スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

エンタメ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場


閉店・移転、情報の修正などの報告

世界中の素敵な本に出会いに、完全予約制の古民家ライブラリーへGO!

こんにちは、台北ナビです。
台北に民間の図書館があると聞きつけ臨沂街までやってきました。しかも、あのオシャレ集団VVGが運営しているというのだから、ナビの期待値は上がりまくりです!ウワサの図書館「VVG Chapter(公益圖書館文房)」は、MRT「忠孝新生」駅から歩いて3分とアクセス良好で、徒歩10分圏内には「華山1914文創園区」や、台北の秋葉原と呼ばれる電気街があるので、観光の合間に立ち寄れるのも嬉しいですね♪「台北にきてまで読書!?」と思われるかもしれませんが、普通の図書館じゃないことをお忘れなく!では、さっそくその全貌をご紹介しましょう~。

リノベーションで蘇った日本式家屋

そもそも、この建物は一体?「幸町日式宿舍」と呼ばれるこの古民家は日本統治時代である1930年代に建てられた文官員官舎です。その後宿舎として日本人も居住していたそうですが、10年ほど前から住む人がいなくなり廃屋になっていたところ、2012年台北市文化局による古民家再生プロジェクト「老房子文化運動」で築80年以上のこの家屋も対象となり、VVGグループの手により新しい命が吹き込まれました。約2年の改築工事を経て、2015年12月より正式に公益図書館として運営されています。
「当時の木材を使用する」というコンセプトのもと日本統治時代当時の家屋の再現を試みたそうで、使える木材はそのまま利用し、朽ちてしまった部分には新しい木材を付け足すという新旧木材の併用が取り入れられています。現在の台湾では入手困難となってしまった「台湾ヒノキ」をわざわざ日本から輸入するという工程を経ていることからも、その力の入れようが感じ取れます。リノベーションの新しさを感じさせないためにも、家具は全てVVGが収集したアンティークのものを使用して全体の調和をとっているのだそうです。またその家具たちが素敵すぎ!どの場所で読書しようかと、みなさんきっと迷うことでしょう。
台湾に現存する日本式建築物の中でも珍しい和洋折衷の建築構造や、黒瓦の屋根や玄関の様式も含め希少価値が高いことから、「幸町日式宿舍」は2007年に台北市の歴史建築物に指定されているそうです。 台湾に現存する日本式建築物の中でも珍しい和洋折衷の建築構造や、黒瓦の屋根や玄関の様式も含め希少価値が高いことから、「幸町日式宿舍」は2007年に台北市の歴史建築物に指定されているそうです。 台湾に現存する日本式建築物の中でも珍しい和洋折衷の建築構造や、黒瓦の屋根や玄関の様式も含め希少価値が高いことから、「幸町日式宿舍」は2007年に台北市の歴史建築物に指定されているそうです。

台湾に現存する日本式建築物の中でも珍しい和洋折衷の建築構造や、黒瓦の屋根や玄関の様式も含め希少価値が高いことから、「幸町日式宿舍」は2007年に台北市の歴史建築物に指定されているそうです。

サイズも柄も異なる茶碗が照明に変身!玄関のタイルは当時のものを再利用しているそうです。 サイズも柄も異なる茶碗が照明に変身!玄関のタイルは当時のものを再利用しているそうです。 サイズも柄も異なる茶碗が照明に変身!玄関のタイルは当時のものを再利用しているそうです。

サイズも柄も異なる茶碗が照明に変身!玄関のタイルは当時のものを再利用しているそうです。

この3本の飾り、真ん中の1本だけが新しく作り替えられていて、両側の2本は当時のまま再利用されているそうです。

この3本の飾り、真ん中の1本だけが新しく作り替えられていて、両側の2本は当時のまま再利用されているそうです。

玄関を開けると、ヒノキの香りが迎えてくれます。それもそのはず、床には日本から逆輸入した「台湾ヒノキ」が使われているのです。あぁ、この香り落ち着く~。

玄関を開けると、ヒノキの香りが迎えてくれます。それもそのはず、床には日本から逆輸入した「台湾ヒノキ」が使われているのです。あぁ、この香り落ち着く~。

やけに低い場所に打ち付けられているこのドア、なんと昔はこちらが玄関だったそうです。

やけに低い場所に打ち付けられているこのドア、なんと昔はこちらが玄関だったそうです。

この可愛らしい小窓も、当時の形のまんま!

この可愛らしい小窓も、当時の形のまんま!

中の小部屋は、特等席~

中の小部屋は、特等席~

レトロな窓枠、素敵です!

レトロな窓枠、素敵です!

とても素敵なアンティークのパーテーション。ピンクのガラスが珍しいです。

とても素敵なアンティークのパーテーション。ピンクのガラスが珍しいです。

廊下には当時の床組みがそのまま見られるように工夫がされていました。

廊下には当時の床組みがそのまま見られるように工夫がされていました。

60年もののアンティークのソファは座り心地がよく、人気だそうです。

60年もののアンティークのソファは座り心地がよく、人気だそうです。

オットマンが必要な方はこちらで

オットマンが必要な方はこちらで

VVG Chapterは「2016年度グッドデザイン・ベスト100」に選ばれています。

VVG Chapterは「2016年度グッドデザイン・ベスト100」に選ばれています。

台湾の女性アーティスト・林怡芬さんの作品です。

台湾の女性アーティスト・林怡芬さんの作品です。

ほっこりします~。

ほっこりします~。

1日48名までの完全予約制図書館。その利用方法は?

より多くの皆さんに「読書の楽しさを味わってもらう」ことを目的として運営されている「VVG Chapter(公益圖書館文房)」ですが、普通の図書館との違いはその利用方法にあります。200平方メートルの図書館と呼ぶには決して広いとは言えない空間で、静かに本に触れてもらいたいという願いから「1ターム2時間・12名まで」という制限を設けていて、1日に4ターム、合計48名に足を運んでもらえるシステムとなっています。誰でも自由に出入りできる訳ではないのでご注意あれ。ここを利用したいと思ったらまずVVG Chapterのホームページにアクセスし、ページ内の「予約時段」に個人情報を入力します。15歳以上から利用可能です。「身份證字號」にはパスポート番号か居留証の下4ケタを入力、利用当日は入力に使用した身分証明証の提示が必要なので、忘れずに持参して下さいね。
利用時間は①10:00~11:50、②12:00~13:50、③14:00~15:50、④16:00~17:50の4パターンから選択して下さい。後日、予約状況についてメールでお知らせが届くので必ずチェックしましょう。利用時の注意事項は、古い木材を使っている部分もあるので静かに移動すること、飲食の持ち込みは厳禁、携帯電話はマナーモードにしておくこと、です。置かれている本は全て自由に閲読でき、読み終えたら元の場所に戻すか、設置されている返却用の籠に入れておきます。
スタッフの楊淑瑜さん(左)と姜佳妤さん(右)。姜さんは日本語が話せるそうですよ。

スタッフの楊淑瑜さん(左)と姜佳妤さん(右)。姜さんは日本語が話せるそうですよ。

入館時は入り口にいるスタッフに身分証を提示しましょう。

入館時は入り口にいるスタッフに身分証を提示しましょう。

返却用のかご。

返却用のかご。

「文房」の字は台湾の有名な女性書道家・董陽孜先生の筆跡だそうです。皆さんもお馴染み、台北駅構内の台鉄切符売り場頭上に飾られている「台北車站」の筆跡も董陽孜先生の作品なんですよ♪

「文房」の字は台湾の有名な女性書道家・董陽孜先生の筆跡だそうです。皆さんもお馴染み、台北駅構内の台鉄切符売り場頭上に飾られている「台北車站」の筆跡も董陽孜先生の作品なんですよ♪

館内利用時はソックスの着用が必要なので自分で用意するか、玄関に設置してあるソックスをレンタルしてもOK です。使用済みソックスは所定の籠へ返却して下さい。ちなみに、このソックスは日本へも進出している台湾発の靴下ブランド「+10(テン・モア)」のものだそうです。試着がてらレンタルしてみるのもアリですね。 館内利用時はソックスの着用が必要なので自分で用意するか、玄関に設置してあるソックスをレンタルしてもOK です。使用済みソックスは所定の籠へ返却して下さい。ちなみに、このソックスは日本へも進出している台湾発の靴下ブランド「+10(テン・モア)」のものだそうです。試着がてらレンタルしてみるのもアリですね。 館内利用時はソックスの着用が必要なので自分で用意するか、玄関に設置してあるソックスをレンタルしてもOK です。使用済みソックスは所定の籠へ返却して下さい。ちなみに、このソックスは日本へも進出している台湾発の靴下ブランド「+10(テン・モア)」のものだそうです。試着がてらレンタルしてみるのもアリですね。

館内利用時はソックスの着用が必要なので自分で用意するか、玄関に設置してあるソックスをレンタルしてもOK です。使用済みソックスは所定の籠へ返却して下さい。ちなみに、このソックスは日本へも進出している台湾発の靴下ブランド「+10(テン・モア)」のものだそうです。試着がてらレンタルしてみるのもアリですね。

主役の本たちが魅力的なわけ

本棚に並ぶ書籍の半分はVVGが所持していたもので、半分は民衆の寄付によるものだそうです。そのセレクトがまたとても楽しく目移りしてしまうので、1時間50分では足りな~い!と感じる方はぜひまた次回の予約を(笑)。6000冊ほどある本たちが、人生に対する色々な考え方やひらめきを与えてくれそうな気がします。
もう入手困難な古い本までありますよ。 もう入手困難な古い本までありますよ。 もう入手困難な古い本までありますよ。

もう入手困難な古い本までありますよ。

中国語、日本語、英語…世界各国の本がずらり!教科書、古すぎる雑誌、宗教やパソコンに関連しているもの以外の本であれば誰でも寄付が可能です。ただし「要らなくなった本」ではなく「みんなに読んで欲しい本」であることがポイントだそうです。 中国語、日本語、英語…世界各国の本がずらり!教科書、古すぎる雑誌、宗教やパソコンに関連しているもの以外の本であれば誰でも寄付が可能です。ただし「要らなくなった本」ではなく「みんなに読んで欲しい本」であることがポイントだそうです。

中国語、日本語、英語…世界各国の本がずらり!教科書、古すぎる雑誌、宗教やパソコンに関連しているもの以外の本であれば誰でも寄付が可能です。ただし「要らなくなった本」ではなく「みんなに読んで欲しい本」であることがポイントだそうです。

イラストで並んでいる本のジャンルを教えてくれます。かわいい~ イラストで並んでいる本のジャンルを教えてくれます。かわいい~ イラストで並んでいる本のジャンルを教えてくれます。かわいい~

イラストで並んでいる本のジャンルを教えてくれます。かわいい~

無料で喫茶が振舞われます。

ケーキは毎朝VVGのベーカリーから焼きたてが届くそうで、種類は不定期に変わるとのこと。コーヒーはドリップ式♪やはり姜さんが丁寧に淹れてくれます。

ケーキは毎朝VVGのベーカリーから焼きたてが届くそうで、種類は不定期に変わるとのこと。コーヒーはドリップ式♪やはり姜さんが丁寧に淹れてくれます。

入館後1時間がたったら、カフェスペースでティータイムです。本に集中して疲れた頭を、VVG特製のおいしいケーキとドリンクが癒してくれますよ。時間になると、カフェスペースのビデオから音が流れて、その時を知らせてくれるので、自分で時間を気にしなくてもよいのがありがたい!静かで落ち着きのある素敵な空間で読書ができて、しかもタダでティータイムを味わえるなんて、ちょっと贅沢すぎはしませんか!?これもまた、普通の図書館ではあり得ない「VVG Chapter(公益圖書館文房)」ならではのサービスといえます。ティータイムでお隣さんと仲良くなるのも楽しいものです♪
玄関の左側のスペースでティータイムです。好きな席に座りましょう

玄関の左側のスペースでティータイムです。好きな席に座りましょう

「文房」ができるまでの過程や、オーナーGraceさんのお話が放映されていました。

「文房」ができるまでの過程や、オーナーGraceさんのお話が放映されていました。

このカードが「文房」に入場する前に配られるので、お茶、水、コーヒーのいずれかにチェックをして、1時間後のティータイムの際にスタッフへ渡しましょう。

このカードが「文房」に入場する前に配られるので、お茶、水、コーヒーのいずれかにチェックをして、1時間後のティータイムの際にスタッフへ渡しましょう。

紅茶バージョンとコーヒーバージョン。ケーキのサイズがちょうどよく、脳の疲れをとってくれます。 紅茶バージョンとコーヒーバージョン。ケーキのサイズがちょうどよく、脳の疲れをとってくれます。

紅茶バージョンとコーヒーバージョン。ケーキのサイズがちょうどよく、脳の疲れをとってくれます。

日台交流の一環「台日設計フォーラム」も楽しみのひとつです

館内では2か月に1回「台日設計フォーラム」を開催し、台湾人と日本人それぞれのデザイナーの展示や座談会を実施しています。歴史的繋がりも深く、近隣国の日本と台湾。「デザイン」を通して日台の文化や習慣の違いを理解し交流を深め合えるという、とっても素敵なイベントなんです。ナビが訪れた日は日本から「JUBILEE」というテキスタルブランドのデザイナー清水谷泰伸さんの作品が、台湾からは「+10(テン・モア)」という靴下ブランドの作品が展示されていました。今回の二者には「生活の中にあるものから受けたインスピレーションを、布や靴下のデザインに反映させる」という共通点があるのだとか。
山や水、魚などからインスピレーションを得てデザインされたテキスタイルたちです。 山や水、魚などからインスピレーションを得てデザインされたテキスタイルたちです。 山や水、魚などからインスピレーションを得てデザインされたテキスタイルたちです。

山や水、魚などからインスピレーションを得てデザインされたテキスタイルたちです。

「+10(テン・モア)」氷の立方体と彰化の工場で作られているそうで、履き心地がとっても良いそうですよ。日本でもネット販売されているとのことでした。 「+10(テン・モア)」氷の立方体と彰化の工場で作られているそうで、履き心地がとっても良いそうですよ。日本でもネット販売されているとのことでした。 「+10(テン・モア)」氷の立方体と彰化の工場で作られているそうで、履き心地がとっても良いそうですよ。日本でもネット販売されているとのことでした。

「+10(テン・モア)」氷の立方体と彰化の工場で作られているそうで、履き心地がとっても良いそうですよ。日本でもネット販売されているとのことでした。

「世界で最も美しい書店」にも選ばれている本屋も持ち、常に「読書」を推進してきたVVGが行きついた先にあった無利益の図書館。一度行ったら病みつきになるかも!?

以上、台北ナビでした。

記事登録日:2017-04-11

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2017-04-11

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

VVG Bistro

VVG Bistro

台湾のオシャレ文化を牽引するVVGグループの歴史はこのレストランから始まりました!

VVG Something

VVG Something

独特の世界観が広がる東区の小さな本屋さん。「世界で最も美しい本屋ベスト20」のひとつにも選ばれています。

VVG Pride

VVG Pride

VVGがプライド(誇り)をもって紹介する、世界各地から集められた「手作り」の小物たちにほっこり!

VVG Play Play

VVG Play Play

18歳を迎える「好様VVG」の新たな挑戦x台中國家歌劇院

VVG POMME

VVG POMME

子供とママにとことん優しいりんごの国 VVGのセンスが光る親子カフェへようこそ

好様思維 VVG Thinking(1F)

好様思維 VVG Thinking(1F)

ここは台湾?それともヨーロッパ?「好様 VVG」プロデュースの情緒あふれるカフェレストランで思索の旅に出かけましょう。

VVG Thinking(2F)

VVG Thinking(2F)

「世界でもっとも美しい書店」のオーナーが2軒目をプロデュース。センスあふれる本と雑貨に囲まれた、宝箱のような空間を見つけました!