スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場


The One 中山

ザ・ワン

閉店・移転、情報の修正などの報告

緑緑しい中山北路を眺めながら優雅なひとときを。ハイセンスな食器も見逃せない!


こんにちは、台北ナビです。

今回ナビがご紹介するのは、中山北路を挟んでリージェントホテルの向かいにあるショップ&レストランカフェ「The One」。多数のガイドブックで取り上げられているこのお店、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

そのお店が2016年4月1日にリニューアルオープンしてますます魅力的になったと聞きつけ、さっそくナビもお邪魔してきました。

1階ショップ:伝統と現代が融合したオリエンタルなデザイン


今回のリニューアルに伴い、店舗がワンフロア拡大。1階~4階までの広々とした空間になりました。

1階   ショップ「美庶館」
2・3階  レストラン&カフェ「誠食堂」
4階       イベント会場「好地方」


1階の「美庶館」は美術館の中国語の発音と掛けて、一般の人も気軽にどうぞという意味を込めいるのだとか。ナビが訪れたときも館内を参観される方がちらほら。
「ショップ以外のレストラン&カフェやイベント会場も気軽にご覧になってくださいね」と店員さん 。


1階のショップには、「The One」オリジナルの食器をメインに、外部のデザイナーの作品も並びます。

2004年に始まった台湾人デザイナーによる食器のブランド「The One」は、写真を器にアレンジした「花シリーズ」で、あっという間に人気と知名度を獲得。2005年からはこの中山に店舗を構え、伝統的な東洋文化を現代のライフスタイルにも通じる形で表現した作品を数々生み出してきました。

彼らの作品を手に取ってじっくりと眺めてみると、デザイン性に優れているだけでなく、機能性も兼ね備えていることに気づきます。お値段は張りますが、それに見合った質とデザイン。大切な人への贈り物や自分へのご褒美にぴったりだと思います。
まるで美術館のような素敵なディスプレイ。モダンチャイニーズな雰囲気が漂います。

まるで美術館のような素敵なディスプレイ。モダンチャイニーズな雰囲気が漂います。

空間デザイナーの陳俊良氏が「物道」をテーマにプロデュース

空間デザイナーの陳俊良氏が「物道」をテーマにプロデュース

1つ1つに意味が込められている「The One」の商品。このソファで店員さんが丁寧に説明してくれます。

1つ1つに意味が込められている「The One」の商品。このソファで店員さんが丁寧に説明してくれます。



<人気商品>

若有光(1セット1680元)
カップ兼キャンドルホルダー。とても薄い素材のカップで、その表と裏に手書きの絵柄が描かれています。キャンドルを灯すと幻想的な影がふわ~っと浮かび上がります。起き上がりこぼしの原理が用いられているので、影が時折ゆら~りゆらり。とっても素敵です❤


知竹(短杯880元、長杯980元、ポット1980元)
「東方の君子」と称えられる竹をモチーフにしたシリーズで、まっすぐで凛としたたたずまいが印象的。「節」のところで上げ底になっていて、熱いお茶を持ったときにも手が熱くならないというグッドな仕掛け。ロングセラー商品です。


窗花書籤(1個100元、8個ギフトセット560元)
「The One」が経営するホテル「南園」にある窓花を型取ったしおり。中国の伝統的な図案とマットな質感の銅のコンビネーションが素敵。長寿や財運、幸福、平安などそれぞれにおめでたい意味が込められています。

※8個入りは額縁を含みません。額縁入りを買うと3650元となり、手作りなので2ヶ月後の渡しになります。


ほかにもこんな素敵なグッズが♥︎
「如意」 (右) カトラリーセット(3本1組1980元)「如意」は古代中国の吉祥を象徴する道具で、雲の飾りがあしらわれています。伝統的なモチーフなのにどこか新しいデザイン。(左)マドラースプーン(2本1組880元)棒の部分はマドラーで、先の丸い部分はスプーンという1人二役!とってもユニークです。 「如意」 (右) カトラリーセット(3本1組1980元)「如意」は古代中国の吉祥を象徴する道具で、雲の飾りがあしらわれています。伝統的なモチーフなのにどこか新しいデザイン。(左)マドラースプーン(2本1組880元)棒の部分はマドラーで、先の丸い部分はスプーンという1人二役!とってもユニークです。

「如意」 (右) カトラリーセット(3本1組1980元)「如意」は古代中国の吉祥を象徴する道具で、雲の飾りがあしらわれています。伝統的なモチーフなのにどこか新しいデザイン。(左)マドラースプーン(2本1組880元)棒の部分はマドラーで、先の丸い部分はスプーンという1人二役!とってもユニークです。

書燈(8800元)一見何の変哲もない普通の本に見えますが、開くと暖かな心地良い光が広がるランプ!アメリカのデザイナーMax Gunawan氏の作品で、使い方次第で卓上ランプや360度開きペンダントライト、壁に吸着する飾り照明にも!充電式で、デザインも機能性も◎! 書燈(8800元)一見何の変哲もない普通の本に見えますが、開くと暖かな心地良い光が広がるランプ!アメリカのデザイナーMax Gunawan氏の作品で、使い方次第で卓上ランプや360度開きペンダントライト、壁に吸着する飾り照明にも!充電式で、デザインも機能性も◎!

書燈(8800元)一見何の変哲もない普通の本に見えますが、開くと暖かな心地良い光が広がるランプ!アメリカのデザイナーMax Gunawan氏の作品で、使い方次第で卓上ランプや360度開きペンダントライト、壁に吸着する飾り照明にも!充電式で、デザインも機能性も◎!



食器だけでなく、お茶や食品も販売しています。「The One」が、台湾の地場産業を支える阿金姐工作坊や八方園、照起工手工茶といったブランドと協力し、展開する食品シリーズ「The One選一」。産地や製法にこだわっていて、これらのお茶は「南園」でも使用しているそう。パッケージもかわいいのでお土産にも喜ばれそう!
龍鳳峽高山茶(980元) 甘みのある優雅な味わいのお茶。竹杉の香りがほのかに漂います。

龍鳳峽高山茶(980元) 甘みのある優雅な味わいのお茶。竹杉の香りがほのかに漂います。

東方美人茶(680元) 新竹県北埔産。繊細でまろやかな味わい。爽やかなフルーツと蜂蜜の香りがほのかに漂います。

東方美人茶(680元) 新竹県北埔産。繊細でまろやかな味わい。爽やかなフルーツと蜂蜜の香りがほのかに漂います。

凍頂烏龍茶(480元) 南投鹿谷産。黄金色の透き通ったお茶はコクがあり、 何度淹れても深く甘みのある味わいを楽しめます。水出しにしても美味しいそう。

凍頂烏龍茶(480元) 南投鹿谷産。黄金色の透き通ったお茶はコクがあり、 何度淹れても深く甘みのある味わいを楽しめます。水出しにしても美味しいそう。

ほかには、豆腐乳(480元)やシークヮーサージャム(280 元)、柿パイナップルジャム(350元)などがあります。

ほかには、豆腐乳(480元)やシークヮーサージャム(280 元)、柿パイナップルジャム(350元)などがあります。

この階段から2階のレストラン&カフェへ。

この階段から2階のレストラン&カフェへ。

2・3階レストラン&カフェ:新しい台湾を感じる料理!価格もうれしい

「The One」といえば、窓から見える緑緑しい風景!

「The One」といえば、窓から見える緑緑しい風景!


「The One」の知名度は抜群。ナビも知ってはいましたが、実は今回が初訪。お店の前を通る度に「素敵~!」と思いつつ、高級感漂うお店に気後れして入ったことがなかったのです。

今回実際に訪れてみて驚いたのが、予想よりもリーズナブルなお料理の価格設定。付近のカフェ相場とあまり変わりません。
500~1000元の価格帯だったお食事は、セットで380元という手軽さに!

500~1000元の価格帯だったお食事は、セットで380元という手軽さに!


「もっと気軽にレストランに入ってもらいたくて、リニューアルに伴って価格をかなり抑えた」と店長兼料理長のzoya chiuさん。

さらに、メニューの内容も大幅にチェンジし、「台湾らしさ」を大切にしたレシピに。台湾人の主食である米にこだわっていて、池上米や十穀米、玄米などの穀物を使ったお料理とデザートが目立ちます。
店長と料理長を兼任されているzoya chiuさん。ショップのコンセプトがお料理のレシピにも活きています。

店長と料理長を兼任されているzoya chiuさん。ショップのコンセプトがお料理のレシピにも活きています。

お冷やの代わりに、こちらのオリジナルマグカップでノンカフェインの「柿葉茶」をサーブ

お冷やの代わりに、こちらのオリジナルマグカップでノンカフェインの「柿葉茶」をサーブ



お食事のセットメニュー(メイン、サラダ、スープ) 380元

お食事はお得なセットメニューになっています。スープ、サラダ、メインディッシュをそれぞれ1品ずつ選択。
※提供時間:11:30~20:30

<メインディッシュ>
卵、プチトマト、ネギ、モッツァレラチーズもたっぷり!

卵、プチトマト、ネギ、モッツァレラチーズもたっぷり!


圓缺/鹹豬肉穀米披薩(塩漬けポークと雑穀のピザ)

手作りの生地に、台東の十穀米と客家料理でよく用いられる特製塩漬けポーク、剝皮辣椒(とうがらしの漬け物)などの台湾らしい素材がどっさりのったピザ。

噛めば噛むほどに味わいが深~く広がるピザ!店長のオススメ。
通常のリゾットは芯が固めだけど、このリゾットは玄米を使用しているので外が固めで中が柔らかい食感!

通常のリゾットは芯が固めだけど、このリゾットは玄米を使用しているので外が固めで中が柔らかい食感!


蘊心/羅勒鮮蝦糙米燉飯(バジルとエビの玄米リゾット)

オーガニックの玄米と新鮮なエビ、2種のズッキーニ、塩漬け卵、 玉ねぎ、ガーリックを炒め、バジルソースを合わせたリゾット。

仕上げの粉チーズが濃厚な香りをさらに引き立たせています。

思慕/櫻桃鴨拌烤時蔬(チェリバレー鴨と野菜のグリル)

宜蘭産の鴨の胸肉とクスクス、野菜のグリルの3種プレート。

イギリス産との配合種である鴨は、きめ細やかな肉質でとってもやわらか。店長オススメ&お店で一番人気のメインディッシュ。
クスクスに入っている長くて黒い「野米」。固めで、これがまた食感のいいアクセントに。レモン汁とオリーブオイルのあっさりシンプルな味付けも◯。 クスクスに入っている長くて黒い「野米」。固めで、これがまた食感のいいアクセントに。レモン汁とオリーブオイルのあっさりシンプルな味付けも◯。 クスクスに入っている長くて黒い「野米」。固めで、これがまた食感のいいアクセントに。レモン汁とオリーブオイルのあっさりシンプルな味付けも◯。

クスクスに入っている長くて黒い「野米」。固めで、これがまた食感のいいアクセントに。レモン汁とオリーブオイルのあっさりシンプルな味付けも◯。


<スープ>

迷香/鷹嘴豆香料糜湯(ひよこ豆のスパイスポタージュスープ)

お米のスープに、ひよこ豆などをペースト状にした「フムス」を合わせた一品。

やや薄めですがやさしい味でほっこり。台湾バジルがアクセントになっています。

蔵紅/蒜香番茄湯(ガーリックトマトスープ)

トマトと玉ねぎのスープを天然シーソルトとにんにく、イタリアンスパイスで味付け。

シンプルでトマト本来の味が楽しめます。

<サラダ>

落月/黃金酥脆蘿蔔糕沙拉(黄金色のカリカリ大根餅サラダ)

大根餅の上に、新鮮なサニーレタスとバジル、塩漬け卵、 チーズ、オリーブをトッピングしたサラダ。

餅に程よいしょっぱさが加わり、台湾式と西洋式が見事に融合。大根餅の新しい食べ方発見!

素懐/田園時蔬沙拉(季節のカンパーニュサラダ)

白霊茸とパプリカ、トマト、サヤインゲンを炒め、バルサミコ酢とオリーブオイル、シーソルト、ペッパーで味を整え、最後に濃厚な粉チーズを。

野菜そのものの味が活きるシンプルなサラダ。



午后茶編輯(アフターヌーンティー)380元
※提供時間:14:30~17:00

趣のある素敵な器にキレイに並んだスイーツ。

それぞれに“台湾らしさ”が詰まっていて、これは台湾に来たからにはぜひ食べたい!お茶はこのスイーツにぴったりの東方美人です。ナビのイチ押し!
クリスピーライスバーの金柑ソース添え。酸味のあるソースとライスバーのコンビネーションがナイス!金柑ソースは1階のショップで販売しています。

クリスピーライスバーの金柑ソース添え。酸味のあるソースとライスバーのコンビネーションがナイス!金柑ソースは1階のショップで販売しています。

ドラゴンフルーツ&パイナップルのドライフルーツケーキ。台湾の味が凝縮した濃厚なケーキ。甘酸っぱくて、ナッツもいい感じ。

ドラゴンフルーツ&パイナップルのドライフルーツケーキ。台湾の味が凝縮した濃厚なケーキ。甘酸っぱくて、ナッツもいい感じ。

キャラメルとポン菓子をトッピングしたバナナ。カスタードクリーム添えで、想像通りの美味しさ。台湾では昔懐かしいポン菓子屋さんをいまも街角でしばしば見かけます。

キャラメルとポン菓子をトッピングしたバナナ。カスタードクリーム添えで、想像通りの美味しさ。台湾では昔懐かしいポン菓子屋さんをいまも街角でしばしば見かけます。

クランベリーとレーズンのオートミールクッキー。食べるほどに味わいが深まり、食べ応えあり。

クランベリーとレーズンのオートミールクッキー。食べるほどに味わいが深まり、食べ応えあり。

米ぬかチーズケーキ。きなこ風味のどこか和を感じるやさしいケーキです。

米ぬかチーズケーキ。きなこ風味のどこか和を感じるやさしいケーキです。

東方美人茶は、ほかのお茶に変更することもできます。

東方美人茶は、ほかのお茶に変更することもできます。


※メニューは半年ごとに変わります。

4階イベント会場:文化発信の拠点


文化発信の拠点として、半年ごとにテーマを設けイベントを行っています。

ナビが訪れたときは、ちょうど日本のアウトドアメーカー「snow peak」とのコラボイベントを開催中。室内になんとも素敵なリラックス空間が広がっていましたよ。
バーベキューセットもあって、いますぐ室内ピクニックがしたい~♪ バーベキューセットもあって、いますぐ室内ピクニックがしたい~♪ バーベキューセットもあって、いますぐ室内ピクニックがしたい~♪

バーベキューセットもあって、いますぐ室内ピクニックがしたい~♪

「自然との共存」がテーマ。 「自然との共存」がテーマ。 「自然との共存」がテーマ。

「自然との共存」がテーマ。

古くて新しい台湾を感じよう


グッズもお料理も素敵な「The One」。古くて新しい台湾を感じに、ぜひ皆さんも足を運んでみてくださいね。

以上、台北ナビでした。

記事更新日:2016-05-30

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    ホワイトパンプキン

  • photo

    ホワイトパンプキン

  • photo

    ホワイトパンプキン

  • photo

    punkumac

  • photo

    punkumac

  • photo

    punkumac

  • photo

    punkumac

  • photo

    punkumac

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2016-05-30

スポット更新日:2016-11-28

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

The One南園人文客棧(新竹県)

The One南園人文客棧(新竹県)

中華建築のラグジュアリーホテルで極上の時間を過ごしました!1泊2食付きなのも嬉しい♪

The One南園人文客棧(新竹県)

The One南園人文客棧(新竹県)

新竹の山奥にある大邸宅をホテルとして使用!宿泊者以外も庭園を見学することができます♪