【台湾温泉】礁渓温泉で気軽に温泉体験できる足湯スポットへ行こう!

幾米(ジミー)のウサギワールドも要チェックですよ~!

台北から高速バスに乗り込んで、トンネルをくぐり、1時間足らずで到着したのが台湾東部にある礁渓温泉郷です。 台北から高速バスに乗り込んで、トンネルをくぐり、1時間足らずで到着したのが台湾東部にある礁渓温泉郷です。

台北から高速バスに乗り込んで、トンネルをくぐり、1時間足らずで到着したのが台湾東部にある礁渓温泉郷です。

バスターミナルから温泉街へ向かおうと歩き出したら、目の前に突如現れたウサギさん(オブジェ)。そんなウサギさんに誘われるかのように、後をついて行ってみると……

バスターミナルから温泉街へ向かおうと歩き出したら、目の前に突如現れたウサギさん(オブジェ)。そんなウサギさんに誘われるかのように、後をついて行ってみると……

次から次へと現れるウサギ集団。陽気すぎやしませんか! 次から次へと現れるウサギ集団。陽気すぎやしませんか!

次から次へと現れるウサギ集団。陽気すぎやしませんか!

ナビ・イン・ワンダーランドか!?ついに、ウサギの国に迷い込んでしまったのか……

ナビ・イン・ワンダーランドか!?ついに、ウサギの国に迷い込んでしまったのか……

…と思ったら、ここは「礁渓温泉公園」でした。

…と思ったら、ここは「礁渓温泉公園」でした。

公園内には、ツーリストのためのインフォメーションセンター「礁渓遊客中心」(只今オフシーズンにつき工事中~)や、

公園内には、ツーリストのためのインフォメーションセンター「礁渓遊客中心」(只今オフシーズンにつき工事中~)や、

野外マッサージ店があってのんびりしたムード。 野外マッサージ店があってのんびりしたムード。

野外マッサージ店があってのんびりしたムード。

遊歩道をお散歩するのもよいですが、やっぱりここは温泉の里!

遊歩道をお散歩するのもよいですが、やっぱりここは温泉の里!

広い公園の一画には公共の温泉施設「森林風呂」もあります。ここは裸で入れる男女別の露天温泉風呂で、日本風の温泉を楽しみたい方におすすめ。男湯と女湯で若干異なりますが、どちらもいくつかの湯舟があって多彩な湯が楽しめそう!礁渓温泉は弱酸性の炭酸水素ナトリウム泉。無色無臭の美人湯として知られています。

広い公園の一画には公共の温泉施設「森林風呂」もあります。ここは裸で入れる男女別の露天温泉風呂で、日本風の温泉を楽しみたい方におすすめ。男湯と女湯で若干異なりますが、どちらもいくつかの湯舟があって多彩な湯が楽しめそう!礁渓温泉は弱酸性の炭酸水素ナトリウム泉。無色無臭の美人湯として知られています。

今回ナビは別の温泉を予定していたため「森林風呂」は次回のお楽しみにして、代わりに公園内にあるこちらを体験してみることにー。

今回ナビは別の温泉を予定していたため「森林風呂」は次回のお楽しみにして、代わりに公園内にあるこちらを体験してみることにー。

より手軽に楽しめる足湯です。こちらはなんと無料!

より手軽に楽しめる足湯です。こちらはなんと無料!

まずは洗い場でしっかり足を洗いましょう。石鹸などはありませんが、お水で清潔にすることが台湾では何よりも重要です。(これを怠ると地元民から警告の声が飛んできます……!)

まずは洗い場でしっかり足を洗いましょう。石鹸などはありませんが、お水で清潔にすることが台湾では何よりも重要です。(これを怠ると地元民から警告の声が飛んできます……!)

あとは適当な場所で靴を脱ぎ、空いている足湯池へどうぞ。ところで足を洗い終えた後、皆が土足で歩く場所を裸足で歩いて足湯池に向かうのですが、それはいいのかな?足を洗った意味って??毎度思うナビなのですが、深くは考えないでおきます……。 あとは適当な場所で靴を脱ぎ、空いている足湯池へどうぞ。ところで足を洗い終えた後、皆が土足で歩く場所を裸足で歩いて足湯池に向かうのですが、それはいいのかな?足を洗った意味って??毎度思うナビなのですが、深くは考えないでおきます……。

あとは適当な場所で靴を脱ぎ、空いている足湯池へどうぞ。ところで足を洗い終えた後、皆が土足で歩く場所を裸足で歩いて足湯池に向かうのですが、それはいいのかな?足を洗った意味って??毎度思うナビなのですが、深くは考えないでおきます……。

公園内に位置しているから緑がいっぱい。気持ちいいですね~!礁渓は海に近いせいか、真夏と言えども心地よい風が吹き抜けます。心まで洗われるよう~♪ 公園内に位置しているから緑がいっぱい。気持ちいいですね~!礁渓は海に近いせいか、真夏と言えども心地よい風が吹き抜けます。心まで洗われるよう~♪

公園内に位置しているから緑がいっぱい。気持ちいいですね~!礁渓は海に近いせいか、真夏と言えども心地よい風が吹き抜けます。心まで洗われるよう~♪

台北にある某北投の足湯池は、なぜか太ももまでも深さがあるため、短パン必須なのですが、こちらは適切な深さで快適です。

台北にある某北投の足湯池は、なぜか太ももまでも深さがあるため、短パン必須なのですが、こちらは適切な深さで快適です。

ワンコもお散歩に来ていましたよ。ワン用の池はないようで、足湯はおあずけ……。

ワンコもお散歩に来ていましたよ。ワン用の池はないようで、足湯はおあずけ……。

そうそう、ここへ誘ってくれたウサギさんたちは、台湾の絵本作家・幾米作のインスタレーション作品でした。公園内には全部で29匹のウサギがいるんだとか。探してみて~! そうそう、ここへ誘ってくれたウサギさんたちは、台湾の絵本作家・幾米作のインスタレーション作品でした。公園内には全部で29匹のウサギがいるんだとか。探してみて~!

そうそう、ここへ誘ってくれたウサギさんたちは、台湾の絵本作家・幾米作のインスタレーション作品でした。公園内には全部で29匹のウサギがいるんだとか。探してみて~!

礁渓温泉を訪れた際には、ぜひ「礁渓温泉公園」に立ち寄ってみてはいかがですか?

礁渓温泉を訪れた際には、ぜひ「礁渓温泉公園」に立ち寄ってみてはいかがですか?

スポット情報

【台湾温泉】礁渓温泉で気軽に温泉体験できる足湯スポットへ行こう! 幾米 礁渓温泉 足湯 礁渓温泉公園 森林風呂 礁溪溫泉 礁溪溫泉公園 台湾温泉 温泉大国 美人湯 ジミージミーリャオ 【台湾温泉】礁渓温泉で気軽に温泉体験できる足湯スポットへ行こう! 幾米 礁渓温泉 足湯 礁渓温泉公園 森林風呂 礁溪溫泉 礁溪溫泉公園 台湾温泉 温泉大国 美人湯 ジミージミーリャオ
礁渓温泉公園
宜蘭縣礁溪鄉公園路16號
8:00~22:00(月・木曜日は10:00~)
(03)987‐2998
入場無料
https://www.facebook.com/Jiaoxihotspringpark/

森林風呂
宜蘭縣礁溪鄉礁溪路六段13巷7號
(03)987‐6630
8:00~22:00(火曜日は12:00~)
大人120元、子供60元

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2022-08-05

ページTOPへ▲

関連記事

【台湾バス旅】宜蘭・礁渓温泉へは高速バスが断然便利!

【台湾バス旅】宜蘭・礁渓温泉へは高速バスが断然便利!

礁溪轉運站(礁渓バスターミナル)をちょこっと探検してみましたー!

乗るとテンションが上がる幾米LRT列車!!

乗るとテンションが上がる幾米LRT列車!!

童心に返ってはしゃいでパチパチパチ撮りまくり〜

淡海LRT紅樹林駅にて幾米(Jimmy)電車を堪能♪

淡海LRT紅樹林駅にて幾米(Jimmy)電車を堪能♪

キュート過ぎてテンション上がりまくります!

幾米のイラストやオブジェでと〜っても癒される淡水LRT♪

幾米のイラストやオブジェでと〜っても癒される淡水LRT♪

@淡水行政中心~濱海沙崙

絵本から飛び出した幾米(ジミー)の可愛いオブジェたち

絵本から飛び出した幾米(ジミー)の可愛いオブジェたち

着々と出来ています!

世界で絵本が翻訳されている幾米の月亮公車♪

世界で絵本が翻訳されている幾米の月亮公車♪

台北101のはす向かいに現在もあります〜〜

もともとは期間限定だった幾米バス、今もあります!

もともとは期間限定だった幾米バス、今もあります!

幾米の絵本の世界を満喫してください♪

幾米(ジミー)の描く世界の主人公になっちゃう?

幾米(ジミー)の描く世界の主人公になっちゃう?

絵本でおなじみのキャラクターと一緒に宜蘭の町を巡ろう!

幾米(ジミー)好きへオススメ第二弾♪

幾米(ジミー)好きへオススメ第二弾♪

幾米グッズにたくさん会える「幸福轉運站」にも寄り道しちゃおう!

台湾絵本作家「幾米」好きなら宜蘭へGO~♪

台湾絵本作家「幾米」好きなら宜蘭へGO~♪

通称:ジミー号の「奇蹟號」と「星空號」にいつか乗りたいなぁ…

礁渓温泉(宜蘭県)

礁渓温泉(宜蘭県)

温泉公園、温泉街と見どころが多い東部台湾最大のいで湯!バスや鉄道利用で日帰りも可能!

南港エリアで、幻想的な幾米(JIMMY)の世界が堪能できる!

南港エリアで、幻想的な幾米(JIMMY)の世界が堪能できる!

MRT・台鉄直結CITY LINK南港にて“幾米吹泡泡装置展“開催中!

幾米バスが台北101近くに登場♪

幾米バスが台北101近くに登場♪

絵本の中に飛び込んじゃおう!!

幾米の世界にどっぷりはまれる場所♪

幾米の世界にどっぷりはまれる場所♪

宜蘭までバスで1.5時間~☆

その他の記事を見る