閉店・移転、情報の修正などの報告

優しい杏仁茶に、疲れた体が癒されました・・

photo

田家味は、元々「瓦斯行」(プロパンガス)のお店で、夏場は暇になり、たまたま帰郷していた娘の張力尤さんが、ある夏、剉冰というシャリシャリのかき氷を売り始めたのが今のお店の起こりです。シャリシャリかき氷は、その夏にかなり売れ、冬には幼い頃に食べていた母の味の「牛汶水」を売り始めたら、たちまち人気となったそう。「牛汶水」とは、客家の麻糬を砂糖水に浸したもので、まるで水牛が泥水の中でのたうち回っているようだからこの名がついたんだとか。こちら、黑糖汁に浸し、ゴマと花生をふりかけたら極上の味。


ナビは今回もう一つの看板メニューである杏仁茶をいただきました。もちろん油條を添えて。いい香りをまずかいでから、一口ズズズッ。優しい杏仁茶にふわ~っと癒されました。パリパリと軽くて細い油條は、そのまま持って浸しながら食べるもよし、少しずつちぎって浸してスプーンですくって食べるもよし。それほど強くない香りが全体的にまろやかでおいしい。黒ゴマをすりつぶした塩が添えられていたので、張さんにすすめられて、今度はそれを杏仁茶に入れてみました。ナビ、こういう食べ方は初めてでしたが、おいしいじゃないですか!杏仁茶に黒ゴマ塩、合います!剉冰は夏季限定の5月~10月だけ販売。その他、酸梅湯、杏仁茶、杏仁紅茶、 牛汶水、チマキは一年中あります。

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2016-12-21

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

池上駅(台東県)

池上駅(台東県)

池上弁当で名を馳せる、池上をご紹介します!