【Meet Colors!台湾】悠久のレッドを感じる「日月潭」

とっておきのリゾート地「日月潭」と原住民が暮らす大地が育む雄大な風景と山の恵みがたくさん


こんにちは、台北ナビです。

台湾各地を象徴的な色で紹介する「Meet Colors!台湾」をご存知でしょうか?四季を通じてときめきさえ感じさせるカラフルな台湾。そこかしこにあふれる色を通じて台湾の魅力に出合おうという取り組みです。

台北ナビでは台湾の中でも特に景色が美しい「国家風景区」を7回に分けてご紹介していますが、今回はその第5弾をお送りしていきます!

山と湖 雄大な大自然に囲まれた日月潭


今回ご紹介するのは日月潭国家風景区。台湾で2番目に大きい湖として知られ、その形が、太陽と三日月が並んでいるように見えることからその名がつけられました。日本統治時代に完成した大型水力発電所があり、今でも台湾の電力需要を支えているほか、風光明媚な周辺地域は台湾だけでなく、世界各国からも行楽客が押し寄せ、年間訪問者数は600万人を超えます。

標高748メートル地点にある日月潭は、春夏秋冬、朝、昼、夜、そして天候によってもそれぞれ美しい風景が見られます。一度見たその光景は次の瞬間には違う光景に変わっていることもあり、いつ来ても新しい発見があり、いつ来ても違う美しさにうっとりできることでしょう。

メインカラーは悠久のレッド

山と湖と聞くと、青や緑を思い浮かべる方も多いとおもいますが、日月潭で注目してほしいカラーはレッド。夕焼けや名産の紅茶、そして龍鳳宮の牌楼など、景観に映えるレッドは日月潭の風景に強烈なアクセントを加えています。

【魚池紅茶と紅茶煮卵】

色鮮やか!

色鮮やか!

手摘みされる茶葉

手摘みされる茶葉

日月潭は台湾アッサム紅茶の主要な生産地です。日本統治時代の1925(大正14)年にインド・アッサム地方から茶樹を輸入し、日月潭のある魚池で試験栽培を行ったところ、良好な結果が得られたために栽培が広まり、日月潭で最も知られたお茶の品種となりました。

日月潭の降水量は2900ミリ、湿度は85%、気温は19.7度(いずれも年間平均)、気圧は88.7水銀ミリメートル、年間日照時間は計1870時間に達します。高温多湿の気候は、アッサム地方と似ているといえるでしょう。日月潭周辺で生産されるアッサム茶葉は1ヘクタールあたり3000キログラム以上で、色鮮やかで香り高く、一部が国内で販売されるほかはほとんどが輸出されます。

日月潭に程近い水社村猫囒山には今でも「茶業改良場魚池分場」があり、アッサム紅茶の研究が続けられ、「日月老茶廠」、「和菓森林」などの商店で紅茶関連商品が販売されているほか、紅茶に関するワークショップが開かれ、紅茶とシイタケで煮詰めた「阿婆茶葉蛋」と呼ばれる煮卵は、日月潭で必ず食べたいグルメの一つになっています。
澄んだ「赤」色を感じられる紅茶をお土産に! 澄んだ「赤」色を感じられる紅茶をお土産に!

澄んだ「赤」色を感じられる紅茶をお土産に!

落ち着いた色使いのパッケージもおしゃれ!

落ち着いた色使いのパッケージもおしゃれ!

「阿婆茶葉蛋」は気軽に試せる台湾グルメです♪

「阿婆茶葉蛋」は気軽に試せる台湾グルメです♪

【縁結びの神様-龍鳳宮】

良縁に恵まれますように……

良縁に恵まれますように……


元々旧水社集落にあった龍鳳宮。1934年の水力発電所建設工事に伴い、北旦に移設されました。縁結びの神様として知られる月下老人も鎮座していますが、こちらは日月潭の小島、ラルー島に鎮座していたものが、1999年の台湾大地震で被災し、龍鳳宮の隣に移設された経緯があります。現在では良縁を求める男女が日月潭を訪れた際に必ず立ち寄るパワースポットになっています。
月下老人

月下老人

良縁を呼ぶ赤い糸

良縁を呼ぶ赤い糸

お守り

お守り

色鮮やかな観光スポットはこのほかにもあります

もちろん、レッド以外の鮮やかな色もたくさんあります。訪れる人をはっとさせる風景に出会えるでしょう。忘れられない思い出になること請け合いです。

【健康の神様-文武廟】

1969年に再建された文武廟は中国北朝様式の建物で、大きく、気勢あふれるつくりになっています。廟は大きく3つの建物があり、前殿の二楼は開基元祖と文昌帝君、中殿の武聖殿には関聖帝君、岳武穆王、後殿の大成殿には孔子のほか、儒教、仏教、道教の神様などがそれぞれ奉られています。

そのうち大成殿は台湾で唯一中央の門が開かれている珍しい孔子廟ですが、これは日月潭の湖畔にあり、たくさんの参拝客をさばくための措置で、特別な意味はないんだとか。ただ青銅で作られた孔子の坐像は、台湾で唯一孔子廟に奉られた神像とされるほか、孟子や子思子を含めた3体の神像は、元々中国大陸にあったものが清朝末期の義和団事件による混乱で日本に渡り、最終的に安置されていた狭山不動尊で複製されたものです。顔子と曾子の神像は支援者の寄付で作られたもので、孔子の左右に安置されています。
真紅の石獅子

真紅の石獅子


文武廟前の広場には真紅の石獅子が鎮座していて、こちらも参拝客の注目を集めるスポットです。これらは台湾の新光グループの創始者呉火獅が寄贈したもので、地元の人々からは「呉火獅」とも呼ばれています。

文武廟は前方に湖、後方に山を従え、雄大な地形と美しい景観が見られ、周辺住民の信仰の中心にもなっています。香炉からはもくもくと煙が立ち昇り、後殿の展望台からは日月潭の遠景を眺められ、天下を手にしたかのような錯覚すら覚えるでしょう。

【幸せの時間-イエス教会】

日月潭にあるイエス教会は涵碧半島中腹の林の中にある黄色の壁、白い柱のローマ様式の建物で、クラシカルで優雅な特色を持っています。教会からは日月潭が眺望できます。1971年には蒋介石夫妻が訪れたこともあります。1999年の台湾大地震では一部が損傷する被害を受けましたが、日月潭国家風景区管理処により2003年に一般開放を再開し、世界各地からの観光客や結婚写真を撮るカップルが訪れる人気スポットに変貌しました。2017年からは民間業者に運営を委託。ここでは結婚式が執り行われるほか、結婚写真撮影のロケ地にふさわしいデザインに生まれ変わり、湖畔を訪れたカップルの幸せをより一層引き立てています。また蒋介石の夫人・宋美齢の愛した「紅豆鬆糕」やアッサム紅茶には思わず舌鼓。日月潭の幻想的な雰囲気が相まって、舌でも目でも楽しめる空間となっています。

結婚式・結婚写真撮影、歴史ガイドの予約は(049)285-658
ウェブサイト:http://www.rainbow-wedding.com.tw

まだまだある日月潭周辺観光スポット

時間があれば、日月潭だけでなく、その周辺地域にも足を運んでみましょう。風景だけでなく、歴史や文化、そこで暮らす人々の生活に触れることで、台湾への認識が深まることでしょう。あなただけのとっておきの出合いや気付きがあるはずです。

【サイクリングトリップ-日月潭サイクリングロード】


自転車で日月潭環湖公路(日月潭周遊サイクリングロード)の美しい景色は生態系観察、人々の暮らしと文化の特徴を兼ね備えており、2012年には米国旅行メディアCNNGOの投票で、アジア地区としては唯一世界で美しいサイクリングロードトップ10に輝いたほか、2017年には旅行サイトスカイスキャナーで世界の8大美しいサイクリングロードとしても選ばれました。

おすすめコース:日月潭サイクリングロード向山コース

水社から向山ビジターセンターまでのコースで、途中に400メートルの「水上自転車道」があり、水面を疾走しているかのような感覚が味わえます。また、水社ダム、日月潭の排水口、永結同心橋、向山眺望平台(展望台)のようなスポットも見られます。
起点・終点:水社-向山ビジターセンター
距離:3.4キロ
所要時間:30分

【水沙連・伊達邵集落-出会いの旅】


日月潭はたくさんの魚やエビが生息しています。クルター・アルブルヌス(カワヒラとも)やカワイワシは特に有名で、蒋介石が愛したクルター・アルブルヌスは「総統魚」とも呼ばれ、蒸し焼きでいただきます。日月潭の原生魚であるカワイワシはフライにするほか、台湾原住民のサオ族は漬物にして食べる習慣があり違った風味が味わえます。

伊達邵地区ではたくさんの炭火焼グルメが味わえ、肉や魚、エビのほか、ウナギのように細長い餅は特に美味しいと評判です。また、同地区では原住民伝統のアワ酒やもち米酒などが販売されています。お土産としていかがですか?

【台湾鉄道で懐かしの旅-集集】

蒸気機関車が走ることもある集集線

蒸気機関車が走ることもある集集線

集集支線は台湾鉄道の中で最も長い距離を走る支線で、南投県では唯一営業中の鉄道です。単線のローカル線に乗り、4.5キロ続く緑のトンネルを楽しみながら、旅をしてはいかがでしょうか。集集はバナナの名産地として知られ、果肉は甘くて柔らかく、アップルバナナ、ローズバナナ、クイーンバナナなどと呼ばれる品種があります。また、お土産としてはバナナパイやバナナアイスクリーム、鉄道の切符の形をしたケーキなどがオススメです。

【恋する鉄道の旅-車埕】


南投県水里郷明潭ダムの下方にある車埕。日本統治時代には埔里の製糖工場で生産されたスクロースを運搬するために1916年には埔里から車埕を結ぶ軽便鉄道が建設され、その後、日月潭第一発電所(大観発電所)の建設に伴い、車埕と二水を結び、縦貫線と連絡する現在の集集線が1922年に開通しました。車埕は集集線の終点駅です。集集線の全長は29.7キロメートル。二水から乗車すると、沿線の風景を見ながら5つのトンネルを潜り抜けます。真っ暗なトンネルを抜けると、そこには青い空と緑豊かな大自然。桃源郷に迷い込んだかのような錯覚を味わえます。「秘密の花園」という異名もあるんですよ。

ちなみに車埕駅は日本統治時代の建設。その様子からは独特の懐かしく、優雅な雰囲気が感じ取れます。

日月潭を満喫できる日帰りモデルコース

いかがですか?日月潭とその周辺にたくさんの観光スポットがあるんです。台鉄や高鉄の台中駅からは観光シャトルバスの「台湾好行」が運行されていて、アクセスも確保されています。これからご紹介するモデルコースなら、日帰りでも日月潭を満喫できちゃいます。

【日月潭水陸空悠々満喫コース】

ロープウェイで空中散歩

ロープウェイで空中散歩

高鉄「台中」駅で「台湾好行日月潭線」に乗車→日月潭→水社埠頭(日月潭のボートに乗船)→伊達邵、逐鹿市場でパフォーマンス観賞、ご当地グルメに舌鼓(伊達邵親水歩道)→日月潭ロープウェイ往復乗車体験→日月潭遊覧バスで水社まで乗車→帰宅(台湾好行日月潭線)

【日月潭ロマンスコース】

高鉄「台中」駅で「台湾好行日月潭線」に乗車→日月潭→水社でレンタサイクル→日月潭サイクリングロード向山コース(水社ダム、永結橋、同心橋、婚紗(結婚写真)広場、向山ビジターセンター、向山眺望平台(展望台)→水社埠頭(日月潭のボート乗船)→帰宅(台湾好行日月潭線) 

遊び方で選べる充実したお得なチケット

日月潭では台湾好行日月潭線(台中-日月潭間連絡バス)、日月潭ボート、日月潭ロープウェイ、日月潭遊覧バス、レンタサイクル、周辺商店クーポンなど、合計9種類のお得なチケット、4種類の電子チケットを発売。今後も高鉄とコラボレーションしたチケットなどを販売し、行楽客に多彩で便利な交通網を提供していきます。

台中干城営業所、高鉄「台中」駅、日月潭水社営業所などの南投客運カウンターでチケットが購入できるほか、南投好好遊ウェブサイトでも電子チケットが購入可能です。

2018年6月30日までは、台湾好行日月潭線のお得なチケットを購入すると、以下の場所でお得なサービスが受けられます。

【竹石園生態渡假會館】
お得なサービス:レストラン利用10%引
住所:南投県魚池郷水社中山路8号
電話:(049)2856679
アクセス:日月潭 (日月潭遊覧バスで竹石園下車)

【牛耳藝術渡假村】
お得なサービス:ビューレストラン利用10%引き:雕之森樹屋レストラン日本料理・鉄板焼きサービス料無料
住所:南投県埔里鎮中山路四段1号
電話:(049)2912432
アクセス:牛耳石雕公園

【金都餐廳】
お得なサービス:料理教室費用10%引き
住所:南投県埔里鎮信義路236号
電話:(049)2995096
アクセス:中華電信(一部バスは埔里まで運行)

【紙教堂新故鄉見學園區】
お得なサービス:紙協会生態共和餐房で食事・アフタヌーンティー10%引き
住所:南投県埔里鎮桃米里桃米巷52-12号
電話:(049)2914922
アクセス:桃米坑(紙教堂)

【蝴蝶小鎮休閒園區(木生昆蟲博物館)】
お得なサービス:入園料100元
住所:南投県埔里鎮南村路6-2号
電話:(049)2913311
アクセス:牛耳石雕公園

【日光湖畔風味飲食舘】
お得なサービス:定食10%引き
住所:南投県魚池郷水社村中興路12巷23号
電話:(049)2855203
アクセス:日月潭

【日光湖畔風味飲食館(梅荷店)】
お得なサービス:カクテル類10%引き
住所:南投県魚池郷水社村名勝街25号
電話:(049)2856515
アクセス:日月潭

【冠月精品旅館】
お得なサービス:宿泊料500元引き(部屋タイプによってはアイスクリームまたは粗品プレゼント);レストラン20%引き(サービス料別)
引換地点:南投県埔里鎮信義路319号
電話:(049)2900679
アクセス:仁愛公園(一部バスは埔里まで運行)

【馥麗溫泉大飯店】
お得なサービス:
A.宿泊プラン:平日料金40%引き(2018年6月30日まで)
B.入湯:平日45%引き(2018年6月30日まで)
C.食事:サービス料無料(10%)(2018年6月30日まで)
住所:南投県魚池郷日月潭中山路250-2号
電話:(049)2856698
アクセス:日月潭

【膨鼠紅茶】
お得なサービス:600グラム1600元の茶葉購入でティーパック10個プレゼント:Facebookファンページで「いいね」を押せばさらに水出し茶プレゼント(1人1回のみ)
住所:南投県魚池郷中明村文化巷2-6号
電話:(049)2897127
アクセス:日月老茶廠

【日月潭教師會館】
お得なサービス:2018年平日宿泊料金45%引き(平日と休日の区分は現地のお知らせ内容に基づきます)
住所:南投県魚池郷水社村中興路136号
電話:(049)2855991
アクセス:日月潭

魅力満載、遊び方色々の日月潭。雄大な自然を眺めながら日ごろ疲れた心と体を癒すだけでなく、この土地で育まれた文化や歴史、人々の暮らしを通じてパワーをもらうことが出来るはずです。ぜひ皆さんの目で「Meet Colors」を確かめに来てくださいね。

以上、台北ナビがお届けしました。

写真提供:日月潭國家風景區管理處 写真提供:日月潭國家風景區管理處

写真提供:日月潭國家風景區管理處

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2018-05-11

ページTOPへ▲

関連記事

台湾に溢れる色を通し、台湾の魅力に出合おう! 【Meet Colors!台湾】

台湾に溢れる色を通し、台湾の魅力に出合おう! 【Meet Colors!台湾】

鮮やかな色が魅力の「国家風景区」を大特集しちゃいます

その他の記事を見る