東埔温泉(南投県)

東埔温泉

閉店・移転、情報の修正などの報告

南投県の信義郷は、山奥の秘境。東埔温泉はその秘境に隠れる秘湯なのです!


こんにちは、台北ナビです。東埔温泉の泉質は、関節炎、水虫、胃腸病、皮膚病、神経痛に効くという弱アルカリ性の炭酸泉。無色透明で水温は53℃。血圧を下げたり、心臓の負担を軽くするのにも効果があるため、「心臓之湯」とも呼ばれています。
また、ここの炭酸泉は二酸化炭素も含むため、肌に気泡が立つ天然のマッサージ作用もあるのです。別名「美人湯」気泡湯」とも呼ばれ、特に女性に大人気だそう。台湾中部の南投県でも、美人になれる湯に浸かることができるとは!驚きました。これは行かなきゃ~!
東埔温泉街

東埔温泉街

ブヌン(布農)族の村


やってきたのは、南投県信義郷。郷というのは、日本でいう郡のこと。信義郷は、台湾第2の大きさを誇る郷で、その面積は彰化県に匹敵します。また、台湾原住民の中でも、台湾の中央山脈の両側に住を構える典型的な高山民族のブヌン族が多く住む地方としても知られています。彼らは、信義郷の人和村や豊丘村、久美村、地利村、雙龍村、望美村、明徳村、東埔村、羅娜村に暮らし、阿里山に多いツォオ族も少数ながら住んでいます。

原住民社会は母系と父系に分かれていますが、ブヌンは長老制度による父系氏族の大家族社会で、村の政策決定は、各家族の長老たちが集まって取り決めます。民族意識が強く、民族固有言語を保っている数少ない原住民族でもあり、かつては独自の文字も持っていたという彼らは、現在台湾全土で5万人弱。5つの群に分かれ、花蓮や台東、高雄にも分布しています。

小さな温泉街


信義郷の奥まったところに位置する東埔温泉は、標高約1200m、八通越嶺古道の起点でもあり、玉山登山やトレッキングの人たちが体を癒す場所でもあります。温泉街は大きくはなく、20数軒の温泉ホテルや旅館、民宿がほぼ密集した通りがあります。宿泊するなら、この辺りが便利でしょう。ナビたちもその中の一つ「沙里山渡假飯店」に宿泊しました。信義郷内を縦断する道路は、水里から阿里山へ向かう新中部横貫公路の一部となっていて、水里から員林客運の路線バスが走っています。日本統治時代から親しまれてきたこの東埔温泉、温泉街の外れの住居内に、東埔温泉発祥の地がありました。

★哈比蘭明隧道
東埔温泉に入るときへの重要な入口として、哈比蘭明トンネルがあります。トンネルの周囲は林木に覆われ、入り込んだ人は必ず迷うと言われています。トンネルの内部にはブヌンの彩色がほどこされ、これは彼らの生命祭儀を表しています。ここを通るということは、ブヌン文化の豐富で多彩な世界へ入っていくということなのです。

梅の里


ナビたちは、10時50分、高鉄「台中」駅に到着。12時に南投県水里郷の「欣山園」で、食事をとりました。ここは梅の産地で、日本人も好む茶梅も台北より安く売られています。コーヒー味やパイナップル味など、試食して初めておいしいと感じた梅もありました。食事に出てきた梅ゼリーも美味でしたよ。

「欣山園」
住所:南投県水里郷中山路二段352号  
電話:(049)277-0278
 

水里休閒農業区でDIY


車はさらに山中へ向かい、途中南投県で一番長い、全長225mの吊り橋「鵲橋」に到着しました。ここは、葡萄の産地でもあります。が、周囲を見渡すと茶畑やみかん、パパイヤも。ここでナビたちは梅の木で鉛筆を作るDIYをしました。仕上げに鉛筆を研ぐのですが、これが皆四苦八苦。梅の木って相当な硬さなんです。

住所:南投県水里郷槑休閒農業区  
電話:(049)282-1011

のどかで気持ちがいい

のどかで気持ちがいい

吊り橋の上からの景色

吊り橋の上からの景色

茶畑の向こうには民宿

茶畑の向こうには民宿

記念になります

記念になります

機械で穴を開けて紐を通しました

機械で穴を開けて紐を通しました

苦戦中

苦戦中


南投県の農産物の名産は数多いのですが、シイタケもその一つ。ナビたちは上安香菇農場というシイタケ工場にも立ち寄り、あと3日で食べられるという苗を各自が箱詰めしました。すぐ食べられるサイズは、いい香りがし、とても大きくてきれいでしたよ。

梅の里で、ブヌンに触れる

「信義酒莊」に到着、ここには、梅酒の酒蔵フロアやブヌン族の歴史や文化を紹介したフロアがあります。「梅子夢工厰」という梅酒蔵を見学してから、ブヌン族の文化館に上がりました。ブヌンの家屋はパイワン族と同様、以前は石。また、昔は毎月のようにお祭りがあったのですが、中でも大切に引き継がれてきているのは、5月の「射耳祭」。動物の耳を狙って矢を放つこの儀式は、狩猟を得意とする彼らが一番熱くなる祭りだと言われています。ナビも機会があれば見に行きたいと思いました。ブヌンはかつて文字を持っていたのですが、ここでは使用されていた文字なども展示されています。隣の建物は、「梅子酒荘」のショップ。梅酒もあれば、梅のお菓子やジュース、梅味噌などなど梅づくし。梅好きにはたまりませんねえ。ナビたちは引き換え券で梅アイスをもらいました。甘酸っぱくてうまい!

「信義酒莊」
住所:南投県信義郷明徳村新開巷11号  
電話:(049)279-1949
 
ブヌンの人が案内人

ブヌンの人が案内人

昔のうち

昔のうち

「打耳祭」

「打耳祭」

興味深いです

興味深いです

ブヌン文字の紹介

ブヌン文字の紹介

梅酒蔵

梅酒蔵

お隣のショップ

お隣のショップ

試飲もできます

試飲もできます

元気になりそうな梅ジュース

元気になりそうな梅ジュース

梅エキス入りのいろんな味のアメ

梅エキス入りのいろんな味のアメ

これがさっぱりしておいしかった!

これがさっぱりしておいしかった!

やっと到着~!!温泉街で晩ご飯

変わった料理名が並びます

変わった料理名が並びます


やっと東埔温泉に到着し、山の料理が思う存分食せました。レストラン前の生簀では大きなニジマスが泳いでいるのですが、ここでは刺身でいただけます。歯ごたえがあって、おいしい!最高におすすめです。他にも鹿肉やイノシシ肉の煮込み物に、甘酸っぱい梅を混ぜて絶妙な味付けにしていたり、とにかく食材はすべて新鮮だし、十分満足できる夕食でした!また、食べに行きた~い。

「山之香」
住所:南投県信義郷東埔温泉75号  
電話:(049)270-1141
 
よく肥えています

よく肥えています

刺身になるとプリップリ

刺身になるとプリップリ

こちらもおいしすぎ

こちらもおいしすぎ

イノシシ肉だそう

イノシシ肉だそう

川エビと小魚

川エビと小魚

梅で煮込まれた豚肉、美味

梅で煮込まれた豚肉、美味

2010南投東埔溫泉祭、始まる!


今回ナビたちが東埔温泉を訪れた最大の目的が、「東埔温泉祭」に参加することでした。お腹が満たされた後は会場まで歩いていきます。坂の上から大勢の人たちが集まっているのが見え、ちょうど「八部和音」が始まるところでした。
最初は地の底から響いてくるようでした

最初は地の底から響いてくるようでした


この「Pasibutbut」と言われる八部和音は、毎年11~12月、「小米(粟)の種まき祭り」の時に歌われる「豊作の祈り歌」のことです。最初男たちは円を作り、お互いの肩をしっかり組み、厳粛な表情を浮かべて顔を上に高くあげます。彼らは歌いながら、声を張り上げる度にステップを踏み、揺れ動きます。

歌はミツバチの群れが低くぶんぶん鳴っているような音を連想させる声から始まり、徐々に調子を上げていきます。その音は、ハーモニーの構造をくずさずにどんどん上昇していきます。低、中、高音はともに美しいバランスでお互いの音を補い、かぶさり、ふくらませ、どんどん周囲に広がっていきます。最後には歌い手達の声が合わさってパワフルな音を作り出します。
歌は大きな祈りの声となって天に届き、それを聞いた天が感動して粟が良く育つようにしてくれるという話はブヌン族皆が信じ、そのため敬虔な心を持ちながら歌っているのです。 

伴奏は一切なく、発声の瞬間から、ポーンと飛んででてくる美声。それが、世界中でただ一つのハーモニー方式をもつ「八部和音」で、素朴な感触ながらも、非常に複雑な和音で構成されているこの和音は、民俗学や音楽の起源に関する研究のフィールドにおいても注目を集めています。 

ステージ上では、肩を組みあっていた男たちの後方に女たちもいて、女性の八部和音も重なり、すごい…。もともと虫の羽音や流れる滝の音、風に揺れる木々の葉づれの音などからイマジネーションを得て生まれたというこの歌ですが、精霊が宿るかのように美しく、目を閉じると、荘厳な大自然やブヌン族の日々の暮らしの風景が眼前に迫ってくるようです。円を解いてから男は前方に座り、女は後方に立ちました。見ると若いブヌンはいません。これは後で知ったのですが、「八部和音」は若い頃から歌い込んでいかないと、いい声が出せないのです。こうやって今ステージで歌っているのは、熟練した最高の声を持つ選ばれた長老者たちなのです。

この迫力に圧倒されました… 

この迫力に圧倒されました… 

右側の人は、長老リーダー

右側の人は、長老リーダー

真ん中に座り、皆をリードしています。 最後のクライマックスが近づくにつれ、女たちの体も左右に大きく揺れます

真ん中に座り、皆をリードしています。 最後のクライマックスが近づくにつれ、女たちの体も左右に大きく揺れます


聞きながら徐々に、そして聞き終わった後も、鳥肌が立っていたナビでした。この感動は実際にこの場で、その歌声を聴いた人にしかわからないでしょう。その声は、まるで歌う者達を囲む山々のごとく、広大なスケールを見せつけてくれました。不思議なことに、涙もあふれてきそうでした。

さあ、歌が終わると、踊りの時間の始まりです。ブヌンの踊りは派手ではないのに、自然と関わる生活や結婚など実直な内容が見てすぐわかり、惹かれてしまいます。
ひと段落つくと、弓矢を持った人が矢を放ち、会場後方のはるか向こうに見える橋に当てました。その瞬間花火が数発上がり、「温泉祭り」は最高潮に突入!
矢を構えます

矢を構えます

橋に当たりました~

橋に当たりました~

収獲の踊り 

収獲の踊り 

結婚式の踊り

結婚式の踊り


ブヌン族出身の歌手「王宏恩」が登場すると、会場は若い子たちの歓声でさらに盛り上がりました。トークも上手で、観客の中からかわいいブヌンの女の子をステージに連れて上がりました。一緒に来ていた友達たちからは、歓喜の嵐。会場では、老若男女皆が本当に楽しんでいて、この土地に住む人たちの結束力みたいなものを感じました。ダンスと歌は続いていますが、ナビたちは入口で米酒と焼いた猪肉をいただいて、いったん坂を登ります。 
この子、かわいすぎ~ この子、かわいすぎ~

この子、かわいすぎ~

米酒もふるまわれました

米酒もふるまわれました

最後の儀式に出発~!


坂を上ったところで、ナビと観光局の林さんだけ残り、残りの人たちはホテルに戻りました。ここで、かつて東埔國小の校長で、現在羅娜國小の校長である馬彼得さんにお会いしました。太鼓を抱えた子供たちを見つけて、いつ演奏するんですか?とナビが聞くと、短い言葉しか発していないのに、すぐ「日本人だね、音でわかるよ」と言われました。馬校長と話しはじめ、TVの大衆銀行のCMに出演していた子供の合唱団を作った人だというのを知りました。
馬校長の関連記事はここから。http://blog.jangmt.com/2010/05/blog-post_23.html 

話していた時は、小学校の校長先生ということしかわからなかったんですが、林さんは何か感じたようで、ホテルに戻ってインターネットで調べて、素晴らしい教育者というのがわかった次第です。 
出発~

出発~

皆、浴衣にたいまつ

皆、浴衣にたいまつ

すごくにぎやかなんです

すごくにぎやかなんです

林さんと馬校長

林さんと馬校長


さて、お祭りの最終段階で、参加者は浴衣を着て松明を持ち、東埔國小まで街をねり歩いていきます。子供たちが打つ軽快なリズムの力強い太鼓の音、単調なリズムなのに聞いてて飽きません。馬校長や一緒に歩く子どもたちは体を揺らしながら、時折インディアンのような声を揚げます。誰かが発すると皆が続いて発するのです。この音は、残念ながら、文字では表現出来ません…。が、太鼓の響きにうまく同調し、気持ちをワクワクさせてくれました。 
歩いているだけのナビも疲れてきました

歩いているだけのナビも疲れてきました

一番前で一番小柄で、一番頑張っていたボク

一番前で一番小柄で、一番頑張っていたボク

もうすぐ終点、ガンバレ~!後方には大勢の人がいるんです

もうすぐ終点、ガンバレ~!後方には大勢の人がいるんです


夜11時過ぎ、お祭りの行進は小学校に到着し、各自解散。感動的なお祭りの夜で、また来年もぜひこの時期に来たい!と思ったナビです。

2日目の朝の散歩で

東埔國小前

東埔國小前


早朝、昨日馬校長に教えてもらった、日本統治時代の「東埔温泉」の発祥地まで歩いてみました。その時代は小学校の日本人の校長先生が住んでいたそうです。今は一般人の住居なので、中に入ることはできません。隣は「東埔警光山荘」、警察に勤める人たちのために作られた宿泊所ですが、民間人も泊まれます。そのまた隣は派出所、そして、「東埔國小」。学校前の弓矢の彫像がブヌンの子たちの学校であることを象徴しています。 
ここが東埔温泉発祥の地!

ここが東埔温泉発祥の地!

隣は「警光山荘」

隣は「警光山荘」

派出所が左に見えますか?

派出所が左に見えますか?

東埔國小です

東埔國小です

彩虹瀑布へ


彩虹瀑布は、温泉街から往復約1時間半の距離にある滝で、東埔温泉エリアの東北方の山間に位置し、2層に分かれています。壯觀で、滝が流れる音は、雷のようにも響き、水量も豊富で終年涸れることはありません。陽光が差し込むと、滝の上に一筋の虹が渡っているように見えます。さて、最初は30人いたナビたち一行。最終的に滝まで到達したのは、うち10人でした。山道なのでかなりハードでしたが、お天気はよかったし、空気は最高。途中温泉の源泉地に寄ることもできました。滝に近づくにつれ、マイナスイオンを全身に浴びている感じがしました。皆さんも東埔温泉まで来たら、ぜひ歩いてみてください。特に早朝の散策がおすすめです。
はるか向こう~~~に見えるのが、目的の虹の滝

はるか向こう~~~に見えるのが、目的の虹の滝

最初はよかったんですが…

最初はよかったんですが…

坂道で脱落者続出

坂道で脱落者続出

源泉に到着~

源泉に到着~

奥から湧き出てきています

奥から湧き出てきています

気持よさそうでした

気持よさそうでした

目的地は近い

目的地は近い

青い空

青い空

行こう!!

行こう!!

水道管がすごい、村の人たちの水源でもあるのです

水道管がすごい、村の人たちの水源でもあるのです

最初の滝に到着!

最初の滝に到着!

そして!どうです?ここまで、来る価値あり!

そして!どうです?ここまで、来る価値あり!

近づくと滝ミストシャワーを浴びてるみたいなんです

近づくと滝ミストシャワーを浴びてるみたいなんです

水道管と木のハーモニー?

水道管と木のハーモニー?

滝でお茶を飲むのに台を運んでいる人が!おいしいお茶が飲めることでしょう!

滝でお茶を飲むのに台を運んでいる人が!おいしいお茶が飲めることでしょう!

橋を戻ります、行きとはまた違う景色!

橋を戻ります、行きとはまた違う景色!

下りの途中、ここで愛玉を食べました~

下りの途中、ここで愛玉を食べました~

麓にはかわいい教会があります

麓にはかわいい教会があります

宿泊なら

 
ナビたちが宿泊した中堅ホテル。屋上には水着が必要ない露天風呂もあります。温泉だけなら200元。部屋のお風呂ももちろん温泉で、お肌にスベスベくるいいお湯でした。トレッキング姿の人たちをたくさん見かけました。

「沙里山渡假飯店」
住所:南投県信義郷東埔村開高巷74号  
電話:(049)270-2988  


温泉街でひときわ目立つ大型温泉ホテル「帝綸温泉飯店」を拝見。室内は明るく、快適そう。ナビたちが泊まったホテルより格段上でした…。

「帝綸温泉飯店」
住所:南投県信義郷東埔温泉86号  
電話:(049)270-27891  


ナビたちが宿泊したホテルのリゾートホテル版。コテージ風の部屋が42室、ホテル内の部屋が18室。どちらも素敵です。戸外SPAは低、中、高の温度別温泉。白いユーカリの樹木に山のリゾ-トを感じました。山小屋風の部屋は外にも温泉があります。窓も大きく、採光は十分。

「沙里山温泉渡假村」
住所:南投県信義郷東埔村開高巷136-2号  
電話:(049)270-1289  

昼食を済ませ帰路へ

肉まんの中にも梅が

肉まんの中にも梅が

東埔温泉の料理は、山菜、ニジマス、猪肉と選択肢は多くないですが、台北などから来ると、やはり普段食べたことのないものなので、どれもおいしく感じます。特に午前中の運動で、お腹がいい具合に空いたナビ。ガツガツ食べてしまいました。

「玉山楼」
住所:南投県信義郷東埔温泉69-2号  
電話:(049)270-1063 

[
以上、台北ナビでした。 


記事登録日:2010-12-17

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2010-12-17

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

巴喜告集落Pasikau(台東県)

巴喜告集落Pasikau(台東県)

東部のブヌン族の暮らしは、素朴で温かく、のんびりとしていました

ブヌン族・伝統芸能とスポーツの祭典 Part2

ブヌン族・伝統芸能とスポーツの祭典 Part2

見どころはブヌン族のすべての儀式が観賞でき、多くのスポーツ選手を輩出しているブヌン族が、郷や村の期待を背に力と技を競い合う競技の数々!

ブヌン族・伝統芸能とスポーツの祭典 Part1

ブヌン族・伝統芸能とスポーツの祭典 Part1

4年に1度の盛大なブヌン族のお祭りに行ってきました!

温泉旅行記・その2~南投県信義郷~

温泉旅行記・その2~南投県信義郷~

温泉はすべて自然湧出、ナチュラルな山の湯なのです

水里駅(南投県)

水里駅(南投県)

南国の駅を象徴するかのごとく、椰子の木がとても印象的でした

温泉旅行記・その1~東埔温泉~

温泉旅行記・その1~東埔温泉~

ブヌン族の暮らす山のいで湯で、日本時代の話を聞いてきました~

ホテル帝綸ドンプー スパ (東埔帝綸溫泉渡假大飯店)

ホテル帝綸ドンプー スパ (東埔帝綸溫泉渡假大飯店)

東寶の東埔にあるホテル帝綸ドンプー スパ (東埔帝綸溫泉渡假大飯店)に宿泊すれば、東埔溫泉街まで車で 5 分かからずに行けます。 このホテルは、日月潭まで 45.3 km、阿里山森林遊楽区まで 50.3 km の場所にあります。

台湾のイベント①温泉フェスティバル(2012)

台湾のイベント①温泉フェスティバル(2012)

温泉の季節到来!今年は南投県の東埔温泉で開幕式典が行われました!

はにわきみこの「台湾ドライブ旅行2012夏:前編」

はにわきみこの「台湾ドライブ旅行2012夏:前編」

2012年のゴールデンウィークは、新茶の季節。阿里山&東埔温泉を旅してみました!

日月潭・東埔温泉・阿里山をまるごと楽しめるツアー【日月潭or阿里山出発】

日月潭・東埔温泉・阿里山をまるごと楽しめるツアー【日月潭or阿里山出発】

日月潭から東埔温泉へ最後の解散は阿里山。その逆も可。台湾中部の重要観光スポットを効率よく回りたい方にぴったりなツアー

布農集落レジャーファーム(台東県)

布農集落レジャーファーム(台東県)

台湾東部台東県にある、原住民ブヌン(布農)族の村へやってきました!

温泉の国・台湾へようこそ

温泉の国・台湾へようこそ

温泉の季節到来!台湾も日本と同じ火山国、6種類の泉質をもつ温泉が台湾全土に点在しているんです!