スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

観光情報 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場


閉店・移転、情報の修正などの報告

北門は、世界の3大登山鉄道の一つ、阿里山森林鉄道の起点駅!

photo

1912年、阿里山鉄道の全線開通前に落成した北門駅。事務所、切符売場、待合室の3つの部分に分かれている、約25坪の広さのレトロで優雅な造形が美しい台湾紅檜の木造駅舎です。「ループ線鉄道」、「スイッチバック」、「最大勾配62.5‰」などの特色で、世界的にも有名な阿里山森林鉄道。その阿里山森林鉄道の起点駅で、かつては貨物集散地でもあった北門駅付近は、林業開発が盛んだった日本統治時代、林業事務庁舎、貯木池、製材所、列車修理工場、営林倶楽部などが設立されました。阿里山の木材伐採の集散センターとしても重要な拠点で、生活物資もすべてここから山間部に運ばれていました。木場や木材伐採所および製材工場が至る所にあった駅附近は、業者の出入りも増え、旅館、レストラン、劇場などの産業も生まれました。人口も急速に増え、流通業も活発化し、当時の各業界は成長期を迎えました。
北門驛(北門駅)は、素朴な外観と施設に文化資産価値がおかれ、現在は嘉義市政府により市指定古跡と認定されています。かつて台湾拓殖株式会社が経営していた阿里山鉄道は、国民党時代に林務局の所属となります。阿里山鉄道は、標高30mの北門駅から2216mの阿里山車站までの間に、17ヶ所の駅があり、2013年3月現在、嘉義~北門~竹崎間は、午前と午後に1本ずつ往復列車が走ります(画像のヒノキ造り列車はイベント時のみ運行)。竹崎~奮起湖間は2013年6月開通予定。

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2013-02-18

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

嘉義駅(嘉義市)

嘉義駅(嘉義市)

嘉義駅を起点として阿里山森林遊樂區へ行く人が大半なため、嘉義=阿里山として知られてきました

玉山旅社(嘉義市)

玉山旅社(嘉義市)

60年以上を経た旅社、北門駅が栄えていた時の歴史を物語っています

郵輪列車「阿里山森林鉄道に乗り旅に出よう」代行購入

郵輪列車「阿里山森林鉄道に乗り旅に出よう」代行購入

世界三大登山鉄道のひとつ「阿里山森林鉄道」に乗り、生態豊かな自然を楽しもう♪毎週水曜日に催行します!

竹崎駅(嘉義県)

竹崎駅(嘉義県)

阿里山森林鉄道で、北門駅から2つ目の竹崎駅。2013年6月には、竹崎~奮起湖間が開通予定です!

嘉義市

嘉義市

台湾南部の嘉義市、行ってみると溶け込みやすくて、ホッとできる街でした

檜意森活村(嘉義市)

檜意森活村(嘉義市)

かつて林業に携わった人たちのヒノキ宿舎の村が、新たな文化園区として生まれ変わりました

阿里山

阿里山

ひんやりとして澄みきった空気、まさに山林の別世界が広がっていました

阿里山森林鉄道

阿里山森林鉄道

(再開通は2013年になります)世界三大登山鉄道の一つ、阿里山森林鉄道といえば、鉄道ファンならずとも体験してみないと!