冬の夜を彩る祭典が今年も始まりました

危険なお祭りで有名なあの街の風物詩@月津港

台南は「鹽水」に来ています。<br>「鹽水」といえば、爆竹とロケット花火を浴びる刺激的なお祭り「鹽水蜂炮」をご存知の方も多いかもしれません。<br>こちらはその会場となる「武廟」。

台南は「鹽水」に来ています。
「鹽水」といえば、爆竹とロケット花火を浴びる刺激的なお祭り「鹽水蜂炮」をご存知の方も多いかもしれません。
こちらはその会場となる「武廟」。

「鹽水蜂炮」のほかにも、この「橋南老街」と毎年この時期恒例のランタンフェスティバルが有名です。<br>普段は静かな老街ですが、ランタンフェスティバルの期間中(今年は2月2日~3月3日)は、出店がずらりと並び、たくさんの人々でにぎわいます。

「鹽水蜂炮」のほかにも、この「橋南老街」と毎年この時期恒例のランタンフェスティバルが有名です。
普段は静かな老街ですが、ランタンフェスティバルの期間中(今年は2月2日~3月3日)は、出店がずらりと並び、たくさんの人々でにぎわいます。

ランタンが展示されているのは、月津港周辺エリア。<br>暗くなり始めると、ランタンに明かりが灯り、あたりは幻想的な雰囲気に包まれます。

ランタンが展示されているのは、月津港周辺エリア。
暗くなり始めると、ランタンに明かりが灯り、あたりは幻想的な雰囲気に包まれます。

今年のテーマは「隨光呼吸(光の呼吸)」。<br>国内外のアーティストたちによる作品の数々が、会場を彩ります。

今年のテーマは「隨光呼吸(光の呼吸)」。
国内外のアーティストたちによる作品の数々が、会場を彩ります。

こちらは、フランスのアーティストグループによる作品。<br>純白の鶴が羽ばたいている様子が美しいです。

こちらは、フランスのアーティストグループによる作品。
純白の鶴が羽ばたいている様子が美しいです。

ダイヤモンドのようなオブジェもあり…。

ダイヤモンドのようなオブジェもあり…。

台湾では、イノシシではなくブタ年となる今年。<br>かわいらしいブタも映し出され、楽しそうに踊っていました。

台湾では、イノシシではなくブタ年となる今年。
かわいらしいブタも映し出され、楽しそうに踊っていました。

それにしても、前に進めなくなるほどのすごい人です!<br>小さなお子様は特に、はぐれてしまわぬようお気をつけください~!

それにしても、前に進めなくなるほどのすごい人です!
小さなお子様は特に、はぐれてしまわぬようお気をつけください~!

「月津港燈節」へは、台鉄新營駅から棕幹線、もしくは棕1、棕2、棕3番の支線バスに乗車し、橋南バス停、もしくは鹽水バス停下車でアクセスできます。

「月津港燈節」へは、台鉄新營駅から棕幹線、もしくは棕1、棕2、棕3番の支線バスに乗車し、橋南バス停、もしくは鹽水バス停下車でアクセスできます。

ちなみに、今年の「鹽水蜂炮」は、2月18、19日です。<br>大変危険なお祭りなので、ご参加の方は万全装備で臨んでください~。

ちなみに、今年の「鹽水蜂炮」は、2月18、19日です。
大変危険なお祭りなので、ご参加の方は万全装備で臨んでください~。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2019-02-15

ページTOPへ▲

その他の記事を見る