【日台コラボ】台湾「+10・テンモア」と日本「JUBILEE」が合同プロジェクト

日台のオノマトペから広がる世界観がステキな作品に

「馬西馬西(Mase Mase)」と聞いて皆さんは何を想像しますか?――「おませさん」ってこと?「いらっしゃいませ~」ってこと?それとも……なあに???

「馬西馬西(Mase Mase)」と聞いて皆さんは何を想像しますか?――「おませさん」ってこと?「いらっしゃいませ~」ってこと?それとも……なあに???

「馬西馬西(Mase Mase)」とは台湾語の擬態語・オノマトペの1つで、ひどく酔っぱらった状態のことなんだとか!日本語で言う「べろんべろん」ですって。いや~想像できぬ……。

「馬西馬西(Mase Mase)」とは台湾語の擬態語・オノマトペの1つで、ひどく酔っぱらった状態のことなんだとか!日本語で言う「べろんべろん」ですって。いや~想像できぬ……。

言語によってオノマトペの表現もいろいろ。そんなオノマトペをヒントに、デザインのコラボレーションを試みたのが台湾の靴下ブランド「+10・テンモア」と日本のテキスタイルブランド「JUBILEE」です。

言語によってオノマトペの表現もいろいろ。そんなオノマトペをヒントに、デザインのコラボレーションを試みたのが台湾の靴下ブランド「+10・テンモア」と日本のテキスタイルブランド「JUBILEE」です。

彼らの出会いは2017年の合同展示会。互いの物作りに対する姿勢にリスペクト、以来交流を深めて来たそうです。その中で「いつか一緒に物作りをしたいね」という気持ちが芽生え、1つとなり、それがついに実現しました

彼らの出会いは2017年の合同展示会。互いの物作りに対する姿勢にリスペクト、以来交流を深めて来たそうです。その中で「いつか一緒に物作りをしたいね」という気持ちが芽生え、1つとなり、それがついに実現しました

「淡薄仔像你 淡薄仔像我/​イシンデンシン」はそんな彼らの記念すべき合同プロジェクト第1弾。1月某日にはお披露目のトークショーが展示会場の台北「朋丁」で開催、ナビもいそいそと参加してきましたよ!

「淡薄仔像你 淡薄仔像我/​イシンデンシン」はそんな彼らの記念すべき合同プロジェクト第1弾。1月某日にはお披露目のトークショーが展示会場の台北「朋丁」で開催、ナビもいそいそと参加してきましたよ!

コロナ禍のため、台北の会場には「+10・テンモア」デザイナーの陳小爵さん(画面右)と許芝瑞さん(画面左)が……

コロナ禍のため、台北の会場には「+10・テンモア」デザイナーの陳小爵さん(画面右)と許芝瑞さん(画面左)が……

そして「JUBILEE」デザイナーのシミズダニヤスノブ(通称ダニー)さん(画面左)は、作品の染色が行われた東京の「奥田染工場」から工場経営者の奥田博伸(ヒロさん)(画面右)と一緒に中継という形で結ばれました。

そして「JUBILEE」デザイナーのシミズダニヤスノブ(通称ダニー)さん(画面左)は、作品の染色が行われた東京の「奥田染工場」から工場経営者の奥田博伸(ヒロさん)(画面右)と一緒に中継という形で結ばれました。

こちらの靴下「ma² se¹ ma² se¹」はダニーさんのデザイン。歪んだラインや途切れた線に正常ではない状態=Mase Maseを表現したんだとか。また2色展開の1つは「顔色が悪い状態」を、もう1つは「泥酔してチカチカした様子」を表しているんだとか。

こちらの靴下「ma² se¹ ma² se¹」はダニーさんのデザイン。歪んだラインや途切れた線に正常ではない状態=Mase Maseを表現したんだとか。また2色展開の1つは「顔色が悪い状態」を、もう1つは「泥酔してチカチカした様子」を表しているんだとか。

中央はテキスタイルデザイン初挑戦という「+10・テンモア」小爵さんが担当した「beron beron」。2版(2色)刷りという制限の中、通常はタブーとされる版のつなぎ目をデザインに生かした作品に、ヒロさんも「天才!」と大絶賛。

中央はテキスタイルデザイン初挑戦という「+10・テンモア」小爵さんが担当した「beron beron」。2版(2色)刷りという制限の中、通常はタブーとされる版のつなぎ目をデザインに生かした作品に、ヒロさんも「天才!」と大絶賛。

わかります?濃い茶色部分がつなぎ目なのですが、1つの模様と化しています。ステキだなぁ……♡

わかります?濃い茶色部分がつなぎ目なのですが、1つの模様と化しています。ステキだなぁ……♡

他にも、雨が降る様子を表した日本語「za za」台湾語「sa² sa²」、熱々の物を食べる様子を表現した日本語「haffu haffu」台湾語「khih⁸ khih⁸ khauh⁸ khauh⁸」など、台湾チームは日本語から、ダニーさんは台湾語からインスピレーションを得てデザインするという互いにエールを送り合うような形でのコラボとなっています。 他にも、雨が降る様子を表した日本語「za za」台湾語「sa² sa²」、熱々の物を食べる様子を表現した日本語「haffu haffu」台湾語「khih⁸ khih⁸ khauh⁸ khauh⁸」など、台湾チームは日本語から、ダニーさんは台湾語からインスピレーションを得てデザインするという互いにエールを送り合うような形でのコラボとなっています。

他にも、雨が降る様子を表した日本語「za za」台湾語「sa² sa²」、熱々の物を食べる様子を表現した日本語「haffu haffu」台湾語「khih⁸ khih⁸ khauh⁸ khauh⁸」など、台湾チームは日本語から、ダニーさんは台湾語からインスピレーションを得てデザインするという互いにエールを送り合うような形でのコラボとなっています。

ちなみに左側はダニーさんがデザインした雨の音「sa² sa²」。右側が「+10・テンモア」がデザインした「はふっはふっ(haffu haffu1)」。色が違うだけでも雰囲気が異なるのも面白いですよね!

ちなみに左側はダニーさんがデザインした雨の音「sa² sa²」。右側が「+10・テンモア」がデザインした「はふっはふっ(haffu haffu1)」。色が違うだけでも雰囲気が異なるのも面白いですよね!

「一般企業とのコラボとは異なり、親友と物作りをしてみたという感じ」と語るダニーさんに応じるように、「大切な友達でありながら、相手に負けたくないという気持ちもあった」と語る小爵さん。友でありライバルでもある互いのよき関係が垣間見れた気がしました。 「一般企業とのコラボとは異なり、親友と物作りをしてみたという感じ」と語るダニーさんに応じるように、「大切な友達でありながら、相手に負けたくないという気持ちもあった」と語る小爵さん。友でありライバルでもある互いのよき関係が垣間見れた気がしました。

「一般企業とのコラボとは異なり、親友と物作りをしてみたという感じ」と語るダニーさんに応じるように、「大切な友達でありながら、相手に負けたくないという気持ちもあった」と語る小爵さん。友でありライバルでもある互いのよき関係が垣間見れた気がしました。

2019年から準備を始めたこのプロジェクトですが、コロナ禍で往来の制限など大変なこともありました。しかし、こうして形となって発表できたことに大きな喜びを感じている「+10・テンモア」&「JUBILEE」の面々。

2019年から準備を始めたこのプロジェクトですが、コロナ禍で往来の制限など大変なこともありました。しかし、こうして形となって発表できたことに大きな喜びを感じている「+10・テンモア」&「JUBILEE」の面々。

コラボ第2弾に向けても意欲満々のようです。今後の動向にも大いに期待した~い!!!

コラボ第2弾に向けても意欲満々のようです。今後の動向にも大いに期待した~い!!!

「淡薄仔像你 淡薄仔像我/​イシンデンシン」展示販売会は台北の朋丁で~1/29まで開催されているほか、台湾・日本各地の「+10・テンモア」「JUBILEE」取り扱いショップで購入が可能です。詳細は各ブランドのオフィシャルサイトをご参考ください。

「淡薄仔像你 淡薄仔像我/​イシンデンシン」展示販売会は台北の朋丁で~1/29まで開催されているほか、台湾・日本各地の「+10・テンモア」「JUBILEE」取り扱いショップで購入が可能です。詳細は各ブランドのオフィシャルサイトをご参考ください。

■「淡薄仔像你​ 淡薄仔像我/​イシンデンシン」展示販売会

【日台コラボ】台湾「+10・テンモア」と日本「JUBILEE」が合同プロジェクト 日台コラボ +10・テンモア JUBILEE オノマトペ 靴下 テキスタイル MITグッズ お土産 布小物 朋丁 台湾土産 加拾 +10 テンモア シミズダニヤスノブ 奥田染工場奥田博伸 【日台コラボ】台湾「+10・テンモア」と日本「JUBILEE」が合同プロジェクト 日台コラボ +10・テンモア JUBILEE オノマトペ 靴下 テキスタイル MITグッズ お土産 布小物 朋丁 台湾土産 加拾 +10 テンモア シミズダニヤスノブ 奥田染工場奥田博伸 【日台コラボ】台湾「+10・テンモア」と日本「JUBILEE」が合同プロジェクト 日台コラボ +10・テンモア JUBILEE オノマトペ 靴下 テキスタイル MITグッズ お土産 布小物 朋丁 台湾土産 加拾 +10 テンモア シミズダニヤスノブ 奥田染工場奥田博伸
日時:~1/29(12:00~18:00)
場所:朋丁 pon ding (台北市中山北路一段53巷6号)

+10・テンモア
product.10moresocks.com

JUBILEE
www.jubi-lee.com

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2022-01-17

ページTOPへ▲

関連記事

大原扁理の台湾読書日記②『+10 テンモア 台湾うまれ、小さな靴下の大きな世界』

大原扁理の台湾読書日記②『+10 テンモア 台湾うまれ、小さな靴下の大きな世界』

ユニークな存在感の台湾靴下。目にも楽しいブランドブックを発見!

台湾発の靴下ブランド『+10・テンモア』の漢字の部首をテーマにした新作が登場!

台湾発の靴下ブランド『+10・テンモア』の漢字の部首をテーマにした新作が登場!

10月21日までカフェ「朋丁」で展示会もやっています~!

朋丁

朋丁

デザイン会社が経営するお洒落なブックカフェ

11/22 ブランドブック「+10 テンモア 台湾うまれ、小さな靴下の大きな世界」刊行

11/22 ブランドブック「+10 テンモア 台湾うまれ、小さな靴下の大きな世界」刊行

プロデュースは日本と台湾相互のインバウンド支援を手がけ、ファッション、カルチャー、ライフスタイルをつなぐ企業・Fujin Tree(富錦樹)。ただかわいいだけじゃない、テンモアの魅力を詰め込んだ一冊です。

その他の記事を見る