「2018「阿里山神木下婚禮」日本人カップル密着レポート♡

神木の下で永遠の愛を誓う15組のカップルから、幸せのおすそ分け頂きました~!


こんにちは、台北ナビです。

台湾で1、2を争うパワースポット「阿里山」。地元原住民「鄒(ツォウ)族」が聖地として崇めているその地では、至る所で樹齢1000年を超える巨木に出合うことができます。中でも樹齢推定2300年を超える「阿里山香林神木」は、幾度の災害を耐え抜いて阿里山を見守ってきたご利益のある御神木です。

この神木の下で12年に渡り開催されてきた「交通部觀光局阿里山風景區管理處」主催の「阿里山神木下婚禮」。2018年は11組の台湾人カップルに加え、日本、韓国、香港、シンガポールと4か国の海外組の参加もありました。ナビは、日本は沖縄から参加したカップルに密着してきました♪笑いアリ、涙アリの2日間の様子をお届けします。

「夫妻臉」なほのぼのカップル

ツアー参加中、いろんな人から「夫妻臉」といわれていた2人。日本では「長く連れ添っていると夫婦はだんだん似てくる」といいますが、「夫妻臉」にもそんなニュアンスがあります。まずはそんなお2人のご紹介から♪とにかく仲良し。いつも穏やか~な2人なんです。
【新郎・石川吉幸さん】高校の数学教師、27歳。ツアー帰国後、教員採用試験本採用の連絡がありました。吉幸さん、本当におめでとう~!!顧問を務めるサッカー部の練習中に左足を骨折、松葉杖での初台湾上陸となりました(笑)。
【新婦・波平梓さん】大学院を卒業し、金融関係に勤務する27歳。現在お腹には3カ月になる赤ちゃんがいます!

大学時代に、社会的弱者の子供たちにご飯を食べてもらうボランティア活動を通して知り合ったというお2人は、3年の交際期間を経てめでたくゴールイン♡

そんな2人にお互いの第一印象を聞いてみると?
吉幸さん:「ボランティアをしている姿をみて、思いやりがあり、優しい人だなぁ、という印象でした。」
梓さん:「爽やかなイメージで、ムードメーカー的な人でした。」
結婚の決め手は?
吉幸さん:「自分が辛い時や嬉しい時、自分以上に悲しんだり喜んだりしてくれて、一緒に時間を共有してゆく中でたくさん救われたので、今度は自分がこの人を守ってあげたいと思いました。今はこんな足で、まだ守られているんですけどね(笑)。」

プロポーズはどんな感じ?
同棲中のある日、帰宅した吉幸さんに「何食べる~?」と梓さん。お腹がいっぱいだったので「味噌汁くらいでいいよ~」とリクエストしたところ、梓さんは吉幸さんが好きな具沢山の味噌汁を作ってくれたのだそうです。その瞬間に「この人だ」と確信した吉幸さんはその場でプロポーズ!!!
え?え?このタイミング~!?でも、そんな展開も逆にロマンチックだ~!!とひとり興奮するナビ(笑)。梓さんは涙を流しながらプロポーズにOKしたのだそうです。なんて心温まるストーリー。ナビはほっこりしちゃいました。あぁ、結婚って、いいな。

そんなステキな2人は、11月22日「いい夫婦の日」に入籍されたそうです♡

阿里山神木下婚禮とは?

結婚して1年未満、もしくは1年以内に結婚予定のカップルが参加できます。参加者の中には数年前にこのツアーに参加し3人のお子さんを授かったご夫婦も「回娘家(お嫁さんが里帰りすること)」ということで再参加していましたよ♪1泊2日の、ハッピーなイベント盛りだくさんのツアーでした。

実は台湾との縁が深い吉幸さん&梓さんカップル。吉幸さんは以前、近所に住んでいた台湾人ファミリーの家庭教師をしていたり、旅先のタイで道に迷い途方に暮れていたとき、日本人だと思って話しかけた人たちが日本語で助けてくれたけれど、実は台湾人だった、などありそうで中々ないエピソードをお持ちです。

一方、梓さんは、おばあさんが日本統治時代の台湾で暮らした経験をお持ちで、本人も大学生の頃に1年間台北に留学の経験があるため、中国語が話せます。今回、このツアーに参加したのは留学時代の友人のススメだったそうですが、ここまで台湾と縁のある2人にとって、きっと特別な式になるだろうというナビの予感は的中でした。

苦楽を共にしながら、末永く夫婦円満♪「囍韻団茶」体験

「2018「阿里山神木下婚禮」日本人カップル密着レポート♡ 阿里山神木下婚禮 阿里山 結婚式鄒族 「2018「阿里山神木下婚禮」日本人カップル密着レポート♡ 阿里山神木下婚禮 阿里山 結婚式鄒族 「2018「阿里山神木下婚禮」日本人カップル密着レポート♡ 阿里山神木下婚禮 阿里山 結婚式鄒族
ツアー初日、まず行きついた先は阿里山にあるお茶屋さん「旭隆製茶廠」。地元の茶葉を使って、手揉みで作る紅茶の「団茶」が有名なお店です。歳月が経つほどおいしく、満月のようにまん丸い団茶のように「末永く夫婦円満で」という思いを込めて、カップルで団茶づくり体験をしました。
ラベルにカップルそれぞれが想いを書き込みます。 ラベルにカップルそれぞれが想いを書き込みます。

ラベルにカップルそれぞれが想いを書き込みます。

ジグザグの折り込みを作って、最終的に丸くなるように包む=「いろんな困難があっても、最終的には円満に」という願いが込められています。この折り込みに苦戦した吉幸さん。力みすぎて紙を破ってしまったことは、内緒にしておきま~す(笑)。  ジグザグの折り込みを作って、最終的に丸くなるように包む=「いろんな困難があっても、最終的には円満に」という願いが込められています。この折り込みに苦戦した吉幸さん。力みすぎて紙を破ってしまったことは、内緒にしておきま~す(笑)。  ジグザグの折り込みを作って、最終的に丸くなるように包む=「いろんな困難があっても、最終的には円満に」という願いが込められています。この折り込みに苦戦した吉幸さん。力みすぎて紙を破ってしまったことは、内緒にしておきま~す(笑)。 

ジグザグの折り込みを作って、最終的に丸くなるように包む=「いろんな困難があっても、最終的には円満に」という願いが込められています。この折り込みに苦戦した吉幸さん。力みすぎて紙を破ってしまったことは、内緒にしておきま~す(笑)。 

結局、先生がやり直すハメに。呆然とする梓さんと、肝心なところでトイレに駆け込む吉幸さん(笑)。 結局、先生がやり直すハメに。呆然とする梓さんと、肝心なところでトイレに駆け込む吉幸さん(笑)。 結局、先生がやり直すハメに。呆然とする梓さんと、肝心なところでトイレに駆け込む吉幸さん(笑)。

結局、先生がやり直すハメに。呆然とする梓さんと、肝心なところでトイレに駆け込む吉幸さん(笑)。

なんだかんだありましたが、丸く収まりました♡ なんだかんだありましたが、丸く収まりました♡

なんだかんだありましたが、丸く収まりました♡

※旭隆製茶廠:嘉義縣番路鄉隙頂五鄰63-1號/(05)258-6366

原住民レストランで「情人套餐」

「2018「阿里山神木下婚禮」日本人カップル密着レポート♡ 阿里山神木下婚禮 阿里山 結婚式鄒族 「2018「阿里山神木下婚禮」日本人カップル密着レポート♡ 阿里山神木下婚禮 阿里山 結婚式鄒族
ランチは特色ある原住民料理が食べられる「FKUO山芙蓉餐廳」にて。鄒族の旦那様と排灣(パイワン)族から嫁いできた奥様が経営するお店、ということで鄒族&排灣族の美食文化がミックスされたメニューが人気です。
日本ではもちろん、台北でも食す機会の少ない原住民料理を堪能~。 日本ではもちろん、台北でも食す機会の少ない原住民料理を堪能~。

日本ではもちろん、台北でも食す機会の少ない原住民料理を堪能~。

木造の落ち着きある店内がステキでした。 木造の落ち着きある店内がステキでした。 木造の落ち着きある店内がステキでした。

木造の落ち着きある店内がステキでした。

食後は思い思いのポーズで記念撮影会。日本の2人も負けていませんでしたよ! 食後は思い思いのポーズで記念撮影会。日本の2人も負けていませんでしたよ! 食後は思い思いのポーズで記念撮影会。日本の2人も負けていませんでしたよ!

食後は思い思いのポーズで記念撮影会。日本の2人も負けていませんでしたよ!

※FKUO山芙蓉餐廳:嘉義縣阿里山鄉樂野村9鄰280號/(05)256-1483

鄒族の伝統的な結婚式体験~!

「2018「阿里山神木下婚禮」日本人カップル密着レポート♡ 阿里山神木下婚禮 阿里山 結婚式鄒族 「2018「阿里山神木下婚禮」日本人カップル密着レポート♡ 阿里山神木下婚禮 阿里山 結婚式鄒族
待っていました!ナビが密かに楽しみにしていた時間♡バスで更に山を登った先、海抜1300メートルの阿里山樂野部落にある「優遊吧斯(YUYUPAS)鄒族文化部落」にて、カップルたちが鄒族の結婚式を体験しました。広大な茶畑に隣接するテーマパークで、日本では「オーギョーチ」の台湾語の発音で知られている阿里山の特産品「愛玉子」作りから始まり、特設ステージで観光客や親族らが見守る中、原住民ならではの結婚儀式を披露!会場は大盛り上がりでした。
鄒族が厄除けとして用いる芒草(ススキ)の葉を渡されます。 鄒族が厄除けとして用いる芒草(ススキ)の葉を渡されます。

鄒族が厄除けとして用いる芒草(ススキ)の葉を渡されます。

陶土でできた首飾りをかけられ、祝福の言葉を頂きます。 陶土でできた首飾りをかけられ、祝福の言葉を頂きます。 陶土でできた首飾りをかけられ、祝福の言葉を頂きます。

陶土でできた首飾りをかけられ、祝福の言葉を頂きます。

男女に分かれて原住民衣装にお着替♪男性陣は手際よく。 男女に分かれて原住民衣装にお着替♪男性陣は手際よく。

男女に分かれて原住民衣装にお着替♪男性陣は手際よく。

女性陣は賑やか、そして入念に。 女性陣は賑やか、そして入念に。

女性陣は賑やか、そして入念に。

新婦が着替えているころ、新郎は仲間に支えられて準備完了! 新婦が着替えているころ、新郎は仲間に支えられて準備完了!

新婦が着替えているころ、新郎は仲間に支えられて準備完了!

原住民衣装に身を包んだパートナーとご対面♡ 原住民衣装に身を包んだパートナーとご対面♡

原住民衣装に身を包んだパートナーとご対面♡

その足で向かった先は「愛玉子」作りコーナーです。カップルで仲良く「愛玉子」を力強く揉み出します。共同作業って、いいですね♡ その足で向かった先は「愛玉子」作りコーナーです。カップルで仲良く「愛玉子」を力強く揉み出します。共同作業って、いいですね♡ その足で向かった先は「愛玉子」作りコーナーです。カップルで仲良く「愛玉子」を力強く揉み出します。共同作業って、いいですね♡

その足で向かった先は「愛玉子」作りコーナーです。カップルで仲良く「愛玉子」を力強く揉み出します。共同作業って、いいですね♡

そして、結婚儀式体験の時がやってきました。

そして、結婚儀式体験の時がやってきました。

一組ずつ、カップルが入場します。 一組ずつ、カップルが入場します。

一組ずつ、カップルが入場します。

芒草でお清めをして頂いた後は・・・ 芒草でお清めをして頂いた後は・・・

芒草でお清めをして頂いた後は・・・

先輩たちから祝福の意味を込めて「お尻叩き」の儀式! 先輩たちから祝福の意味を込めて「お尻叩き」の儀式! 先輩たちから祝福の意味を込めて「お尻叩き」の儀式!

先輩たちから祝福の意味を込めて「お尻叩き」の儀式!

思いっきり「バシッ」と叩かれます。足を怪我しているからといって、容赦なしです(笑)。 思いっきり「バシッ」と叩かれます。足を怪我しているからといって、容赦なしです(笑)。

思いっきり「バシッ」と叩かれます。足を怪我しているからといって、容赦なしです(笑)。

「同心酒」をカップルで一緒に飲み干したあと、

「同心酒」をカップルで一緒に飲み干したあと、

鄒族の歌と踊りで祝福されます。

鄒族の歌と踊りで祝福されます。

最近の踊りは、変顔もアリ(笑)。

最近の踊りは、変顔もアリ(笑)。

最後は皆で輪になって踊ります。さすが原住民の結婚式!歌と踊りが交互にやってきて、賑やかでした。 最後は皆で輪になって踊ります。さすが原住民の結婚式!歌と踊りが交互にやってきて、賑やかでした。 最後は皆で輪になって踊ります。さすが原住民の結婚式!歌と踊りが交互にやってきて、賑やかでした。

最後は皆で輪になって踊ります。さすが原住民の結婚式!歌と踊りが交互にやってきて、賑やかでした。

脚を負傷中の吉幸さんと妊娠中の梓さん、今回は本調子ではなかったものの、しっかり満喫していた様子!次回はファミリーでまた訪れてみて下さいね♪ 脚を負傷中の吉幸さんと妊娠中の梓さん、今回は本調子ではなかったものの、しっかり満喫していた様子!次回はファミリーでまた訪れてみて下さいね♪

脚を負傷中の吉幸さんと妊娠中の梓さん、今回は本調子ではなかったものの、しっかり満喫していた様子!次回はファミリーでまた訪れてみて下さいね♪

※優遊吧斯(YUYUPAS)鄒族文化部落:嘉義縣阿里山鄉樂野村127號之2/(05)256-2788

阿里山でのアフタヌーンティー

踊って消耗した体力回復のため、訪れたのは「Zengin餐廳」です。山の上にあるとは思えない、モダンな造りのカフェレストランです。手作りでクオリティーの高いスイーツと共に、阿里山ならではの茶葉を楽しめる贅沢なアフタヌーンティーを堪能しました。
またまた共同作業タイム!バラの花びらをティーポットに投入してローズティーになるのを待ちます。 またまた共同作業タイム!バラの花びらをティーポットに投入してローズティーになるのを待ちます。 またまた共同作業タイム!バラの花びらをティーポットに投入してローズティーになるのを待ちます。

またまた共同作業タイム!バラの花びらをティーポットに投入してローズティーになるのを待ちます。

そして~いつも勝手に始まる、ラブラブ写真撮影会(笑)。 そして~いつも勝手に始まる、ラブラブ写真撮影会(笑)。

そして~いつも勝手に始まる、ラブラブ写真撮影会(笑)。

相方に向けたメッセージをはがきに託し、1年後に手元に届きます。これはステキな演出! 相方に向けたメッセージをはがきに託し、1年後に手元に届きます。これはステキな演出!

相方に向けたメッセージをはがきに託し、1年後に手元に届きます。これはステキな演出!

※Zengin餐廳:嘉義縣阿里山鄉樂野村4鄰123-18號/0973-075-568

神木のように、朽ちることのない愛を誓う

ツアー2日目、いよいよ神木の下での挙式当日がやってきました!前夜は23時頃までリハーサル、式当日も朝早くからヘアメイクと、新郎新婦は大忙しです。
8時半から、順番にヘアメイクをしてもらいます。ドレスやタキシードは各自で持ち込みます。 8時半から、順番にヘアメイクをしてもらいます。ドレスやタキシードは各自で持ち込みます。 8時半から、順番にヘアメイクをしてもらいます。ドレスやタキシードは各自で持ち込みます。

8時半から、順番にヘアメイクをしてもらいます。ドレスやタキシードは各自で持ち込みます。

お二人は台北にあるチャイナドレスレンタル店「念念留影館」でドレスを借りて参加しました! お二人は台北にあるチャイナドレスレンタル店「念念留影館」でドレスを借りて参加しました! お二人は台北にあるチャイナドレスレンタル店「念念留影館」でドレスを借りて参加しました!

お二人は台北にあるチャイナドレスレンタル店「念念留影館」でドレスを借りて参加しました!

レトロなチャイナドレスと中山服で登場の日本人カップルも、ヘアメイク開始です。 レトロなチャイナドレスと中山服で登場の日本人カップルも、ヘアメイク開始です。

レトロなチャイナドレスと中山服で登場の日本人カップルも、ヘアメイク開始です。

準備完了~。2人とも、本当にステキ!! 準備完了~。2人とも、本当にステキ!!

準備完了~。2人とも、本当にステキ!!

待合室へ移動すると、観光客の方たちが押し寄せてきました(笑) 待合室へ移動すると、観光客の方たちが押し寄せてきました(笑) 待合室へ移動すると、観光客の方たちが押し寄せてきました(笑)

待合室へ移動すると、観光客の方たちが押し寄せてきました(笑)

会場へも続々と人が集まり、いよいよ式の始まりです。 会場へも続々と人が集まり、いよいよ式の始まりです。

会場へも続々と人が集まり、いよいよ式の始まりです。

新郎新婦も入場前で、ちょっとソワソワ。 新郎新婦も入場前で、ちょっとソワソワ。

新郎新婦も入場前で、ちょっとソワソワ。

オープニングはもちろん、鄒族の歌と踊りです☆ オープニングはもちろん、鄒族の歌と踊りです☆ オープニングはもちろん、鄒族の歌と踊りです☆

オープニングはもちろん、鄒族の歌と踊りです☆

そして、いよいよ新郎新婦が一組ずつ入場です~!なんて幸せな光景! そして、いよいよ新郎新婦が一組ずつ入場です~!なんて幸せな光景! そして、いよいよ新郎新婦が一組ずつ入場です~!なんて幸せな光景!

そして、いよいよ新郎新婦が一組ずつ入場です~!なんて幸せな光景!

前日夜遅くまで練習したダンスをお披露目です。 前日夜遅くまで練習したダンスをお披露目です。

前日夜遅くまで練習したダンスをお披露目です。

阿里山国家風景区管理処所長や、鄉長らの祝辞タイム。 阿里山国家風景区管理処所長や、鄉長らの祝辞タイム。 阿里山国家風景区管理処所長や、鄉長らの祝辞タイム。

阿里山国家風景区管理処所長や、鄉長らの祝辞タイム。

結婚の誓いをみんなで読み上げて、 結婚の誓いをみんなで読み上げて、 結婚の誓いをみんなで読み上げて、

結婚の誓いをみんなで読み上げて、

結婚証明書も頂きました♡ 結婚証明書も頂きました♡

結婚証明書も頂きました♡

リングベアラーを務めたのは、梓さんが台湾留学時代からの台湾人のお友達です。2人を祝福するため、台北から駆けつけてくれたんです!梓さんは嬉しさを堪え切れず、涙。ナビももらい泣きでカメラを持つ手が・・・(汗) リングベアラーを務めたのは、梓さんが台湾留学時代からの台湾人のお友達です。2人を祝福するため、台北から駆けつけてくれたんです!梓さんは嬉しさを堪え切れず、涙。ナビももらい泣きでカメラを持つ手が・・・(汗) リングベアラーを務めたのは、梓さんが台湾留学時代からの台湾人のお友達です。2人を祝福するため、台北から駆けつけてくれたんです!梓さんは嬉しさを堪え切れず、涙。ナビももらい泣きでカメラを持つ手が・・・(汗)

リングベアラーを務めたのは、梓さんが台湾留学時代からの台湾人のお友達です。2人を祝福するため、台北から駆けつけてくれたんです!梓さんは嬉しさを堪え切れず、涙。ナビももらい泣きでカメラを持つ手が・・・(汗)

そんな梓さんを優しい眼差しで包み込む吉幸さん。「守られてばかり」と話していたけれど、しつかりと守っている姿をナビは見逃しませんでしたよ~♡ そんな梓さんを優しい眼差しで包み込む吉幸さん。「守られてばかり」と話していたけれど、しつかりと守っている姿をナビは見逃しませんでしたよ~♡ そんな梓さんを優しい眼差しで包み込む吉幸さん。「守られてばかり」と話していたけれど、しつかりと守っている姿をナビは見逃しませんでしたよ~♡

そんな梓さんを優しい眼差しで包み込む吉幸さん。「守られてばかり」と話していたけれど、しつかりと守っている姿をナビは見逃しませんでしたよ~♡

指輪の交換をして、 指輪の交換をして、

指輪の交換をして、

全カップルによるキスタイム~!ハッピーオーラが漂い、神木も微笑ましく眺めていたことでしょう。 全カップルによるキスタイム~!ハッピーオーラが漂い、神木も微笑ましく眺めていたことでしょう。 全カップルによるキスタイム~!ハッピーオーラが漂い、神木も微笑ましく眺めていたことでしょう。

全カップルによるキスタイム~!ハッピーオーラが漂い、神木も微笑ましく眺めていたことでしょう。

台北からやってきてくれた、梓さんのお友達カップル。

台北からやってきてくれた、梓さんのお友達カップル。

天候にも恵まれ、阿里山の澄んだ空気と神々しい巨木群、地元原住民や親族、友人らに見守られながら「阿里山神木下婚禮」は無事幕を閉じました。

体調が万全でない2人でしたが、いつも周りにいる台湾人の皆さんが快く手伝ってくれ、手を貸してくれました。自分の足の不自由さと、スタッフ始め参加者である新郎新婦の皆さんの温かさに、式を終えた吉幸さんがホロリと涙する場面も。「とにかく、台湾の人たちに感謝を伝えたい」という強い思いから、午後の披露宴ではつたない中国語ながらも、一生懸命に「感謝」を伝えていた姿に、ナビは心を打たれました。
松葉杖を使いながら、各テーブルを回る吉幸さんと、側で支える梓さん。 松葉杖を使いながら、各テーブルを回る吉幸さんと、側で支える梓さん。 松葉杖を使いながら、各テーブルを回る吉幸さんと、側で支える梓さん。

松葉杖を使いながら、各テーブルを回る吉幸さんと、側で支える梓さん。

連絡先を交換し、また日台交流が生まれていました。 連絡先を交換し、また日台交流が生まれていました。

連絡先を交換し、また日台交流が生まれていました。

台北に戻ってきて、「Magic・s(Magic・s Diva)」で結婚写真もパチリ! 台北に戻ってきて、「Magic・s(Magic・s Diva)」で結婚写真もパチリ!

台北に戻ってきて、「Magic・s(Magic・s Diva)」で結婚写真もパチリ!

今回参加した15組のカップル皆が、末永く幸せでいられますように!
ナビもハッピーをたくさん、たくさんおすそ分けして頂きました♡

台湾好きの皆さんにオススメの「阿里山神木下婚禮」。一生に一度の思い出に、台湾の大自然に抱かれながらの感動的な結婚式を体験してみてはいかがですか?

以上、台北ナビでした。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2018-11-23

ページTOPへ▲

その他の記事を見る