台湾第3の翼、ファーイースタン航空初体験!

離島路線や両岸直行路線を中心に運航する中堅航空会社に乗ってみました

台湾海峡に浮かぶ澎湖に行くため、台北松山空港第2ターミナルにやってきました。今回はファーイースタン(遠東)航空の国内線に乗っていってきます。日本の方には馴染みがないかもしれないのですが、中堅航空会社です。

台湾海峡に浮かぶ澎湖に行くため、台北松山空港第2ターミナルにやってきました。今回はファーイースタン(遠東)航空の国内線に乗っていってきます。日本の方には馴染みがないかもしれないのですが、中堅航空会社です。

MD82やMD83といった日本ではなかなか見られなくなったちょっと古い飛行機を持つ航空会社なのですが、今回搭乗する機体は比較的新しいATR72-600型機。台湾の国内線では主力の飛行機です。

MD82やMD83といった日本ではなかなか見られなくなったちょっと古い飛行機を持つ航空会社なのですが、今回搭乗する機体は比較的新しいATR72-600型機。台湾の国内線では主力の飛行機です。

座席はこんな感じ。機内は落ち着いた色合いです。以前ユニー(立栄)航空の同型機に乗った時は座席にリクライニングがなかったのですが、ファーイースタン航空は申し訳程度ではありますが、リクライニングができました。

座席はこんな感じ。機内は落ち着いた色合いです。以前ユニー(立栄)航空の同型機に乗った時は座席にリクライニングがなかったのですが、ファーイースタン航空は申し訳程度ではありますが、リクライニングができました。

プロペラ機って味がありますよね。

プロペラ機って味がありますよね。

安全のしおりと機内誌。

安全のしおりと機内誌。

安全のしおりには日本語も書いてあったのですが、ちょっと怪しい日本語なのがほほえましいです。

安全のしおりには日本語も書いてあったのですが、ちょっと怪しい日本語なのがほほえましいです。

路線図を見ると、両岸直行路線を多く運航していますね。後で調べてみると、日本へも、福島、新潟、秋田に飛んでいるようです。

路線図を見ると、両岸直行路線を多く運航していますね。後で調べてみると、日本へも、福島、新潟、秋田に飛んでいるようです。

フライト時間はわずか1時間なのですが、ドリンクと、さらにおかきのサービスがありました。ただ、ドリンクの選択肢は水とホット烏龍茶の2種類。

フライト時間はわずか1時間なのですが、ドリンクと、さらにおかきのサービスがありました。ただ、ドリンクの選択肢は水とホット烏龍茶の2種類。

機内販売もあり、飛行機の模型をゲット!実は行きの便で購入しようとしたら品切れだったのですが、帰りの便で用意してくれていて、座席まで持ってきてくれました。旅の思い出になりました~。

機内販売もあり、飛行機の模型をゲット!実は行きの便で購入しようとしたら品切れだったのですが、帰りの便で用意してくれていて、座席まで持ってきてくれました。旅の思い出になりました~。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2019-07-10

ページTOPへ▲

関連記事

台東から乗った飛行機がバッドばつ丸の特別塗装機で空の旅が楽しくなっちゃった!

台東から乗った飛行機がバッドばつ丸の特別塗装機で空の旅が楽しくなっちゃった!

機体だけじゃなく、機内にもバッドばつ丸がかくれんぼ!

【2018年版】台湾の国内線に乗ってみた!

【2018年版】台湾の国内線に乗ってみた!

どこへ行くにもほぼ1時間以内の速さが自慢!賢く使っちゃいましょう!

離着陸する飛行機を至近距離で鑑賞!

離着陸する飛行機を至近距離で鑑賞!

近いうちに見られなくなっちゃうので来訪はお早めに!

その他の記事を見る