豊田移民村には神社の鳥居が残っています

小学校や派出所などもある、台湾東部の3大移民村(吉野、林田、豊田)の一つでした。

今は碧蓮寺という名になっていますが、日本時代は神社だったところで、鳥居はそのままなんです

今は碧蓮寺という名になっていますが、日本時代は神社だったところで、鳥居はそのままなんです

参道だったところの壁面には、当時の写真もありました

参道だったところの壁面には、当時の写真もありました

長い参道を歩いていくと、碧蓮寺に到着。神社のあった場所は、その手前の正方形の場所です

長い参道を歩いていくと、碧蓮寺に到着。神社のあった場所は、その手前の正方形の場所です

記念碑も残っています。昭和17年

記念碑も残っています。昭和17年

可愛い狛犬も当時のものなんです。足の部分は「歩歩高昇」(とんとん拍子に出世する)を意味する竹になっています

可愛い狛犬も当時のものなんです。足の部分は「歩歩高昇」(とんとん拍子に出世する)を意味する竹になっています

内部も台湾のお寺になっています

内部も台湾のお寺になっています

鳥居の付近は、移民村の簡単な紹介とこのあたりが森本と呼ばれ、軽便鉄路があり、貨物の乗降場となっていたという説明もありました

鳥居の付近は、移民村の簡単な紹介とこのあたりが森本と呼ばれ、軽便鉄路があり、貨物の乗降場となっていたという説明もありました

右側は当時の小学校

右側は当時の小学校

左は派出所でした。内部には当時の写真などが展示されてます

左は派出所でした。内部には当時の写真などが展示されてます

学校の壁には日本時代の卒業写真。校内にある武道館は、当時の形を復元する予定で現在修復中でした

学校の壁には日本時代の卒業写真。校内にある武道館は、当時の形を復元する予定で現在修復中でした

関連タグ:日本湾生移民開墾神社

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2017-04-20

ページTOPへ▲

関連記事

豊田安琪花園(花蓮県)

豊田安琪花園(花蓮県)

日本人が住んでいた移民村をたどりつつ、快適にすごせるステキな民宿です

台湾を「故郷」と呼ぶ日本人――湾生の想いを描いた感動の映画「湾生回家」、いよいよ日本で公開!

台湾を「故郷」と呼ぶ日本人――湾生の想いを描いた感動の映画「湾生回家」、いよいよ日本で公開!

原作者の田中實加さん、出演者の湾生たちの生の声を聞くトークイベントも盛り上がりました

旧豊田村(花蓮県)

旧豊田村(花蓮県)

台湾東部の旧移民村・豊田村にやってきました

100年前の日本人開拓村を訪ねて(花蓮・旧豊田村)

100年前の日本人開拓村を訪ねて(花蓮・旧豊田村)

日本人移民によって開かれた農村は今もその精神と美しい自然を保っていました。

その他の記事を見る