大稻埕慈聖宮

閉店・移転、情報の修正などの報告

台北のディープスポットへようこそ。一度は訪れたい、台湾らしさあふれる青空食堂~!

photo

台北のローカルな匂いがプンプンするディープスポットなら「大稻埕慈聖宮」は外せません!大稻埕慈聖宮は媽祖や天后と呼ばれる航海の守護神、天上聖母がまつられており、台北大稻埕法主宮・台北霞海城隍廟と合わせて大稲埕三大廟と並び称されています。

天上聖母が見守る中、廟の目の前に広がる参道には40年以上続く、安くておいしい小吃の屋台が軒を連ねます。小籠包や台湾料理のレストランも良いけれど、ぜひこの「青空食堂」に足を踏み入れ、ローカルに混じって美食にトライしてみましょう。
屋台の軒先で食べるもよし、ガジュマルの下の広場でガヤガヤした雰囲気を味わいながら食べるもよし!昼時は混雑するので、席の確保を頑張りましょう。
ではオススメのお店をいくつかご紹介します。「阿桂姨」なら原汁排骨湯と魯肉飯をセットで注文。「葉家肉粥」では紅麹を使った台湾式豚のから揚げ・紅燒肉と一緒に肉粥を。「阿蘭」ではシラスチャーハン・魩仔魚炒飯と、丸まった麺が入った具沢山スープ・鼎邊銼を合わせてオーダーするのが王道です♪
基本的にはオーダーしたお店の目の前に広がるエリアに着席する決まりで、オーダーと支払いを済ませたら席でお店の人が料理を運んでくれるのを待ちましょう。
ここへ来れば、視覚、聴覚、嗅覚、味覚を使って「ザ・台湾」を堪能できること、間違いなしです!

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2018-12-27

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

ローカルに交じって廟の前で朝ごはん♪

ローカルに交じって廟の前で朝ごはん♪

トレードマークは大きなガジュマルの木:慈聖宮朝屋台