大埔聚落(東莒・馬祖)

大埔聚落

閉店・移転、情報の修正などの報告

昔は200人ほどいた村人がいなくなり、今また戻ってくる人たちが増えています

こんにちは、台北ナビです。
東莒はイシモチ、マナガツオ、タチウオなど高級魚も捕獲できる島で、島の南にある大埔集落は、島では福正に続く大きな集落でした。大埔の元の名は「大浦」、福州語で「浦」は、小さな港という意味です。その港は天然の港といっていいほどの良港で、集落の背にそびえる「對面山」(またの名を樓仔頂)は、冬の北風をはねつけてくれるため、昔から「夏は福正、冬は大埔がいい」と言われてきました。

大埔はその昔、賑やかな漁村でした。国民党が入ってくる前は50戸ほどの民家に人口は約200人。港には100艘近い船が停泊し、白馬尊王廟もありました。やがて漁業が没落の途に入ると、人々は島を離れていき、1,2軒の村人が時々戻ってくるくらいで、昔日の面影はすっかり影をひそめてしまいました。
貝で造られたオブジェ 貝で造られたオブジェ

貝で造られたオブジェ

朽ち果てました

朽ち果てました

再建中

再建中

大埔の港からそう遠くない海上に、林坳嶼があるのが見えます。
島の交通は不便ですが、豊かな生態資源と素晴らしい景観が、訪れて来る人たちに思い出に残る旅を与えてくれます。本当にのどかないいところです。
林坳嶼が見えます

林坳嶼が見えます

ここまで船で行って、釣りをする人もいるそうです

ここまで船で行って、釣りをする人もいるそうです

そして、今

造っています!

造っています!


馬祖は集落の保存ため、大埔を集落保存エリアに区分けし、住民たちは政府の補助の下、修繕作業に入りました。
「大埔客廳」の中も見てみてくださいね。昔馬祖の人たちは、、男女ともに必要時には兵役につくことになっていました。女性は17~35歳、男性は18~45歳、その義務があったと紹介されています。
但し女性は結婚すると兵役からは免れたそうです。
観光客が参観できる「大埔客廳」!東莒大埔村の歴史が紹介されています 観光客が参観できる「大埔客廳」!東莒大埔村の歴史が紹介されています
観光客が参観できる「大埔客廳」!東莒大埔村の歴史が紹介されています 観光客が参観できる「大埔客廳」!東莒大埔村の歴史が紹介されています
観光客が参観できる「大埔客廳」!東莒大埔村の歴史が紹介されています 観光客が参観できる「大埔客廳」!東莒大埔村の歴史が紹介されています

観光客が参観できる「大埔客廳」!東莒大埔村の歴史が紹介されています

かつて東莒に住んでいた人たち

かつて東莒に住んでいた人たち

1952年~1992年は、緊迫期

1952年~1992年は、緊迫期

今後は観光客が宿泊もできるように、昔の家が民宿になってきています 今後は観光客が宿泊もできるように、昔の家が民宿になってきています 今後は観光客が宿泊もできるように、昔の家が民宿になってきています
今後は観光客が宿泊もできるように、昔の家が民宿になってきています 今後は観光客が宿泊もできるように、昔の家が民宿になってきています 今後は観光客が宿泊もできるように、昔の家が民宿になってきています
今後は観光客が宿泊もできるように、昔の家が民宿になってきています 今後は観光客が宿泊もできるように、昔の家が民宿になってきています 今後は観光客が宿泊もできるように、昔の家が民宿になってきています

今後は観光客が宿泊もできるように、昔の家が民宿になってきています

軍が残してくれた観光スポット

ここからも林坳嶼が見えます

ここからも林坳嶼が見えます


観光客は大埔村の閩東伝統集落を訪れたら、周辺で以前は軍が使用していた「64據點」も一緒に見て回ることが多いです。ここは視界もよく、地下坑道や当時の宿舎なども残っています。
軍が使用していたという「64據點」。その素晴らしい景色の中、大埔港を見下ろすこともできます。自然の雄大さを眺めていると、心が解き放たれていく感覚も得られます。
広々としています 広々としています

広々としています

が、かつてはここに100艘近い船が…というのが信じられないくらい、今はひっそりとしています。人口が減っていったきっかけの一つに、1996年の李登輝元総統の時代に中国からミサイルが放たれ、台湾を攻撃するという出来事があります。その最初の攻撃目標の地は「東莒」。発射地は福州の小さな島で、東莒はそこから一番近い台湾。幸い当日は天候が悪く計画は流れましたが、ミサイル弾を受けていたら小さな島ですから、全島民の命はなかったというわけです。このように危険にさらされながらの日々に、皆耐えられなくなったのでしょう。結局馬祖は金門と違い、今まで中国からの直接の攻撃は受けていませんし、そして、今後も…と期待します。
あの建物の中に入れるそう

あの建物の中に入れるそう

かつてはここに大砲が!

かつてはここに大砲が!

壊さずに残し、観光紹介に使っています

壊さずに残し、観光紹介に使っています

今後は宿泊もできるようになります

今後は宿泊もできるようになります

現在


そうでなければ、軍が使用していたというこの場所が、このような快適な観光スポットに大変身するとは、誰が予想したでしょう。インフォメーションセンター、休憩広場、歩道、展望台…などの他に「碉堡步道」、「據點酒窖」、「槍陣地升旗台」…見どころはいっぱいあります。
こちらはインフォメーションセンターとショップ

こちらはインフォメーションセンターとショップ

スイカ、メロン、ローゼルのアイスキャンディーあり

スイカ、メロン、ローゼルのアイスキャンディーあり

灯台ランプ

灯台ランプ

ローゼルの種や干したもの(お湯に入れるとローゼル茶に!)

ローゼルの種や干したもの(お湯に入れるとローゼル茶に!)

老酒もあり

老酒もあり

紅麴豆腐乳が気になります。

紅麴豆腐乳が気になります。

東莒名産のローゼル漬けとジュース

東莒名産のローゼル漬けとジュース

梅酒も今後発売予定

梅酒も今後発売予定

以上、台北ナビでした。

記事登録日:2015-07-16

ページTOPへ▲

関連タグ: 集落 基地 絶景 宿泊

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2015-07-16

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

東犬灯台(東莒・馬祖)

東犬灯台(東莒・馬祖)

1872年に建てられた台湾本島から一番遠い灯台です

大埔石刻(東莒・馬祖)

大埔石刻(東莒・馬祖)

石碑は1953年、国民党軍の若い兵士によって偶然発見されました

故郷民宿(東莒・馬祖)

故郷民宿(東莒・馬祖)

馬祖の東莒は、いろんなものが手付かずで残っている島です

東莒で食事なら?

東莒で食事なら?

珍味たくさん、ハマる馬祖の料理!

莒光(馬祖)

莒光(馬祖)

桃源郷のような、ゆったりとした時間が流れる島、莒光。馬祖唯一の第2級古跡である東犬燈台は必見です!