台南で文学散歩♪

台湾が誇る文豪の、不屈の精神に触れる!

台南市内の孔子廟脇に、「葉石濤文学紀念館」という看板が立っています。

台南市内の孔子廟脇に、「葉石濤文学紀念館」という看板が立っています。

矢印に沿って1分歩くと、レンガ造りの建物に到着!旧山林事務所だったとのこと

矢印に沿って1分歩くと、レンガ造りの建物に到着!旧山林事務所だったとのこと

葉石濤(左から2番目)は、日本統治時代に生まれた台湾の国民的作家で、

葉石濤(左から2番目)は、日本統治時代に生まれた台湾の国民的作家で、

ここには家族から寄贈された著作や証書、勲章などが展示されています。

ここには家族から寄贈された著作や証書、勲章などが展示されています。

日本語の直筆ハガキ。彼ははじめ、日本語で小説を書いていました

日本語の直筆ハガキ。彼ははじめ、日本語で小説を書いていました

こちらは年表です。戦後日本語が禁じられ、白色テロで投獄されながらも、必死に北京語を学び、文壇に復帰(!)

こちらは年表です。戦後日本語が禁じられ、白色テロで投獄されながらも、必死に北京語を学び、文壇に復帰(!)

2階は書斎になっており、直筆原稿(復元)などが見学できます

2階は書斎になっており、直筆原稿(復元)などが見学できます

言語の断絶を乗り越え、「日本語でも北京語でも完璧な小説を書いた」と称されている葉石濤

言語の断絶を乗り越え、「日本語でも北京語でも完璧な小説を書いた」と称されている葉石濤

裏庭には、彼の家族についての展示も

裏庭には、彼の家族についての展示も

88番の観光バスの場合、「山林事務所」で下車すぐです!

88番の観光バスの場合、「山林事務所」で下車すぐです!

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2016-11-03

ページTOPへ▲

関連記事

忠義路二段158巷(台南市)

忠義路二段158巷(台南市)

【台南の路地裏を歩く】知る人ぞ知る最近じわじわキテる通り

台湾好行「88安平線」(台南市)

台湾好行「88安平線」(台南市)

台南の観光地をほぼ網羅している便利な路線です!

半日で回れる歴史の旅(台南)

半日で回れる歴史の旅(台南)

佳佳小南天に泊まって、午前中に「歴史満喫の旅」、11カ所も回れましたよ!

その他の記事を見る