旧吉野神社(花蓮県)

閉店・移転、情報の修正などの報告

「吉野神社鎮座祈念碑」には、明治四拾五年六月八日と刻まれています

photo

移民村として、1910年(明治43年)に吉野村が花蓮港庁に設けられました。村は宮前、清水、草分の3つの集落からなっていました。吉野村に続いて豊田村や林田村も出来ましたが、どこも開村後2年内に神社が造られています。吉野神社の跡地は、現在慶豊市場の後方にあります。広い芝生地の一部は子供たちの遊び場になっていました。
敷地の片隅に「拓地開村」の記念碑が残っています。台湾総督・中川健蔵の名と、移民たちは徳島県の吉野川流域から来ました。最初村は61戸でしたが、移民が年々増加し最大時には300戸以上(1933年)になりました。人々は一致団結し、日夜努力して村造りに尽力を費やしたという開拓の歴史が刻まれています。神社の本殿跡地は敷地の中央で、「鎮座紀念」に明治四拾五年六月八日と刻まれています。吉安慶修院には、昔の神社の写真がありましたが、それによると敷地入口には鳥居、参道両側には石灯篭がいくつも並んでいたようです。

  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

ページTOPへ▲

関連タグ: 移民 徳島 開拓

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2015-05-06

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

宜蘭最南端にある、南澳神社跡に行ってきました!

宜蘭最南端にある、南澳神社跡に行ってきました!

途中下車してぶらり旅。タイヤル族の部落にかつてあった神社跡地

台湾を「故郷」と呼ぶ日本人――湾生の想いを描いた感動の映画「湾生回家」、いよいよ日本で公開!

台湾を「故郷」と呼ぶ日本人――湾生の想いを描いた感動の映画「湾生回家」、いよいよ日本で公開!

原作者の田中實加さん、出演者の湾生たちの生の声を聞くトークイベントも盛り上がりました

旧林田村(花蓮県)

旧林田村(花蓮県)

台湾東部、台鉄「鳳林」駅に到着、旧・林田移民村へ向かいます

旧豊田村(花蓮県)

旧豊田村(花蓮県)

台湾東部の旧移民村・豊田村にやってきました

吉安慶修院(花蓮県)

吉安慶修院(花蓮県)

台湾で四国八十八ヶ所巡りをしたみたい、花蓮の旧・日本人移民村に行ってみました

花蓮鉄道文化園区

花蓮鉄道文化園区

1910年(明治43年)、台湾東部に767mmの狭軌軽便鉄道の建設開始、1067mmになったのは1982年のことです

100年前の日本人開拓村を訪ねて(花蓮・旧豊田村)

100年前の日本人開拓村を訪ねて(花蓮・旧豊田村)

日本人移民によって開かれた農村は今もその精神と美しい自然を保っていました。