スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場

台湾のパワースポット特集 

訪れた人が元気になれる、リフレッシュできる、心から気持ちよく感じられる、そして、開運効果もある!台湾のパワースポットはここ!!



こんにちは、台北ナビです。
開運を祈願するために台湾のパワースポットへ!その昔「フォルモサ」「蓬莱島」と呼ばれていた台湾。「フォルモサ」は、ポルトガル語で「美しい」という意味。「蓬莱島」は古代の中国で東の海上に仙人が住むと信じられていた夢の島のこと。台湾は、仙人が住むような美しい島だと昔から言われていたのです。さて、美の国台湾には、「気」を蓄えたエネルギーをもつ「パワースポット」がたくさんあります。訪れた人が元気になれる、リフレッシュできる、心から気持ちよく感じられる、そして、開運効果もある!今回ナビは、選りすぐりのパワースポットを皆さんにご紹介します!

十分瀑布


台湾で一番の迫力を持つ滝、自然の力に圧倒されて、パワーをもらいました!

ローカル線の「平渓線」で十分駅下車。天灯が有名な街並みは風情があります。滝まで行くには、まず「十分遊客服務中心」の方向を目指しましょう。以前は眼鏡滝を望みつつ、線路横の橋を渡りましたが、今は道がきれいに整備されています。十分瀑布は台湾ナイアガラの異名をとるだけあって、水量がすごい、迫力満点です。20メートルの高さは壮観!ここまで来たら岩の下まで降りて、滝の真正面から写真を撮りましょう。帰りは散歩がてら、またゆっくり駅まで歩いてみてください。入場無料。

住所:新北市平渓区南山里乾坑路10号 電話:(02)2495-8409 開放時間:10~5月:9:00~17:00(最終入場16:30)、6~9月:9:00~18:00(最終入場17:30) 行き方:平渓線「十分」駅下車、徒歩約20分。

烏來瀑布

滝の落差が82mある台湾では最大級の滝、パワースポットといえばここ!

「台車瀑布」駅から、烏來観光目玉の「白糸の滝」が見えます。雨量の少ない時期だと、白糸のように見えるので、その名がつけられました。滝のそばにはロープウェイ乗り場があり、これを利用すると、谷を越えて滝の上まで行くことができます。コバルトグリーンのきれいな渓谷も真下に見ることができます。白糸の滝は、台湾で最も長い滝の1つで長い部分が長さ82m。上流には20mと60mの小さい滝が2つあります。 ロープウェイに乗って着いた先は、「雲仙楽園」という遊園地。カフェやレストラン、ホテルや別荘地もあり、家族連れで楽しめるところ。タイヤル族の民芸品店やレストランがいっぱい。ボートに乗れる湖もありました。ロープウェイの料金は、「雲仙楽園」の入園料も含み、往復220元、150元/学生、3歳以下、65歳以上 10~15分おきに運転。
※2016.1現在、蘇迪勒台風の被害復興特別価格で大人も150元で利用できます。

2016.1現在、トロッコは修理中で乗れません。

住所:新北市烏來区、トロッコ列車終点「台車瀑布」駅下車すぐ 「雲仙楽園」営業時間:遊樂區:8:30~17:00、飯店餐飲:8:30~21:00、葉綠素咖啡廳:8:30~23:00  行き方:MRT「新店」駅で下車。「烏来」行きの新店客運バスに乗り換え、「烏來」で下車。20分間隔で1本。「烏來」からタクシーの場合は、約20分、片道300元ほど。バスなら、新店高速バス(台北-烏来線849バス)で、中山南路(教育局向かい) →羅斯福路→公館→景美→新店→北宜路(青潭)→新烏路→烏来下車 約1時間。 

太平山

マイナスイオンたっぷりの森林浴でリフレッシュ!温泉・茶園・登山歩道…

原住民タイヤル族の村を過ぎると、車は太平山へ。この山は日本統治時代自生していたヒノキを伐採し、日本へと運ばせていました。その際、山から木を下ろすのに使われたのがトロッコ列車です。上っていくと、見晴展望台・鉄路歩道へ到着。マイナスイオンが絶好調!さらに上ると太平山荘。ここはお土産コーナー・レストラン・宿泊施設も充実の休憩所となっています。トロッコに揺られて終点の茂興からの遊歩道は滝へと通じています。滝へは往復180分。森の香りと新鮮な空気を思いっきり吸い込みリフレッシュ!
太平山にある鳩之澤温泉という炭酸泉温泉は、秘境の湯。裸で入れる露天風呂、水着で入る温泉SPA、そして個人風呂があります。温泉電話:(03)980-9603 営業時間:9:00~17:00 露天SPA(水着着用)と露天風呂 150元~(大人)、100元~(子供)、個人風呂500元~(時間制限50分) 
     
住所:宜蘭県大同郷太平山太平58-1号 電話:(03)980-9619(太平山国家森林遊楽区) 入場料:平日:大人150元、子供100元  休日:-大人200元、子供100元 開放時間:6:00~21:00(夏休み期間、土日休日3:30~21:00)
行き方:羅東駅から國光客運太平山行き(124元)、9:45発~12時過ぎ着、休日往復各1本のみで、平日はバスがありません。帰りは15:30発。  

阿里山

台湾最強のパワースポットといえば「阿里山」と言えます、ぜひ日の出を!

海抜2500mエリアには、樹齢1000年を超えるヒノキの巨木が林立、阿里山は、原住民ツォウ族の聖地として崇められてきました。樹齢3000年の神木にも出会うことができます。台湾ヒノキは日本の多くの寺の中心を支え、明治神宮の鳥居にも使用されています。台湾は、日本ほどご来光信仰はないのですが、それでも元旦に阿里山のご来光を仰ぎ、1年の始まりを気持ちよく迎えたい人は年々増えていて、台北からは31日の大みそかに阿里山へ向かっての夜行バスが出るほどです。阿里山から祝山線に乗って、約25分で終点祝山駅に到着。日の出が見られる観景台は歩いてすぐ。日の出時間は各宿泊所で教えてくれるので、列車に遅れないように。
もちろん元旦じゃなくとも、日の出はいつでも貴方を待っています。ご来光を見物した後は、阿里山森林道の散策はいかが?祝山線に乗って阿里山まで戻り、そこから散策をスタートする人もいれば、そのまま祝山より徒歩で散策を始める人もいます。季節によっては、雲海も見られる阿里山。おいしい空気を胸いっぱい吸った後は、雲の上での朝食といきましょうか。入場料:平日:大人150元、子供100元、‧休日:大人200元、子供100元

住所:嘉義県阿里山郷香林村17号 電話:(05)267-9917(阿里山国家森林遊楽区)  開放時間: 00:00~24:00   行き方:台鉄「嘉義」駅より阿里山間の列車は、現在「奮起湖」駅までしか運航していません。バスの場合は、「嘉義線公車」で、台鉄「嘉義」駅~阿里山、約2時間30分。「台湾好行」で約2時間。

陽明山

春が一番感じられる陽明山、時間があるなら山歩道を歩いてみませんか? 

陽明山のバスターミナルの近くは前山公園。花時計と陽明山の名前のもとになった文人・王陽明の像があり、その周辺が遊歩道になっています。竹子湖エリアは、観賞用の花を売るフラワーガーデンの並ぶ通りで、週末はいつもにぎわっています。最も人が訪れるのは、「海芋」が咲く3~4月。水芭蕉のように沼地に生える植物で、大きな口を開けたような真っ白い花弁が美しいのです。
温泉を目当てに行かれる方も多いのが陽明山ですが。白濁の硫黄泉の源泉が、あちこちに点在しています。国際大旅館への大衆浴場は、狭い(入浴料100元)のですが、いいお湯です。もっと豪華な気分を求めるなら、陽明山の温泉リゾートホテルへ。
陽明山グルメなら、キャベツ、芋の葉など高原野菜を炒めた料理を出すレストランへ。特に集中しているのが菁山のあたり。菁山エリアでは温泉設備も整っていて、食事をすれば入浴料金が無料になるレストランもあります。それから、菁山といえば、ひっそりとした山道沿いに個性的なカフェも多いエリア。車で来るチャンスがあれば、探索してみるのも楽しいですよ。

行き方:260番のバスで、台北駅~陽明山終点まで、約1時間半。30元。台北駅付近からタクシーの場合、混み具合によりますが、1時間弱で約400元。 

蓮池潭

龍の口から入り、虎の口から出ると、災いから逃れられる「虎口逃生」!

高雄の有名観光スポット蓮池潭。大きな池のまわりには、たくさんの巨大な、日本人の想像を絶する様々なものが置かれています。もちろん廟や亭も周りに点在しているのですが、観光客の目を最も見開かされるのは、龍虎塔!目に飛び込んで来たカラフルな2つの塔と龍と虎。クネクネと曲がる橋を歩き、塔の前へ。
さて、入り口はどちら?――それは龍側。台湾では龍=良い動物、虎=悪い動物と信じられていて、龍の口から入り、虎の口から出てくると、災いが消えて吉が増すのだとか。間違っても虎の口から入りませんように!中にはたくさんの仏様・観音様の壁画があり、興味深いものです。さて、塔に行き着くために渡った橋。塔の7階まで登って下を見ると、曲がりくねった橋が架けられているのがわかります。これは、悪魔は真っ直ぐに歩けるけど、くねくねと曲がっては歩けないといわれています。悪魔が渡って来られないように、このように曲がった橋が架けられたそうです。橋を渡って、龍の口から入り虎の口から出た後は、今までのすべての悪が払拭され、生まれ変わったようなすがすがしい気持ちになれることでしょう!

住所:高雄市左営区翠華路1435号 電話:(07)588-3242 営業時間:8:00~17:00 
行き方:高鉄「左営」駅から蓮池潭の南側、インフォメーションセンターのある龍虎塔入り口までタクシーで約7~8分。蓮池潭の北側の孔子廟へは徒歩約15分。バスなら高鉄「左営」駅から紅35に乗車。約20分。

梅花湖

台北から1時間くらい、風水が最高にいいと言われているところです。

孔子廟 

鳥の声が聞こえる?儒教を大成させた孔子廟は緑豊かな庭に囲まれています

「黌門」から入ると、右手には「明倫堂」という名前の建物。かつては経典を教え、学生たちに倫理道徳の道理を悟らせた場所です。優雅な内門を通り抜けると、主殿「大成殿」に到着。まずはお参りを済ませます。大成殿内は中央に孔子の位牌、左右は孔子の弟子に当たる人間の位牌と祭事に使う楽器が飾られています。中央上には蒋介石の「有教無類」の文字。そのまま顔を上げて、上を向くと美しい天井装飾が。細かく見ていくと屋根の上に人形があしらってあるなど、本当に細かい所まで凝っています。歴史観たっぷりの建物で、建物の外も時が止まったかのように静か。どこか座れる場所を探して、目を閉じてみると…そのまま瞑想の別世界に入っていけそう。孔子廟の中の空気は外界と違う、本来の自分を取り戻したいなら、ここしかない…。ガジュマルの樹木の元に立つと、古の人間になったかのような錯覚にも陥ります。

住所:台北市大龍街275号 電話:(02)2592-3934(日本語での紹介ボランティアについては事前にお問い合わせください)営業時間:8:30~21:00(ショップは夕方くらいまで) 休業日:月曜日 
行き方:MRT「圓山」駅より徒歩15分。駅を出て向かって右側の庫倫街という通りを、駅を背中にしてまっすぐ進みます。大龍街と酒泉街の交差点付近。  

龍山寺

きちんと拝めばちゃんとご利益があると有名なお寺、お礼の参拝も忘れずに!

龍山寺の中央の本殿に配置されている神様はすべて仏教の神様で、御本尊は木製の観音菩薩です。龍山寺は一度空襲に見舞われ、お寺全体が焼けてしまったにもかかわらず、観音菩薩だけは傷一つなく無事だったといわれているほど霊験あらたかな御本尊のため、毎日朝から晩まで、参拝客が絶えません。「後殿」には、「道教」の神様が祭られています。道教の神様は、それぞれ得意分野があるので、学業・出世・恋愛・運勢・子宝・健康・金運など、もし叶えてほしい願いがあれば、一生懸命その神様に向かってお祈りしてみましょう
観音菩薩: 極楽浄土へ導いてくださいます
文昌帝君・大魁星君: 合格祈願
福徳正神(土地公): 農業や商業の神様。その地域を収める神様の使い
天上聖母(媽祖): 漁業や航海の守護神
註生娘娘: 安産と子供の成長を守る神様
城隍爺 地藏王菩薩: この2人の神様は旧暦七月の鬼月の時、悪い霊を管理するという意味でお参りされます。また運が悪いなと思った時にお参りにきます
關聖帝君: 三国志の関羽。武術・商業・学術の神様
地藏王菩薩: 仏教の神様のため菩薩と名がつきます。地獄&天国への誘導者
月下老人: 結婚の縁をつかさどります

住所:台北市広州街211号 電話:(02)2302-5162 営業時間:6:00~22:00
行き方:MRT「龍山寺」駅を降りたら、すぐ前。               

行天宮

台湾人の信仰心の強さを感じとれる「行天宮」、お祓いもできます

三日月型をした赤い木札を何回も地面に投げつけている人々は、台湾式おみくじをしている人々です。自分の相談ごとをいって、2つの木札を地面に投げつけ、3回続けて表と裏の組み合わせがでたら、おみくじが引けるのです。台湾の人々は何か悩み事があると、このような方法で神様に意見を聞きます。これは老若男女を問わず、若い女の子でも学校の試験や引越し、転職、恋愛など身近なことを相談しに来ます。引いたおみくじの番号が決定したら、おみくじの紙を受け取りにいきます。番号ごとにありがたい内容が記された紙が置かれていますので、自分の番号の紙を取りましょう。内容は中国語になります。
次に廟内で目に入ってきたのは青い服を着たおばさん達の前に並ぶ行列!おばさん達がボランティアでお祓いをしてくれています。名前を告げるとおばさんは優雅な手振りで身体を清めてくれます。このお払いには、「悪を清めて、悪い気が憑かないように保護する」というような意味があります。誰でも無料でお払いしてもらえますので、時間があったらぜひどうぞ。

住所:台北市民權東路二段109 号 電話:(02)2502-7924 営業時間:4:00~23:00ごろ 
行き方:MRT蘆洲線「行天宮」駅3番出口から出て、民権東路と松江路の交差点を目指してください。  

玉市場(毎週土日のみ)

されて、かつパワーもみなぎる玉、気持ちを落ち着かせるのにも効果的!

お祭りムードいっぱいの假日建國玉市(玉市場)。数百mにもわたって続く玉市をブラブラと歩くだけでも楽しいし、最適な観光スポットでもあります。市場内には、ヒスイに代表される宝石類を扱う「玉市」をはじめ、茶器や骨董などもあるから見ていて飽きません。お店の人も気軽に声をかけてきてくれます。身振り手振りで交わす会話を楽しみながら、ぐるっと一周してみましょう。さて、パワーストーンとは、特殊な力が宿っていると考えられている石のことですが、パワーの効能は、健康面で心配がある人はこの石、金運アップをめざすならあの石、恋愛によいのはその石・・・という風に石によって異なります。薄いピンク色をした水晶・ローズクオーツは恋愛運に効くとか、ブルームーンストーンは幸福になれるとか・・・、また、パワーというのは、負の面も持ち合わせているのも事実で、それは、主に体の弱っている部分、悪い部分が如実に現れます。そんな時は、しばらく石を身につけるのは控えること。体調が戻ってから、再び手にしてみましょうね。

住所:建國南路の高架下。忠孝東路~仁愛路~信義路の交差点付近 営業時間:毎週土日のみ、10:00~18:00(13:00過ぎからがベター) 休業日:月~金、旧正月は特別営業 カード不可 日本語不可
行き方:MRT「大安」駅より徒歩10分くらい。    

関連タグ:開運運気強運幸福合格就職結婚

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2016-01-13

ページTOPへ▲

関連記事

高雄観光のおすすめスポット

高雄観光のおすすめスポット

高鉄で台北からたったの1時間半!ビューっと行ってあちこち観光、日帰りも可能な高雄のお役立ち観光案内!

宜蘭観光のおすすめスポット

宜蘭観光のおすすめスポット

台北から1時間もあれば行ける!とっても近い宜蘭には、おいしいものや面白いところがいっぱい!

その他の記事を見る