2020年→2021年の台北101カウントダウン花火は、コロナ禍で毎日頑張るすべての方への台湾からの応援!

華麗な花火の中で台湾観光の魅力も十分にアピールしました♪

明けましておめでとうございます!台北での年越しといえばやっぱり台北101のカウントダウン花火ですよね~!

明けましておめでとうございます!台北での年越しといえばやっぱり台北101のカウントダウン花火ですよね~!

21:30の台北周辺はこんな感じ。新型コロナウイルスと当日の寒波の影響があるようで、例年よりも人は少なめ~!

21:30の台北周辺はこんな感じ。新型コロナウイルスと当日の寒波の影響があるようで、例年よりも人は少なめ~!

それから一時間ほど経って後ろを振り向くと……人がどんどん集まってきていました!交通規制がかかっているのに、横断歩道や交差点には人が少ないのはお行儀の良さかな?

それから一時間ほど経って後ろを振り向くと……人がどんどん集まってきていました!交通規制がかかっているのに、横断歩道や交差点には人が少ないのはお行儀の良さかな?

さぁ、あと1時間!こうやって待ち時間も色々メッセージを発していますよ~!

さぁ、あと1時間!こうやって待ち時間も色々メッセージを発していますよ~!

どこからともなくカウントダウンが始まり、どっか~ん!はやる気持ちを抑えきれず、早め早めのコールからみんなの興奮が伝わってきました!

どこからともなくカウントダウンが始まり、どっか~ん!はやる気持ちを抑えきれず、早め早めのコールからみんなの興奮が伝わってきました!

次々に放たれる花火におぉ~という歓声が! 次々に放たれる花火におぉ~という歓声が! 次々に放たれる花火におぉ~という歓声が!

次々に放たれる花火におぉ~という歓声が!

台北101が燃えたかのような花火も!

台北101が燃えたかのような花火も!

色のコントラストが美しい花火はよく見ると様々な色が使われてる~!

色のコントラストが美しい花火はよく見ると様々な色が使われてる~!

ネオンライトのような花火……

ネオンライトのような花火……

美術力が低いナビはススキを発想してしまった、ゴールドが美しい花火……

美術力が低いナビはススキを発想してしまった、ゴールドが美しい花火……

台北101に花が咲いたような花火!

台北101に花が咲いたような花火!

超巨大な手もち花火みたいになってる花火も!

超巨大な手もち花火みたいになってる花火も!

どれもこれも勢いある花火で、2021年も台湾は力強いなぁという印象を受けました!

どれもこれも勢いある花火で、2021年も台湾は力強いなぁという印象を受けました!

花火と一緒には上手に撮影できなかったのですが、様々なメッセージが発せられます。

花火と一緒には上手に撮影できなかったのですが、様々なメッセージが発せられます。

動画を見ていただくとわかるのですが、「TW can HELP(台湾は手助けできます)」などが表示されるんです。

動画を見ていただくとわかるのですが、「TW can HELP(台湾は手助けできます)」などが表示されるんです。

台湾観光局は毎年テーマを決めて、台湾旅行の魅力をアピールしているのですが、2021年は自行車旅遊年(サイクリングイヤー)!ちなみに2020年は山登りイヤーです。山登りしたり自転車を漕いだりしているアニメーションも見られました!

台湾観光局は毎年テーマを決めて、台湾旅行の魅力をアピールしているのですが、2021年は自行車旅遊年(サイクリングイヤー)!ちなみに2020年は山登りイヤーです。山登りしたり自転車を漕いだりしているアニメーションも見られました!

花火終了後は「2021 新年快樂 幸福台灣……」など2021年が素晴らしい年になるように祈りを込めたメッセージを表示してくれますよ~!

花火終了後は「2021 新年快樂 幸福台灣……」など2021年が素晴らしい年になるように祈りを込めたメッセージを表示してくれますよ~!

やっぱり今回も元気をくれた台北101のカウントダウン花火。コロナ禍で大変な思いをしながらも頑張る、辛抱する人々に力を与えてくれたように感じます。

やっぱり今回も元気をくれた台北101のカウントダウン花火。コロナ禍で大変な思いをしながらも頑張る、辛抱する人々に力を与えてくれたように感じます。

次回は海外からの多くの観光客たちと肩を並べながら一緒に見つめたいと心から願っています!

次回は海外からの多くの観光客たちと肩を並べながら一緒に見つめたいと心から願っています!

花火の迫力を感じたいならやっぱり動画!動画も楽しんでくださいね♪

過去のカウントダウン記事はこちらからチェック!

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2021-01-04

ページTOPへ▲

その他の記事を見る