五人のお妃様が眠る五妃廟@台南

住宅街にひっそりたたずむ美しい廟。

ここは台南の南門路と五妃街の交差点近くにある「五妃廟」です。名前からもお分かりのとおり、ここは5人のお妃様を祀っている廟なんです。

ここは台南の南門路と五妃街の交差点近くにある「五妃廟」です。名前からもお分かりのとおり、ここは5人のお妃様を祀っている廟なんです。

時は明朝の時代(1368年~1644年)、明朝最後の王、寧靖王が清軍に追われ、鄭成功と共に台湾に渡ってきました。その後戦いに敗れ、寧靖王は殉死を決意します。その時袁氏、王氏、秀姑、梅姐、荷姐の5人のお妃達は皆、寧靖王に先立って命を絶ってしまったのです。

時は明朝の時代(1368年~1644年)、明朝最後の王、寧靖王が清軍に追われ、鄭成功と共に台湾に渡ってきました。その後戦いに敗れ、寧靖王は殉死を決意します。その時袁氏、王氏、秀姑、梅姐、荷姐の5人のお妃達は皆、寧靖王に先立って命を絶ってしまったのです。

寧靖王は、彼女たちの遺体を南門城外の魁斗山へ埋葬した後、自らも彼女らの後を追うように命を絶ちました。この悲しくも美しいお妃達の話は、後々まで伝えられ、清朝の時代の1751年にお墓は修復され、「五妃廟」として祀られることになったのです。

寧靖王は、彼女たちの遺体を南門城外の魁斗山へ埋葬した後、自らも彼女らの後を追うように命を絶ちました。この悲しくも美しいお妃達の話は、後々まで伝えられ、清朝の時代の1751年にお墓は修復され、「五妃廟」として祀られることになったのです。

こちら本堂には5人のお妃様の御神体が祭られていました。

こちら本堂には5人のお妃様の御神体が祭られていました。

廟の裏に回ってみてください。裏は盛り上がったお墓になっていて、囲いが作られています。このようにはお墓と廟が一体となっている廟を「陰廟」と呼ぶそうです。廟内は緑が茂りとても美しい庭園といった感じです。

廟の裏に回ってみてください。裏は盛り上がったお墓になっていて、囲いが作られています。このようにはお墓と廟が一体となっている廟を「陰廟」と呼ぶそうです。廟内は緑が茂りとても美しい庭園といった感じです。

台南の歴史にはこんなに美しく、そして悲しいストーリーがあったんですね~。

台南の歴史にはこんなに美しく、そして悲しいストーリーがあったんですね~。


五妃廟
住所:台南市五妃街201號

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2014-10-16

ページTOPへ▲

関連記事

国立台湾文学館(台南市)

国立台湾文学館(台南市)

ゆっくり時間の流れる文学の世界で、頭に栄養補給!

台南孔子廟 (台南市)

台南孔子廟 (台南市)

台湾の古都である台南に、台湾で最初に建てられた孔子廟があります

赤崁楼(台南市)

赤崁楼(台南市)

オランダ‐中国-日本を経て台湾の一級古跡に!激動の歴史の流れをつぶさに見守るその姿は雄大で絢爛!

その他の記事を見る