端午節の連休はドラゴンボートレース! ボートレース以外でも楽しめますよ〜♪

事前の天気予報では雨が降ると言われていましたが、16、17日は気持ちいいくらいの晴れ! ボートレース日和となりましたが、日焼け対策を怠り、今も肌がヒリヒリしています……

以前、ドラゴンボートレースの開催地だった新店・碧潭。報道によると、2015年から会場として使用されなくなったようで、16日はイブニングマラソンの会場として使用されていました。

以前、ドラゴンボートレースの開催地だった新店・碧潭。報道によると、2015年から会場として使用されなくなったようで、16日はイブニングマラソンの会場として使用されていました。

碧潭から移った会場は、蘆洲の微風運河。MRT蘆洲駅から徒歩10分程度で到着できますが、無料シャトルバスも運行していました。

碧潭から移った会場は、蘆洲の微風運河。MRT蘆洲駅から徒歩10分程度で到着できますが、無料シャトルバスも運行していました。

メインのドラゴンボートレースでは、ゴール前のデッドヒートも展開されました。

メインのドラゴンボートレースでは、ゴール前のデッドヒートも展開されました。

ドラゴンボートレースで忘れていけないのが屋台。多くの軽食屋台が軒を連ねました。

ドラゴンボートレースで忘れていけないのが屋台。多くの軽食屋台が軒を連ねました。

屋台の中には、子供も楽しめるパチンコやピンボールもありました。

屋台の中には、子供も楽しめるパチンコやピンボールもありました。

特設ステージではダンス、コンサートなどが行われていました。

特設ステージではダンス、コンサートなどが行われていました。

台北市は毎年ここ! 大佳河濱公園です。MRT圓山駅からシャトルバスが運行されていました。

台北市は毎年ここ! 大佳河濱公園です。MRT圓山駅からシャトルバスが運行されていました。

スタート地点ではみんな横一線。ただ、ボートのコントロールは難しいようで、なかなかスタート地点にたどり着けないチームもありました。

スタート地点ではみんな横一線。ただ、ボートのコントロールは難しいようで、なかなかスタート地点にたどり着けないチームもありました。

コース途中にある審判席には、レースを終えて戻る際に、このようにして敬礼を行います。

コース途中にある審判席には、レースを終えて戻る際に、このようにして敬礼を行います。

台北会場で目を引いたのが、この丼物の屋台。昼休み時には、10分以上の待ち時間になるほどの人気ぶりでした。

台北会場で目を引いたのが、この丼物の屋台。昼休み時には、10分以上の待ち時間になるほどの人気ぶりでした。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2018-06-26

ページTOPへ▲

その他の記事を見る