灯であっても、ここを訪れる人々を温かく照らしてくれることだけは間違いありませんよ~!
「開在池上的花(池上に咲く花)」の作成時は一列になって作っていましたよ~!<br>画像提供:台灣好基金會

「開在池上的花(池上に咲く花)」の作成時は一列になって作っていましたよ~!
画像提供:台灣好基金會

そして、これが大好評だったため、その後毎年新しい作品制作を頼まれてしまう王金生氏。その後の作品は池上のおじいちゃん、おばあちゃん、ちびっこたちと一緒に作っています。

池上農會(農協)の近くには飾られている「開在池上的花(池上に咲く花)」という作品では、池上の人々や旅行で訪れた人々182人と共に制作。完成した作品を見るだけで、作っている時に聞こえたであろう笑い声や笑顔が想像できて、温かい気持ちになります。
見ていると自然に笑顔になる作品!

見ていると自然に笑顔になる作品!

近づくと立体的に、遠くから見ると平面的に見えます! 近づくと立体的に、遠くから見ると平面的に見えます! 近づくと立体的に、遠くから見ると平面的に見えます!

近づくと立体的に、遠くから見ると平面的に見えます!

「日出日落(日出日没)」

「日出日落(日出日没)」

靜修路にあるのは大きな太陽が描かれた作品「日出日落(日出日没)」。この作品を見た人が、朝日や夕陽を見る時のように、心が癒されリラックスして欲しいという思いを込めて作られました。

台湾語の詩も添えられているので、台湾語が分かる方にはこの詩を読みながら作品を楽しんでみて欲しいのだそうです。
這是日出也日落
似心起落要如何
管伊日出也日落
來到池上心情好


これは朝日でもあり夕陽でもある
それはまるで心の浮き沈みのよう
とにかく(あなたの心が)朝日であっても夕陽であっても
池上に来れば気分が良くなる!

ほんと池上に来ると、時間に追われることなく、余裕をもって色んなことを感じられるんですよね。
こんな風に路地裏にひっそりと展示されているんです

こんな風に路地裏にひっそりと展示されているんです

竹が使われていました!

竹が使われていました!

「樂林星系螢相迎(蛍を歓迎する楽しい銀河系)」

「樂林星系螢相迎(蛍を歓迎する楽しい銀河系)」

踏切を越えて見つけたのは「樂林星系螢相迎(蛍を歓迎する楽しい銀河系)」。池上のおばあちゃんたちが鍋蓋で自分の心の中にある小さな宇宙を表現。そして蛍に見立てたビー玉を青い銀河に散りばめているんだとか!

池上の人々は幼い頃から芸術に勤しんでいたというのが見て取れるように、どの鍋蓋も創意工夫がなされていてすごいですよ~!
駐車している車も作品の一部のよう!生活にとけこみすぎているアートだなぁ……

駐車している車も作品の一部のよう!生活にとけこみすぎているアートだなぁ……

トナカイ発見!

トナカイ発見!

どれもあばあちゃんの力作です

どれもあばあちゃんの力作です

蛍に見立てたビー玉ちゃん

蛍に見立てたビー玉ちゃん

歩いて、自転車に乗って、色々巡れる池上のアート、どうでしたか?疲れた心を癒しに、是非池上を訪れてみてくださいね。

以上、池上が大好きな台北ナビがお届けしました。
アートとは違うけれど、キュートな鐵花窗(鉄製の窓枠)も多いんです♡ アートとは違うけれど、キュートな鐵花窗(鉄製の窓枠)も多いんです♡ アートとは違うけれど、キュートな鐵花窗(鉄製の窓枠)も多いんです♡

アートとは違うけれど、キュートな鐵花窗(鉄製の窓枠)も多いんです♡

大きなスナック菓子やにゃんこが皆さんのお越しをお待ちしていますよ~! 大きなスナック菓子やにゃんこが皆さんのお越しをお待ちしていますよ~! 大きなスナック菓子やにゃんこが皆さんのお越しをお待ちしていますよ~!

大きなスナック菓子やにゃんこが皆さんのお越しをお待ちしていますよ~!

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2022-01-26

ページTOPへ▲

関連記事

【台湾人気イベント】黄金色の稲田、歌とダンスの芸術が織りなす神秘的な舞台!「2021池上秋收稻穗藝術節」に行ってきました~!

【台湾人気イベント】黄金色の稲田、歌とダンスの芸術が織りなす神秘的な舞台!「2021池上秋收稻穗藝術節」に行ってきました~!

今年で13年目を迎えた台東・池上で行われる「2021池上秋收稻穗藝術節」!注目のシンガー9m88と、台湾が誇る世界的なコンテンポラリー・ダンス・カンパニー「雲門舞集」が華麗なるパフォーマンスを披露しました

【2021池上秋收稻穗藝術節】世界も注目!風にたなびく黄金の稲穂中にある舞台で、9m88×雲門の夢のコラボが実現!

【2021池上秋收稻穗藝術節】世界も注目!風にたなびく黄金の稲穂中にある舞台で、9m88×雲門の夢のコラボが実現!

賴清德副總統も駆け付け、会場は大盛り上がり♪

【台湾芸術文化】台湾の画壇に大きな影響と衝撃を与えた「席德進」!その貴重な作品が台東・池上の「池上穀倉藝術館」で今日から展示されます!

【台湾芸術文化】台湾の画壇に大きな影響と衝撃を与えた「席德進」!その貴重な作品が台東・池上の「池上穀倉藝術館」で今日から展示されます!

美術専門家も素人も、見るとその世界に引き込まれる作品の数々が、台湾の一地方に集結。台湾の地方創生にもつながっている素晴らしい展覧です

【2020池上秋收稻穗藝術節:縱谷裡 敬天謝地】池上の「美しすぎる田園風景」に魂の歌声が響き渡った!

【2020池上秋收稻穗藝術節:縱谷裡 敬天謝地】池上の「美しすぎる田園風景」に魂の歌声が響き渡った!

雨ニモマケズ風ニモマケズ……新型コロナウイルスにもマケヌ台湾!台湾の音楽、台湾の人々、台湾の力強さを感じたライブをレポートします

台東池上で無料巨大アート巡り~!

台東池上で無料巨大アート巡り~!

実は台東には巨大アートがたくさんあるって知ってました?!

池上穀倉芸術館(台東県)

池上穀倉芸術館(台東県)

米倉をリノベーションした地元密着のアートギャラリー

台湾一おいしいお米が収穫される台東池上で食い倒れの旅!

台湾一おいしいお米が収穫される台東池上で食い倒れの旅!

コンパクトな街だから自転車にまたがって自由に散策できます

開放感あふれる会場で大御所歌手の歌声に酔いしれた2019年の池上秋收稻穗藝術節

開放感あふれる会場で大御所歌手の歌声に酔いしれた2019年の池上秋收稻穗藝術節

思い出に残るとっておきの体験が味わえます

黄金に輝く田んぼがステージに 今年の「池上秋收稻穗藝術節」はハイトーンの歌声にウットリ

黄金に輝く田んぼがステージに 今年の「池上秋收稻穗藝術節」はハイトーンの歌声にウットリ

毎年秋の恒例行事です

記念すべき10年目を迎えた「池上秋收稻穗藝術節」で台湾が世界に誇るダンスを見た!

記念すべき10年目を迎えた「池上秋收稻穗藝術節」で台湾が世界に誇るダンスを見た!

美しい風景、美しい心の人々、美しいダンス……美しさがあふれる芸術イベントです

2018年の池上秋収穫稲穂芸術節に大感動!

2018年の池上秋収穫稲穂芸術節に大感動!

収穫間近の稲田に出現した野外舞台で力強いダンスが披露されました!

【2017年池上秋收稻穗藝術節】へ!

【2017年池上秋收稻穗藝術節】へ!

黄金の稲穂が呼んでいる!今年のランブイベントも圧巻でした!

「台東好玩卡(おもしろカード)」で台東を満喫しよう!(米どころ池上で自然に触れるの巻)

「台東好玩卡(おもしろカード)」で台東を満喫しよう!(米どころ池上で自然に触れるの巻)

新鮮な空気、おいしい水、自慢のお米に金城武の木!注目スポット盛り沢山!

今年の池上秋収は、「伍佰 &China Blue :後山日先照」

今年の池上秋収は、「伍佰 &China Blue :後山日先照」

稲穂が台湾ロックの風に揺れました~!

池上の秋、といえば、定番のイベント!

池上の秋、といえば、定番のイベント!

今年も黄金の稲穂がなびく池上の田んぼの上で、2017「池上秋收稻穗藝術節」が行われました!

米どころ池上で名物の弁当にかぶりつき!

米どころ池上で名物の弁当にかぶりつき!

おいしい台東・花蓮産のお米を使ったお弁当は大行列ができる人気商品!

黄金の稲穂に囲まれて、「池上秋収」イベント

黄金の稲穂に囲まれて、「池上秋収」イベント

「A Lin おかえりなさい!」、田んぼや山が呼応しました!

「池上秋収」の季節になりました!

「池上秋収」の季節になりました!

今年は、A Linが故郷に帰って歌います!

台湾の米どころといえば、台東の池上!

台湾の米どころといえば、台東の池上!

日本統治時代の息吹が今も色濃く残る池上。日本と台湾の接点の深さを、改めて感じることが出来ました。

台湾の米どころ、台東・池上へ

台湾の米どころ、台東・池上へ

台湾のコシヒカリと呼ばれる池上米のふるさと池上の旅。初めての「辧卓」も体験!

その他の記事を見る