2013夏到来!涼麺食べ比べ選手権

安い!早い!うまい!台北の夏のお手軽スタミナ食、涼麺を食べ比べ♪


こんにちは、台北ナビです。
太陽サンサン、気温もグッと上がり、すっかり夏のようなお天気の台湾。そんな暑さと共に売れ始めるのが台湾版の冷やし中華の「涼麺」です。
冷やし中華とも冷麺とも違うこの料理。キンキンに冷えているわけでもなく、具も少ないのですが、たっぷりかかったゴマだれが夏バテ解消に効果的なんだとか。ナビおすすめの涼麺決定戦、開催です!

エントリーは11店舗♪

メニューもシンプル

メニューもシンプル

お店もシンプル

お店もシンプル

お昼前になると、テイクアウト用をどんどん作り置きする店もあり

お昼前になると、テイクアウト用をどんどん作り置きする店もあり

涼麺のお店はどこも庶民的な感じがいいですね 涼麺のお店はどこも庶民的な感じがいいですね

涼麺のお店はどこも庶民的な感じがいいですね

屋台も含めると数えきれないほどの涼麺店のある台北。
今回エントリーしたのはどれも有名店ばかりです。どの店にも、肉醤、にんじん、ハム、鶏ささみ入りなど特徴のある人気メニューもあるようですが、今回は最もシンプルな涼麺(ほとんどが麻醤というゴマベース)の一品を持ち寄っての対決です。

1:東区特製涼麺 麻醤涼麺 小50元
台北市忠孝東路4段216巷31号 TEL:(02)2711-3289 営業時間:6:30~18:30(土日:~15:30)
2:我家涼麺 麻醤涼麺 小45元 
台北市汀洲路3段229号 TEL:(02)8369-1276 営業時間:10:30~22:00 火曜日休み
3:大吉林涼麺 涼麺 小40元
台北市民権東路2段71巷31号 TEL:(02)2592-9481 営業時間:5:00~14:00 偶数週の日曜日休み
4:屏東任家涼麺 涼麺 小40元
台北市富錦街535巷1号 TEL:(02)2749-4326 営業時間:6:45~14:00
5:廣合涼麺 涼麺 小45元
台北市三民路136巷12号 TEL:(02)2756-7583  営業時間:6:40~13:00 月曜日休み
6:小李麺食専売店 涼麺 小40元
台北市新中街2之1号 TEL:(02)2762-3176 営業時間:11:00~15:00 偶数週の木曜日休み
7:福徳涼麺 涼麺 小35元
台北市興安街76号 TEL:(02)2503-8553 営業時間:24時間営業 日曜日午後のみ休み
8:佳味涼麺 涼麺 小40元
台北市北寧路6号 TEL:(02)2577-7477 営業時間:4:00~14:00 日曜日、祭日、時々不定期に休み
9:龍江涼麺 涼麺 小35元
台北市龍江路356巷5号 TEL:(02)2506-2623 営業時間:6:00~20:00 1カ月に1,2回休み
10:陳家涼麺 涼麺 小40元
台北市南京東路五段123巷29号 TEL:(02)2766-0171 営業時間:24時間営業 日曜日午後のみ休み
11:載記福建涼麺 涼麺 小40元
台北市富錦街427号 TEL:(0933)722-650 営業時間:7:30~20:00 日曜日休み
箱も様々でした… 箱も様々でした… 箱も様々でした…

箱も様々でした…

キュウリとゴマだれのみ。見た目はかなり地味ですね…


どのお店も外帯(持ち帰り)にして、さっそくみんなで開封です。
箱入りはスムーズですが、袋入りは開けにくいし手がベタベタに!!
袋はかなり開けにくいので、タレの飛び散りに要注意! 袋はかなり開けにくいので、タレの飛び散りに要注意!

袋はかなり開けにくいので、タレの飛び散りに要注意!

ソースは、大体どこもたっぷり入っています、これ一袋1人分ですし… ソースは、大体どこもたっぷり入っています、これ一袋1人分ですし…

ソースは、大体どこもたっぷり入っています、これ一袋1人分ですし…

頑張って開封。どどーん!と11種類、並べてみました。
日本の冷やし中華とは違い、何とも盛り上がりにかける見た目ですが…。とにかく食べてみましょう!!
朝ごはんに食べる人も多いとのこと。これくらいのシンプルさが手軽でいいのかしら?
濃厚なタレ。もさーっとしてる!

濃厚なタレ。もさーっとしてる!

みなさん真剣に評価!

みなさん真剣に評価!

結果発表~♪ 栄えあるベスト3は…?

堂々の1位は「屏東任家涼麺」(エントリーNo.4)!!!
今回は5つ星評価にて判定をしましたが、合計点、満点5つ星、ともに最も多かったのがこちらの涼麺でした。
太目のもっちり麺に、お酢の効いた甘酸っぱいゴマだれ、もやしもちょっと載っているのも嬉しいですね。爽やかな味に高評価。夏に合う味、という意見が多数でした!
「キュウリ、もやし入りで嬉しい♪かなりウマし!」「麺にもう少しチュルッと感があれば、もっとおいしいのに~!」と想像以上の味に、ナビたちも盛り上がりました!
ついつい「冷やし中華」に近い味を選んじゃう…?

ついつい「冷やし中華」に近い味を選んじゃう…?

豆もやしもシャキシャキして美味しい!

豆もやしもシャキシャキして美味しい!



1位と僅差で2位にランクインしたのは「載記福建涼麺」(エントリーNo.11)!
満点5つ星も屏東任家に次いで多かったです。実は11店舗中最後のエントリーだったこちらのお店。すでに満腹に近いナビたちを唸らせた味に、実力が表れていますね。
細目でコシの強い麺に、絡みのいい醬油ベースのタレ。ゴマの香りもふんわりしていて、日本人好みの涼麺。屏東任家より「台湾の涼麺らしい味」という意味でも、ナビおススメのお店です!
点数は2位でしたが「細くて、硬くて、コシがある。麺No.1!」「個人的にはもう1回食べたいくらいおいしい!」とコメントも高評価!
「ソースの絡みが一番いい、見た目担担麺っぽい」という意見も、たしかに!

「ソースの絡みが一番いい、見た目担担麺っぽい」という意見も、たしかに!



3位は味のバランスの良さが好評だった「我家涼麺」(エントリーNo.2)。
太目の麺はコシもありツルッとした食感。こちらの麺は作り置きせず、一日2回製麺所でオリジナル麺を作って運んでいるそうです。タレも、ゴマがたっぷり入ってニンニクも程よく効いています。引き締まった味がいい、という意見がたくさん出ました。ナビはここのキュウリとタレの相性がかなり気に入ってしまい、キュウリだけでもパクパクいきたいNo.1はこちらだと思います!
参加者からも「ソースがマイルド。でも舌にピリッとくる。」 「キュウリがうまい!キュウリに☆☆☆☆☆」とタレとキュウリへの関心が高いようでした。
キュウリがおいし~~い!

キュウリがおいし~~い!

シンプルな涼麺でも、それぞれ味が違いますね

ベスト3には選ばれませんでしたが、その他の涼麺も美味しくいただきました。見た目はほとんど変わらないのに、麺の食感や、タレのベースとなる味、ニンニクの強さなど、お店ごとにそれぞれ工夫を凝らしています。
エントリーNo.1「東区特製涼麺」
外帯(持ち帰り)は袋入りですが、唯一お皿を付けてくれました!これだけで見た目の美味しさUP!量は多め、パンチは意外に少な目の味…ナビは麺がもう少しもっちりだといいな~と思いました。
★「麺がねちょっとした感じ…」「柔らかい麺。ちょっとボソボソして粉っぽい。」など麺に対する評価が低かったです。


エントリーNo.3「大吉林涼麺」
麺は食べごたえがありますが、ちょっとタレが少ないな~という印象の大吉林。おろしニンニクが入っていたのですが、ゴマの風味が控えめだったので、もうちょっとゴマの味があった方がニンニクに負けなくていい!という意見が出ていました。
★「あまり印象に残らず…><」「麺は食べごたえがあるけれど、全体的にパンチがなく、ぼんやり感。」ということで、タレに改善の余地ありです。


エントリーNo.5「廣合涼麺」
今回のエントリー店の中で、票が割れていたのがこちら。夏のスタミナ食ならではのガッツリ系のお味で、タレはどろりと味噌のように濃く、たっぷりのニンニクに、硬めの麺。このはっきりした味が大好き!という方もいれば、重すぎてちょっと…という方も。パワーをチャージしたい時によさそうです。
★「ニンニクが強くて辛みが強い。でもその辛みが食欲をそそってうまい!」「ニンニクがからい…私あまり好きじゃない…」ニンニクの好き嫌いにかなり左右されています。


エントリーNo.6「小李麺食専売店」
やや小ぶりなパッケージだった小李の涼麺。細麺はつるりと食べやすく、ていねいに細く切られたキュウリとよく合います。ゴマたっぷりのタレは風味も良いです。量も味も、女性受けが良さそうです。
★「ゴマがすごい!ゴマ好きの人には美味しい」という意見もある一方、
「見た目のゴマ感が強くて、かなりドロドロ。混ぜにくい。」とゴマの多さによる弊害も…。


エントリーNo.7「福徳涼麺」
今回の中で最も濃厚なねっとりとしたタレ。ゴマクリームと言っても過言ではありません!ニンニク感はなく、むしろ甘味もあり、苦みもあり、何とも不思議な味!!ナビ的には重かったのですが、この独特の味、もしかしたら癖になる…のかも……?
★参加者のみなさんも「甘いような、最後に苦い、不思議なゴマソース。独特。」「上品には食べられない。これは涼麺じゃない!」とのご意見。あまりのねっとりに、完食までの道のりが遠かったです…。


エントリーNo.8「佳味涼麺」
硬めの細麺が人気の理由のよう。やや縮れているためか、麺との絡みも良く、バランスがいいという評価でした。タレもゴマがふんだんに使われていて香ばしく、わずかに入ったニンニクも食欲をそそる味でした。
★「ゴマでべとっとしているけど、おいしい~!」などの意見の中、「美味しいけれど甘味が強いので、私はちょっと物足りない」という声も。


エントリーNo.9「龍江涼麺」
太切りキュウリが主張している龍江涼麺。柔らか目の麺とさらっとしたタレで、マイルドなお味です。ナビはちょっと水っぽいかな、と思いましたが、台湾の方は朝食に食べるので、これくらいでもOKなのかもしれませんね。
★みなさんも「もうちょっと辛みがほしいような…」「ソースはさらっと…というより水っぽい。シャバシャバ…」という意見。水加減も難しいですね。


エントリーNo.10「陳家涼麺」
小さいながら清潔感のあるパッケージだった陳家涼麺。太目でコシのある麺にも特徴がありますが、何といってもタレの甘さがインパクト大!ゴマだけでなく、ふわっと香るシナモンも印象的です。
★参加者の中には既に食べたことのある人もいて、前はとても美味しかったらしいのですが、「シナモンの香りがすごく甘い。おかしみたいな甘さ。」「独特の甘さ。食べ続けるとゴマっぽさが増す。」と、今回は甘みが気になった様子。食べ比べるとやはり印象が違うのでしょうか。涼麺単体だとかなり甘いのですが、お店のスープとは良く合うそうですよ♪


麺・キュウリ・ゴマだれ、というシンプルな組み合わせでありながら、意外にもお店によってかなりの味の違いがありました。
今回いただいたのは基本の涼麺ですが、自分好みのお店が決まったら、トッピング有りのものを選んだり、スープを頼んだり、持ち帰ってキンキンに冷やして食べてみたり…色々試してみることができるのも、涼麺の楽しみの一つだと思います。
これからの暑い季節、夏バテになる前に、涼麺でスタミナを付けてみませんか?
鶏絲涼麺もおいしい

鶏絲涼麺もおいしい

いかがでしたか?

いかがでしたか?

以上、台北ナビでした。

関連タグ:涼麺涼麵食べ比べ

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2013-06-07

ページTOPへ▲

関連記事

2014豆花★食べ比べ選手権

2014豆花★食べ比べ選手権

フワッ、プルン、ツヤツヤ、トロン♪ そんな擬音語がたくさん出てきちゃう台湾の代表スイーツ「豆花」の人気店10店舗を食べ比べ!!

その他の記事を見る