九份好きにオススメ!鹿港でノスタルジーを感じる半日ツアー(午後)【台中出発】

B02 鹿港半日ツアー

閉店・移転、情報の修正などの報告

いにしえ台湾を感じに鹿港へ行ってみよう!代々受け継がれている伝統文化が色濃く残っています

ツアー情報

九份好きにオススメ!鹿港でノスタルジーを感じる半日ツアー(午前/午後)【台中出発】
集合時間:13:00~13:40
所要時間:4~5時間
出発曜日:水・金・土曜
催行人数:2名様

★ 旅行条件に含まれるものは以下の通りです。
ツアー中の車両、随行日本語ガイド、200万元の旅行責任保険+20万元の医療保険、鹿港民俗文物館入館料

主催:華府旅遊集團

集合時間・場所


13:00 台鉄台中火車站(中欣商務飯店前)
13:30 高鉄台中站1F【出口6】(ファミリーマート前)
13:00~13:30 台中市内の各ホテル


※予約確定後、詳しい集合場所、時間をお伝えします。
高鉄台中站1F【出口6】です

高鉄台中站1F【出口6】です

下車後「5-6號出口」の表示があるエスカレーターにて下の階へ

下車後「5-6號出口」の表示があるエスカレーターにて下の階へ

エスカレーターを降りたら、まっすぐ進み、7-ELEVEN(コンビニ・セブンイレブン)へ

エスカレーターを降りたら、まっすぐ進み、7-ELEVEN(コンビニ・セブンイレブン)へ

7-ELEVEN(コンビニ・セブンイレブン)の前スペースにてお待ちください

7-ELEVEN(コンビニ・セブンイレブン)の前スペースにてお待ちください

ツアー紹介

集合場所

鹿港老街(60分)

桂花巷芸術村(30分)

龍山寺(30分)

鹿港民俗文物館(60分)

集合場所にて解散

鹿港老街

レンガの街並みと道幅がとても狭いことで有名な鹿港の街。テクテク散歩をしていると色々な生活の知恵が活かされていることに気付くはず。ノスタルジーな街を歩くと都会の喧騒で忘れかけていた大切なものに出会えるかもしれません。このツアーでは1973年開放の私設文物館である「民俗文物館」も訪れます。日本統治時代辜顯榮氏の邸宅として建てられたバロック建築の建物で、館内には鹿港の文物、生活用品などが展示されています。また、老街にて台湾の屋台料理を堪能していただきます。

桂花巷芸術村

清の時代に重要な水路だった路地で、モクセイの花の香りが漂うことから桂花巷と名付けられました。彰化県初の芸術村として歴史と人々の営みを紹介しています。さまざまなジャンルのアーティストが常駐し、定期的にイベントを開催。伝統工芸と古い建物が集まり、鹿港の重要な文化資産の一つになっています。
龍山寺

「台湾の紫禁城」とも呼ばれる第一級古跡である龍山寺。台湾の龍山寺の中で一番保存状態がよいと言われており、民間が建てた今なお信仰の篤いお寺です。「四進三院」という建築様式で、山門を入って、三川殿、正殿、後殿の間に庭が2つあります。優美で独特な格式あるお寺に見入ってください。
民俗文物館

外観はビクトリア様式の洋館を模した建物ですが、実は3つの建物が繋がっており、台湾の伝統的な建物も混じっています。かつては地元の富豪の邸宅でしたが、現在は特色ある文物を展示しています。A館1階では繁華街や龍山寺、塩田などの模型、2階では以前実際に使われていたアンティーク家具を展示しています。B館では以前使われていた農具、C館では実際の生活の様子がそれぞれ展示されています。

注意事項

※催行人数は2名様です。(1名様では予約を受け付けかねます。)
※当日の参加人数、天気などによりガイドが観光順序を変更する場合がございます。予めご了承ください。
※このツアーにはツアー中の車両、随行日本語ガイド、伝統工芸DIY費用、肉まん(1個)、200万元の旅行責任保険+10万元の医療保険が含まれます。
※当日の交通状況により、時間が異なる場合もあります、ご了承ください。

★ツアー終了後、ガイドさんのサービスに満足されましたら、おひとり様100元程度のチップをお渡しくださいますよう、お願いします。

記事登録日:2013-12-13

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    こだまのしっぽ

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2013-12-13

スポット更新日:2017-04-27

利用日
大人 子供

関連記事

鹿港老街を歩きながら、有名な肉まんをほおばる!

鹿港老街を歩きながら、有名な肉まんをほおばる!

散策途中に立ち寄りたい、阿振の肉まん

台湾中部を代表する観光地「鹿港」!お土産&休憩処をピックアップしてみました♪

台湾中部を代表する観光地「鹿港」!お土産&休憩処をピックアップしてみました♪

伝統を一心に守り続けるお店VS新しいものを取り入れるお店 今の「鹿港」を巡ってみました

鹿港老街(彰化県)

鹿港老街(彰化県)

「一府、二鹿、三艋舺」と言われたように、鹿港はかつて台湾第2の都市でした

鹿港龍山寺(彰化県)

鹿港龍山寺(彰化県)

静かで、心が落ち着くお寺です

高鉄3日パス(高鉄(新幹線)3日間周遊券)

高鉄3日パス(高鉄(新幹線)3日間周遊券)

高鉄に乗って中南部まで足をのばしてみませんか?