閉店・移転、情報の修正などの報告

米倉をリノベーションした地元密着のアートギャラリー

photo

古くから農村として栄えてきた、台湾一の米どころ池上。この地に2007年オープンしたのが、アートギャラリー「池上穀倉藝術館(池上穀倉芸術館)」です。米の産地と芸術は、一見何の関わりもなさそうですが、多くの農民たちは、農閑期になると書道や絵画、読書などの芸術活動に勤しんできました。つまり彼らにとって芸術は暮らしの一部そのもの。そんな池上の文化とも言える芸術を後押しすべく、台湾好基金会が中心となってスタートしたのが、「池上穀倉芸術館」という訳です。
展示は池上に長期滞在して芸術活動を行うアーティストたちの作品を中心に並びます。これまで雲門舞集を撮り続けているフォトグラファーの劉振祥氏の写真展や人気作家の蔡康永氏&侯文詠氏のコレクション展などが開かれてきました。現在は文学家であり教育家、さらには書道家でもある臺静農氏の書道展が2020年11月まで開催中です。
また、その建物にも注目しておきたいところ。なんだか日本統治時代の建造物のようにも見える佇まいですが、実際は第二次世界大戦後の1958年に建築された米倉(米蔵)。元々は一般的な切妻屋根でしたが、採光と換気のよい越屋根に改築しました。2019年には遠東建築賞-リノベーション特別賞も受賞したほど、美しさが光る落ち着いた空間です。
そして、前身は精米工場「多力米故事館」の米倉庫だったというこちら。プロジェクトに賛同したオーナーの梁正賢さんの寄贈により現在の姿が実現したのだそうです。「多力米故事館」は「池上穀倉芸術館」の目と鼻の先。併設の「池上好店」では地元産の米を使った定食も味わえますので、併せて訪ねてみてはいかがですか?

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2020-08-25

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

池上好店(台東県)

池上好店(台東県)

台湾一おいしいとされるご飯と台湾東部の食材を使った定食に舌鼓