カウントダウンイベント in 台北

101が花火で弾ける!今年はこれまでにない、3分間も花火が続く、ということで、イベントもタップリの会場に行ってまいりました。




新年快楽!台北ナビです。世界一の高層ビルが花火に覆われる、ということで話題が話題を呼び、すでに台北っ子にとってはおなじみのフェスティバル、といった感もある、カウントダウンイベント。今年は3回目になりますが、今年は夕刻7時過ぎから歩き、101ビル一帯の様子をじっくり観察してきました。それにしても「人、人、人」という感じ。ビルがよく見える場所は路上も早々と占拠されてしまう、というありさまでした。時間刻みで3分の花火のために沸きに沸いた晩をレポートします。

12.31.20:00 信義区全体が歩行者天国状態


MRTは大混雑することを見越し、まずは国父紀念館から歩いて信義区からアプローチしたナビ、まずは誠品信義店からぐるっと一周歩いてみました。
三越A4館前。すでに101の見晴らしが利く場所を確保する人でいっぱい。

三越A4館前。すでに101の見晴らしが利く場所を確保する人でいっぱい。

退屈しのぎの定番、トランプ遊びをする若者多数。

退屈しのぎの定番、トランプ遊びをする若者多数。

デパートもカウントダウン景気に沸いていました。

デパートもカウントダウン景気に沸いていました。

たぶん「五月天」のライブを待つ人たちの行列。

たぶん「五月天」のライブを待つ人たちの行列。

2Fの遊歩道で三越のA8、A9館を歩きましたが、
一時閉鎖される、とのこと。

2Fの遊歩道で三越のA8、A9館を歩きましたが、 一時閉鎖される、とのこと。

A8館横の空き地の臨時屋台は、腹ごしらえをしようとする群集に遭遇。

A8館横の空き地の臨時屋台は、腹ごしらえをしようとする群集に遭遇。

A9館前のステージでもダンス&歌のステージが。

A9館前のステージでもダンス&歌のステージが。

ムーヴィーヴィレッジ前。
人はさらに増殖してきました。

ムーヴィーヴィレッジ前。 人はさらに増殖してきました。

12.31.21:00 路上パフォーマンスも





三越A11館までやってきました。
ここまでくると、101ビルは見上げるくらいに近づいています。
この路上は見晴らしがいいのでしょう。年越し3時間前ですでに座り込む人が。

この路上は見晴らしがいいのでしょう。年越し3時間前ですでに座り込む人が。

台北にはこんなに人がいるんだ、というくらい人で埋まります。

台北にはこんなに人がいるんだ、というくらい人で埋まります。

2006年最後の101とツーショットしようという人もたくさん見かけました。

2006年最後の101とツーショットしようという人もたくさん見かけました。

ムーヴィーヴィレッジ内。映画鑑賞後、カウントダウンを見ようという人も数あまた。

ムーヴィーヴィレッジ内。映画鑑賞後、カウントダウンを見ようという人も数あまた。

ムーヴィーヴィレッジフードコートはこんな感じ。

ムーヴィーヴィレッジフードコートはこんな感じ。

路上パフォーマンスにも人だかり。

路上パフォーマンスにも人だかり。






ムーヴィーヴィレッジ裏手は、101ビルがはっきり見えるスポットのひとつ。そのせいか、人の密度も濃いように感じました。
花火も便乗してよく売れていましたね~。

花火も便乗してよく売れていましたね~。

再び戻った誠品信義店。B1フードコートのにぎわい。

再び戻った誠品信義店。B1フードコートのにぎわい。

書店はまるで図書館状態と化していました。

書店はまるで図書館状態と化していました。

12.31.22:00 ライヴステージはさらに人であふれます







この晩の最も大きなライヴステージは台北市政府前、小さなステージが新光三越A9館前、NYNY前、誠品信義店前で開催されていました。市政府前広場では、蔡依林(Jolin)、梁詠琪(JIJI)、五月天など、人気歌手が目白押しだったことから、一番人気。というわけで、今回はナビ、市政府前は押し入ることを諦めました。






        ちょっと立体写真風に。こんな感じでした。→

12.31.23:00 デパート売場閉店で人は路上にあふれ・・・


こちら、NYNYモール前の路上も見晴らしバッチリ。いち早く路上が埋まったエリアでした。
折りたたみ椅子持参すると、ほんとうに楽でしたね。

折りたたみ椅子持参すると、ほんとうに楽でしたね。

セブンイレブンの出店。コーヒーとアメリカンドックが飛ぶように売れていました。

セブンイレブンの出店。コーヒーとアメリカンドックが飛ぶように売れていました。

マイボートレイト。
心温まります、ね。

マイボートレイト。 心温まります、ね。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★




05-06年の時は101のビル照明でカウントダウンをするなど、照明と連動しての打上花火でしたが、今年は花火自体の時間が長くなったせいか、花火の華やぎだけで盛り上がる仕掛けになっていました。 
ビルの照明が全て落とされると、待ちかねたギャラリーが一気にどよめきます。そして、ビル全体から一気に火花が……。 
下から上へ、全体に…途中から「2007」とスポンサーの「SONY」のマークが浮き上がります。
今回の花火は色使いも華やかに、たっぷりと楽しませてくれました!
今年は、誠品信義店の屋上からも打ち上げ花火が。 今年は、誠品信義店の屋上からも打ち上げ花火が。

今年は、誠品信義店の屋上からも打ち上げ花火が。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

■カウントダウン見物する人へのアドバイス

以上、今年も101で年を越してしまい、ヘトヘトだったナビゾーでした。
新年を迎えてお祝いのダンスも飛び出しました。

新年を迎えてお祝いのダンスも飛び出しました。

人並みにつぶされて、
失神者もでるほどでした。

人並みにつぶされて、 失神者もでるほどでした。

こうならないよう、事前策を考えておきましょう。

こうならないよう、事前策を考えておきましょう。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2007-01-03

ページTOPへ▲

関連記事

必読!【2018年→2019年版】台湾での年越し&年明けマニュアル♪

必読!【2018年→2019年版】台湾での年越し&年明けマニュアル♪

今年も残りあとわずか!あなたは台湾でどう年越し&年明けを楽しみますか?

その他の記事を見る