走って!食べて?笑顔いっぱい!!台東「三仙台」で開催された、アットホームなマラソン大会を楽しんできました♪

日本から歌い走り、熱く生きる、シンガーソングランナー「SUI」さんが招待されました!

こんにちは、台北ナビです。

台湾はマラソンがとっても人気があることを皆さんご存知ですか?「えっ!?走るどころか、暑くて倒れちゃうんじゃない?」とかイメージしてしまいますよね?実は、毎週あちらこちらで開催されていて、大小合わせると日本の年間大会数を上回るほど開催されています。人口は日本の約1/6、面積は約1/10 であることを考えると、どれほど人気があるかが想像できてしまいますよね?

今回は11月11日に台東の三仙台で開催されたマラソン大会「台東成功三仙台マラソン」の様子と、メインゲストとして招待された、歌手であり、ランナーでもある「SUI」さんを紹介します。

歌い走り、熱く生きる、シンガーソングランナー!「SUIさん」のプロフィール


時に力強く、人生を走り続ける人への応援歌ソングを歌い、時に優しく、人生に疲れた人に寄り添う歌を歌う
自身も常に歌い走り,新しい世界をつくることへの挑戦を続けている


地元北千住の歌、「千住で会おうよ」を歌い、駅前大型ビジョンでも放送され、2017年、2018年、天空劇場ホールワンマンを開催 300人以上を集める
ランニングでは2018年名古屋ウイメンズマラソンを3時間8分40秒で完走
2017 年柴又100K にチャレンジランナーとして出場、9時間24 分30 秒で完走する
フルマラソン25 回、ウルトラマラソン3 回完走
ランニング専門誌「ランナーズ」よりランニング親善大使として2年活動する
2018年8月に元iwish nao プロデュース「SingerSongRunner」の全国発売
現在は「歌うランチューバー」としてyoutubeを通して走る楽しさを届けている

ホームページ http://www.suiohchi.com/profile.html
FB ページ https://www.facebook.com/singersongrunnersui/
instagram https://www.instagram.com/sui.ohchi/

開催場所は東海岸のシンボル三仙台!

成功漁港のシンボルはこの船形の魚市場!

成功漁港のシンボルはこの船形の魚市場!


三仙台は、年間平均気温23.7度の温暖な台湾南東部に位置し、台東縣成功鎮という山と海にはさまれた小さな港町のはずれにあります。

成功鎮は日本統治時代から受け継がれる突ん棒漁(つきんぼ)による伝統的なカジキ漁が盛んな街です。また2017 年に公開された映画「台湾萬歳」(酒井充子監督)の舞台となった場所としても知られています。
良質の旗魚(カジキ)や鬼頭刀(シイラ)、鰹(カツオ)が獲れることで有名です。イルカウォッチング船もこの港から出航しています。

良質の旗魚(カジキ)や鬼頭刀(シイラ)、鰹(カツオ)が獲れることで有名です。イルカウォッチング船もこの港から出航しています。

この日はシイラも大量でした!

この日はシイラも大量でした!

毎日14時頃から競りが行われるので早起きしなくても見ることができるのが特徴です。

毎日14時頃から競りが行われるので早起きしなくても見ることができるのが特徴です。

こんなに間近で見学できます。この日も大量のカジキが!

こんなに間近で見学できます。この日も大量のカジキが!

いろいろな種類のカジキがいるんですよ。

いろいろな種類のカジキがいるんですよ。

台北から台東まで列車で約3時間半、飛行機で約1時間。さらに台東からバスまたはタクシーで約1時間の所にあります。交通の便は決して良いとはいえませんが、それだけに自然豊かで、原住民族の文化が色濃く残る台湾の原風景を体験できる地域と言えます。
東海岸のシンボル三仙台は多くの観光客が訪れます。

東海岸のシンボル三仙台は多くの観光客が訪れます。

沖合いに3つの大きな岩礁があり、かつて呂洞賓、何仙姑、李鉄拐の三仙人が立ち寄ったということから三仙台と呼ばれるようになったとの伝説があります。

もとは海に真っ直ぐ伸びる細長い岬でしたが、海水の浸食により陸から分断され、離島となりました。観光客は、干潮時に海を渡って行くしかありませんでしたが、1987年に8つの波浪の形をしたアーチ橋が掛けられました。まるで巨大な龍が、緑濃い山脈を背に海に向かって走るような姿はとても壮観で、いまや東海岸のシンボルとなっています。
結構勾配がきついので何度も休憩しながらようやく渡りきりました(笑)

結構勾配がきついので何度も休憩しながらようやく渡りきりました(笑)

約1時間でぐるっと1周することもできます。

約1時間でぐるっと1周することもできます。

特に元日は、台湾で一番早く日の出を見る事ができる初日の出パワースポットとしても有名で、毎年多くの観光客でいっぱいになります。(実際には曇り空が多く、初日の出が拝めないことも多いのですが……)
これは2018年元日の様子。さすが初日の出パワースポット!すごい人が!

これは2018年元日の様子。さすが初日の出パワースポット!すごい人が!

残念ながら今年は初日の出を拝むことはできませんでした。

残念ながら今年は初日の出を拝むことはできませんでした。

でも、大晦日の夜から元日初日の出まで特設ステージでショーも楽しめます♪

でも、大晦日の夜から元日初日の出まで特設ステージでショーも楽しめます♪

走る価値あり!壮大な山と海、美味しい食べもの、そして超温かい台湾の方々との交流も

コースは42km、21km、12km、7km の4コース。なぜか台湾のマラソン大会は、きりのいい距離設定が多いです。ちなみに中国語では順に全馬、半馬、小馬、迷你馬といいます。成功鎮海濱公園を起点に三仙台、石雨傘を通るほぼ海沿いの道を走りますが、油断大敵。途中いくつかの坂が待ち受けています。

台湾のマラソン大会ではよくあることですが、普通の道路がそのままコースとなっています。そのためできるだけ勾配の少ないルートが選択される日本とは違い、アップダウンがかなり多いです。交通規制も行われず、車やバイクも普通に通ります。といっても、もともと交通量の少ない地域なのでさほど問題ありませんが。
今回のコース図です。海沿いのコースですが、山も迫るロケーション。 今回のコース図です。海沿いのコースですが、山も迫るロケーション。

今回のコース図です。海沿いのコースですが、山も迫るロケーション。

受付開始は早朝5時半。まだ空は薄明るい状態です。早朝にもかかわらず、思い思いに体を動かしたり、円陣を組んで掛け声を掛けたりと皆さんお元気です。成功鎮長からの挨拶の後、全員でウォーミングアップ。スタートは6時半。カウントダウンに続き「プォーン」というエアーホーンの音が鳴り響き一斉に走り出します。
受付で名前を書きます。

受付で名前を書きます。

お揃いのユニフォームで参加するチームも

お揃いのユニフォームで参加するチームも

まだ薄明るいですが、みなさん元気です!

まだ薄明るいですが、みなさん元気です!

成功鎮長のご挨拶

成功鎮長のご挨拶

全員でウォーミングアップ

全員でウォーミングアップ

舞台を見ながらちびっこも身体を動かします!

舞台を見ながらちびっこも身体を動かします!

みなさんリラックスムードでスタートを待っています

みなさんリラックスムードでスタートを待っています

台湾在住5年目のイギリス人ランナー

台湾在住5年目のイギリス人ランナー

エアホーンの音を合図に朝焼けの中スタート!

エアホーンの音を合図に朝焼けの中スタート!

アットホーム感は台湾一?

今回で3回目と歴史は浅い大会ですが、参加者は昨年より一挙に500名も増え、約1,800 名(うち外国人4名)の参加者がありました。他の大会でよく見られる、かぶりものを被ったり、女装スタイルの仮装ランナーなどのおふざけ系?や、上半身裸に裸足スタイルなどの熱血系?はほとんど見かけませんでした。

タイムや順位を競う本格派ランナーや、お揃いのユニフォームを着たランニングチームももちろん参加していますが、どちらかというと親戚・家族・夫婦、友達同士で参加しちゃいました的なほのぼのムードたっぷりな参加者が8割を占めていたように感じます。
朝日を浴びながら爽快に♪気持ちい~

朝日を浴びながら爽快に♪気持ちい~

スタート直後からおしゃべりしながら歩く人、愛犬と一緒に走る人、弟をかばいながら走る小学生兄弟、マラソン初心者でも何の問題もありません。そして三仙台を中心とした大自然の景色を楽しみながら、最高においしい空気を吸って、最高においしい地元名産料理をお腹いっぱい食べられます。

そんなところが人気を呼び、大幅に参加者が増えたんだろうなと思いました。
ファミリーで♪ 

ファミリーで♪ 

夫婦で♪

夫婦で♪

乳母車を押しながら♪

乳母車を押しながら♪

愛犬と♪

愛犬と♪

小学生兄弟で仲良く♪ 

小学生兄弟で仲良く♪ 

補給站は約3km毎にあります。でもクッキーだけはどうしても理解不能

補給站は約3km毎にあります。でもクッキーだけはどうしても理解不能

どうです?!この雄大な景色!

どうです?!この雄大な景色!

おっ快調♪快調♪

おっ快調♪快調♪

この坂を超えると……

この坂を超えると……

でた~!三仙台が見えてきましたよ♪

でた~!三仙台が見えてきましたよ♪

南国ムード満点でしょ?!11月だというのに蝉が鳴いていました

南国ムード満点でしょ?!11月だというのに蝉が鳴いていました

ゴール付近の大応援団(笑)

ゴール付近の大応援団(笑)

親子でゴール!

親子でゴール!

ガッツポーズが決まってるぅ!

ガッツポーズが決まってるぅ!

お腹すいたでしょ?ゴール後はいろいろなご馳走が無料で振る舞われます♪

お腹すいたでしょ?ゴール後はいろいろなご馳走が無料で振る舞われます♪

お弁当も

お弁当も

豚さんも

豚さんも

信じられますか?!高級魚カジキの刺身も食べ放題!笑いが止まらない!

信じられますか?!高級魚カジキの刺身も食べ放題!笑いが止まらない!

ゲストランナー&シンガーとしてSUI さんが招待され大会を盛り上げました!

歌手であり、サブスリーを目指す本格派ランナーでもある、日台ハーフのシンガーソングランナー「SUI」さん。SUIさんが招待を受けるきっかけとなったのは、上野で開催される台湾フェスティバルに毎年歌手として出演されていたことでした。日台ハーフであるSUIさんは、いつか友好の架け橋となりたいと考えておられた矢先、イベント協賛商品として提供された、成功鎮で生産されている「海ぶどうコスメSui」が同じ名前というところからつながり、今回のマラソン大会招待が実現しました。

大会前日の懇親パーティと表彰式のステージで歌って盛り上げ、本番の走りでも21km女子の部で優勝し参加者の度肝を抜きました!

※サブスリーとはマラソン用語で、市民ランナーがフルマラソンで3時間を切るタイムで走ることをいいます。
大会前日の懇親パーティーで歌を披露♪ 大会前日の懇親パーティーで歌を披露♪

大会前日の懇親パーティーで歌を披露♪

会場は大盛り上がり! 

会場は大盛り上がり! 

みんな家族のよう♪

みんな家族のよう♪

アンコールではステージから降りこんな触れ合いも♪明日の本番が楽しみ~! アンコールではステージから降りこんな触れ合いも♪明日の本番が楽しみ~!

アンコールではステージから降りこんな触れ合いも♪明日の本番が楽しみ~!

お見事っ!21km女子トップでゴール!

お見事っ!21km女子トップでゴール!

お疲れ様でしたっ!

お疲れ様でしたっ!

どこにそんな体力が残ってたの?ステージで力強く歌うSUIさん

どこにそんな体力が残ってたの?ステージで力強く歌うSUIさん

台東テレビ局のニュースで放送されました

台東テレビ局のニュースで放送されました

好成績を残したSUI さんには、もうすでに4月の花蓮マラソンのオファーも来ており、今後の台湾での活躍が期待されます。大会翌日、台東市内のおしゃれな古本屋さん「晃晃二手書店」で開催したミニコンサートも大盛況で、4月には台湾全土にネットワークを持つ古本屋さんを巡る「環島コンサートツアー(仮称)」も決定しました。
台東市内の可愛い古本屋さんでミニコンサート

台東市内の可愛い古本屋さんでミニコンサート

来年4月に台湾一周「環島ツアー」決定!!

来年4月に台湾一周「環島ツアー」決定!!

そんなSUIさんに今回の感想を伺ってみました!

「これまで台北マラソンなどに何度か参加することはあったのですが、東海岸を訪問するのは初めてでした。正直 台東?どこ?どんなところ?って感じでしたが、来てみると想像を絶する壮大な大自然が「どっか~ん」、そして私のオリジナル曲「エイエイオー」をすぐに覚えて大合唱してくださるなど台東の人たちの「あったか~い」優しさを全身で感じることができました。これからも台湾の方々のために、精一杯歌って走りたいと思いました。」
今回ナビは体調不良のため、走ることができず自転車で追走しました。それでも前日の懇親パーティーで顔なじみとなったランナー達から手を振り「加油」と声を掛けてもらえたことが、家族の一員になれたようでとても嬉しかったです。台湾の方々との家族体験をぜひ皆さんにも味わっていただきたいなと思います。

以上、台北ナビでした。

台北ナビではマラソン申し込み代行を受け付けています!台湾国内で開催されるマラソンに興味のある方はedit@taipeinavi.comまでご連絡ください。

今回、記事に登場した「海ぶどうコスメSuiシリーズ Sui洗顔ソープ」を3名の方にプレゼントします!ふるってご応募ください。

※応募はPCからお願いします。別途会員登録が必要です。
保湿力バツグンの海ぶどう成分たっぷり!

保湿力バツグンの海ぶどう成分たっぷり!

関連タグ:三仙台台東マラソン大会台湾マラソンSUI

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2018-12-14

ページTOPへ▲

その他の記事を見る