臺北戲棚 TaipeiEYE最新イベント情報

「台湾に行ったゾ!」という思い出を色濃く残したいならぜひ京劇を。中国文化を気軽に楽しめる、チャイニーズオペラ&伝統芸能ショー。

★☆ 台北ナビ「予約確認書」をご持参の場合15%OFFになります ☆★



毎週月、水、金曜日(20:30-21:30 一時間) 20:00入場開始


12/01-12/24白蛇伝(白蛇の恋の物語) -金山寺
12/26-01/14
《金銭豹》
01/16-02/07《無底洞》


毎週土曜日(20:00-21:30 一時間半) 19:30入場開始


12/6,12/13,12/20,12/27《水晶宮を閙す(さわがす)》+白蛇伝(白蛇の恋の物語) -金山寺 
12/27,01/03,01/10獅子舞
+《金銭豹》
01/17,01/24,01/31,02/07獅子舞 +《無底洞》
獅子の王者

獅子の王者

廟祭りの演芸

廟祭りの演芸

白蛇伝

白蛇伝

伝統音楽コンサート

伝統音楽コンサート

獅子舞

獅子舞

夜深沈-曲牌合奏
〈夜深沈〉は比較的旋律が長く、演奏難度も高い京劇の代表的な伝統楽曲であります。そのリズムは明快で旋律も美しく奔放的、層も明らかで気勢があります。

獅子舞
敏捷で生き生きとした愉快な動きで、獅子の喜怒哀楽、そして驚き、疑い、貪欲、困惑などの表情を皆様にお見せします。この獅子舞は「山跳び越し」といい、「一歩一歩上り詰める」という意味です。困難なことも多いけれど、一つ一つの難関を克服し、最後には目標を達成させる獅子の様子が目の前で展開されます。途中ポールを踏み外し落ちそうになるシーンや、怖がって、足ばかり舐めているかわいらしいシーンなどもありますが、周りの声援と共に、一つ一つ困難を乗り越える姿は、見るものを明るくします

火鳳凰

火鳳凰

金山寺

金山寺

火鳳凰
白鷺島はとても美しく平和な所で、鳳凰がここを見守っています。ある日、クマタカの王はクマタカ達を連れて白鷺島を占領しにやって来ますが、鳳凰は白鷺たちを率いて勇敢に戦い、クマタカ達は撃退されてしまいます。

金山寺
これは妖怪「白蛇」と「人間」との恋の物語です。既に何千年も中国の峨嵋山に住み、生きて続けてきた「白蛇」と「青蛇」の妖怪は、お姫様「白素貞」とその召使い「青児」に変身し、人間界で暮らしておりました。ある日、杭州・西湖で楽しく遊んでいた時、美青年「許仙」に出会い、「白素貞」と「許仙」はお互いに恋に落ちてしまいました。「青児」の取り計らいで、二人はめでたく夫婦となり、幸せに暮らしました。しかし、既に金山寺住職の「法海法師」には、正体を見破られており、法師は「白素貞」に黄酒を飲ませるよう「許仙」に命じました。「白素貞」が白蛇であることを知った「許仙」はショックの余りで死んでしまいました。「白素貞」は神の薬草をを煎じ、何とか「許仙」を生き返らせましたが、「許仙」は恐怖のあまり、「法海法師」の元へ逃げてしまいました。「白素貞」は「許仙」を連れ戻す為、「青児」と共に金山寺に向かいました。「法海法師」は妖怪と人間が一緒になることに猛反対し、「許仙」を引き渡そうとしません。クライマックスは金山寺で繰り広げられる、神様と妖怪の水中合戦です。果たして、「白素貞」は「許仙」を取り戻す事が出来たのでしょうか?



八仙過海
八仙たちが西王母の誕生祝いに招かれた帰りに、彼らの住処である東海の神仙の島、蓬莱山に帰ろうとしたときに起ったエピソードである。リーダーの呂洞賓が、雲に乗って楽々帰るよりは自分たちの力を奮って海を渡ってやろうではないかと提案した。そこで、八人はロバに乗ったりひょうたんに乗ったりめいめいの手段を用いて、渡海を決行したのであった。しかし八仙が渡海を試みているという情報は龍宮を驚かし、鯉の仙女が率いる海の動物の将兵たちが、八人の行く手をはばむのであった。無敵の八人はこれは面白いと、海の神々といざ一戦交えるのであった。

 台湾原住民の歌舞郷土の賛歌
序幕:舞踊の前に、皆様に歓迎の気持ちを込めて「美しき今夜の月」という歌を歌います。
祭り:誠実だと謙虚さに満ちた心で大自然に賛歌を捧げます。
美しい郷土:阿美族の少年少女が心地よいリズムの曲に合わせて踊り、その踊りから生まれる幸せな気持ちを郷土中に届けます。
収穫への感謝:「団結」は阿美族の生活の基礎とされています。苦しいことも楽しいことも生涯ともに分かち合い、農作物の収穫の際にはその絆がより一層深まります。
勇士の踊り:躍動感に溢れたリズム、スピード感のある踊りで、豪快な性格を表します。
結婚の踊り:部落の人々は歌や踊りで、新しい夫婦の幸せを祝福します。
歓楽の踊り:阿美族の曲はとても明るく、竹の打楽器で喜びと希望を表現します。
一緒に踊りましょう:『我們都是一家人』という歌と共に、「ひとつの家族」として手を取り合い、輪になって一緒に踊りましょう。
終幕の踊り

 [借扇]
芭蕉扇の劇は小説〈西遊記〉から来ています。その記載によりますと、唐僧原とその弟子3人は唐王の命令に従い、西方にある天竺の国へお経を取りに行きます。途中でたくさんの魔物達に出くわし、色んな災難に巻き込まれてしまいます。その災難のひとつである火焔山に行った時、煙と炎が空高く舞い上がっているため、そこを通過することができませんでした。そこで芭蕉洞と言う所に芭蕉扇があり、それで火焔山の炎を消せる事を知ります。洞主は鉄扇姫と言い、牛魔王の妻で、孫悟空は彼女のことを知っているので、芭蕉扇を借りに行きます。しかし以前に彼は牛魔王の紅孩兒を打ち負かしていて、恨みがあるため、牛魔王が洞窟にいないことを理由に、鉄扇姫は芭蕉扇を貸そうとしません。そこで戦いが起こり、孫悟空はやっとのことで芭蕉扇を手に入れます。

  『遊芸。百戯』雑技ショー

【千変万化】にぎやかなフラッグダンスで盛り上げる中、神秘的な川劇「変面」を皆様の近距離で披露します。千変万化な芸をどうぞご覧になってください。

【意気揚々】フープをくぐるショーでありながら、ジャンプや宙返りの芸も披露します。二つのフープから始まり、だんだんフープの数を増やし、2メーターの高さまで上げ、アクロバットの真骨頂をお見せします。スリル満点のフープくぐりをお楽しみください。

【群鳳戲碟(鳳凰たちの皿遊び)】出演者は軽やかでしなやかに踊りながら、皿回しの芸を披露します。その腕の巧みさをどうぞご覧になって下さい。

【真っ直ぐに青雲に上る】一つの椅子を四本のガラス瓶の上に立たせ、その椅子の上に何脚もの椅子を重ねていきます。出演者は25フィートの高いところで逆立ちなどのアクロバットを披露します。このドキドキハラハラのショーは、皆様に息を呑ませるでしょう。

【金玉満堂(奥義の宝庫)】出演者たちが軽い身のこなしと絶妙なバランスで、ピラミッドやアーチを作り出す中国版の組体操。アクロバティックなパフォーマンスをお楽しみ下さい。

 『獅子王の伝奇』
 伝統的な「獅子舞」、「京劇」、「雑技」をコラボレーションした今までにない斬新な演戯です。五つの不思議な力を持つ「獅子」と大の仲良しである「ランポニャン(怠け者娘)」はいつも一緒に遊んでいました。ある日、「ランポニャン」が川へ水を汲みに行った時のこと、突然出てきたヘビの妖精に襲われてしまいました。とても強い毒をもち、「五悪妖精」(ヘビ、サソリ、ムカデ、ガマガエル、ヤモリ)のひとつで、噛まれた「ランポニャン」は死にかけてしまいます。何とか助けたいと思う「獅子」は、山神様の歌声から、助ける方法を聞き出しました。山奥の中に生える「霊芝」のみが「ランポニャン」を救えるようです。しかし、その山奥に行くには、「五悪妖精」が行く手を阻み、五行(金木水火土)の力を発揮しなければ行くことはできません。すさまじい「五行獅子」と「五悪妖精」との戦いが始まりました。「獅子」は霊芝を手に入れ、「ランポニャン」の命を救い、救い出す事が出来るのでしょうか? 

虎を打ち、街を引き回す
武松の長兄は、武大郎といい、「焼餅」という中国パンを売って生計を立てます。ある日、彼は景陽崗で虎を倒した英雄が自分の実弟である事を聞きまして、大喜びします。最後、兄弟二人は再会を果たします。背が低くて太っているという特徴の武大郎を演じる役者の「矮子功」はこの演目の見所です。矮子功とは、しゃがんだまま役を演じることで、かなりの稽古を積まないとできない演技であります。善良で単純で素朴な人物である武大郎は、アクションとユーモアを兼ね備える役で、立ち回りのできる丑角(道化役)が演じます。

竹林の計
余洪は宋王・趙匡胤を寿州に追い詰めました。高懐徳が城を出て応戦するが、余洪の妖術にやられて捕らえられてしまいます。高懐徳は薬を飲まされ、余洪に操られて、国を裏切ります。知らせを聞いた高懐徳の息子・君保は妻・劉金定と共に余洪と戦います。余洪は敵わないと分かり、空を飛んで逃げようとするが、劉金定に落とされ慌てて竹林に逃げ込みます。劉金定が竹林に火を放つと、余洪は狼狽して逃げてしまいます。



拾玉鐲(玉の腕輪を拾い)
家の外で刺繍している少女・孫玉姣(そんぎょくこう)は、通りかかった青年の傅朋(ふほう)と出会い、お互い恋に落ちる。傅朋は恋心の証として玉の腕輪を落とし、孫玉姣に拾わせる。それを見ていた仲人の劉婆は孫家を訪ね、孫玉姣に腕輪の来歴を聞き出し、若い二人の仲を取り結ぶために、刺繍靴を孫玉姣の恋心の証として傅朋に贈る。

 虹橋贈珠
 「虹橋贈珠」は神話劇です。水の城の美しい凌波仙子(りょうはせんし)は人間の若者である白泳公子に惚れてしまいます。ふたりは虹橋という場所で会い、変わらぬ愛を誓い、結婚します。凌波仙子は彼に愛のしるしとして魔法の真珠を贈ります。このことを知った玉帝は怒ります。凌波仙子を捕まえに二郎神を派遣します。二郎神は伽藍、哪吒、千里眼、順風耳などの天兵天将を率い、二人の仲を割こうと攻めてきます。この劇は激しい立ち回りのシーンはもちろん、武器を宙に回せる特技もあり、お客さんに満足していただける場面をたくさん用意しております。

 百戯呈祥  
「百戯」とは、軽業・曲芸・手品・歌・舞踊など様々な芸の集合体で、三千年前から伝わってきた華々しい中国伝統芸能の一つであります。出演者は手や頭を使ったバランス芸や、アクロバット的なジャンプや宙返りをしながら、一生懸命練習を重ねった成果をご披露させていただきます。

白蛇伝(白蛇の恋の物語) -金山寺  
これは妖怪「白蛇」と「人間」との恋の物語です。既に何千年も中国の峨嵋山に住み、生きて続けてきた「白蛇」と「青蛇」の妖怪は、お姫様「白素貞」とその召使い「青児」に変身し、人間界で暮らしておりました。ある日、杭州・西湖で楽しく遊んでいた時、美青年「許仙」に出会い、「白素貞」と「許仙」はお互いに恋に落ちてしまいました。「青児」の取り計らいで、二人はめでたく夫婦となり、幸せに暮らしました。しかし、既に金山寺住職の「法海法師」には、正体を見破られており、法師は「白素貞」に黄酒を飲ませるよう「許仙」に命じました。「白素貞」が白蛇であることを知った「許仙」はショックの余りで死んでしまいました。「白素貞」は神の薬草をを煎じ、何とか「許仙」を生き返らせましたが、「許仙」は恐怖のあまり、「法海法師」の元へ逃げてしまいました。「白素貞」は「許仙」を連れ戻す為、「青児」と共に金山寺に向かいました。「法海法師」は妖怪と人間が一緒になることに猛反対し、「許仙」を引き渡そうとしません。クライマックスは金山寺で繰り広げられる、神様と妖怪の水中合戦です。果たして、「白素貞」は「許仙」を取り戻す事が出来たのでしょうか?

《三叉路》
【三岔口】(三叉路)は京劇の中でも典型的な芝居と立ち回りの一つで。3人の武術に長けた場人物暗闇の中で、攻防を続ける。宋の時代に、焦賛という将軍が奸臣王欽若の婿を殺した罪沙門島へと流れる。任堂恵がひそかに焦賛を護送する。その途中で、三岔口にある旅館に泊ま旅館の店主劉利華妻は任堂恵が焦賛を殺そうとして、尾行していると誤解する。二人は焦賛をうために、真夜中に任の室に忍び込み、任を殺そうとして、暗闇の中で戦いを繰り広げる。が戦に参加し、幸いに、誤解とく。

 《盗庫銀(倉庫にあるお金を盗む)》 
銭塘県の県知事は人民の財産を奪い、そのお金を県庁の倉庫の中にどっさり隠しこんでいました。白素貞すなわち白蛇の化身は青い蛇から人間に化けた小青を県庁の倉庫に隠した財産を盗み出させ、人民に返そうとします。小青は真夜中に五鬼(五つの妖怪)を率いて、倉庫にあるお金を盗み出します。それを知った県知事は急いで庫神(倉庫の守り神)に小青を捕まえに行かせたが、庫神は小青と五鬼に敗れます。小青は任務を果たして戻るのです。

 金銭豹
京劇「金銭豹」は『西遊記』から抜粋した一節です。三蔵法師一行が西の天竺へお経を求めに行く旅中のことです。ある町の富豪の鄧洪は綺麗な娘がいます。近くの山に棲んでいる妖怪・金銭豹はその娘が気に入り、手先の妖怪を鄧家へ縁談を持ち込みに行かせます。鄧洪はその話を断るが、妖怪に新婦を迎えに来る日を勝手に決められます。鄧洪が悩みに悩んでいる最中に、三蔵法師らは偶々ここを通りかかる。事情を聞いた三蔵法師らは、鄧家のために妖怪たちを退治することにします。儀式の日に、猪八戒と孫悟空は鄧洪の娘とその召使いに化け、新婚夫婦の部屋で金銭豹を待ちます。金銭豹が現れた途端、孫悟空らは正体を現し、彼を捕まえるべく、合戦を繰り広げます。最後は金銭豹を破り、鄧家を災難から救い出します。

《無底洞》
三蔵一行は西天取経の旅に踏み出した。途中様々な怪物、妖怪に出会ったものの、孫悟空の活躍で危機は免れた。一行は陥空山無底洞というところにたどり着くと、三蔵法師は女妖怪(金鼻玉鼠精)の捕虜となってしまう。そして、三蔵を食べ、不老長寿を得ようと企む。三蔵法師を探し当てた孫悟空は、三蔵を救い出そうと玉鼠精と戦うのだが、玉鼠精の方術の迫力に圧倒された孫悟空は、天界の猫神に協力を頼み、ようやく玉鼠精を支配下に置くこととなった。

 《ふたりの孫悟空》
六耳獮猴は自分が西天へ取経に行くというので、本領を発揮し、孫悟空に変身。そこでニセ悟空と孫悟空の激戦が繰り広げられる。三蔵法師にもどちらが本物の悟空か区別がつかなくなり、西天の如来様に見分けていただた結果、ニセ悟空の正体が六耳獮猴であることを見抜くことが出来た。一件落着の後、三蔵一行は再び西天への長旅へと出立するのだ。

《乾元山》

《乾元山》

《火焼裴元慶(裴元慶を焼き殺す)》

《火焼裴元慶(裴元慶を焼き殺す)》

《紅線盗盒》

《紅線盗盒》

《乾元山》 
哪吒(ナタク)は震天弓を外へと持ち出し遊びで射ったところ、その矢が石磯娘々の侍女に当たってしまいました。石磯娘々は剣を抜き挑みかかります。だがナタクはこれに敵し得ず、太乙師匠に助けを求めに行ったのですが、何を言っても聞き入れてくれぬ石磯に、太乙もとうとう怒りだし火竜罩で石磯を石に戻してしまったのです。《紅線盗盒》唐の時代、潞州節度史の薛崇(せつすう)は大いに魏博節度史の田承嗣(でんしょうし)を恐れていました。薛家に仕えていた女俠紅線は、「私が解決します。」と申し出て、田承嗣の寝室(しんしつ)にあった黄金の入れ物を盗み出しました。薛崇は田承嗣に、「黄金の入れ物は返しましょう。」と言い、不意打ちに遭うかもしれないと思い知り、仲直りをしたのです。《火焼裴元慶(裴元慶を焼き殺す)》唐の将軍秦叔宝(しんしゅくほう)は旗を高く掲げ、瓦崗兵を率いて臨江關を攻め取り、臨江關の主人である尚師徒は虹霓關へ助けを求めに行きました。虹霓關を守る武将辛文礼(しんぶんれい)は、裴元慶(はいげんけい)という武将に圧倒されました。しかし、罠をかけた辛文礼は山に火を放ち、山の中まで深追いしてくる裴元慶を焼き殺してしまったのです。

《孫悟空と蜘蛛の精の戦い》
この芝居は有名な古典小説《西遊記》を題材としています。三蔵法師、孫悟空、猪八戒と沙悟浄の4人は経典を求めて天竺へ向かう途中で、「女兒國」という女性しかいない国を通りかかりました。そこに盤絲洞(パンスードン)という洞窟に棲む蜘蛛の妖怪達が「三蔵法師の肉を食べたら長生きができるので、ぜひ捕らえたいものだ」とその機会を伺っていました。蜘蛛の妖怪達は妖術を使って、女性とお婆さんの姿に変わり、三蔵法師の信頼を得ました。しかし、孫悟空は彼女の正体を見破り、二人は壮絶な闘いを繰り広げ、最後に孫悟空らは妖怪に打ち勝ち、三蔵法師一行は再び天竺への遠い旅路に着きました。


TaipeiEYE特別サービス

只今、タイペイ・アイの半券で、お食事をされた方に點水樓の小籠包(一籠/五個入れ)を無料でサービスしております。(一人一枚に限る)
席の予約が必要となります。店にてスタッフに半券を提示してください。小籠包一籠と交換させて頂きます。食事の予約を求めるの場合は、どうぞ一階の窓口にお訪ねになってください。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2010-11-11

ページTOPへ▲

関連記事

臺北戲棚 (タイペイ・アイ)

臺北戲棚 (タイペイ・アイ)

大迫力のアクションと役者の迫真の演技と歌唱力。全部見逃せない~!京劇の世界に引きこまれちゃいましょう!

その他の記事を見る