新太平洋1号店-奚卜蘭遊客中心(花蓮県)

The new pacific 1新太平洋1號店-奚卜蘭遊客中心

閉店・移転、情報の修正などの報告

台湾で一番有名なラフティングスポット、秀姑巒溪の終点にあたる場所にある観光局のインフォメーションセンターです

photo

2015年10月から「新太平洋一號店」という看板が、觀光局東部海岸国家風景区「奚卜蘭遊客中心」に掲げられました。眼前には「長紅橋」とラフティングボートが見えます。「新太平洋一號店」はJabezというクリエイティブデザイングループが運営し、トラベルインフォメーションセンターのサービスを行うかたわら、複合式ショップやカフェを展開しています。店内は、原住民の集落をイメージした空間デザインで、販売しているものも東部を象徴する原住民工芸が中心となっています。
遊客中心としてのカウンターほか、カフェスペースでは飲み物だけでなく、軽食も提供しています。また、東部海岸の休息スポットとして、車いすの貸し出しやバリアフリーの完備、自転車の修理地点でもあることから、なんとシャワールームも完備!イベント活動にも積極的で、毎年東海岸を中心行われる「大地芸術節」の作品展示会場でもあり、定期的にフリーマーケットや東部ならではのフードやライブイベントも行われています。

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2017-08-17

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

2017東海岸大地芸術節(Taiwan East Coast Land Arts Festival)に行こう~!

2017東海岸大地芸術節(Taiwan East Coast Land Arts Festival)に行こう~!

今年のメインテーマは≪潮間帯における共生≫、東海岸の大自然と作品を直に肌で感じましょう!

話題の映画『太陽の子』――主演女優のアロさんが来日し、美しい歌声を響かせました!

話題の映画『太陽の子』――主演女優のアロさんが来日し、美しい歌声を響かせました!

アミ族出身のアロさんが歌うアミ語の歌、そして自らの体験談に、会場は深い感動に包まれました

奇美集落Kiwit(花蓮県)

奇美集落Kiwit(花蓮県)

古来のアミ族の歴史が最も残る奇美、秀姑巒渓のラフティングで立ち寄る場所でもあります

アミ族の豊年祭に出会えました!

アミ族の豊年祭に出会えました!

花蓮の靜埔にシーフードを食べに行ったら♪

台湾映画『太陽の子』日本初上映! 花蓮の小さな村を舞台にした、感動の復活ストーリー<上映会レポート・その1>

台湾映画『太陽の子』日本初上映! 花蓮の小さな村を舞台にした、感動の復活ストーリー<上映会レポート・その1>

台湾に残るかけがえのない美しさを描いたこの映画の魅力を、たっぷりとお伝えします!

『太陽の子』鄭有傑監督インタビュー 感動の撮影秘話を語っていただきました!<上映会レポート・その2>

『太陽の子』鄭有傑監督インタビュー 感動の撮影秘話を語っていただきました!<上映会レポート・その2>

人々が忘れかけている、かけがえのないものとは?

台湾社会に感動を巻き起こした映画『太陽の子』(原題:太陽的孩子)、待望の日本初上映!

台湾社会に感動を巻き起こした映画『太陽の子』(原題:太陽的孩子)、待望の日本初上映!

鄭有傑(チェン・ヨウチェ)監督も台湾から駆けつけ、この映画の魅力をたっぷりと語ってくれました