スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場

台北在住OLの生活、おとどけします!

台北で生活をしている日本人OL、一週間の生活を包み隠さずおとどけしちゃいます!



こんにちは、台北ナビレポーターのエルです。エルは、東京でずっと働いていましたが、ある日台北での駐在の仕事が決まり、いざ、台北へ。海外生活はもとい、ひとり暮らしすら初めて。なにもかもが期待と不安でいっぱいだったのを覚えています。それが、すでに台北での生活も1年半になりました。時間が経つのは早いですね。もうすっかり台北での生活にも慣れ、仕事に、プライベートにと充実した毎日を過ごしています。ではでは、こんなエルの一週間の様子、お届けしまーす。


朝は7時前には決まって起きます。カーテンを開けてその日の天気をチェックすることがまず日課。雨が多い台北では、雨の音が目覚まし時計代わりなんてこともあるんですよ。カーテンを開けて、いい天気だとなんだか気分もよくなって、その日1日いいことがありそうですよね!
目覚めのコーヒーを入れている間に7時にNHKの連続テレビ小説が始まります。エルは毎朝欠かさずに見ています。さすがNHKで、日本とリアルタイムで見られるんですよ。日本との時差の関係で、日本では8時なのに対し、台湾では1時間早い7時から。これで日本にいる家族や友達とも同じ話題でおしゃべりが弾みます。たまに電話で話す家族や、メールする友達とも、「昨日の放送見た?よかったよねー」なんてこともしょっちゅう。
目覚めのコーヒーで体が起きてきたところで、朝ごはんの準備です。とはいっても、トースト、ハムエッグ、果物などなど、ごく簡単なものがほとんどです。スーパーマーケットに売っている、電子レンジやオーブン、フライパンなどで暖めればいいだけの出来合いのものも、忙しい朝にはかなり重宝します。台湾の朝ごはんは通勤途中に外で買って、職場に持って行って自分の席で食べるという人が多いのですが、エルは家で朝のニュースや天気予報をチェックしながらゆっくりと食べるのが好き。
簡単な朝食にするときは、このようなものも。写真はフライパンで温めればいいだけのサツマイモパンケーキです。食感的には、パイともちもちしたホットケーキの中間のようなもの。フライパンで両面キツネ色になるまで焼いて、そのまま食べます。そのままでもほんのりとサツマイモの甘さが口いっぱいに広がっておいしいんです。3分もあればあっという間にできあがっちゃうんですよ。では、いただきまーす。
他にも、朝の日課として、ベランダや部屋の中の植木の水遣りがあります。最近のお気に入りは、スーパーで買った竹。最近は日本の植木屋さんでも見かけるようになりましたね。台湾では、福をもたらすということで、親しまれています。台湾では、レストランやお店のレジや会社の入り口に飾ってあることが多いです。エルの会社にも大きなものが置いてあります。

我が家の竹は、まだまだこんなに小さいけれど、右が5月に買ったもの。左が8月末に買ったもの。約3ヶ月でこれだけ成長するんだったら、これからもどんどん伸びるんじゃないかなーと思って、今からとても楽しみ。まるでわが子の成長を見守ってるみたい。

おっと、そんなこんなでもういい時間!会社に行ってきまーす。

通勤、そして出勤へ

台北在住OLの生活、おとどけします! 台北 在住 生活 OL 習い事 台湾オススメ 台北在住OLの生活、おとどけします! 台北 在住 生活 OL 習い事 台湾オススメ
家から会社までは、MRTやバスを使っても行けるのですが、健康のために20分かけて、てくてくと歩いています。これっていい運動ですよね?台湾はおいしいものがいっぱいあるせいか、気づいたときには、あれ?顔が丸くなってきた?って感じに・・・。そうならないためにも、できるだけ歩いています。
12時に近づいてくると、おなかというのは正直なもので、朝しっかり食べてもおなかが空いてきます。幸い、会社の近くには、和食、中華、洋食などなどいっぱいお店があるんですよ。毎日、どこで、なにを食べようか迷っちゃいます。1年半働いているけど、まだ行ったことないお店もあるくらい。
中華が大好きなんで、毎日中華でもいいくらい。だけど、やっぱりたまには日本の味とかが恋しくなります。そんな今日のランチはカレーライス。カレーライスって昔から大好きなメニューのひとつ。小学校の給食でも、大人気メニューじゃなかったですか?エルもよくおかわりするために並んでました。
食べ終わってオフィスに戻ると、ほとんどの台湾人スタッフはお昼寝タイムに入ります。台湾では、食後にお昼寝する習慣があるんですよ。これにはエルもびっくり!午後の仕事を効率よくするためなんですって。みんな、マイ枕や、マイブランケットを持ってて、自分の席などですやすや。これが不思議と、午後の始業タイムになるとみんなすっきりした顔で仕事してるんです。いやはや、恐るべし、昼寝パワーです!

会社も終わると…

台北在住OLの生活、おとどけします! 台北 在住 生活 OL 習い事 台湾オススメ 台北在住OLの生活、おとどけします! 台北 在住 生活 OL 習い事 台湾オススメ 台北在住OLの生活、おとどけします! 台北 在住 生活 OL 習い事 台湾オススメ
まっすぐ帰宅する日もありますが、ブリーズセンターの地下の食料品やスーパーマーケットでその日の晩ご飯のおかずや次の日の食パンを買って帰ることもあります。18時半くらいになると、タイムサービスとかもして、結構お買い得になるんですよ。日本と同じですね。

あと、エルは習い事をしています。台湾に来たばかりの頃は、中国語をもっと上達させようと語学学校に通っていましたが、ある日、ただ習うだけじゃつまらない!って思うようになって、自分の好きなことをしながら勉強したら上達するんじゃないか?って考えたんです。今まで、ダンスや裁縫(ミシン)を習ったんですよ。中国語も専門用語などが学べるし、しかも学費が日本よりもかなり安い。日本の半分以下な気がします。そして、お友達もできて、一石二鳥?いや三鳥なんじゃないでしょうか。
今の習い事は、ピアノ。週一回の先生とのマンツーマンで習っています。もちろん学費も安いし、ピアノも上達、言うことなしです。さて、いつまで続くかしら?(苦笑)
たまには、会社帰りに、仲良しの女性スタッフたちとお茶したり、ごはんを食べたりもするんですよ。この日は、きれいな夜景がよく見えるカフェで軽めの夜ご飯。部署は違っても、みんな仲良し。仕事の話から始まり、お互いの恋愛の話など、ガールズトークに花が咲いてます。エルの大好きなひと時です。
東区をぶらぶらすることもあります。東区ってそごうがあったり、洋服やさんがずらっと並んでたり、女の子にとっては、歩いてるだけでもわくわくするエリア。あと、路上で洋服がけに洋服がいっぱいかかってる状態のお店?も見つけます。2着買うと安くしてくれたり、1着でも迷ってると、150元でいいから持っていきな~、なんて声かけられたりもします。この時もついつい2着買っちゃいました。本当なら550元だったのに、500元ちょうどにしてくれたんですよ。やったね!

週末



会社は普通にカレンダーどおりなので、土日しっかりお休み。天気がいいと、体はうずうずしてきて、家でじっとしていられない性格なので、外に遊びに行っちゃいます。夏は、プールに行ったりして1キロメートルくらいは余裕で泳いでます。冬はMRTの駅を目的地のひとつ手前で降りてウォーキングするなどして、体を動かしています。音楽を聴きながら運動していると、リズミカルな動きになって、体にもいい気がしてきます。エルは水泳を始めるを機に、防水MP3を買っちゃいました。水の中でも音楽を聴いて、す~いすいですよ。
そして、週末の恒例イベント?として、スーパーマーケットめぐりです。マイ買い物カートを持って、スーパーマーケットの中をうろうろします。一週間分の食料や、生活用品を買ったりします。行きは空っぽだったカートも、帰りにはまんぱんであふれてます。でも、スーパーマーケットっていろいろなものが売っていて、なぜか楽しいし、わくわくしてくるんですよね。お気に入りの場所のひとつです。

日本と台湾行ったり来たり…

台北在住OLの生活、おとどけします! 台北 在住 生活 OL 習い事 台湾オススメ 台北在住OLの生活、おとどけします! 台北 在住 生活 OL 習い事 台湾オススメ
エルの実家は東京にあるのですが、数ヶ月に一度、日本に帰るようにしています。台湾での生活もかなり慣れて、楽しい毎日を送っていますが、成田空港に到着すると、ただいま~って気持ちになっちゃいます。日本に帰るたびに、日本食を必ず買って帰ってきます。最近のお気に入りはなめたけの瓶詰め。これがあればおかずなんていらないくらい。前回は夏前に帰国したのですが、もちろん買って台湾に持ってきましたよ。台湾でも日本の食材を扱っているスーパーマーケットやデパートの地下でも手に入りますが、やっぱり割高。日本食材もそろそろなくなってきたし、久しぶりに日本に帰ろっかな~。
台湾に赴任する前も、何度か台湾には旅行で来たことがあったけれど、住んでみるとまた違った一面を発見したり、いろいろな角度から台湾に接することができて、毎日台湾の魅力を感じています。エルはこんな台湾が大好きです。

以上、台北ナビのエルでした。


関連タグ:台北在住生活OL習い事台湾オススメ

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2010-10-01

ページTOPへ▲

その他の記事を見る