力麗哲園会館(日月潭)

LEALEA GARDEN HOTELS力麗哲園会館

閉店・移転、情報の修正などの報告

※上記の合計価格には税・サービス料は含まれております。

日月潭の湖畔に静かに佇むホテルは、童話の世界のような雰囲気を醸し出しています

 
こんにちは、台北ナビです。
日月潭といえば風光明媚な観光地として、台湾一有名なところですが、その湖畔に唯一浮かぶ、そして、建物の1Fは湖より下というホテルが、本日訪れた「力麗哲園会館」です。

ホテルがある場所は、日月潭バス停のちょうど対岸にある伊達邵というところ。ここは台湾原住民の邵(サオ)族が多く住む村で、ホテル、民宿、レストラン、お土産やさん、原住民ショー劇場などがあるとてもにぎやかな観光地。日月潭ロープウェイも徒歩圏内です。

伊達邵でゴージャスながらアットホームで品よく、一際目立って湖上に佇むホテルがここ「力麗哲園会館」。一目見ただけで、泊まりた~いと思ってしまうそんな魅力的なホテルでもあります。ナビたちが着いた時は、夕刻のライトアップも始まり、魅惑的な様相を呈していました。そして、ファンタジックな世界に引き寄せられるようにロビーへと入ります。

夕方チェックインしました

夕方チェックインしました

ロビーに入ると、ヒノキのいい香りに心が落ち着いていくのがわかりました。ヒノキはリラックス効果があるんですね。眼前にはため息が出るほどの美しい湖が広がっています。壁にはかつてここに宿泊した世界中の政治家や王室の方々、著名人の写真がかかっています。
中央の階段を見上げると6Fの天井が見えます。そうです!入ったところのフロントロビーは3F。そして、3F~6Fが客室で、全室45室あります。 
フロントにかかる絵には、サオ族が魚を捕る様子が描かれています

フロントにかかる絵には、サオ族が魚を捕る様子が描かれています

ロビーの向こうには湖

ロビーの向こうには湖

こちらは日月潭の奇力魚を養殖中

こちらは日月潭の奇力魚を養殖中

昔魚捕りはカヌーのような船でした

昔魚捕りはカヌーのような船でした

バスルームやアメニティはどの部屋も共通


全館45室のバスルームスタイルはすべて同じ。大きなバスタブ、広い洗面台、そして、歯ブラシセット、髭剃り、シャワーキャップ、綿棒、デンタルクロス、コットン、櫛が揃っています。
可愛い木の葉の形をしたソープとシャンプー&リンス、ボディソープ、ボディローション、ドライヤーと必要なものはすべてここに。シャワーブースもゆったり。
暖色のタイルや大理石は、5星ホテルの風格が十分漂っています。バスローブやセフティBOXはすべての部屋にあります。
広い~

広い~

深い~

深い~

高級ホテルの証

高級ホテルの証

座り心地もよかったです

座り心地もよかったです

すべてあり

すべてあり

いい香り

いい香り

朝食チケット

朝食チケット

スリッパもフカフカ

スリッパもフカフカ

JojobaOilブランド

JojobaOilブランド


どの部屋にも「日月紅茶」がありました。正直ナビはミルクと砂糖入りのコーヒーは甘すぎて苦手。ここでしかない台湾産紅茶は貴重で、現在どんどん価値が上がっています。日月潭の濃厚な紅茶を片手にこの湖の景色を眺める…体を温めてくれる以上に、旅心を暖めてくれます。

それではお部屋へと行きましょう!

豪華山景雙人房 Deluxe Double/Twin Mountain View

こちらの部屋は、ホテル内で一番小さな10坪。といってもこれだけの広さがあります。十分ですよね。
山の緑は心を落ち着かせ、安らぎをもたらしてくれます。部屋に入ったとたん、バッタ~ンとベッドに倒れこみたくなります。
山側はホテルの正面側のことです

山側はホテルの正面側のことです

部屋にはサオ族の昔の生活を表した絵がかかっていました

部屋にはサオ族の昔の生活を表した絵がかかっていました


ベランダからの景色

ベランダからの景色



豪華湖景雙人房 Deluxe Double/Twin Lake View

ナビたちはこちらに宿泊しました。WELCOMEのバラは、月並みなフルーツよりうれしかったですね。
窓の外に広がる湖がナビを呼んでいる…。部屋に入るやいなや窓に直行、すぐさまベランダに出てしまいました。

豪華湖景三人房 Lake View Junior Suite

ダブルとシングルベッドの部屋、このタイプは湖側に向いています。窓の向こうが山水画に見えるのは、なぜでしょう。
どの部屋もヒノキの香りが漂うからか、中に足を踏み入れた途端、部屋全体が自分を包んでくれるような雰囲気があります。
素敵すぎませんか?

素敵すぎませんか?

どこもピカピカです

どこもピカピカです


豪華湖景四人房 Lake View Suite

ダブルベッドが2つあり、家族向き。広さもたっぷり。木の柔らかさとアイボリー色のじゅうたんに気持ちも和やかになります。
湖側の部屋は、日月潭と一体化したような感覚が持てるのが本当に不思議です。
窓から見る景色

窓から見る景色

6Fの廊下付近です

6Fの廊下付近です


豪華湖景家庭房 Family Suite

部屋に入ったとたん歓声を上げてしまいました。ロフト式の部屋は、広い!窓の向こうの湖もきれい。童話の世界に入り込んだようです。小さな子供が一緒なら、すぐに2Fへ駆け上がり、ここで寝るから!と言うこと間違いなし。
ホテル館長の袁彩甄さん曰く、湖の上にあるホテルなので、傷んだ木の交換、そして、じゅうたんも部屋が暗くならないように淡色にしてるから、そういう面のメンテナンスが大変、とおっしゃってました。どの部屋も手入れが隅々まで行き届いていて、どの部屋にも泊まってみたくなる気持ちよさが感じられました。
2Fから見ました

2Fから見ました

2Fのベッド

2Fのベッド

この小さくて可愛い階段を上ります

この小さくて可愛い階段を上ります


総統套房 President Suite

現在日月潭では、6星級のホテルまで登場していますが、こちら「哲園」には各国の大統領や大使、王室の方々が宿泊してきました。今でも伊達邵エリアで最高級のホテルといえばこちらです。そして伊達邵こそ、日月潭らしさを持つ場所なのです。
部屋の中は、入って左手にベッド、中央にはバーカウンター。すべてが木製仕立てで温かみを感じます。そして、リビング。やはりロフトで、こちらは上階の方が落ち着けそうでした。プレシデントスイートだけあって、窓から見る景色は2通り。どちらも美しすぎる湖が静かに佇んでいます。
ベッドルーム

ベッドルーム

リビング

リビング

バーカウンター

バーカウンター

2Fへの階段

2Fへの階段

上の階はぐっすり眠れそうです

上の階はぐっすり眠れそうです

設備にも驚き

1本なのです

1本なのです



最上階6Fで、袁さんがちょっと天井を見てくださいと、中央に位置する長い梁を指差しました。
これは、昔のヒノキで12mはありそうです。
もちろん今はヒノキの伐採は禁止されていて、あったとしてもこれほど長いものは稀。希少なものを教えていただきました。
ホテルはヒノキを保護するため、エレベーターがありません ホテルはヒノキを保護するため、エレベーターがありません

ホテルはヒノキを保護するため、エレベーターがありません

湖上のレストラン

ホテル館長の袁彩甄さん

ホテル館長の袁彩甄さん


2Fはレストランで、朝食はこちらで(7:00~10:30)。朝下りていくと、一瞬テーブルが湖上にあるのかと錯覚を覚えたほど。
実際ホテルの1Fは湖の中に埋まったところにあるので、レストランと湖はほぼ一線上にあるといえます。朝食は中華と洋食がメイン。白子のお粥が珍しく、おいしかったです。
湖に向かって朝食を食べていると、時々魚が跳ねるのが見えました。水質がよい証拠ですね。しばらくすると、日月潭名産の奇力魚を獲るために、湖上を走る船が視界の右から左へ。風情がありますね。この素晴らしい時間が一瞬でも止まればいいのに、とナビだけじゃなくこの光景を目の当たりにした人なら、皆そう思うはずです。
レストランは~22:30。ランチやディナー、ちょっと座ってコーヒーなども楽しめます。
1Fは湖に埋まっているのがわかりますか?

1Fは湖に埋まっているのがわかりますか?

日も落ちてきました

日も落ちてきました

そしてすがすがしい朝

そしてすがすがしい朝

ロビーに朝の光が差し込みます

ロビーに朝の光が差し込みます

麺は3種類、トッピングもお好みでどうぞ 麺は3種類、トッピングもお好みでどうぞ 麺は3種類、トッピングもお好みでどうぞ
麺は3種類、トッピングもお好みでどうぞ 麺は3種類、トッピングもお好みでどうぞ 麺は3種類、トッピングもお好みでどうぞ

麺は3種類、トッピングもお好みでどうぞ

こんな朝食の時間、幸せです こんな朝食の時間、幸せです

こんな朝食の時間、幸せです

同じフロアにPCルーム、マージャンルーム、大小のカラオケルームがありました。
マージャンしたいのならこちらで

マージャンしたいのならこちらで

マージャン台もそろっています

マージャン台もそろっています

カラオケ小ルーム

カラオケ小ルーム

ビジネスセンター

ビジネスセンター

ビリヤード台もあり

ビリヤード台もあり

カラオケ大ルーム

カラオケ大ルーム

地下水プール!

レストランから見えるきれいなプールは1Fにあります。このプールの水は地下から引き上げているので、水温は低め。
温水プールじゃないので、冬場はムリですが、夏は気持ちいいに違いないでしょう。
透き通ったプール、遠くから見ると湖と一体化

透き通ったプール、遠くから見ると湖と一体化

隣はサウナで、女性用がちょっと大きめ。大浴場も設備が整っています。
必要なものはすべてこちらにあります 必要なものはすべてこちらにあります 必要なものはすべてこちらにあります
必要なものはすべてこちらにあります 必要なものはすべてこちらにあります 必要なものはすべてこちらにあります

必要なものはすべてこちらにあります

船の予約も

「力麗哲園会館」は、オープン当初から各国の要人たちを迎え入れてきたホテルのため、ホテル内にプライベート船着き場を保有しています。ナビたちがフロントにいると、お客さんが6人で船の予約をしていました。6人なら2時間で、日月潭の名所8箇所を回る1200元のコースをホテルフロントで予約できます。他にもいろんなパターンのコースやチャーター車予約もあるので、ご相談ください。ホテルへ行くには日月潭のバス停からシャトルバスが出ています。無料ですが、事前予約が必要です。
また、日月潭へ来たら、ここに泊まりたい、そう強く思ったナビです。
ホテルのシャトルバス

ホテルのシャトルバス

レストラン利用だけでもOK

レストラン利用だけでもOK

記事登録日:2011-10-13

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    luvie

  • photo

    夕焼番長

  • photo

    夕焼番長

  • photo

    夕焼番長

  • photo

    夕焼番長

  • photo

    夕焼番長

  • photo

    夕焼番長

  • photo

    夕焼番長

  • photo

    PetiteCherie

  • photo

    PetiteCherie

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2011-10-13

スポット更新日:2014-10-24

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

支店情報

地図で見る

力麗哲園商旅-台北

力麗哲園商旅-台北

台北101の見えるお部屋必見!くつろぎモードあふれる、静かで温かみのある大人なホテル

関連記事

向山自行車道(水社→向山) (日月潭)

向山自行車道(水社→向山) (日月潭)

自転車で風を受けながら日月潭を楽しもう!水上自転車道のサイクリングはまるで日月潭の上で自転車を漕いでいるみたい・・・

向山遊客中心(日月潭)

向山遊客中心(日月潭)

日本の設計士が設計した美しすぎるビジターセンター!日月潭と一体になったステキ空間で台湾コーヒーをいただきましょう!

日月潭、自転車一周完走!

日月潭、自転車一周完走!

4時間かかって一周しました!しんどくてめげそうになったけど、出発点が見えた時は達成感でいっぱいになりました!

日月潭ロープウェイ

日月潭ロープウェイ

「日月潭」と「九族文化村」の間を行き来するロープウェイが2010年1月開通!路線図とともにご案内します。

日月潭

日月潭

台湾好行バスを利用して日月潭に一泊、船でラルー島に寄り、その後ロープウェイへ、九族文化村でも遊びました!