スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

観光情報 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場


閉店・移転、情報の修正などの報告

のどかな中部の山間部を走るレトロな駅舎も見どころの観光列車。日月潭観光のアプローチとしての利用もGOOD!

こんにちは、台北ナビです。ローカル線シリーズ、今回は中部台湾の彰化県二水駅と南投県車埕駅を結ぶ29.7kmの集集線に乗車。沿線には1999年の大地震の記憶がよみがえる集集駅周辺や、玉山への登山口になっている水里など、見どころもありますが、なにより、降り注ぐ太陽がまぶしい気持ちのいい田舎っていうのが、心ひかれます。さて、ナビはこのルートでは、水里から日月潭へ抜けるルートを選びました。

歴史をひもとけば・・・

開通したのは意外と古く、1921年に門碑潭発電所(現在の大観発電廠)建設の専用線として作られ、その後、旅客も乗せるようになったそうです。日本時代に作られたということもあり、駅舎が瓦ぶきの木造建築であったり、けっこうレトロな趣きも楽しめるノスタルジーあふれるローカル線なのです。しかも、1999年9月21日の台湾大地震では壊滅的な打撃を受けたのですが、路線は2002年2月に復興し、営業再開を果たしたのです。
震災の直後の写真。線路はねじ曲がってしまいました。 震災の直後の写真。線路はねじ曲がってしまいました。

震災の直後の写真。線路はねじ曲がってしまいました。

台中-二水の各駅停車で

さて、ナビは台中駅から出発する二水駅経由の各駅停車に乗り込みました。台中の2つ先に「成功」という名の駅があって、ここで紀念切符をゲットしようという別の目的があったのです。
各駅停車のいいところは、運転席のガラス窓から流れる風景が眺められること。二水までは延々と平らでまっすぐな線路が続いていましたが、見て飽きることがなかったです。
二水-車埕間は一日9往復、そのうち3本が台中に直通の各駅停車でした。(列車の便数などは2006年6月現在のもの)

二水-車埕間は一日9往復、そのうち3本が台中に直通の各駅停車でした。(列車の便数などは2006年6月現在のもの)



さて、二水駅でいったん停車した電車は、しばらく停車し、そのまま車埕行きになりました。これから、源泉駅、濁水駅、龍泉駅、集集駅、水里駅を通過してゆくことになります。この間の車窓風景の魅力はというと…。
車埕行き、いよいよローカル路線となります。

車埕行き、いよいよローカル路線となります。

二水駅。いい味出してます。

二水駅。いい味出してます。

緑のトンネルを通過

濁水駅から龍泉駅間。線路の両側に街路樹が取り巻いていて樹木のトンネルのようになっていることから、緑色公路と呼ばれるスポットがあります。また、大きな葉を広げたバナナの畑が沿線を通過するのも、南国を肌で感じるひとときです。
幼稚園のグループもローカル線
を使って遠足のようです。

幼稚園のグループもローカル線 を使って遠足のようです。

家族でおでかけ、楽しいね!

家族でおでかけ、楽しいね!

「集集駅」でひと休み



集集線とはいっても、集集の駅は終点ではなく、途中駅です。が、この駅の駅舎は日本統治時代に建設されたもので、確かにローカル線名になるだけの風格は備えています。が、この駅舎、1999年9月の台湾大地震で倒壊、大打撃を受けた場所。近くの廟も崩れ落ちるほどの被害を受けたのですが、駅舎は2002年に当時のまま再建、観光名所としてにぎわうほどに復興しました。
移動にはレンタサイクルをおすすめ。電動自転車もあります。

移動にはレンタサイクルをおすすめ。電動自転車もあります。

武昌宮。地震の傷跡を残す遺跡として、くずれたまま保存されています。

武昌宮。地震の傷跡を残す遺跡として、くずれたまま保存されています。

駅の内外は出入り自由。みんな思い思いに散歩しています。

駅の内外は出入り自由。みんな思い思いに散歩しています。

電車が入ってきました。休日は満員状態です。 電車が入ってきました。休日は満員状態です。

電車が入ってきました。休日は満員状態です。

水里駅には窯元もあります

電車は集集線沿線の最大の町、水里駅へ入りました。ここは日月潭や東埔温泉行きのバスが発着したり、台北、台中ゆきのバスなどが発着している交通の要所です。ここでゆっくりできる時間があるなら、陶器を作る窯元「蛇窯」に訪れることをおすすめ。こちらはバスかタクシーで15分ほどの山あいにありますが、敷地が広く、自慢の蛇の胴のように長い窯を中心に体験磁器作り、食事などが楽しめる場所です。
駅は震災後に建て直され、新しくなっていました。

駅は震災後に建て直され、新しくなっていました。

水里の駅前通り。下り坂の見通しのよいメインストリートです

水里の駅前通り。下り坂の見通しのよいメインストリートです

「蛇窯」は水里の名物観光スポット。 「蛇窯」は水里の名物観光スポット。

「蛇窯」は水里の名物観光スポット。

車埕駅は静かなピクニックロード

そして、終点駅の車埕ですが、ここはどちらかというと「行き止まり」といった感じで、かつては貨物車両が多く停車していたのか、引込み線が多岐に分かれた、ちょっとした広場になっていました。で、駅舎はちょこんとホームから離れた場所に建っていました。こちらの集落も、最近のレジャーブームで週末は観光客がたくさん訪れるようになっているようでした。
車埕の周辺には、こんな風景も広がります。 車埕の周辺には、こんな風景も広がります。

車埕の周辺には、こんな風景も広がります。

以上、台北ナビでした。

記事登録日:2006-06-09

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    kyon.2

  • photo

    kyon.2

  • photo

    kyon.2

  • photo

    kyon.2

  • photo

    kyon.2

  • photo

    kyon.2

  • photo

    kyon.2

  • photo

    kyon.2

  • photo

    kyon.2

  • photo

    boorex

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2006-06-09

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

集集線の終点駅にて

集集線の終点駅にて

車埕駅に来ると、思いっきり深呼吸したくなります

バナナの皮の天ぷらって、初めて食べました!

バナナの皮の天ぷらって、初めて食べました!

台湾バナナのふるさと集集にて~

木茶房(南投県)

木茶房(南投県)

集集線の終着駅で食べる木桶弁当は格別♪

二水駅(彰化県)

二水駅(彰化県)

集集線の起点駅である二水駅、旅遊服務中心には日本語パンフもあります

水里駅(南投県)

水里駅(南投県)

南国の駅を象徴するかのごとく、椰子の木がとても印象的でした

車埕駅(南投県)

車埕駅(南投県)

全長29.7kmの行き止まりローカル線の終着駅、車埕を代表するのは梅酒と駅舎、林業と発電所、老街!

微熱山丘の故郷も訪問!集集線の列車の旅と天空の橋も楽しめる♪南投人気観光地を詰め込んだオススメツアー【台中出発】

微熱山丘の故郷も訪問!集集線の列車の旅と天空の橋も楽しめる♪南投人気観光地を詰め込んだオススメツアー【台中出発】

台湾中部の南投は空気が澄んでいて気持ちいい!今まで行きにくかった魅力的な観光地をまとめて回れるお得なツアー誕生♪

集集駅(南投県)

集集駅(南投県)

日本のローカル線以上にノスタルジックな雰囲気を味わえると、国内外から鉄道ファンが訪れます

高鉄・台鉄5日間ジョイントパス(特急/標準)

高鉄・台鉄5日間ジョイントパス(特急/標準)

高鉄と台鉄に乗って、台湾をぐるっとひとまわりも夢じゃない!

水里蛇窯(南投県)

水里蛇窯(南投県)

現存する台湾最古の蛇窯がみられる焼き物の里。日月潭観光のついでに行ってみるのも一考。茶芸館も併設されています。