【Meet Colors!台湾】夢中のスカイブルーを感じる「東海岸」

空と海と……手付かずの大自然が織り成す天然の風景は訪れる人を夢中にさせます

換膚海岸

換膚海岸

こんにちは。台北ナビです。

2017年には190万人の日本人旅行者が訪れた人気の海外旅行先「台湾」。魅力にとりつかれ、何度も通うリピーターも増えています。

「Meet Colors!台湾」は、四季を通じてときめきさえ感じさせるカラフルな台湾を、台湾各地の象徴的な色を通じて紹介し、さらに多くの人に台湾に来てもらおうという取り組みです。

台北ナビでは台湾の中でも特に景色が美しい「国家風景区」を7回に分けてご紹介していますが、今回はその第6弾をお伝えします。
三仙台

三仙台

石梯坪

石梯坪

北回帰線

北回帰線

人と自然が共存する「東海岸」

空と海、大自然が間近に感じられる東海岸 空と海、大自然が間近に感じられる東海岸

空と海、大自然が間近に感じられる東海岸

メインカラー「夢中のスカイブルー」

東海岸国家風景区の範囲は、花蓮から台東までの沿海部一帯。太平洋に面するこの地域では、雄大な自然と、数千年にわたって続く人々の暮らしがあります。一歩足を踏み入れると、そこには、驚きと発見の世界が待っているでしょう。

多彩な表情を見せる海岸線

多彩な表情を見せる海岸線

魅力1. 遠くまで無限に広がる絶景の海岸線

台湾で最も美しい海の風景が見られるのが東海岸です。空と海の色が一緒になって、絶妙なグラデーションを見せる魅惑のブルーは、旅人の疲れを癒し、パワーをみなぎらせます。

台湾省道11号線の沿道で加路蘭遊憩区のアート作品を鑑賞したり、月光小桟で太平洋に寄り添う都蘭集落を眼下に眺めたり、成功漁港で水揚げされた海鮮を使った佳浜カジキレストランで繊細な料理やご当地グルメとして知られるシイラのステーキに舌鼓を打ったり、黄金に輝く稲穂ときらめく青い海を見つめたり……。遊び方は色々。あなたを飽きさせることはありません。

特筆すべきなのは著名な民宿「牛山呼庭」にある換膚海岸。海景は潮の満ち引きや波の大きさ、運ばれる石や砂によって見る度にその姿を変え、訪れる人の目を楽しませます。

東海岸はその美しさから数々の映画やドラマのロケ地になりました。花蓮県水璉集落はマーティン・スコセッシ監督の映画「沈黙」のポスター撮影地ともなったんですよ。
美しい海でサーフィンを楽しむ人も増えてきています。 美しい海でサーフィンを楽しむ人も増えてきています。

美しい海でサーフィンを楽しむ人も増えてきています。


原住民が持つ独自の文化に興奮

原住民が持つ独自の文化に興奮

魅力2. 豊かで深い、海と共に暮らしてきたアミ族

台湾の音楽賞「金曲獎(ゴールデン・ミュージック・アワード)」で受賞歴のあるプユマ族の桑布伊さんは「プユマ族が風だとしたら、アミ族は海と波だ」と表現しました。アミ族は太平洋とその波と同じように、明るく活発で時に静けさと深さを持っています。潮の満ち引きと共に生活してきたアミ族には、数千年に渡って育まれた豊かで独特の集落文化があるんです。

また、エキゾチックで芸術的で原住民文化が交わる都蘭集落には、世界を渡り歩いてきた多くのサーファーが驚く海があります。実は金樽、馬武窟渓河口、成功基翬、宜湾など、世界有数のサーフィンスポットなんですよ。

瑪洛阿瀧(東河)の集落ではユーモアあふれる情熱的なアミ族の歌手が歌う歌とアミ族風料理に舌鼓が打てます。都歴ビジターセンターのアミ族民俗センターでは都歴集落の人々で結成されたバンドAmis 旮瓦楽団のパフォーマンスのほか射的体験が、静浦集落ではアミ族出身のシェフ陳耀忠氏が腕を振るうメニューのないレストラン「陶甕.百合.春天」で原住民風料理や温かな人情味に触れながら、忘れられない思い出を作ることができます。
独特の食文化が魅力 独特の食文化が魅力

独特の食文化が魅力

モデルプラン

時間を忘れてまったりしたい

時間を忘れてまったりしたい

東海岸では、マリンスポーツやグルメを楽しんだり、原住民文化や芸術に触れ合ったりと楽しみ方は無限大。東海岸を満喫できるモデルプランをご紹介します。

1.サーフィン満喫の旅

1日目:高雄駅→台東駅→昼食→金樽漁港または東河馬武窟渓河口(サーフィン)→熱帯低気圧サーフィンレストラン→東河橋風景区→成功鎮で宿泊

2日目:成功→成功基翬または宜湾(サーフィン)→成功佳浜カジキレストラン→安通で温泉入浴→玉里駅→帰宅
サーフィンの国際大会が開かれるようになった東海岸。多くの外国人訪台観光客の注目を集めています。 サーフィンの国際大会が開かれるようになった東海岸。多くの外国人訪台観光客の注目を集めています。

サーフィンの国際大会が開かれるようになった東海岸。多くの外国人訪台観光客の注目を集めています。



2.東海岸ランドアートフェスティバル(大地芸術節)の旅

1日目:高雄駅→台東駅→昼食→【台東製糖工場:卡塔文化体験】→【加路蘭遊憩区】→【都蘭製糖工場:月光小桟】→【興昌村:94雑貨舗または月光カフェ(DIY体験)】→【東河橋遊憩区】→【小馬集落】→【都歴ビジターセンター:アミ族民俗センター】→東河集落(夕食)→成功鎮に宿泊

2日目:成功→【成功マリーナ】→【南竹湖集落】→静浦集落【陶甕.百合.春天】レストラン(昼食)→【長浜金剛大道】→【奚卜蘭ビジターセンター】→花蓮駅→帰宅
月光小棧

月光小棧

都蘭集落

都蘭集落

三仙台

三仙台

長浜金剛大道

長浜金剛大道

都蘭製糖工場

都蘭製糖工場

ちょっと足を伸ばして……

カード教会

カード教会


モデルプランで紹介したスポット以外にも、東海岸にはたくさんの観光スポットがあります。自由に組み合わせてあなただけのスペシャル旅行を満喫してください。

都蘭ゆったり散策-都蘭集落小旅行(要ガイド予約)、金樽遊憩区(無敵の海景とコーヒー)、比西里岸集落ジミー芸術散歩(要ガイド予約)、三仙台遊憩区(アーチ橋)、宜湾カード教会、北回帰線記念碑、石雨傘、小船澳ビーチ、石梯坪、港口集落芸術散歩(要ガイド予約)
いかがでしたか?日本人観光客にはまだまだ知られていない東海岸。だからこその美しさと魅力を独り占めできちゃうんです。あなただけの特別な場所、風景を探して、ディープな台湾を再発見してみてください。

以上、台北ナビがお伝えしました!
写真提供:東海岸国家風景区管理処 写真提供:東海岸国家風景区管理処 写真提供:東海岸国家風景区管理処

写真提供:東海岸国家風景区管理処

関連タグ:meetcolors!台湾台東花蓮東海岸

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2018-05-25

ページTOPへ▲

その他の記事を見る