台湾の米どころといえば、台東の池上!

日本統治時代の息吹が今も色濃く残る池上。日本と台湾の接点の深さを、改めて感じることが出来ました。

見て下さい!この果てしなく広がる稲穂の海。米どころ池上にやってきました。

見て下さい!この果てしなく広がる稲穂の海。米どころ池上にやってきました。

「池上飯包文化故事館」は、只のお土産販売所ではなく、鉄路便當(駅弁)の歴史を展示してあるちょっと楽しいテーマ館です。

「池上飯包文化故事館」は、只のお土産販売所ではなく、鉄路便當(駅弁)の歴史を展示してあるちょっと楽しいテーマ館です。

昔の電車が展示してあります。中に入れるので、子供達は大喜び。

昔の電車が展示してあります。中に入れるので、子供達は大喜び。

電車の内部を、建物の中に再現。鉄路便當とのからみを連想させてくれます。

電車の内部を、建物の中に再現。鉄路便當とのからみを連想させてくれます。

これを首から冴下げて、「弁当要らんかね~」。

これを首から冴下げて、「弁当要らんかね~」。

外側だけでもこんなに楽しい!内部はどんなでしょう。期待度UPです。

外側だけでもこんなに楽しい!内部はどんなでしょう。期待度UPです。

女子用トイレのいりぐちドア。台湾語で、女性用とかかれています

女子用トイレのいりぐちドア。台湾語で、女性用とかかれています

こちらは男性用。なんか劇画チック。

こちらは男性用。なんか劇画チック。

内部は、精米工場を模してあります。米の入った麻袋を二階へあげる装置。

内部は、精米工場を模してあります。米の入った麻袋を二階へあげる装置。

お米を南京袋から出している様。でも、この形で固まってます。

お米を南京袋から出している様。でも、この形で固まってます。

昔、天皇に作ったお米を献上した後の砕け米でつくったお煎餅のような食べ物。初代池上飯包(弁当の前身)

昔、天皇に作ったお米を献上した後の砕け米でつくったお煎餅のような食べ物。初代池上飯包(弁当の前身)

ちょっとだけ進化した池上飯包

ちょっとだけ進化した池上飯包

そして、今と近い姿に。これですっかり池上弁当。

そして、今と近い姿に。これですっかり池上弁当。

南京袋に詰まった出荷前のお米の模型。

南京袋に詰まった出荷前のお米の模型。

当時のかまどを再現。

当時のかまどを再現。

なんと、戦時中の小学校を再現してあります。黒板の文字が、勇ましい。

なんと、戦時中の小学校を再現してあります。黒板の文字が、勇ましい。

日本の小学生も昔はこんな机と椅子を使って勉強していましたね。なつかしい。

日本の小学生も昔はこんな机と椅子を使って勉強していましたね。なつかしい。

昔のかまど。ナビの35歳くらいの友人は、昔、親がこんなかまどで調理していたっていっていました。

昔のかまど。ナビの35歳くらいの友人は、昔、親がこんなかまどで調理していたっていっていました。

キリンでも朝日でもないところがしぶい。

キリンでも朝日でもないところがしぶい。

「ご進物に」というところがにくい

「ご進物に」というところがにくい

美女のいる茶室 酒場でないところが健全

美女のいる茶室 酒場でないところが健全

中将湯・・・地の道に。台湾で意外と有名なこの漢方

中将湯・・・地の道に。台湾で意外と有名なこの漢方

土産ショップはお米かお米製品ばっかり。さすが池上。

土産ショップはお米かお米製品ばっかり。さすが池上。

お会計処は、なんとオニギリがモチーフ。

お会計処は、なんとオニギリがモチーフ。

帰りに寄った池上農会(農協のような存在)の精米所。なんかカッコ良くて撮ってしまいました。

帰りに寄った池上農会(農協のような存在)の精米所。なんかカッコ良くて撮ってしまいました。

台東自慢の池上米。見方が変わりました。

台東自慢の池上米。見方が変わりました。

精米の済んだお米を、大きな長ーいトラックに積み込み中。

精米の済んだお米を、大きな長ーいトラックに積み込み中。

よくみると、トラックの後の倉庫には壁画が、手前の草地には、耕作中の人々のオブジェが。池上は、稲作とアートの土地でした。

よくみると、トラックの後の倉庫には壁画が、手前の草地には、耕作中の人々のオブジェが。池上は、稲作とアートの土地でした。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2012-05-10

ページTOPへ▲

関連記事

台湾一おいしいお米が収穫される台東池上で食い倒れの旅!

台湾一おいしいお米が収穫される台東池上で食い倒れの旅!

コンパクトな街だから自転車にまたがって自由に散策できます

開放感あふれる会場で大御所歌手の歌声に酔いしれた2019年の池上秋收稻穗藝術節

開放感あふれる会場で大御所歌手の歌声に酔いしれた2019年の池上秋收稻穗藝術節

思い出に残るとっておきの体験が味わえます

記念すべき10年目を迎えた「池上秋收稻穗藝術節」で台湾が世界に誇るダンスを見た!

記念すべき10年目を迎えた「池上秋收稻穗藝術節」で台湾が世界に誇るダンスを見た!

美しい風景、美しい心の人々、美しいダンス……美しさがあふれる芸術イベントです

2018年の池上秋収穫稲穂芸術節に大感動!

2018年の池上秋収穫稲穂芸術節に大感動!

収穫間近の稲田に出現した野外舞台で力強いダンスが披露されました!

黄金の稲穂に囲まれて、「池上秋収」イベント

黄金の稲穂に囲まれて、「池上秋収」イベント

「A Lin おかえりなさい!」、田んぼや山が呼応しました!

「頌。豐收」A Lin回家唱歌

「頌。豐收」A Lin回家唱歌

黄金の稲穂の上で!今年も台灣好基金會主催の【2016年池上秋收稻穗藝術節】が行われました!

「池上秋収」の季節になりました!

「池上秋収」の季節になりました!

今年は、A Linが故郷に帰って歌います!

米国学校(台東市)

米国学校(台東市)

米について知ることができる…台湾東部のおいしい関山ごはんはいかがですか?

金城武の木はどこ?

金城武の木はどこ?

池上@台東

パパゴ国際リゾート(台東県)

パパゴ国際リゾート(台東県)

見渡す限りの緑と青い空、ここには温泉、冷泉、ヴィラ…とリゾートのすべてがありました!

池上飯包故事館(台東県)

池上飯包故事館(台東県)

台湾で一番おいしいと言われている池上米を使ったお弁当屋さんは、稲穂の香りのする清々しい池上駅の近くにあります

その他の記事を見る