いよいよ12/16(土)公開! ハートフルな台湾映画『52Hzのラヴソング』、魏徳聖監督&小玉(宇宙人)独占インタビュー

人気バンド宇宙人の小玉(シャオユー)が俳優に初挑戦! 巨匠・魏徳聖(ウェイ・ダーション)監督との楽しいトークも披露

(C)2017 52Hz Production ALL RIGHTS RESERVED.

(C)2017 52Hz Production ALL RIGHTS RESERVED.

(C)2017 52Hz Production ALL RIGHTS RESERVED.

(C)2017 52Hz Production ALL RIGHTS RESERVED.


こんにちは、台北ナビです。

12月16日(土)よりユーロスペースなど全国で『52Hzのラヴソング』が順次公開されます。
『海角七号 君想う国境の南』『セデック・バレ』など大ヒット映画を連発しているウェイ監督の6年ぶりの新作は、意外にもハートウォーミングなラブストーリー。しかも、台湾で人気のバンドのリードボーカル4人をメインキャストに起用した、ミュージカル調のノリのいい映画なんです。

オリジナル楽曲全17曲で綴られる、心温まるストーリーとは……

バレンタインデー当日、さまざまなカップルが描く恋模様

(C)2017 52Hz Production ALL RIGHTS RESERVED.

(C)2017 52Hz Production ALL RIGHTS RESERVED.


花屋に勤めるシャオシンは、バレンタインに贈る花をみんなに売りながら、いつか自分も…とロマンチックな恋愛を夢見ています。パン職人のシャオアンは、商売用のバレンタインチョコを作りながら、こっそり片思いのレイレイに渡す特別なチョコレートを作成。

そんな2人が、それぞれの商品を配達中に接触事故を起こし、やむをえず一緒に残りの配達をすることに……。

一方、レイレイは10年間同棲を続けている恋人、ダーハーとの将来に悩み、別れを決意します。けれども、夢想家の売れないミュージシャン、ダーハーは、バレンタインデーにサプライズ・プロポーズというスペシャルな企画を考え、ワクワクしながら当日を迎え……

豪華なキャスト陣も大きな魅力

パン職人のシャオアンを演じるのは、台湾の人気バンド宇宙人(Cosmos People)の作詞作曲ボーカル&キーボード担当の小玉(シャオユー)。2014年に日本でCDデビューを果たし、毎年来日ライブも行うなど、日本のファンも大勢います。
もと棉花糖のボーカル、小球(シャオチョウ)が演じるのは、花屋のシャオシン。表情がくるくると変わるキュートな女の子です。

『KANO 1931 海の向こうの甲子園』で主題歌を歌った舒米恩(スミン)はお調子者のダーハーを熱演。小男孩樂團の米非(ミッフィー)はその恋人、レイレイの揺れる女心を初演技とは思えない見事さで演じ切りました。
天真爛漫な花屋のシャオシン(小球)

天真爛漫な花屋のシャオシン(小球)

ナイーヴな青年、シャオアンを演じた宇宙人の小玉

ナイーヴな青年、シャオアンを演じた宇宙人の小玉

同棲生活10年の倦怠期カップルを演じた米非と舒米恩

同棲生活10年の倦怠期カップルを演じた米非と舒米恩

ベテランの趙詠華と林慶台はロマンチックな熟年カップルに

ベテランの趙詠華と林慶台はロマンチックな熟年カップルに

((C)2017 52Hz Production ALL RIGHTS RESERVED.)


さらに『セデック・バレ』で素晴らしい歌声を響かせた林慶台(リン・チンタイ)、ベテラン歌手の趙詠華(シンディ・チャオ)が素敵な熟年カップルを好演。
そのほか、李千娜(リー・チエンナ)、張榕容(チャン・ロンロン)、『海角七号』の范逸臣(ファン・イーチェ ン)、馬念先(マー・ニエンシェン)、應蔚民(イン・ウェイミン)、民雄(ミンション)、田中千絵らも特別出演。老若さまざまなカップルたちのロマンチックなバレンタインデーが繰り広げられます。

そんな楽しい映画を作り上げたウェイ監督と、俳優初挑戦の小玉にインタビューしてきました!
さまざまな恋模様が描かれていて、ワクワクします!((C)2017 52Hz Production ALL RIGHTS RESERVED.) さまざまな恋模様が描かれていて、ワクワクします!((C)2017 52Hz Production ALL RIGHTS RESERVED.) さまざまな恋模様が描かれていて、ワクワクします!((C)2017 52Hz Production ALL RIGHTS RESERVED.)

さまざまな恋模様が描かれていて、ワクワクします!((C)2017 52Hz Production ALL RIGHTS RESERVED.)

10年前から温めていた物語がベースに

8月に行われたスペシャルトークイベントには、ウェイ監督とメインキャストたちが集結!

8月に行われたスペシャルトークイベントには、ウェイ監督とメインキャストたちが集結!

――拝見させていただいて、とても楽しく、ハッピーな気分になりました。こういう幸せなラブストーリーを撮ろうと思われたきっかけは?
(c)2017 巴萬

(c)2017 巴萬


(ウェイ監督)これを書いたのは、ちょうどぽっかり時間が空いたときだったんです。というのは、『KANO』がドイツで公開され、そのプロモーションでドイツに行ったんですが、時差ボケでどうにも眠れなくて、明け方4時頃に民宿のキッチンで食事を取ったんですね。で、ボーッとしながら窓の外を見たら、ちょうど春先で花が満開で、すごく美しくて…。それを見ていたら、僕の心にも花が咲いたんです。

実はずっと前から心の中で温めていた物語があって、チョコレート屋の男の子と花屋の女の子がバレンタインデーに出会うというストーリーだったんですが、それをちゃんと書きたいという気になって、すぐに部屋に戻ってパソコンを立ち上げました。で、書いていくうちにどんどんこの話が好きになって、どんどん楽しくなって、じゃあ、映画にしよう、と。
――歌でストーリーが展開していく、ミュージカルのような映画になっていますが、こういうスタイルにしようと思われたのはどうしてですか。
(C)2017 52Hz Production ALL RIGHTS RESERVED.

(C)2017 52Hz Production ALL RIGHTS RESERVED.


(監督)書き始めてわりとすぐ、オープニングのシーンと次の場面を書いたときに、これはミュージカルがいいかなと思いました。セリフだけでこういうラブストーリーを進めようとすると、なんだかすごく文章っぽくて、リアル感がなくなってしまうんですね。

それで発想を変えて、ミュージカルならどうか、と。ミュージカルだと、ストーリー的にも、役者の演技でも、いろんな奥行きが見えてくると思ったんです。
――小玉は俳優として演技するのは初めてと伺いましたが、ステージで歌うのとは違う緊張感もあったと思います。どんな点が難しかったですか。
(c)2017 巴萬

(c)2017 巴萬


(小玉)監督に怒られたこと……

(監督)えーっ、僕、怒ったことないよ(笑)

(小玉)ハハハ、実際はもちろん監督は怒ってないんだけど(笑)

でも、いつも心配だった。怒らないからこそ怖いんですよね。みんなわかっているから。あ、今、ちゃんと撮りたいシーンが撮れてなかったな、とか。
だから撮り直しするんだけど、野外で撮るときとか、光の具合がどんどん変わっていくじゃないですか。それなのに、今、ちゃんと撮れなかったらどうしよう…って、やっぱりすごいプレッシャーでした。
――逆に、楽しかったこと、俳優って意外と自分に向いているんじゃないかと思ったことはありましたか。
(C)2017 52Hz Production ALL RIGHTS RESERVED.

(C)2017 52Hz Production ALL RIGHTS RESERVED.

(小玉)う~ん、どうかな…わからないなあ…

普段の自分と、僕が演じたシャオアンは、性格があまり似てないんです。その似てない部分を監督があえて掘り出して、スクリーンの上でみんなに見せて……。正直、けっこう恥ずかしかったんですよ。
でも、そういう役でも僕は演じているんだなというのを発見して、それはよかったと思います。

あ、今、思い出した。撮影が全部終わって、みんなで試写を見たとき、ある場面を見て、あ、これは本当の僕と似ているなって思ったんです。
あんまり大したシーンじゃないんだけど、カステラを食べる場面で、そこでシャオシンとの感情が一歩近づいたっていうのを表現していて。彼女と冗談を言い合ったりするところもあって、ここは普段の僕とよく似ています。だからなのかな、この日の撮影はすっごく楽しかった(笑)
――また、役者として映画に出てみたいと思いますか。
(c)2017 巴萬

(c)2017 巴萬


(小玉)監督からオファーがあればやります(笑)

(監督)僕、いっつも言うんですけど、この4人はもともと役者なんですよ。舞台の役者とスクリーンの役者という違いだけで、ちょっとスイッチを切り替えるだけ。
皆さんもこの映画を観たらわかると思いますが、彼らはもう、自由にスイッチの切り替えができている。だからどんなオファーがあっても、役者としてやれると思います。小玉には絶対、いろんなオファーが来ますよ。

(小玉)僕が一番期待しているオファーは、1番はウェイ監督、2番目はアン・リー監督。期待高すぎか(笑)

(監督)アン・リーが頼むわけないだろう(爆笑)

台湾ではカラオケ・バージョンの上映で大盛り上がり

(C)2017 52Hz Production ALL RIGHTS RESERVED.

(C)2017 52Hz Production ALL RIGHTS RESERVED.

――ラストシーンのノリノリな雰囲気がすごくいいですよね。私も思わず一緒に歌いたくなったんですが、台湾の映画館で上映されたとき、実際に手拍子や歌声が上がったりしませんでしたか。

(監督)思わず体でリズムをとったり、ちょっと口ずさんだりっていうのはあったかもしれませんが、映画館では皆さん、周りを気にされるので、それほど盛り上がることはなかったんじゃないかな。

ただ、この映画のプロデューサーが一度、周りのみんなに声をかけて、全員子ども連れで観ようという企画を立てたんですね。そうしたら、子どもたちは最後の場面でもう我慢できなくなって、みんなスクリーンの前に行って、一緒に歌ったり踊ったり、大はしゃぎ。すっごくかわいかったです。
子どもって表現がストレートじゃないですか。だからきっと、大人もそういう気持ちになってるんだと思います。

(小玉)台湾でプロモーションのためにカラオケ・バージョンで上映したことがあるんですよ。映像を見ながら、みんなで一緒に歌いましょうというイベントで、100人以上の観客が映像を見ながら一緒に歌って、すっごく楽しかったです。

(監督)そうそう、あれはすごい盛り上がったね。

(c)2017 巴萬

(c)2017 巴萬

――小玉もその場にいらっしゃったんですか。

(小玉)そうです、僕も、他の出演者もできるだけたくさん参加するようにしました。で、僕らもその場でマイクを持って、歌ったりトークしたり、突っ込んだり突っ込まれたり。お客さんもみんな大爆笑。
このイベントに参加してくれたファンは、3回も4回もこの映画を観てくれているんですよ。

――楽しそうですね! 私も行きたかったです!!

(小玉)日本でもぜひ企画してくださいよ。

ウェイ監督と小玉の理想の恋愛とは?

――この映画ではいろいろなカップルの形があって、見る人がそれぞれ自分と重ね合わせることができそうですが、監督ご自身はどのカップルに一番思い入れがありますか。
(c)2017 巴萬

(c)2017 巴萬


(監督)それぞれに対して思い入れがあります。というのは、クリエーターというのは、ほとんどすべて自分のことを書いていると思うんですよ。

特にこの若い二組のカップルには強い思いがありますね。映画の中では彼らはみんな同じ年代ですが、僕にとっては、それぞれ20代、30代の頃の自分と重なるんです。
彼(小玉が演じたシャオアン)はまだ、恋愛の経験がないときの僕ですね。恋愛する前は、こんなにハンサムだったんですよ(笑) それで、恋愛し始めると、スミンみたいになっちゃう(一同爆笑) 
あ、外見じゃないですよ、体験です、体験(笑)
(小玉)つまり、スミン(の役)は夢を追い続けて、安定した生活もほしいけど、でも夢はあきらめられない。そうするとどうしても周りを犠牲にするしかない。監督もそうだったんじゃないですか。

(監督)愛に対する考え方がね。彼(小玉)のカップル、つまりまだ恋愛の経験があまりないときには、すごくロマンチックで、甘い期待をするんです。
でも、スミンたちのカップル、まあ、僕の場合は結婚して、子どもが生まれて……という過程の中で、僕には夢があって、でも妻は銀行員という安定した仕事をしていて、いわゆる夢と現実の間の衝突もあったりして……。
そういう中で、愛も変化していくんですよ。発酵するというか。で、僕の場合は幸い、その発酵がうまくいったんです(笑)

――小玉は演じた役が自分とは違うとおっしゃっていましたが、こういうカップルをどう思いますか?

(c)2017 巴萬

(c)2017 巴萬

(小玉)似てないって言ったけど、でも部分部分では自分と重なるところも結構あるんですよ。ただ僕の境遇は、シャオアンみたいに単純じゃないんです(笑)

(監督)彼女いっぱいいるからね~(一同爆笑)

(小玉)いやいや、いないって(笑) 
あの2人はわりと天真爛漫な感じがしますよね。天然というか、何を考えているかよくわからない。
2人は似た者同士で、愛に対する考え方もすごく似ている。愛にすごく期待していて、でも出会いがない。
ただ、それは本当に出会えないんじゃなくて、彼らの性格の問題だと思うんです。たぶん、この2人の性格は世の中の一般的な交際の条件と合わなかったんじゃないかな。ちょっと変人なんですよね。で、変人同士が好きになった。やっぱり変人は変人と結婚すべきなんですよ(笑) 僕はそう思います。
――じゃあ、小玉の理想のカップルは?
(c)2017 巴萬

(c)2017 巴萬


(小玉)僕とは全然違うけど、でも僕らが演じたこのカップルはいいなと思います。
僕自身はとてもロマンチックなんです。ロマンチックなことをしたいっていうんじゃなく、愛に対してロマンチックなものを抱いているんですよ。

無理やり相手に合わせて結ばれても、結局しこりが残ると思う。それよりも、たとえば相手に嫌なところ、周りの人から受け入れられないようなところがあっても、あ、僕はむしろこういうところが好きなんだとかって、そういうのを見出して一緒になれたらいいんじゃないかな。
それが僕の期待する理想のカップルです。

ウェイ監督のイチオシ観光地は台南

――台湾に旅行に行く日本の方におすすめしたいスポットや食べ物を教えてください。
(c)2017 巴萬

(c)2017 巴萬

(二人一緒に)聞かれると思っていました(笑)

(監督)台南ですね。台南の朝ごはんをぜひ食べに行ってください。どんなものでも、どこのお店でもいい、とにかく何でもおいしいんです!ちまきでも、おかゆでも、牛肉湯にご飯を入れるのもいいですね。
とにかく、台南の朝ごはんを見逃すな!と言いたい(笑) 

(小玉)僕もいつも台南を勧めます。どこの国でもそうだと思うけど、首都圏に住んでいる人は首都圏が嫌いなんですよ(笑)

日本ではアウトドアスポーツとして、山登りがちょっとおしゃれなブームになっていますよね。日本のファッション誌にはおしゃれな登山ウェアなんかもいろいろ載っているし。
で、台湾にはいっぱい山があって、3000m級の山もたくさんあるんですよ。だからぜひ、台湾の山に登ってください!

(監督)えーっ、食べ物は?(笑)

(小玉)食べ物はもう監督が紹介したからいいよ。まあ、山も食べてください(笑) 山の空気が素晴らしいから、ぜひそれを味わってほしいな。
――楽しいお話を聞かせていただき、どうもありがとうございました。

スペシャル・トークイベントも大盛況

撮影:泉山美代子

撮影:泉山美代子


8月19日(日)には台湾文化センターとアジアンパラダイスの共催で、ウェイ監督とメインキャストの小玉、小球、米非が登場するスペシャル・トークイベントが開催されました。

オファーを受けたときの感想を聞かれた小玉は、「実は僕、ウェイという名前の友だちがいて、彼も映画を撮っているので、最初はウェイちゃん(小魏)のオファーだと思ったんです(笑) でも、あの偉大なウェイ監督(大魏)だって言われて、信じられませんでした。で、あのウェイ監督がミュージカルをやるって友だちに話をしたら、『え、あの監督、音楽なんてわかるの?』って(爆笑)」と茶目っ気たっぷりのエピソードを披露。
(C)2017 52Hz Production ALL RIGHTS RESERVED.

(C)2017 52Hz Production ALL RIGHTS RESERVED.


また、撮影秘話を聞かれた米非は、「一番大変だったのは、バイクに乗りながら歌うシーン。座るとバイクの振動でうまく歌えないから、半分お尻を浮かせて運転していました。ちょっとでも声がブレると、すぐに監督からダメ出しされて、20回以上撮り直したんです」

ミュージカル映画ではよく、歌をアフレコで入れたりしますが、ウェイ監督は臨場感を出すため、全シーンの七割は現場収録の音を使ったそう。だからあんなにリアル感があるんですね。
撮影:泉山美代子

撮影:泉山美代子


そして、8/16に誕生日を迎えたウェイ監督をお祝いするために、なんと永瀬正敏さんがサプライズ・ゲストとして登場!

これにはウェイ監督はもちろん、小玉たちも大興奮で、小球は感激のあまり泣きそうになりながら、「ハグしてもいいですか?」
永瀬さんは一瞬戸惑いながらも、バッと両腕を広げて男らしく応じ、会場からは大歓声が。
撮影裏話などの爆笑トーク、サプライズ・ゲストの登場、そしてサイン会まで、ファンサービス満載のイベントに会場は大盛り上がり 撮影裏話などの爆笑トーク、サプライズ・ゲストの登場、そしてサイン会まで、ファンサービス満載のイベントに会場は大盛り上がり 撮影裏話などの爆笑トーク、サプライズ・ゲストの登場、そしてサイン会まで、ファンサービス満載のイベントに会場は大盛り上がり

撮影裏話などの爆笑トーク、サプライズ・ゲストの登場、そしてサイン会まで、ファンサービス満載のイベントに会場は大盛り上がり

とにかく楽しいトークイベントで、映画の上映がますます楽しみになりました!映画は12月16日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開です。

以上、台北ナビでした。

52Hzのラヴソング

監督・脚本:ウェイ・ダーション(魏徳聖)

出演:リン・ジョンユー(林忠諭 ※宇宙人の小玉)、ジョン・ジェンイン(荘鵑瑛 ※ex.棉花糖の小球)、スミン(舒米恩)、チェン・ミッフィー(米非 ※小男孩樂團の米非)、リン・チンタイ(林慶台)、シンディ・チャオ(趙詠華)
特別出演:リー・チエンナ(李千娜)、チャン・ロンロン(張榕容)、ファン・イーチェン(范逸臣)、田中千絵ほか

エグゼクティブ・プロデューサー:ジミー・ホアン(黄志明)、デニス・ウー(呉明憲)
プロデューサー:シュー・グォルン(徐國倫)
脚本:ウェイ・ダーション(魏德聖)、ユウ・ウェンシン(游文興)、スーダー(蘇 達)
音楽:リー・ジェンファン(李正帆)、ジェニファー・ジョン・リー(李王若涵)
歌詞:イエン・ユンノン(嚴云農)
美術:イエン・ルイション(翁瑞雄)
衣装:デン・リーチ―(眷莉棋)
配役:リー・ショウルアン(李秀鑾)
撮影:チン・ディンチャン(秦鼎昌)
編集:スー・ペイイー(蘇珮儀)
音声:ドゥ・ドゥージー(杜篤之)、ウー・シューヤオ(呉書瑤)
特殊効果:ワン・ウェイシャン(王威翔)

【2017年/台湾/109分/カラー/原題:52Hz,I love you】

日本語字幕:藤原由希 協力:江口洋子 統括:柳川由加里
後援:台北駐日経済文化代表処、台湾新聞社
協賛:寺田倉庫株式会社、花キューピット株式会社、メサージュ・ド・ローズ ベルローズ
提供:ポリゴンマジック 配給・宣伝:太秦
 

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2017-12-12

ページTOPへ▲

関連記事

満員御礼!「タイガーエア台湾×台北ナビ Presents 台湾行かなきゃ!食べなきゃ!トークショー」ゲストはあの台湾人気バンド・宇宙人!

満員御礼!「タイガーエア台湾×台北ナビ Presents 台湾行かなきゃ!食べなきゃ!トークショー」ゲストはあの台湾人気バンド・宇宙人!

台湾グルメ情報に、旅行で使える台湾華語レッスン、さらに抽選会と超充実。とっても盛り上がりました!

宇宙人(Cosmos People)が神戸にやって来た!

宇宙人(Cosmos People)が神戸にやって来た!

緊急インタビューを敢行しました~♪

「宇宙人」が9月に日本へ降り立ちます!!!

「宇宙人」が9月に日本へ降り立ちます!!!

とにかく楽しいライブ!!3人の人のよさがガンガン伝わる2時間でした♪

7/7 宇宙人(Cosmos People)が「ROKKO SUN MUSIC 2018 ~Music shower from the SUN!」に出演

7/7 宇宙人(Cosmos People)が「ROKKO SUN MUSIC 2018 ~Music shower from the SUN!」に出演

宇宙人からの動画メッセージも届いています!

「52Hzのラヴソング」のスペシャルトークイベントに日本人女優「田中千絵」さんが登場!

「52Hzのラヴソング」のスペシャルトークイベントに日本人女優「田中千絵」さんが登場!

魏徳聖(ウェイ・ダーション)監督の伝えたいメッセージとは??

ウェイ(魏徳聖)監督の新作「52Hzのラヴソング」、12/16(土)~日本公開決定!

ウェイ(魏徳聖)監督の新作「52Hzのラヴソング」、12/16(土)~日本公開決定!

「海角七号」「セデック・バレ」のウェイ監督、メインキャストたちが来日、スペシャルトークイベントで盛り上がりました

魏徳聖(ウェイ・ダーション)監督の最新作『52Hzのラヴソング』、2017年12月16日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開

魏徳聖(ウェイ・ダーション)監督の最新作『52Hzのラヴソング』、2017年12月16日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開

伝説的映画『セデック・バレ』の魏徳聖(ウェイ・ダーション)監督の最新作は台湾初、全17曲の完全オリジナル楽曲で綴られるラブストーリー!!日本公開に向けて監督からのコメントも到着しています

その他の記事を見る