花蓮美侖大飯店(花蓮市)

Park View 美侖大飯店

閉店・移転、情報の修正などの報告

※上記の合計価格には税・サービス料は含まれております。

1994年オープン。ヨーロピアンスタイルのリゾートで、ガーデンビューなどが楽しめます。客室は明るく広々

こんにちは、台北ナビレポーター、Sayuliです。花蓮の最高級ホテル、美侖大飯店をみなさんにご紹介します!

リゾート感あふれるロビー


まず美侖大飯店に入ろうとして驚いたのは、門から、エントランスまでの距離がすごーく長かった、ということ。つまり、一般の道路から離れていることで、街の喧騒から逃れて、独立したリゾートを楽しめる、というわけですね。

ロビーは驚くほど広々としていて、開放感があります。フロントでは陽気な阿美族の絵が私を出迎えてくれました。

訪れた日はちょうど週末で、ロビーでは原住民のグループによる生演奏をしていました。台湾によくあるpub形式で、みんなのリクエストにも答えてくれます。この方たちの歌声がすごく良かった!良く通って張りのある声・・・ほれぼれしちゃいました。
ここでは毎日16時から、花蓮名物・粟餅作りのデモンストレーションを行っているそうです。私が美侖大飯店に到着したのは夜でしたので、デモンストレーションは見ることができませんでしたが、毎日日替わりで、粟餅の老舗店の人が来て作り方を披露してくれます。

部屋も広々しています



お部屋はゆったり、広々…。部屋の広さは、平均12坪なのです。ウェルカムフルーツとお菓子が用意されているのも、嬉しい心遣いです。お茶は烏龍茶とインスタントコーヒーが用意されていて、かわいいマグでコーヒータイムを楽しめますよ。


ロビーにあるガーデンコート「緑苑」ではバイオリンとピアノの生演奏の中、ビュッフェ形式でお食事できます。他に、中華レストラン「郷園」や、しゃぶしゃぶが美味しい和食レストラン「松園」があります。ロビーにはケーキショップもあって、美味しそうなケーキがずらり!お部屋でティータイムもいいですね~。

思い切り羽をのばしたい…!

翌日はマネージャーの官さんに、美侖大飯店を案内していただきました。「外を歩いてみませんか?」日本語が堪能な官さんに誘われて、ホテルの外に出てみました。官さんの女性らしい笑顔と話し方が、とても和やかな時間を作ってくださいます。青々とした芝生の続く道を歩くと、空気が澄んでいて、すごく気持ちいい!朝のお散歩を楽しんでいる老夫婦とすれ違いました。お庭には人口の滝があるのですが、これがなんと、ナイヤガラのように横に長い!こんな遊び心があちこちにあって、楽しいのです。
約一万坪の敷地には、360坪の屋外プール、ローラースケートロード、テニスコート、アーチェリー、サイクリングがあり、おとなりにはゴルフ場もあります。

そして室内レジャー施設として、室内ウォーターパーク、フィットネスクラブ、サウナ、スカッシュ、卓球、ビリヤード、などなど・・・何日滞在しても飽きないような楽しい施設がいっぱいです。

その上、これらはサウナとサイクリング以外は免費、つまり無料で使えるのです!あ~あ、なのにもう帰らなくてはいけないなんて…。次に来るときは、絶対水着持参で来ようと堅く心に決めたSayuliでした。


台湾で過ごす休日。花蓮でバカンス。都会から離れて、こんなリゾートホテルで羽を休めるのはいかがですか?


以上、台北ナビでした。

記事登録日:2008-04-16

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    むういえ

  • photo

    むういえ

  • photo

    タージー

  • photo

    タージー

  • photo

    タージー

  • photo

    タージー

  • photo

    タージー

  • photo

    タージー

  • photo

    タージー

  • photo

    タピオカミルク

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2004-07-08

スポット更新日:2014-12-11

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

支店情報

地図で見る

パークタイペイホテル(台北美侖大飯店)

パークタイペイホテル(台北美侖大飯店)

MRT「大安」駅すぐ、プライバシーを重視したシティホテル、ビジネスでせわしい毎日から開放されひっそりと落ち着いた滞在をお約束します