黄金博物館の園内をくまなく散歩してみた!

日本統治時代の遺構や面影、そしてインスタ映えスポットがたくさんあります~

人気観光スポット「九份」の少し先にある「金瓜石」にやってきました。日本統治時代には金鉱があったことから、新北市黄金博物館があります。この日は天気がとってもよかったです!

人気観光スポット「九份」の少し先にある「金瓜石」にやってきました。日本統治時代には金鉱があったことから、新北市黄金博物館があります。この日は天気がとってもよかったです!

あ、今秋から運行を開始した高速バス「965」番バスを発見!新北市のMRT「府中」駅から「板橋」駅「西門」駅「北門」駅を経由して台鉄「瑞芳」駅や九份、金瓜石を結びます。結構お客さんが乗っていましたよ。

あ、今秋から運行を開始した高速バス「965」番バスを発見!新北市のMRT「府中」駅から「板橋」駅「西門」駅「北門」駅を経由して台鉄「瑞芳」駅や九份、金瓜石を結びます。結構お客さんが乗っていましたよ。

黄金博物館のスクーター駐輪場には「金瓜石教育発祥地碑」がひっそりとありました。裏面には金瓜石地区の初等教育機関の設置の歴史が書かれていましたよ。

黄金博物館のスクーター駐輪場には「金瓜石教育発祥地碑」がひっそりとありました。裏面には金瓜石地区の初等教育機関の設置の歴史が書かれていましたよ。

2015年に新北市指定古跡に指定された「三毛菊次郎邸」と呼ばれる日本家屋はどうやら大規模な修繕中でした。いつか一般開放されて見学できるようになったらいいなぁ。

2015年に新北市指定古跡に指定された「三毛菊次郎邸」と呼ばれる日本家屋はどうやら大規模な修繕中でした。いつか一般開放されて見学できるようになったらいいなぁ。

そして黄金博物館の裏山をえっちらおっちら登ると見えてくるのはコンクリート造りの鳥居。

そして黄金博物館の裏山をえっちらおっちら登ると見えてくるのはコンクリート造りの鳥居。

金瓜石神社の遺構で、以前はほとんど人がいない隠れたスポットだったのですが、今ではインスタ映えを狙った若者でいっぱい!

金瓜石神社の遺構で、以前はほとんど人がいない隠れたスポットだったのですが、今ではインスタ映えを狙った若者でいっぱい!

あ、お腹がすいたので、名物の炭鉱作業員弁当をいただきます。ナビの友人は右側のステンレスのお弁当箱が付いたセットを頼んでいました。お土産にどうですか?

あ、お腹がすいたので、名物の炭鉱作業員弁当をいただきます。ナビの友人は右側のステンレスのお弁当箱が付いたセットを頼んでいました。お土産にどうですか?

そして、黄金博物館からさらに奥へ続く道を歩いていくと、かつて水湳洞の方向へ延びていた運搬用ロープウェイの遺構がありました!フェンスなどが無いのでたくさんの人が写真撮影に興じていますが、崖の上にあり、倒壊の恐れもあるとして新北市は立ち入り禁止を呼びかけていますので、くれぐれもお気をつけください……。

そして、黄金博物館からさらに奥へ続く道を歩いていくと、かつて水湳洞の方向へ延びていた運搬用ロープウェイの遺構がありました!フェンスなどが無いのでたくさんの人が写真撮影に興じていますが、崖の上にあり、倒壊の恐れもあるとして新北市は立ち入り禁止を呼びかけていますので、くれぐれもお気をつけください……。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2018-12-13

ページTOPへ▲

その他の記事を見る