3/8~17「第14回大阪アジアン映画祭」開催!

毎春恒例となったアジア映画の祭典、今年の公開作品が決定しました!もちろん台湾映画特集もあります!


「大阪発。日本全国、そしてアジアへ!」をテーマにお届けする大阪アジアン映画祭。
今年で14回目となる同映画祭の作品ラインナップが決定しました。

作品本数は、計51作(うち、世界初上映10作、海外初上映97作、日本初上映2527作)、上映作品の製作国・地域は、中国、香港、マカオ、台湾、韓国、ベトナム、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、インド、スリランカ、セルビア、クロアチア、モンテネグロ、アメリカ、日本の17の国と地域となります。

台北ナビでは、同映画祭に出品される台湾映画作品をご紹介していきます!


第14回大阪アジアン映画祭
会期:3月8日(⾦)~17日(日)
会場:ABCホール、シネ・リーブル梅田、阪急うめだホール、国立国際美術館
チケット:2月23日(土)からチケットぴあにて発売開始

【コンペティション部門】


2017年以降に製作された映画の中から秀逸な作品が厳選して上映されます。すべてが日本初公開!

美麗(Meili/美麗)

(c)FORTISSIMO FILMS

(c)FORTISSIMO FILMS

日本初上映/台湾・中国/監督:ジョウ・ジョウ(ZHOU Zhou:周洲)

出演:
チー・ユン(池韻)
ジョウ・メイイェン(周美姸)
ワン・リーミン(王立民)

評論家、編集者として活躍するジョウ・ジョウの長編監督デビュー作。
両親に見捨てられ、兄弟とも複雑な関係を続けている不運な女性を主人公に、彼女の半生を描いていく。


3/10日 20:50 シネ・リーブル梅田4    
3/13水 20:55 シネ・リーブル梅田4

【特集企画《台湾:電影ルネッサンス2019》】


台湾文化部、台北駐日經濟文化代表處 台湾文化センターの協力により、活況を呈する台湾映画の“今”を感じることのできる7作品が特集されています。

2923


台湾/監督:サニー・ユイ(Sunny YU:于瑋珊)

出演:
チャン・ニン(張寧)
リウ・グアンティン(劉冠廷)
ジャック・ヤオ(姚淳耀)
ジェニー・リー(李婕)

『The Kids』で高い評価を得たサニー・ユイ監督の新作短編映画。
ボーイフレンドと別れた女性が刑務所の被収容者と面会を重ねることで、彼女自身の人生を見つめ直す姿を描き出す。

3/9土 18:20 シネ・リーブル梅田3    
3/15金 12:20 シネ・リーブル梅田4
※プログラム《短編B》『小死亡』『WHOLE』と併映

気:呼吸の技法(Chi: The Method of Breathing/気)


日本初上映/台湾・アメリカ/監督:リウ・イー(LIU Yi:劉易)

出演:
シン・ホアイシュオ(邢懷碩)
クララ・リー(李劭婕)
カス・ツァイ(蔡承邑)
ベラ・チェン(陳雪甄)
アーチー・フー(胡大器)

コロンビア大学で映画を学んだ台湾系アメリカ人のリウ・イー監督によるアクション映画。
アメリカで生まれ育ち台湾の高校に通う少年を主人公に、彼が武道を学び“気”の力に目覚めていく姿を活写する。


3/8金 21:15 シネ・リーブル梅田3   
3/13水 12:00 シネ・リーブル梅田3
※プログラム《短編A》『雨季は二度と来ない』と併映

先に愛した人(Dear EX /誰先愛上他的)


日本初上映/台湾/監督:シュー・ユーティン(Mag HSU:徐誉庭)、シュー・ツーイェン(HSU Chih-yen:許智彦)

出演:
ロイ・チウ(邱澤)
シェ・インシュエン(謝盈萱)
スパーク・チェン(陳如山)
ジョセフ・ホアン(黄聖球)

台北電影奨でロイ・チウが主演男優賞を受賞したヒューマン・コメディ。
死んだ父親の恋人だった自由気ままな若い男と、その事実を知らされ激怒するその妻、
二人の間で戸惑う息子の人間模様を鮮やかな映像で描く。


3/11月 21:15 シネ・リーブル梅田4
3/13水 15:45 ABCホール

Father(仮題)(Father /紅盒子

(c)Backstage Studio Co., Ltd.

(c)Backstage Studio Co., Ltd.

日本初上映/台湾/監督:ヤン・リージョウ(YANG Li-chou:楊力州)

台湾の人形劇「布袋劇」の今は亡き名手・李天禄(リ・ティエンルー)の実子である人形師・陳錫煌(チェン・シーホワン)を追ったドキュメンタリー作品。
OAFF2016で上映された『あの時、この時』の楊力州監督が、陳錫煌が受け継いだ伝統芸とは何かをカメラで迫ってゆく。


3/12火 21:20 シネ・リーブル梅田4

小死亡(La Petite Mort /小死亡)


海外初上映/台湾/監督:イヴェット・チョウ(Yvette CHOU:周良柔)

出演:
ルー・イーチン(陸弈静)
チュアン・イーツェン(荘益増)
パン・イールー(潘奕如)
グォ・ファン(葛凡)
リン・スン・ユーハ(林孫煜豪)

グイ・ルンメイがプロデュースした、新鋭イヴェット・チョウ監督の短編映画。
台湾の工業地域を舞台に、家族を支えるために浴室掃除婦として働き始めた女性が、自分の人生を見つめ直す姿をつづる。


3/9土 18:20 シネ・リーブル梅田3
3/15金 12:20 シネ・リーブル梅田4
※プログラム《短編B》『2923』『WHOLE』と併映

悲しみより、もっと悲しい物語(More Than Blue:比悲傷更悲傷的故事)

日本初上映/台湾/監督:ギャビン・リン(Gavin LIN:林孝謙)

出演:
ジャスパー・リュウ(劉以豪)
アイビー・チェン(陳意涵)
アニー・チェン(陳庭妮)
チャン・シューハオ(張書豪)

2018年の台湾で最大のヒット作となった感動のラブストーリー。
同名の韓国映画を原作に、白血病と診断された青年と彼が想いを寄せ続けた女性との恋模様を切なくもロマンティックに描いていく。


3/13水 18:30 ABCホール ◎TAIWAN NIGHT
3/15金 18:45 ABCホール 

じゃあまたね(till next time:楔子)

(c)three little birds Ltd., Co.

(c)three little birds Ltd., Co.

 
 日本初上映/台湾/監督:ポーリー・ホアン(Paulie HUANG Chih-Chia黄芝嘉)

出演:
ティファニー・シュエ(薛提縈)

水族館で働くジンティエンは、ある日双子の妹が行方不明になったことを聞かされる。ジンティエンは水槽の中で、幼少期の記憶を辿ってゆく…。大切な人との思い出を叙情的な映像でつづる。リー・ピンビン製作。


3/10日 12:00 シネ・リーブル梅田4
3/11月 14:50 シネ・リーブル梅田4
※プログラム《短編C》『HANA』『ゆっくり』と併映

【オーサカ Asia スター★アワード】はロイ・チウ(邱澤)が受賞決定!

日本を含むアジア映画界に多大な貢献をし、今後のさらなる活躍も期待されるスター性ある映画人を1名選出し、授与する「オーサカ Asia スター★アワード」はアイドルから本格派俳優へ⾒事な転⾝を遂げた台湾スター ロイ・チウ(邱澤)に決定しました!

今回の大阪アジアン映画祭では、特集企画《台湾:電影ルネッサンス 2019》作品『先に愛した人』(誰先愛上他的/Dear EX)で主演。これまで TVドラマで⾒せてきた役者としての魅⼒の範囲内に留まることなく、同作で難しい役に挑戦し、今までのイメージを覆す新しい可能性を⾒せ、今後のアジア映画へのさらなる貢献が期待されます。

授賞式およびトークイベントは、3 月 14 日(木)16 時 45 分からシネ・リーブル梅⽥で⾏います。概要は次のとおりです。

【オーサカ Asia スター★アワード&トーク】
3月14日(木)16:45~17:45 授賞式+トークイベント シネ・リーブル梅⽥

【『先に愛した人』上映】

3月11日(月)21:15〜 シネ・リーブル梅⽥
3 月 13 日(水)15:45~ABCホール

チケット(トーク、上映)前売1300円/当日1500円 前売券はチケットぴあで2月23日(土)から販売開始


<受賞者プロフィール>
ロイ・チウ(邱澤/Roy CHIU 俳優)

1981 年⽣まれ。台湾出⾝の俳優。主演 TV ドラマシリーズでは数々のヒットを重ね、日本でも絶大な人気を誇る。

2002 年、連続 TV ドラマ「星が輝く夜に」で俳優デビュー。歌手としても活動する。華流第⼀次ブームに沸く当時の日本ではF4 に次ぐ人気を誇り、兵役前のファンミーティングは追加公演も⾏い多くのファンに⾒送られた。退役後は歌手活動をやめて俳優業に専念し、2011年「進め!キラメキ⼥⼦」で再ブレイク、“新・視聴率男”と呼ばれるようになった。

常に自分の進む道について自問自答を続け、2018年、映画『先に愛した人』(誰先愛上他的/Dear EX)ではこれまでの全ての殻を破り、⾒事にアイドルからの脱却に成功。台北映画祭の主演男優賞受賞はもちろん、⾦⾺奬で台湾からただ⼀人ノミネートされ、ベテラン名優達との闘いの中で3回の投票中、2回目まで残る快挙を成し遂げた。同作では15年間の俳優人⽣で初の同性愛者の役を演じ、本格派俳優として国内外から高い評価を受けている。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2019-02-21

ページTOPへ▲

その他の記事を見る