媽祖巨神像(南竿・馬祖)

閉店・移転、情報の修正などの報告

南竿でひと際高くそびえる像が、媽祖の像

photo

2009年10月に完成した媽祖像は高さ28.8m。世界最高の媽祖巨神像です。そして、海で生業を立てる人々や海を渡って異国に移り住んだ華僑たちの神様、すなわち海を守る神といわれる媽祖の土台は大きな船で、媽祖が見つめているのは故郷中国の媚州島。像の前方は船の舳先(へさき)。あいにくこの日は雨模様で、心なしか媽祖様の表情も曇りがちに見えるのが残念ですが、ここからの眺めは見事です!敬虔な媽祖信者である馬祖の人々は、「媽祖は馬祖にあり」というスローガンの下、構想から完成まで10年以上の歳月をかけてきました。像の周囲には12枚の彫刻があり、媽祖が神様になったストーリーをここから知ることができます。
また、神像を建立するにあたり、住民たちが周辺の地形を調査中、ちょうど神像の真下あたりのところに門前山坑道を発見!媽祖のお祭りの際には、媽祖様の下をくぐると願いがかなうということから皆が長蛇の列を作りますが、この坑道はその適切な場所にちなんで「祈福坑道」と名付けられ、入口にはお祭りのときと同じようなお神輿が備え付けられました。内部は各地の媽祖廟やお祭りの時の画像が紹介されています。

ページTOPへ▲

関連タグ: 神様 華僑 お祭り 歴史

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2015-06-15

スポット更新日:2015-07-13

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

坂里天后宮(北竿・馬祖)

坂里天后宮(北竿・馬祖)

馬祖に天后宮は多いですが、小さいながらも立ち寄りたくなる天后宮です

馬祖天后宮(南竿・馬祖)

馬祖天后宮(南竿・馬祖)

媽祖を祀った廟は「天后宮」と呼ばれています

媽祖様の下をくぐりました!

媽祖様の下をくぐりました!

鈺通大飯店@嘉義

大天后宮(台南市)

大天后宮(台南市)

台湾の媽祖廟の中では最高位、しかも月下老人のご利益には定評があります!

南竿(馬祖)

南竿(馬祖)

馬祖の魅力がギュっと詰った馬祖最大の島、南竿!媽祖伝説を感じることもできました。