一青妙さんの小説を原作とした舞台劇の上演が決定~!

上演は来年3月。チケットは好評発売中です!

日本統治時代に高級料亭だった建物「紀州庵」にやってきました!

日本統治時代に高級料亭だった建物「紀州庵」にやってきました!

歯科医師でエッセイストで舞台女優として知られる一青妙さんの小説『私の箱子』と『ママ、ごはんまだ?』を原作とした舞台劇「時光の手箱:我的阿爸與卡桑」の上演が決まり、記者会見が開かれたんです!

歯科医師でエッセイストで舞台女優として知られる一青妙さんの小説『私の箱子』と『ママ、ごはんまだ?』を原作とした舞台劇「時光の手箱:我的阿爸與卡桑」の上演が決まり、記者会見が開かれたんです!

一青さんのお父様である顔恵民さんは、日本統治時代に富豪の一族とされた基隆顔家の出身。日本統治時代、敗戦、戦後と激動の時代に生きた恵民さんは、1966年に一青和枝さんと結婚し、日本と台湾の間でアイデンティティや文化の違いなどによってもたらされる数々の問題に直面しました。

一青さんのお父様である顔恵民さんは、日本統治時代に富豪の一族とされた基隆顔家の出身。日本統治時代、敗戦、戦後と激動の時代に生きた恵民さんは、1966年に一青和枝さんと結婚し、日本と台湾の間でアイデンティティや文化の違いなどによってもたらされる数々の問題に直面しました。

舞台では鄭有傑さんが顔恵民さんを、大久保麻梨子さんが一青和枝さんを演じ、二人の関係を中心に時代の移り変わりを描きます。\n<br>黒のドレスに身を包んだ大久保さん、とってもお綺麗でした。

舞台では鄭有傑さんが顔恵民さんを、大久保麻梨子さんが一青和枝さんを演じ、二人の関係を中心に時代の移り変わりを描きます。\n
黒のドレスに身を包んだ大久保さん、とってもお綺麗でした。

日本家屋の中で夫婦役を演じる鄭さんと大久保さんのツーショット撮影。とってもいい雰囲気ですよね~。

日本家屋の中で夫婦役を演じる鄭さんと大久保さんのツーショット撮影。とってもいい雰囲気ですよね~。

両親や子供の存在の重要さや幸せやぬくもりを感じてほしいとする一青さんのメッセージも紹介されました!上演が今からとっても楽しみです。

両親や子供の存在の重要さや幸せやぬくもりを感じてほしいとする一青さんのメッセージも紹介されました!上演が今からとっても楽しみです。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2018-10-04

ページTOPへ▲

関連記事

台湾で活躍中の仲良し日本人!鈴木有樹さん&大久保麻梨子さん対談インタビュー

台湾で活躍中の仲良し日本人!鈴木有樹さん&大久保麻梨子さん対談インタビュー

笑いっぱなしの2時間!台湾を愛する気持ちがバシバシ伝わる楽しい時間でした♪

一青妙の「ここほれ台湾」

一青妙の「ここほれ台湾」

その他の記事を見る