VVG Thinking(好樣思維)と小説家・高翊峰氏が織りなす文学の宴「VVG Cook Cool! Reading Feast 2017 朗讀宴-恍恍惚惚」でほろ酔い~

10月1日、華山文創產業園區の紅磚C棟にあるVVG Thinking(好樣思維)で開催された朗読夕食会に潜入してきました

いつも規格外のイベントでサプライズさせてくれるVVGグループ。

いつも規格外のイベントでサプライズさせてくれるVVGグループ。

今日は朗読を聞きながらウイスキーに合ったお料理を提供してくれるという、なんだか大人な宴を開催してくれました。

今日は朗読を聞きながらウイスキーに合ったお料理を提供してくれるという、なんだか大人な宴を開催してくれました。

会場では高翊峰氏ご本人が、ウイスキーの物語を綴ったご自身の新書《恍惚,靜止卻又浮現 威士忌飲者的緩慢一瞬》の一節を朗読してくれます。

会場では高翊峰氏ご本人が、ウイスキーの物語を綴ったご自身の新書《恍惚,靜止卻又浮現 威士忌飲者的緩慢一瞬》の一節を朗読してくれます。

日本と同様に台湾でも「ウイスキーといえば年配の方のお酒」というイメージが強かったのですが、最近では若者も好んで飲む傾向になってきているようです。

日本と同様に台湾でも「ウイスキーといえば年配の方のお酒」というイメージが強かったのですが、最近では若者も好んで飲む傾向になってきているようです。

前菜の牡蠣には、お供のウイスキー「TALISKER10年」をかけて頂きました。これはスコットランドの漁師流の食べ方なのだそうです。

前菜の牡蠣には、お供のウイスキー「TALISKER10年」をかけて頂きました。これはスコットランドの漁師流の食べ方なのだそうです。

エンダイブという葉っぱにブルーチーズとクルミがのったサラダはレッドペッパーが効いて絶妙なおいしさでした。

エンダイブという葉っぱにブルーチーズとクルミがのったサラダはレッドペッパーが効いて絶妙なおいしさでした。

フワフワの飴を口にいれながら「ラガヴーリン16年」を流し込むと、デザート感覚でウイスキーを楽しめます。

フワフワの飴を口にいれながら「ラガヴーリン16年」を流し込むと、デザート感覚でウイスキーを楽しめます。

続いて、秋の雰囲気が感じられるプレートには高級牛を使ったコンソメスープが!上品すぎるスープの後に飲む「ポート・シャーロット」は口の中で空気が弾けるような不思議な味わいに変化します。

続いて、秋の雰囲気が感じられるプレートには高級牛を使ったコンソメスープが!上品すぎるスープの後に飲む「ポート・シャーロット」は口の中で空気が弾けるような不思議な味わいに変化します。

今回のお料理たちは、VVGのシェフたちが高翊峰氏の新書を全て読み切った後に考案されたものたちだそうです。ウイスキーとの兼ね合いや味はもちろんですが、嗅覚と視覚も十分に楽しませてくれました。

今回のお料理たちは、VVGのシェフたちが高翊峰氏の新書を全て読み切った後に考案されたものたちだそうです。ウイスキーとの兼ね合いや味はもちろんですが、嗅覚と視覚も十分に楽しませてくれました。

メインのフィレには、ウイスキー評論家のマイケル・ジャクソン氏も大好きだという「ハイランドパーク12年」を。

メインのフィレには、ウイスキー評論家のマイケル・ジャクソン氏も大好きだという「ハイランドパーク12年」を。

デザートはスポイトでウイスキーを注入して頂くプチババと、絶品パンナコッタでした。苗栗産の油柑(ユカン)もトッピングされていました!

デザートはスポイトでウイスキーを注入して頂くプチババと、絶品パンナコッタでした。苗栗産の油柑(ユカン)もトッピングされていました!

ウイスキー愛好家である高翊峰氏の文学の世界とそれを食で表現してくれたクリエイティブ集団VVGのみなさん。宴が終盤に近付くころにはウイスキーもまわり、客席もいい感じに「恍恍惚惚」としていました♪今後も不定期にこういったイベントが開催されるそうなので、HPは要チェックです☆

ウイスキー愛好家である高翊峰氏の文学の世界とそれを食で表現してくれたクリエイティブ集団VVGのみなさん。宴が終盤に近付くころにはウイスキーもまわり、客席もいい感じに「恍恍惚惚」としていました♪今後も不定期にこういったイベントが開催されるそうなので、HPは要チェックです☆

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2017-10-12

ページTOPへ▲

関連記事

VVG Chapter

VVG Chapter

世界中の素敵な本に出会いに、完全予約制の古民家ライブラリーへGO!

VVG Bistro

VVG Bistro

台湾のオシャレ文化を牽引するVVGグループの歴史はこのレストランから始まりました!

VVG Pride

VVG Pride

VVGがプライド(誇り)をもって紹介する、世界各地から集められた「手作り」の小物たちにほっこり!

VVG Something

VVG Something

独特の世界観が広がる東区の小さな本屋さん。「世界で最も美しい本屋ベスト20」のひとつにも選ばれています。

VVG Play Play

VVG Play Play

18歳を迎える「好様VVG」の新たな挑戦x台中國家歌劇院

VVG POMME

VVG POMME

子供とママにとことん優しいりんごの国 VVGのセンスが光る親子カフェへようこそ

好様思維 VVG Thinking(1F)

好様思維 VVG Thinking(1F)

ここは台湾?それともヨーロッパ?「好様 VVG」プロデュースの情緒あふれるカフェレストランで思索の旅に出かけましょう。

VVG Thinking(2F)

VVG Thinking(2F)

「世界でもっとも美しい書店」のオーナーが2軒目をプロデュース。センスあふれる本と雑貨に囲まれた、宝箱のような空間を見つけました!

その他の記事を見る