閉店・移転、情報の修正などの報告

「日月潭」と「九族文化村」の間を行き来するロープウェイが2010年1月開通!路線図とともにご案内します。

こんにちは、台北ナビです。2010年1月、台湾の中部の観光地「日月潭」と「九族文化村」の間にロープウェイが開通しました!全長1,877mを誇るロープウェイ。中間には2つの山が位置しており、日月潭寄りの卜吉山7号柱は996m、九族文化村寄りの8号柱はなんと1044mの高さ!この2つの山の間の距離は、786mにもなるのです。さらに、その山間の一番深いところは140mにもなり、下を見下ろすだけでスリル満点の気分が味わえます!
さて、それでは、基本情報といきましょう

運行時間:平日10:30~16:00(チケット販売は10:00~15:30)、
土日祝日10:00~16:30(チケット販売は9:30~16:00)
(毎月の第2週目の水曜日は、メンテナンス日のため、運行していません)
チケット代:300元/1人(小学生から60歳未満)、250元/1人(65歳以上、身障者手帳をお持ちの方、妊婦、6歳以下で100cm以上の子供)(100cm以下の幼児は無料ですが、保護者1人につき2人までです)

乗り場から乗車まで 日月潭側からの場合

日月潭ロープウェイ駅の2Fから乗車します。チケット1枚で往復分になります。九族文化村への入場は、入場料大人780元、学生680元、小学生580元、60歳以上、身障者手帳をお持ちの方、妊婦、6歳以下で100cm以上の子供は390元で、ロープウェイ料金が含まれます。

日月潭の乗り場までは、高鉄「台中」駅から南投客運で「日月潭」下車(8:20~18:20、1時間に1本、約1時間強かかります)。或いは、埔里から日月潭行きの南投客運、豊榮客運もあります。日月潭の伊達部から日月潭ロープウェイ駅まで、10:30~16:30の間、30分間隔で無料シャトルバスがでています。
南投客運:(049)298-4031 豊榮客運:(049)299-0407
(日月潭一周バスが、日月潭ロープウェイ駅から発車しています。玄光寺回り9:42分始発で1時間に1本、17:42分最終。但し週末休日は、12:42のみ発車。
水社回り9:14分始発で1時間に1本、18:14分最終。但し週末休日は、13:14のみ発車。一日券80元)


九族文化村側からの場合

日月潭までのロープウェイ往復料金が含まれています。そのため、ロープウェイ乗車の際は、手に蛍光スタンプを押してもらいます。1Fの観山亭を入って右側をあがっていきます。左側は日月潭からの往復ロープウェイに乗るだけの、つまり九族文化村へ入場しない客たちの乗り場です。

九族文化村の乗り場までは、高鉄「台中」駅から南投客運で「九族文化村」下車(約1時間強かかります)。或いは、埔里から九族文化村行きの南投客運もあります。
南投客運:(049)298-4031

ロープウェイは、一箱に8人が乗れるリフト式で、乗車時間は20分、景色が一番美しいと言われる7号柱と8号柱の山間空中時間は12分間。傾斜が一番激しいところは43度まで傾くので、さながら遊園地のアトラクション気分にひたれます。


九族文化村から入りました!

ナビたちは、九族文化村内の空中ロープウェイで、文化村内を移動。下りてから少し歩いて、九族文化村内から日月潭行きのロープウェイ乗り場に着きました。文化村内の空中ロープウェイからの景色もなかなかのものがあります。
階段を上がって、日月潭行きのロープウェイ乗り場につきました 階段を上がって、日月潭行きのロープウェイ乗り場につきました

階段を上がって、日月潭行きのロープウェイ乗り場につきました

今日の開放時間と蛍光スタンプを提示するようにとの標示 今日の開放時間と蛍光スタンプを提示するようにとの標示 今日の開放時間と蛍光スタンプを提示するようにとの標示

今日の開放時間と蛍光スタンプを提示するようにとの標示

観山亭にはショップも

観山亭にはショップも

チケットを持った人はこちらへと書いています、ナビたちは持っていないけどこっちに入ってしまいました。本当はチケットがない蛍光スタンプを押す(九族文化村出発)人たちは、1Fの入口を入って右を上がっていきます。

チケットを持った人はこちらへと書いています、ナビたちは持っていないけどこっちに入ってしまいました。本当はチケットがない蛍光スタンプを押す(九族文化村出発)人たちは、1Fの入口を入って右を上がっていきます。

乗り場の様子、往複の人たちと同じ方向に進み、同じ列に並んでしまいました。実はこっちの方がかなり混んでいました。 乗り場の様子、往複の人たちと同じ方向に進み、同じ列に並んでしまいました。実はこっちの方がかなり混んでいました。

乗り場の様子、往複の人たちと同じ方向に進み、同じ列に並んでしまいました。実はこっちの方がかなり混んでいました。

でも、ここでも蛍光スタンプを押してくれました。日月潭からロープウェイで往復するだけの人たちは、チケットを提示。チケットを持っている人にちょっと写真を撮らせてもらいました でも、ここでも蛍光スタンプを押してくれました。日月潭からロープウェイで往復するだけの人たちは、チケットを提示。チケットを持っている人にちょっと写真を撮らせてもらいました

でも、ここでも蛍光スタンプを押してくれました。日月潭からロープウェイで往復するだけの人たちは、チケットを提示。チケットを持っている人にちょっと写真を撮らせてもらいました

どんどん乗り込んでいきます。車椅子の方も大丈夫です。 どんどん乗り込んでいきます。車椅子の方も大丈夫です。

どんどん乗り込んでいきます。車椅子の方も大丈夫です。

ここから8号柱1044mへ登るのに、リフトはかなり傾き、スピードも思ったより速いです。文化村の景色がかなりきれいに見えます。下をみてみると山道がありました。ここを登山する人がいるのかな、かなりハードな登山になりそうです。 ここから8号柱1044mへ登るのに、リフトはかなり傾き、スピードも思ったより速いです。文化村の景色がかなりきれいに見えます。下をみてみると山道がありました。ここを登山する人がいるのかな、かなりハードな登山になりそうです。

ここから8号柱1044mへ登るのに、リフトはかなり傾き、スピードも思ったより速いです。文化村の景色がかなりきれいに見えます。下をみてみると山道がありました。ここを登山する人がいるのかな、かなりハードな登山になりそうです。

それにしても、ジェットコースターが急降下前に上っていく時のような気分になるのはなぜなんでしょう?

それにしても、ジェットコースターが急降下前に上っていく時のような気分になるのはなぜなんでしょう?

ほぼ頂上に達する前に、湖が眼前に広がりました、きれい~!感動です!

ほぼ頂上に達する前に、湖が眼前に広がりました、きれい~!感動です!

ここから786mの距離間は、この日月潭の美しさを堪能する空中飛行となります ここから786mの距離間は、この日月潭の美しさを堪能する空中飛行となります

ここから786mの距離間は、この日月潭の美しさを堪能する空中飛行となります

対向するリフトがはっきり見えます 対向するリフトがはっきり見えます

対向するリフトがはっきり見えます

7号柱に着いたら、今度はどんどん下がっていきます。 7号柱に着いたら、今度はどんどん下がっていきます。

7号柱に着いたら、今度はどんどん下がっていきます。

到着~ 到着~

到着~

水晶レストラン

日月潭ロープウェイ駅の2Fに「水晶レストラン」があります。ちょうどお昼時だったので、ナビたちはここで昼食をいただきました。チャーハン、サラダ、スパゲティ、竹山のフライドサツマイモなど。セルフサービスで、ほしいものを指させば大丈夫。お天気がいいときは戸外のテラスで食事すると、日月潭が目の前に。船の発着も目の前です。
お天気がよければ外で、船の発着も見られます お天気がよければ外で、船の発着も見られます

お天気がよければ外で、船の発着も見られます

チャーハンは120元、南投県竹山特産のサツマイモポテトは60元 チャーハンは120元、南投県竹山特産のサツマイモポテトは60元

チャーハンは120元、南投県竹山特産のサツマイモポテトは60元

日月潭から戻ります

ここはチケット売り場で、乗り場へ上がるとチケット携帯の人と蛍光スタンプ提示の人とで分かれていました。 ここはチケット売り場で、乗り場へ上がるとチケット携帯の人と蛍光スタンプ提示の人とで分かれていました。

ここはチケット売り場で、乗り場へ上がるとチケット携帯の人と蛍光スタンプ提示の人とで分かれていました。

同じように並んで、蛍光スタンプの人は手の甲をこうやって表示します。 同じように並んで、蛍光スタンプの人は手の甲をこうやって表示します。

同じように並んで、蛍光スタンプの人は手の甲をこうやって表示します。

日月潭からはどんどん登っていく形になります。こちら側にも山道がありました。 日月潭からはどんどん登っていく形になります。こちら側にも山道がありました。

日月潭からはどんどん登っていく形になります。こちら側にも山道がありました。

7号柱の996mに達したら、またしても空中飛行の開始。来たときよりも時間が長く感じました。 7号柱の996mに達したら、またしても空中飛行の開始。来たときよりも時間が長く感じました。

7号柱の996mに達したら、またしても空中飛行の開始。来たときよりも時間が長く感じました。

1044mからは急降下でおりていきます。相変わらずスピード結構ありますよ。

1044mからは急降下でおりていきます。相変わらずスピード結構ありますよ。

到着~ここでまた手の甲を見せて九族文化村へ入りました

到着~ここでまた手の甲を見せて九族文化村へ入りました

*お天気がよければ、日月潭をそれはそれは美しく眺めることができます。ナビが乗った感想ですが、日本で乗るロープウェイよりも、かなりの距離があるのとスピードが速いように感じました。特に空中区間は絶景なので、台湾にこんなに素晴らしい観光地があったんだとかなりの感動が得られます。世界遺産に十分登録できるほどの美しさです。
台北ナビがおとどけしました。

記事登録日:2010-02-02

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    PetiteCherie

  • photo

    PetiteCherie

  • photo

    PetiteCherie

  • photo

    PetiteCherie

  • photo

    PetiteCherie

  • photo

    PetiteCherie

  • photo

    PetiteCherie

  • photo

    PetiteCherie

  • photo

    PetiteCherie

  • photo

    PetiteCherie

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2010-02-02

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

【観光バス】 九族文化村・日月潭一日ツアー

【観光バス】 九族文化村・日月潭一日ツアー

原住民文化をまず知るには、観るだけじゃなく、体験もできる九族文化村が面白いです

九族文化村(南投県)

九族文化村(南投県)

台湾中部で最大のアミューズメント施設、「日月潭」へのロープウェイにも乗ることができます!

日月潭をどっぷり楽しむ一日ツアー 『台中出発』

日月潭をどっぷり楽しむ一日ツアー 『台中出発』

静かな湖畔の船遊びやお寺巡りなど、盛りだくさんの日帰りツアー!

向山自行車道(水社→向山) (日月潭)

向山自行車道(水社→向山) (日月潭)

自転車で風を受けながら日月潭を楽しもう!水上自転車道のサイクリングはまるで日月潭の上で自転車を漕いでいるみたい・・・

向山遊客中心(日月潭)

向山遊客中心(日月潭)

日本の設計士が設計した美しすぎるビジターセンター!日月潭と一体になったステキ空間で台湾コーヒーをいただきましょう!

日月潭、自転車一周完走!

日月潭、自転車一周完走!

4時間かかって一周しました!しんどくてめげそうになったけど、出発点が見えた時は達成感でいっぱいになりました!

日月潭

日月潭

台湾好行バスを利用して日月潭に一泊、船でラルー島に寄り、その後ロープウェイへ、九族文化村でも遊びました!