スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

ツアー・手配 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場


九份、鶯歌、三峡観光の満喫プラン(フカヒレラーメンの夕食付き)!

閉店・移転、情報の修正などの報告

観光必須の九份や台湾最大の鶯歌陶器街、三峡老街を回る観光ツアーです!

ツアー情報

ツアー名:九份、鶯歌、三峡観光の満喫プラン(フカヒレラーメンの夕食付き)!
集合時間:8:00
所要時間:11時間
出発曜日:毎日
催行人数:2名様~
交通手段:観光バス、マイクロバス、ワゴン車など
(他のお客さまと一緒になります)(人数により車種は異なります)

★ 旅行条件に含まれるものは以下の通りです。
ツアー中の車両、随行ガイド、昼食代、夕食代

※混乗バスですので他のお客様と一緒になります。

主催会社:三普旅行社(Sanpu Travel)

集合時間・場所

7:30 台北市内各ホテル
※各ホテルを経由するため、お迎え時間は多少前後いたします。予めご了承ください。
オプショナルツアーのみのお客様に対し、集合場所は下記の2つのホテル限定となります。集合時間は固定です。
★シーザーパーク台北入口前 集合時間:7:40
★グルーンワールドホテル松江ロビー 集合時間:8:10

ツアースケジュール

7:30 ホテル出発
混載車にて九份へ(移動時間約1時間)、到着後、街並み散策
観光後、混載車にて台北市内へ
12:00頃 昼食(牛肉麺などの軽食)
13:00頃 三峡観光(東洋芸術の殿堂である祖師廟~老街散策)
~鶯歌へ(陶器街散策)。観光後、民芸品店へ
17:30頃 夕食、市内のレストランにてフカヒレラーメン
19:00頃 混載車にて各ホテルへ ホテル到着
夕食では、フカヒレラーメンのフルコースをご賞味ください。
メニュー内容:
1.前菜  2.野菜サラダ 3.フカヒレラーメン 4.鮭チャーハン
5.季節野菜炒め  6.フルーツ 7.デザート  8.飲み物(コーヒー、紅茶よりお選び下さい。)
※季節により若干の変更となる場合もございます。

ツアー内容

大人気の九份を訪れた後、東洋芸術の殿堂である祖師廟と三峡老街を散策後、台湾最大の陶器街である鶯歌を回るコースです。


九份
九份は台湾北部の港町基隆の近くで、新北市瑞芳区に属する山あいの町。1980年、清の時代に金鉱が発見され、一獲千金を狙う人たちであふれかえったといわれています。1971年に閉山となり、街は繁栄から衰退への道をたどります。1989年に台湾ではタブーだった228事件を取り上げ、ベネチア映画祭でも金獅子賞を獲得した「悲情城市」(侯孝賢監督)のロケ地となったことで、九份は再び脚光を浴びることになりました。90年代はそのノスタルジックな風景に魅せられた若者が多く訪れ、レトロ調の茶芸館やカフェを立ち上げる人たちも増え、観光地となりました。

祖師廟(三峡老街内)
清水厳祖師廟は、17世紀に大陸からの移民(多くが客家人)によって創建され、この地域「三峡」の信仰の中心として、現在にわたって人々に愛され守られ続けてきました。実はこの廟は既に2度も損壊しています。1度目は1833年の大地震で、2度目は、1899年、日本の統治に反対したこの地元民衆との戦いの際、日本軍の焦土作戦によって焼き払われました。その後民衆の資金で再建を果たしたのですが、半世紀も経つと傷みが目立ち、1947年に大々的な修復兼再建作業が始まりました。しかし、芸術性をとことん追求するこの廟の建設は、60年以上もたった現在も未だに「建設中」なのです。

三峡老街 散策
両側に整然と並ぶ風情ある赤レンガのストリートは、日本統治時代に完成しました。当時の赤レンガはほとんどが日本から運ばれたもので、さらにこのような立派な石造りの建物を造るには、最新技術と莫大なお金がかかりました。建物の外観はイギリス風のバロック式ですが、建物自体の構造は日本家屋風のところも多く、外見は洋式ですが、中に入ると木造の梁がよく見えて和洋折衷。イギリスから専門デザイナーを呼んで建物の設計をしたところもあるそうです。
★三峡は金牛角と呼ばれる台湾クロワッサンが有名です。

鶯歌 陶器街 散策
「器、陶芸品好き」「安くて可愛いもの好き」「ぶらぶら歩き好き」には持って来いの場所、鶯歌陶瓷老街。老街の両脇にはずらりと陶器のお店が並び、高く伸びた椰子の木が印象的な町並みです。鶯歌を支えてきたのは台湾では言わずと知れた陶器産業です。お買い得な普段使いの食器から、高価な陶芸品までいろいろ揃う鶯歌陶瓷老街で、のんびりお気に入りの陶器探しをしてみてはいかがですか?自分好みのお店を見つけたら気軽に立ち寄ってみましょう。

注意事項

※混乗バスですので他のお客様と一緒になります。
※九份は山の斜面にある観光地で、急な階段が多いため、散策時にはご注意ください。
※土日祝日は九份山頂への乗り入れができないため、九份到着後、公共バスㇸ乗り換え、山頂へ移動する場合がございます。
※昼食は軽食扱いとなります。予めご了承ください。
※現地の交通事情等により多少、順序が変わる場合もございます。
※集合時間に間に合わなかった場合、他のお客さまのご迷惑にもなりますので、キャンセル扱いとなります。

記事登録日:2017-08-03

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2017-08-03

  • ホテル予約
チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供