金門酒廠-金門酒工場(金門県)

ジンメン・ジョウツァン

閉店・移転、情報の修正などの報告

金門といえばコーリャン!高粱酒なくして金門は語れない!

 
こんにちは、台北ナビです。1年で123億元の収益を上げる金門の高粱(コーリャン)酒。皆さんは飲んだことがありますか?聞けば2006年に営業利益100億を突破し、その後も売り上げは伸びていくばかり。この数字に大貢献しているのが、対岸からの人々。ナビも今回金門酒工場のショップ内で、箱単位で買い上げていく彼らを見て、お口もあんぐり。一体コーリャン酒の魅力って。何なんでしょうねえ。
蟫装金門大高酒

蟫装金門大高酒

金門十景酒(金門の景色が描かれていて贈り物に最適!)

金門十景酒(金門の景色が描かれていて贈り物に最適!)

まずは酒史館へ


さて、大きな高粱(コーリャン)酒のオブジェが目印の金門酒工場へやってきました。酒史館に入ると、歴代のコーリャン酒、プレミア級のものがずら~りと並んでいます。コーリャン酒は5年以上を陳酒といいますが、陳酒どころではないツワモノどもの面々が幅を利かしています。
「第十二任総統副総統就職紀念酒」馬総統のコーリャン酒

「第十二任総統副総統就職紀念酒」馬総統のコーリャン酒

「金門風獅爺踁典紀念酒」容器が上品

「金門風獅爺踁典紀念酒」容器が上品

かなりの年代物も

かなりの年代物も

年代物は中身をもう抜いてあります

年代物は中身をもう抜いてあります

これらは酒史館に飾ってある高粱酒の一部です

GO!Shopping!!


金酒生活館と書いたところがショップになっています。中は広々として、ゆったりと買い物ができます。それにしてもコーリャンってこんなにあるんですね。スタッフに聞いたところ、中国からの人たちは、限定版を買う人が多いそうです。日本人も限定版に弱いですよね。ナビも…。
広くてきれいなショップ

広くてきれいなショップ

ショップでも年代物が見られます

ショップでも年代物が見られます

これは高そう~

これは高そう~

大膽二膽

大膽二膽

陳年金門高粱酒 

陳年金門高粱酒 

金酒典蔵珍品 

金酒典蔵珍品 

金門高粱酒といえば、アルコール58度のこれです!

金門高粱酒といえば、アルコール58度のこれです!

今年の金門のお祭り「迎城煌」のお酒

今年の金門のお祭り「迎城煌」のお酒

女性の体の調子を整えてくれるという龍鳳酒

女性の体の調子を整えてくれるという龍鳳酒

38度の高粱酒、58度は冷凍庫で保管しますが、これは凍るのでダメ

38度の高粱酒、58度は冷凍庫で保管しますが、これは凍るのでダメ

金門らしい男女の兵隊酒 各500cc1280元

金門らしい男女の兵隊酒 各500cc1280元

高粱貯蔵庫へ!


これはなかなか来られないところへ案内してもらいました。門構えを見てお分かりの通り、かつては軍が使用していたところです。ここ数年軍人さんの数も減ってきて、以前は軍専用だった場所が、いろいろな形で再利用されています。こちらはご覧の通り、威厳ある酒蔵に変身しています。
天井がとてつもなく高いんです 天井がとてつもなく高いんです 天井がとてつもなく高いんです

天井がとてつもなく高いんです

樽の表示をみてみると、アルコール度60.4だそうですよ 樽の表示をみてみると、アルコール度60.4だそうですよ

樽の表示をみてみると、アルコール度60.4だそうですよ

いざ工場へ

土地、水、空気が変わると、酒の味も異なり、季節によって味も変わると言われるコーリャン。陶器は長く置くと、空気が抜けていくので、ガラスとなっています。この点は日本の清酒に似ていますね。ガラスだと、ねかせればねかすほど、熟成されていいものに仕上がっていきます。
さて、工場は一般の観光客は入れないのですが、取材ということで見学させていただきました。ナビは、今まで桃園や宜蘭などの酒工場を見てきましたが、毎日稼働していなかったり、時間も制限されていたりで、ある意味時間がゆったり流れ、それと比例してショップの方も比較的のんびりしていました。 

が、ここの金門酒工場は違いました!



この熱気と活気に頭がクラクラ~。あ、これはコーリャンの香りにクラクラ?いったん足を踏み入れると、この全体の空気に圧倒されました。工場内の機械という機械がフル稼働中で、皆せわしなく動き回っています。さらにオフィスは通常の仕事時間だそうですが、工場は早番と遅番の2部制で、1日の3分の2はこの活気あふれる状態。
工場は敷地内に2か所あり、1日平均して300mlが65000本、600mlが62000本、700mlが60000本ずつ生産されているため、合計して1日約38万本のコーリャン酒がこの金門の工場から生産されていっているわけです。
さらに!驚いたのは、スタッフが言った言葉…「それでも追い付くのにせいいっぱいなの~!」。皆一体どれだけのコーリャンを買っていくの~~?
とってもいい香りにクラクラ~、原料である大量のコーリャンは、金門だけではとても足りなくて、福建から輸入しています とってもいい香りにクラクラ~、原料である大量のコーリャンは、金門だけではとても足りなくて、福建から輸入しています とってもいい香りにクラクラ~、原料である大量のコーリャンは、金門だけではとても足りなくて、福建から輸入しています
とってもいい香りにクラクラ~、原料である大量のコーリャンは、金門だけではとても足りなくて、福建から輸入しています とってもいい香りにクラクラ~、原料である大量のコーリャンは、金門だけではとても足りなくて、福建から輸入しています とってもいい香りにクラクラ~、原料である大量のコーリャンは、金門だけではとても足りなくて、福建から輸入しています

とってもいい香りにクラクラ~、原料である大量のコーリャンは、金門だけではとても足りなくて、福建から輸入しています

スタッフは酒豪ぞろい


毎日この香りを嗅いでどうですか?というナビたちの質問に、現場で働いてる皆さん「毎日酔っぱらってるよ~」とのこと。だから毎日こんなに陽気?でも活気がある仕事場っていうのは、見学する方も楽しいものです。
さて、蒸しあがったコーリャンが蒸留される段階になると、コーリャンの味見達人が登場!この方、いつもこの樽の横に構えていて、常に冷凍庫に入れても凍らない58度を調整キープしているのです。
調整時の最初はいつもかなり濃いのが出てきます。ナビたちが行った時も、「これは73度、一番純なコーリャンだよ、飲んでみる?」と聞かれ、おそるおそる…。鼻にツーンときた匂いに、舐めるくらいしかできませんでしたが、73度ってお酒じゃなく薬のようでした…。
出てきましたよ~コーリャンが~

出てきましたよ~コーリャンが~

これはもう糟(カス)の部分

これはもう糟(カス)の部分

毎日コーリャンを味見する達人!

毎日コーリャンを味見する達人!

58度に決める部分は、手作業なんです!

58度に決める部分は、手作業なんです!

完成品となりました

洗浄された瓶に

洗浄された瓶に

コーリャンが注入されました

コーリャンが注入されました

不純物がないか、人間の目でチェック

不純物がないか、人間の目でチェック

チェックは大変な作業なので、きっちりと目を休める時間があります

チェックは大変な作業なので、きっちりと目を休める時間があります

ラベルが貼られます

ラベルが貼られます

1ダース分に箱詰め

1ダース分に箱詰め

更に箱をひとまとめに!

更に箱をひとまとめに!

工場の中は、機械の音も大きくて、大変な作業です。コーリャンに不純物がないかチェックする人たちは、するどい視線で、小さなゴミも見逃しません。さっと手に取り、ふたを開けて横に捨てていました。わあ、もったいないと叫ぶナビたちでしたが・・・。
金門の人たちはコーリャンとともに生きています。コーリャンのおかげで県が潤い、台湾一豊かな県として、福祉面も完璧。子供は義務教育には学費が要らないし、医者にかかっても金門人は無料。更に毎年1戸につき数本のコーリャンが支給されます。
コーリャン好きの方、どうでしょう?ぜひ金門まで足を運んでみませんか?
台北ナビでした。
 

記事登録日:2011-06-21

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2011-06-21

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

支店情報

地図で見る

台中酒廠-台中酒工場(台中市)

台中酒廠-台中酒工場(台中市)

台湾の養命酒はここで造られています。中華庭園風の敷地&工場見学と試飲ができます!

林口観光酒廠-林口酒工場(桃園市)

林口観光酒廠-林口酒工場(桃園市)

台湾には4つのビール工場と9つの酒工場があります。飲みやすい紅麹葡萄酒があるのは、ここ「林口酒工場」だけなんです。

宜蘭酒廠-宜蘭酒工場(宜蘭県)

宜蘭酒廠-宜蘭酒工場(宜蘭県)

台湾で最も古い酒工場である宜蘭酒工場へやってきました。工場内の敷地には、歴史的建造物を大切に残しています!

埔里酒廠-埔里酒工場(南投県).

埔里酒廠-埔里酒工場(南投県).

埔里の酒工場は紹興酒の里、2Fは見ごたえある文物館で、1Fは試飲もできるショップエリアなんです

関連記事

馬祖酒廠(南竿・馬祖)

馬祖酒廠(南竿・馬祖)

馬祖に来て、「東湧陳年高粱酒」を買わずして帰るなかれ~

埔里酒廠-埔里酒工場(南投県).

埔里酒廠-埔里酒工場(南投県).

埔里の酒工場は紹興酒の里、2Fは見ごたえある文物館で、1Fは試飲もできるショップエリアなんです

金門 Part5

金門 Part5

金門の新たな見どころとお土産をご紹介!

金門 Part4

金門 Part4

台湾一信仰心が篤いと言われる金門の人々!そんな暮らしを少しのぞいてきました

台湾のお祭り①「金門・迎城隍」

台湾のお祭り①「金門・迎城隍」

「迎城隍」という金門で最大の廟祭りに行ってきました!

金門 Part3

金門 Part3

金門の見所は語りつくせないほど、その歴史と背景を知ると、奥の深さに魅了されます

新金門商旅(金門県)

新金門商旅(金門県)

見どころ満載の金門で、交通の便もいいホテルならここ「新金門商旅」!

金門 Part2

金門 Part2

民宿を取り巻く風景にうっとり、金門の小吃も満喫、どこをとっても異国のような気がしました!

金門 Part1

金門 Part1

台湾でありながら、ちょっと異なる空気が流れる・・・すぐそこに中国のアモイが見える金門県へ飛行機で50分、行ってきました!