閉店・移転、情報の修正などの報告

現代に引き継がれたコンクリート製の神社建築

photo

「台北植物園」や「国立台湾工芸研究発展中心(台北当代工芸設計分館)」には行ったことがあっても、その隣にある「国立台湾芸術教育館」には行ったことがない、という方も多いのではないでしょうか。現在はギャラリーや、芸術教育学習の場として使われていますが、日本統治時代に神社として建てられたのが始まりでした。
建功神社は1928年(昭和3年)、公務に際して殉職した総勢15691名(台湾人3530名含む)を祀るために建設。当時、木造建築が主流だった台湾の神社建築において、鉄筋コンクリート製・和洋中折衷の社殿は画期的でした。設計を担当したのは建築家の井手薫。台湾教育会館(現・二二八国家記念館)や台北公会堂(現・台北中山堂)など台北の有名建築も多数手がけ、台湾の気候や風土に合わせた建築を目指していました。戦後、屋根や屋内の装飾などは改装されているものの、結果として現在も建物が引き継がれているのは、井手の慧眼とも言えるでしょう。
館内に入ったら、まずは左手にある館史室を見ておくと良いです。日本語はありませんが、建物の歴史が写真とパネルで展示されており、どこが改装され、どこが当時のままなのかを見比べることができます。その後、1階ホールを見て、2階へ。台湾の国花である梅の花が刻まれた壁のアーチや、天井ドームの青天白日も鮮やかです。また、建物の手前にある神池も日本時代からあるもので、木々やベンチに囲まれており、ちょっと休憩するのにも良さそうです。

  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2019-07-02

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

国立台湾工芸研究発展中心 台北当代工芸設計分館

国立台湾工芸研究発展中心 台北当代工芸設計分館

台湾の現代工芸の今が見える、遊べて学んでお買い物も食事もできちゃう素敵空間!

台北植物園

台北植物園

台北の中心部に緑あふれるオアシスを発見。都会の喧騒に疲れたアナタ、早朝散歩でリフレッシュしませんか?