【台北定番スポット】そうだ、象山に登ろう!

コロナ禍でマスク着用していても、ビーチサンダルを履いていても、どうしても象山から台北101の存在感が光る「台北の夜景」が見たい日ってないですか?

信義区に遊びに来た週末。台北101がはっきりと見えてしかも天気がいい!象山日和を逃してはならぬ~と、ただの思いつきで象山へ向かってみました。

信義区に遊びに来た週末。台北101がはっきりと見えてしかも天気がいい!象山日和を逃してはならぬ~と、ただの思いつきで象山へ向かってみました。

防疫のために屋外でもマスク着用が義務付けられているし、象山歩道を歩いている人は少ないかなぁと思っていましたが、そんなことありませんでした。

防疫のために屋外でもマスク着用が義務付けられているし、象山歩道を歩いている人は少ないかなぁと思っていましたが、そんなことありませんでした。

入口から多くの人でにぎわっています。

入口から多くの人でにぎわっています。

象山には何度か登ったことがありますが、再度地図を見てみましょう!目指すは六巨石の先にある撮影スポットです。ここに到着する前にもうひとつ撮影展望台がありますよ~!

象山には何度か登ったことがありますが、再度地図を見てみましょう!目指すは六巨石の先にある撮影スポットです。ここに到着する前にもうひとつ撮影展望台がありますよ~!

段差はさほど大きくない階段ですが、3分ほど歩いただけで息切れ……。マスクを着けているだけでこんなにもしんどいだなんて……。早速休憩~笑

段差はさほど大きくない階段ですが、3分ほど歩いただけで息切れ……。マスクを着けているだけでこんなにもしんどいだなんて……。早速休憩~笑

犬の散歩をする人やなぜかトレーニングに励む人など自由でゆる~い空気が流れていました! 犬の散歩をする人やなぜかトレーニングに励む人など自由でゆる~い空気が流れていました!

犬の散歩をする人やなぜかトレーニングに励む人など自由でゆる~い空気が流れていました!

休憩中には景色を楽しみながらきちんと水分補給を!この時はマスクを外しても大丈夫です。

休憩中には景色を楽しみながらきちんと水分補給を!この時はマスクを外しても大丈夫です。

象山歩道にはベンチがたくさんあるので、ゆっくり座って休憩できます!

象山歩道にはベンチがたくさんあるので、ゆっくり座って休憩できます!

そうこうしているうちに一つ目の撮影展望台が出てきました!

そうこうしているうちに一つ目の撮影展望台が出てきました!

ここでオレンジに染まっていく台北の街並みが見られました~。だけど、もう少し上で夕陽が落ちていく様子を見たい~!と先を急ぎます。

ここでオレンジに染まっていく台北の街並みが見られました~。だけど、もう少し上で夕陽が落ちていく様子を見たい~!と先を急ぎます。

すると、大きな白い石碑が!これが見えてきたら階段の段差が大きくなってきますよ~。

すると、大きな白い石碑が!これが見えてきたら階段の段差が大きくなってきますよ~。

ナビ的難所を前にまた休憩~!木漏れ日が疲れた身体を癒してくれてる気がしました。 ナビ的難所を前にまた休憩~!木漏れ日が疲れた身体を癒してくれてる気がしました。

ナビ的難所を前にまた休憩~!木漏れ日が疲れた身体を癒してくれてる気がしました。

難所を越えれば六巨石が出てきます。ここまでくれば、ゴール目前!

難所を越えれば六巨石が出てきます。ここまでくれば、ゴール目前!

ちょっと奥へ進めば、撮影展望台が出てきますよ~。ここは最も人がたくさん集まっていました!

ちょっと奥へ進めば、撮影展望台が出てきますよ~。ここは最も人がたくさん集まっていました!

ギリギリで夕陽が美しく見られて大感動!

ギリギリで夕陽が美しく見られて大感動!

そして夜の帳が下りていく様子を周りの人たちと一緒に見つめました。

そして夜の帳が下りていく様子を周りの人たちと一緒に見つめました。

台北の夜景は台北101がそびえたって、周りのビルもキラキラしていて何度見ても飽きません。きれいだなぁ……。

台北の夜景は台北101がそびえたって、周りのビルもキラキラしていて何度見ても飽きません。きれいだなぁ……。

休憩がなければ30分ほどで登れますが、ナビは登っている時間以上に休憩して、1時間くらいかけてゆっくり登りました!自分のペースで登って、夜景をずっと見ていたら、帰る頃にはもう真っ暗!

休憩がなければ30分ほどで登れますが、ナビは登っている時間以上に休憩して、1時間くらいかけてゆっくり登りました!自分のペースで登って、夜景をずっと見ていたら、帰る頃にはもう真っ暗!

だけどご安心を!一部暗いところはありましたが、基本的に照明設備があるので、足元はクリアに見えました。(それでも足元には気を付けて歩いてくださいね!)

だけどご安心を!一部暗いところはありましたが、基本的に照明設備があるので、足元はクリアに見えました。(それでも足元には気を付けて歩いてくださいね!)

象山を下りてきたら、足が生まれたての小鹿みたいに足がプルプルしていましたが、気分爽快!また登って台北の姿を見たいと思います。

象山を下りてきたら、足が生まれたての小鹿みたいに足がプルプルしていましたが、気分爽快!また登って台北の姿を見たいと思います。

台湾へ来られない方のために、象山を登りを疑似体験してもらおうと、動画を撮ってみました。台北101が夕陽のオレンジに染まり、夜になっていく様子や正時に行われるライトアップも動画に撮っているので、楽しんでもらえると嬉しいです!

台湾へ来られない方のために、象山を登りを疑似体験してもらおうと、動画を撮ってみました。台北101が夕陽のオレンジに染まり、夜になっていく様子や正時に行われるライトアップも動画に撮っているので、楽しんでもらえると嬉しいです!

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2021-09-06

ページTOPへ▲

その他の記事を見る