滬尾砲台(新北市)

滬尾砲台

閉店・移転、情報の修正などの報告

淡水の高台にある清法戦争時代の要塞

photo

1884年に起きた清法戦争(中仏戦争)で防戦のために造られた建造物です。淡水老街から北西に向かい紅毛城を越え、2019年秋に新しくできた滬尾藝文休閒園區(FAB GREEN VILLGE)を過ぎたところにある路地を曲がり、丘を登っていくとあります。
淡水は清朝時代、台湾北部の交易を支える重要な港町であり、滬尾砲台は台湾北部を守る重要な拠点でもありました。長期に渡り軍事要塞となっていたので、保存状態は良好です。台湾政府から二級古跡に指定されています。
「北門鎖鑰」と掲げられたトンネルをくぐると四方を壁に囲まれた要塞が出現します。かつて兵士が寝泊りしたところや弾薬が置かれた倉庫、大砲が置かれた場所など、かつての様子を想像しながら見学すると楽しいはずです。
2019年秋にリニューアルされ、多言語をセレクトできる歴史ゲームなどが導入されたため、各国からの観光客がより一層楽しめるようになりました。奥のトンネルに入るとAR体験コーナーがあり、大砲をバックに合成写真を撮ることができます。旅の記念にするのも良いかもしれないですね。
また、園内にはいたるところで蓮霧(ワックスアップル)の木が植えられていて、時期になると赤い実を付けます。春には蒲公英(タンポポ)が咲き、季節毎に異なる景色が楽しめるのもここの魅力だとか。
「滬尾砲台」のチケット(80元)で「紅毛城」や「小白宮」も入場可能です。10:00、11:00、14:00、16:00と園内のフリーガイドを行なっているので、中国語のわかる方、学習者はその時間に行くのをオススメします。

ページTOPへ▲

関連タグ: 滬尾砲台 淡水

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2020-02-20

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

淡水(2019年版)

淡水(2019年版)

風光明媚で個性的なお店が集う、古くから栄えた台北郊外の港町。ショートトリップに最適です

淡海ライトレール(新北市)

淡海ライトレール(新北市)

淡水区のニュータウンを走る次世代交通機関がついに開通!

新北市忠烈祠(新北市)

新北市忠烈祠(新北市)

淡水八景のひとつでもあった新北市忠烈祠、ここから望む淡水河と観音山の景色は最高です

紅毛城 (淡水)

紅毛城 (淡水)

かつては城塞、その後はイギリス領事館に。台湾における最古建築の1つ

一滴水紀念館 (淡水)

一滴水紀念館 (淡水)

台湾と日本の友好の印は水上勉の生家!日本の木造建築が台湾に移築されました。